田舎はスローライフか?

2014年11月29日 08時47分19秒 | つれづれなるままに
昨日神奈川に戻った。2日間まるまる雨で室内逼塞生活の白州だった。木曜日は1日快晴。「今日だ」とばかり薪材の玉切りをやった。

      去年の夏風で倒れた、根元の径が40cmある桜を1本全て玉切りした。これが全部薪になると2週間分の燃料かな。いずれ斧で縦に割る作業が待ってる。今年倒した木が玉切りされずにまだ3本分残ってる。薪作業は永遠だ。(写真は昨年10月)

さてこれがらみだが、今回おもしろい話をしてきた。「はたして田舎生活はスローなのか?」だ。
お風呂仲間の70歳超えの先輩、もともとは都会で会社人をやってた方で白州にIターンされた人。この人が東京に出て高校時代の同窓会に参加したという。男子校だったようで女性がどう変ったかという男性サウナ風呂に似合いそうな話にはならなかったが、2つのことを言ってた。
一つは「都会でずーっと生活してるやつは老けこみが早いようだ」ということ。もうひとつは「田舎はスローでいいだろう?」と言うから「ばかを言え、田舎は忙しいんだ」と反論してきたというのだ。

はたして「スローライフ」って何がスローなんだろう?
生活するのに苦労、努力は田舎の方がはるかに多いと思う。現実80近いお爺さん、お婆さんでも軽トラを運転して国道沿いまで買い物に出る。この辺を支援するサービスも田舎ではまだ少ない。まだまだ自分の頭と体を使って生活を成り立たせるのだ。むしろ都会の方が工夫することもなく生活が成り立ってるのではないだろうか。
頭も体も使わなくなるから老け込むという関係すら推測できる。
「スロー」って時間の「進み方」じゃなく「進ませ方」なんだろう。生活のサイクルを考え、計画する時田舎は年単位があって月があって、日が決まる。都会は日があって、時があって、分が決まる。細かくなればなるほど自然の変化が消え、人間の都合が大きく関係してくるのだろう。

「スロー」 = 「のんびり」「暇」ではない。「自然の時間割」に即して生活設計することと見た。
「スロー」より「ナチュラル」があってるかも。

満たされるサービス、死なせない医療の発達が「認知症」を増加させてるのかも。「進歩」とは「苦」か。
コメント (6)

やっと快晴

2014年11月27日 08時14分44秒 | 白州の四季
火曜、水曜は体に苔が生えそうな冷たい雨の2日間。やっと快晴の朝だ。 こうでなくっちゃ。

日の出ちょっと前 6:40頃に撮りました。山の高い所ではこの2日間の雨が雪だったみたい。

        
早川尾根(南側)と甲斐駒(西側)。
日が当たりだしたばかり。赤が強調されて見える。

  北側の八ヶ岳。麓にかかる薄雲がいい。
コメント (2)

今晩の酒の肴

2014年11月26日 19時37分27秒 | つれづれなるままに
    ストーブの上で昼ストーブの中で焼いた里芋とメザシを焼いてます。
これ酒の肴です。今日はこれに厚揚げを焼いたのを大根おろしで頂く、例の漬物、他ちょぼちょぼで夕食終わりです。
夕食で米を摂らないのはもう10年にもなる僕の食事スタイル。ストーブに火が入った時は何かとおもしろい。冬の楽しみ。
コメント (2)

里芋を焼く

2014年11月26日 12時07分48秒 | 僕のレシピ
昨日、今日と冷たい雨だ。外で何かするというわけにはいかない。室内にいるしかないのだが、時をゆっくり過ごすようにはできてない家だから、かえってストレスがたまりそう。明日は晴れるとの予報で期待するしかない。
こんな時は遊びを工夫しなくちゃ。そこで今日は里芋をストーブで焼いてみることに。

      これはさつま芋を焼くのと同じ要領。
水を含ませた新聞紙でくるみ、それをさらにアルミホイルで包む。

    これをストーブの中に入れてゆっくり焼く、ただそれだけなんですが。
30分位で位置を変更してトータルで1時間ほどかな。美味しい「焼き里芋」ができるはず。
今日のおやつだな。
外に出れない⇒ 食べ物作りで遊ぶ ⇒ 食ることが多くなる ⇒ 体重増える ⇒ ストレスになる。
こういうのはまずいのだが。
コメント (3)

牛肉シチュー

2014年11月25日 08時55分15秒 | 僕のレシピ
今回の遊びは「シチュー」作り。ストーブの季節はこいつの魔力活用でおもしろく、楽しい遊びがいろいろできる。
野菜スープからカレーに変化して4日を過す料理は何度もやった。そこで今回はシチューを作ろうと決めてきた。神奈川のスーパーを回って、どこの肉がいいかを下見までした。日曜日に買い込み、もってきた。

   タマネギの細かいのをじっくり炒める。
                いい色になった頃に牛肉を入れ軽く炒める。
   野菜を準備。ジャガイモ 皮を剥いただけの丸々を入れる。
                ニンジン、それと今回はエリンギを入れてみる。
      炒めたお鍋に水を入れ、ストーブの上へ。3時間ほど野菜を入れないで煮る。
   今回使ったシチューの元。顆粒で融けやすいが採用ポイント。
   野菜をいれ、シチュー元を入れ、あとは一晩ストーブまかせ。
                ストーブは火が落ちない程度に夜通し細火が付いてる。
                具材にジワジワと熱が通っていく。
   これが今朝の状態。早速パン食にいただく。美味いね~。ちょっと水が多かったかも。
           これから水分が飛べばいい濃さになるだろう。早く食べたいあまり、ひとつ失敗。
           この時のためにわざわざ買ってきたフランスパン、その存在をすっかり忘れてた。
           後始末時にその袋を見つけて「あれっ」。明日の朝だな。

  これは前回作り置きしておいた「わり漬け」。つけすぎかな?
                ちょっとすっぱい感じ。それと今回は葉もいっしょに入れたので大根が
                白からちょっと茶系に染まってる。
                僕のイメージとは少々ずれてるが、これも美味いよ。
コメント (2)

7割は葉が落ちた

2014年11月24日 15時25分36秒 | 白州の四季
        今回も予定通り。白州に今日戻ってきた。

木々はほぼ想定内で葉を落としてる。クヌギ、コナラ(どんぐりを落とす仲間)とカラマツがまだ何割か枯れ葉をつけてる。庭は落ち葉のジュータン状態。掃いて集めて焚き火でお芋なんて量じゃない。もう風まかせ、どこかに飛んで行って、なくなるのを待つ。昔は腐らせて「堆肥にするか」と考えたこともあったな。
夕方4時で外気は12℃ある。暖かい。これから日がなくなると5℃くらいまで下がるんだろう。当然ストーブは火をいれました。

    そこで今回のお遊び、ストーブに鉄瓶を実行。
気分は出るが、似合ってるかと問えば、洋と和で異質かも。「鋳物」つながりで合ってるとも思える。おいしいお湯がいただければいいんです。
コメント (2)

秋の色

2014年11月23日 09時10分59秒 | 白州の四季
    2週間前に白州の庭で集めた葉っぱ達。「押葉」にしておいた。

やはり採集した時の方が綺麗だったように思う。有る程度の劣化はやむを得ない。
右上のヤマモミジの右隣の葉がなんだかわからなくなってる。庭の木をあれこれ想像するも思いつかない。こんなもんですね。
さて、これをどうやったらこの状態で保存できるかを思案してる。標本みたいにしたい。当然空気を遮断すべきだろう。糊のついたセロファンみたいなものでしっかり覆ってしまうか? 問題はあるな。
親戚に押花をやってる人がいる。花の色を落とさないような薬品を使うという話も聞く。これはプロの世界でそこまでやることはない。大人の遊びだし、失敗しても来年またやればいいだけのこと。自然はまた巡ってくる。
コメント (2)

リベンジ秋観賞

2014年11月21日 16時51分09秒 | 山紀行
    今日は暖かくて秋を楽しむのにいい1日だった。かみさんと2人厚木の西にある日向山(404m)に秋を楽しみに出かけた。
実は先週の金曜日にもここへ出かけたのですが、道を間違え、思わぬところに行ってしまい、2時間ほど歩き疲れて撤退したんです。執着とかリベンジというんじゃなく、天気がよくなったのと、用事がなかったので、「あそこをちゃんと歩こう」となったわけ。朝の動きは全く先週と同じ。家を出たのも、乗った電車もバスもしっかり同じ。かって知ったる何とかです。

      ここが道を間違えた問題の場所。本当は左の柵を通って行くのですが、こんな柵だし、この案内板が見つけづらい位置にあって、「右だ」とかってに決めて突き進んだんです。右の写真御夫婦が歩かれてます。この2人私たちのちょっと前を歩かれてました。先週の僕たちと同じ間違いをしそうになってるんです。この奥は丹沢の大山に通じる登山道ですから、行ってもおかしくないのです。声を掛けたわけじゃないのですが、この後僕たちが別の道を歩いてるのを見て引返してきましたよ。

    このあとは道にまようこともなく、1時間弱で頂上に到着。厚木市内と郊外、相模湾、江の島、平塚にある湘南平、横浜の高層ビル、さらに遠くは新宿のビル群まで見通せました。  

    頂上から20分ほど下ると「日向薬師」。最初の紅葉の写真はこの薬師の裏にあったもみじ。その下でお昼。最高の昼だったね。山門もりっぱなものでした。もっと小さな薬師とおもってたが、いやいやりっぱな薬師様でした。

    神奈川にいると登山靴はありません。白州の倉庫の中に置いてあるから。しょうがなくてバッシュで行きました。このバッシュ20年前にスポーツジムで使ってたもので20年以上家で眠ってた。はくこともないだろう、捨てるかと考えてたところで山に行く話、ならば山行きに使おうとおろしました。へんなシミもついてます。使いどこがあってよかった。もったいないからね。

日向薬師 1:15発 伊勢原行きのバスにうまく乗れて、暖かい内に家に帰り着きました。いいハイキングでした。
コメント (2)

どこまでずうずうしいの!

2014年11月16日 20時06分58秒 | 国を憂う
安倍さん 豪州で今日「消費税は国民生活への影響が大きいことだから国民の審判を受けるに匹敵することでしょう」と言ったらしいね。
「集団的自衛権」「秘密法」「原発再稼働」などは影響が少ないということか?
おいおい安倍君 どこまでずうずうしいの? 一貫性が無さ過ぎる。あれはあれ、これはこれか?

ここまで手前勝手な論理で我々を導かれたのではたまらん。だめだだめだ、もう安倍ちゃんではだめです。
だれでもいいからとりあえず安倍ちゃんだけは葬ってもらわないと。

ここまでひどいと、「変じゃない? なんかおかしくない?」の印象を持って初めて「まともな日本人」だと思うけど。
そう感じたら選挙に行こう。「安倍はいらない」と書こう!!
コメント

鉄瓶を買った

2014年11月16日 07時21分15秒 | つれづれなるままに
    昨日ついに鉄瓶を買った。前々から欲しいと探してた。

白州の薪ストーブ、その上でお湯を沸かしておくのに今風のケトルでは様にならない。鉄瓶をひとつほしいと探してきた。骨董市にも行ったけど、ここで見るのはほんとの骨董、使うと言うより置いておくふうでだめ。NET通販にもいろいろ出てるけど、最終的には手にしてと思うし、南部鉄器じゃないものも多くでてると聞く。
横浜伊勢佐木町にある御茶屋さんがわりと専門に扱ってることを知って、先月話を聞きに行った。その時は「もう少し見てから」なんて気もあるし、僕が思ってきた感じのものがなかった。
昨日高校の集まりでこのお店の近くに出かけた。集まりの前に寄ってみた。前回なかった品物が1品入荷してた。惚れちゃった。即買い。
そして今朝、珈琲を作りたくて6時から作業。鉄瓶はすぐそのままお湯を沸かせません。内側の表面に「茶渋でコーティング」する作業が儀式のようです。七輪に炭をおこし、御茶の煮出しを2回やりました。これも水道の水じゃなく山から持ってきた水を惜しみなく使う。水道のカルキ分が付くのもどうかと考えて。

それから本物のお湯を沸かして、今珈琲をいただいてる。うまいです。柔らかい感じがします。
来週は白州に持って行って、ストーブの上でお湯を沸かします。また小さい夢がかなった。楽しみ。
コメント (4)