いいかげんにしてくれ

2014年10月29日 21時01分36秒 | 国を憂う
今日29日 安倍さんが「これで撃ち方やめになればいい」と言ったんだって?
民主党枝野さんに政治資金問題が発覚したことをうけてらしいが。

いいかげんにしろよ。あんたら税金使って何やってんの?
他人のあらさがしかよ! こっちだけが一方的にやられるのはうれしくない。あっちのだれかを探せ。できればちょっと上のやつ。それが枝野さんだったてこと? 枝野さんの件事実でも事実でなくてもどっちでもいい。

疑惑のかかったやつは国民がわかるように説明しろ! 国民は「あやしいやつ」を許さない鉄拳を持とうよ。

先日新聞の読者の意見の中に「国会内に査問委員会を別途作れ。予算委員会であらのつっつき合いはやめろ」というのがあった。まったく同感。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

My 楽譜

2014年10月29日 08時49分04秒 | オペラに挑戦
      

写真はイタリア語の歌を覚えるために僕なりに工夫した「My楽譜」です。こんな苦労してでも歌うんだという一端を紹介します。

左は今ほれ込んでる「カヴァレリア・ルスティカーナ」の「復活祭の合唱」という部分のMy楽譜です。頭の3行が以前に「難しい、これが歌か」と紹介した「レジナ・チェリ」と言われる賛歌です。この15行の合唱は新年早々コンサートで歌うことになってるので全部覚えなければいけないのです。
右はこの「レジナ・チェリ」だけを書き出した楽譜です。

まず自分が歌う詞をパソコンデータに書き落とします。発音は書き込みません。イタリア語は音にしやすいし、カナをふるとそれを読むからです。
見ての通り音符は当然ありません。音符が五線の上に書かれてても僕には意味がないんです。その高さの音を出せる能力がないんですから。
ミミズがはってるような鉛筆の線、これが音の高低です。あくまでも前後との相対高低です。

練習の本当の最初は本物を聞いて聞いて、好きになって、オペラ全体のイメージを頭にいれることからです。これは後で効果がでてくる必須作業です。
それから自分で歌う練習です。最初は本物の楽譜をみながら練習用CDを聞き、口で音をなぞります。
だいたいのイメージがつかめたところで、My楽譜を見ながら練習用CDにあわせて歌うんです。時々本物の楽譜で確認がかかせません。何度も何度も繰り返しているうちにメロディーと詞が脳のどこかにこびり着いて「覚えた」となるんです。
「レジナ・チェリ」はテンポが遅く、音の長さが重要なのと、異様なメロディーなので「音と休符の長さ」が解るように工夫して作りました。発音カナも書き込みました。

この練習法で毎日歌ってます。おかげで40%位までは修得してきたかな。難関の「レジナ・チェリ」も70点はもらえそうなレベルに。

まだ40%だというのに日に1回は本物(YouTube)とあわせて歌うようにしてます。覚え度合いの確認になるし、舞台上での雰囲気で歌えるから必須練習ですね。

こういう苦労が苦労でなく、楽しいんだから「のめり込んでる」っていうんだろうね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

歯科医プロ 熊谷 崇

2014年10月28日 08時15分30秒 | つれづれなるままに
昨日のNHK 「プロフェッショナル 仕事の流儀」の話です。   日吉歯科診療所

ここで解説はやめときます。くどくどしちゃうし、NET上の情報が正しいでしょうから。

口腔内ケアに重点。患者からすると余計な診療、お世話に見え、来院しなくなる。
地道に活動を続け、「歯磨き」を「自己責任の予防行為」として地域に根付かせた。
現在地域の虫歯が激減してる。しいては健康増進に貢献してる。

自分に続く若手医師を育ててる。彼等が客が来なくなることで悩むのを叱咤し、励まし続ける。
本来あるべき「医療行為」のありかたを啓蒙し続ける。

山形酒田にこんな素晴らしい歯医者があることに驚き。
自分だって痛みをすぐ取ってほしいのであって、余計な治療で金とるなと言いたくなるよな。
そんな僕も昨日はまじめな歯磨きをこころがけた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

横浜散策

2014年10月27日 06時56分21秒 | つれづれなるままに
昨日高校のOB会行事に参加し、桜木町から山下公園までを散策してきた。何度も歩いてる道なので特に目新しいものはない。
昨日は秋の好天だったこと、ハローウィンの集まりがあったことなど人出が多かった。そんな秋の行楽気分に乗って歩いてみるとこのあたりもなかなか素敵な散策エリアだと思った。時間をかけてここまでステキなエリアに改造してきた行政の努力も思った。

   日本丸の「総帆展帆」  年に12回ほど帆を張る機会があるのだそうです。ちょうどその日に行き合わせた。作業してる乗組員(?)は帆船好きなボランティアとのこと。まさか「市の職員じゃないだろう」と想像して聞いてみたのだ。昨日は微風だったが、微風とはいえ帆を全て張ったらそれなりに船に力がかかるのではと聞いたら、「風強いと中止もあります」だって。帆1枚1枚の下を強く固定しないで、力を逃がすようにもしてるんでしょう。帆を揚げるのに甲板を乗組員がロープを引いて走るのですが、そのかけ声が「わっしょい」なんです。もうちょっとモダンなかけ声が似あうとおもうんだけど。

   大型客船ミレニアム号  ちょうど入港してました。長さ300m、大桟橋いっぱいでした。出港準備中でセレブそうな外国人をながめてきました。ちょっと外国気分。ウキウキするものです。

   「工作船展示館」  こんなものがこのステキなエリアにあるとは知りませんでした。昔北朝鮮の工作船による事件がありましたよね。あの工作船をわざわざ「展示館」を作って公開してるのです。たださえもいろいろ問題がある両国関係。そんな今どうもしっくりしない施設だなと思えた。中の見学はしてきませんでした。近寄るのもいけないような。

ぶらぶら3時間氷川丸の前で会は解散、同期8人はそれからお茶、つかれを癒して帰りました。 「何度も行ってるわ。知ってるわよ。」と言わないで新たな気持ちで散策してみてください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コゲラ

2014年10月26日 07時59分01秒 | つれづれなるままに
     朝庭木にコゲラが来た。

うちの庭は小鳥の食事場所になってる。朝夕決まった時間に群で来る。主にシジュウカラ、メジロ、ムクドリだ。
かみさんが「キツツキみたいな音が」という。探してみるとコゲラだった。初めて見かけた。背中の横縞が特徴的。アカゲラ、ヤマガラ等は白州でよく見るが、この神奈川で見かけるとは。
ガラス越しに1枚だけ撮れた。  また来てくれることを期待してる。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

オペラを鑑賞

2014年10月25日 18時08分27秒 | オペラに挑戦
オペラを観てきた。溝の口の洗足学園で無料で見せてくれるというから出かけた。もうひとつ行く気になった理由があった。主役のソプラノが2年前の「蝶々夫人」で蝶々さんをやってくれた「西本」さんだったこと、副指揮が僕たちの指揮を2年やってくれた「田邉」さんだったことだ。
演目は「友人フリッツ」、作者はP.マスカーニ。来年8月に公演するカヴァレリアの作者だったんです。今カヴァレリアに陶酔してる僕なんですが、これもいいだろうという多大な希望もありました。

がっかり1
 副主役のテノールの声が細いというか小さいというのか、弱いんです。最初の歌い出しで「弱い!!」が印象着いちゃって、それを拭うチャンスはなかったよう。経歴を調べてびっくり。現在慶応大の現役。今回のソリストの中で最も若いんじゃないか。諸先輩に囲まれて緊張もあっただろう。それと体が細くて貧弱。この点には「可哀そうに」と同情。僕のオペラ先生もテノールですがりっぱな腹周りで、「声でるだろうな」と思わせるもの。

がっかり2
 期待したマスカーニの作品。そうでもなかった。耳に残った美しいメロディーはなかった。同じ作者でもどれもこれも美しいというわけにはいかんのですね。逆に考えればカヴァレリアは「美メロディー」の宝庫ということです。

ソプラノの西本さん、バリトンの品田さん お2人はよかったね。
それとあたりまえですが、「生オペラ」は少々のがっかりがあっても絶対いい。無料なのがさらにグーでした。

当然びっくり
 オペラのソリストさん達って何作品覚えてるんですかね。蝶々さん2時間歌った西本さん、今日のも1時間分くらいは歌った。しかも原語でですからね。出演した経歴見るとゆうに20作品は出演してる。全部覚えていて、「さっ歌え」と言われれば歌えちゃうだろうからあきれる。僕がある作品の10小節を覚えるのに何日かかってると思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

めっきり寒くなって

2014年10月24日 09時00分41秒 | つれづれなるままに
一昨日、昨日は11月下旬の寒さだったとか。「このまま夏が終わるなんてないはず。どうせ暑さがぶりかえす。」と思ってたら、ほんとに秋になっちゃった。なんかもの足りない思いが残る。
秋から冬に向うのは「寒くなる」ということで「いやだな。淋しいな」と気が重い。それなりの楽しみもあるわけで、しっかりそういう時季になれば気持ちも切り替わることを知ってはいる。
つまり季節の変わり目の憂欝感ってやつだろう。

庭もすっかり秋風情。

     サザンカ 今年はちょっと早いように思うけど。
     ツワブキ こんな時季に花つける蕗。不思議だ。蕗のとうは春ですよ。
          テッセン 当然花は終わってる。ただ枯れていくだけ。
     隣にあったゴーヤはもう処分したが、それなりに「枯れていく美」がありそうなので観賞してる。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ニューイヤーコンサート

2014年10月22日 07時15分01秒 | オペラに挑戦
ニューイヤーコンサートの案内

     一つの作品を上演するものでなく、オペラアラカルトです。素敵なアリア、合唱を聴いて頂いてオペラファンを増やし、「座間はオペラの街」を強くしていくのが目的でしょう。

 日時   来年1月10日(土) 15時開演
 場所   座間ハーモニーホール 大ホール
 料金   2000円 (当日売り 2500円) 座席指定なし
 予定曲  ヴェルディ   「ナブッコ」から 「行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って」
        ビゼー      「カルメン」から 「ハバネラ」「闘牛士の歌」 (日本語にて)
        ヴェルディ   「椿姫」  から 「乾杯の歌」
       マスカーニ   「カヴァレリア・ルスティカーナ」から 「復活祭の合唱」(含むレジナ・チェリ)
                                   「乾杯の歌」
       プッチーニ   「ラ・ヴォエーム」から  2幕

      バックはピアノ伴奏です。オケではありません。
      舞台上の動き(演技)はどれほどつけるかも不明です。

出演する方にしてみると2ヶ月でこれだけ覚えるのはたいへんです。もうあせってます。
現在、「カヴァレリア・ルスティカーナ」を受講中。その他は一通り講習完。あとは各位CDにて自主トレ中。
あと2ヶ月、「カヴァレリア・ルスティカーナ」が非常に難しいんだけど、それも含めてそれなりのレベルにできるんだろうか。

入場希望の方でチケットを購入してほしいという方は連絡ください。僕が買って、お渡しします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャージーボーイズ

2014年10月21日 21時34分34秒 | 映画鑑賞
夕方から9時過ぎまで近くのシネコンに行って観てきた。
かみさんが以前に観てきて、良かったらしい。もう一度行こうとしきりに誘い、めずらしく自分で上映時間まで調べて、半強制でした。
マスコミ等でも「良い映画だ」との評価をしてるので、観たい気もあった。

基本音楽映画だから楽しいですよね。ロックといっても軽いロックだし。有名になったシンガーでもほんとの人生は波乱万丈だったんですね。
さすがクリント・イーストウッド監督。楽しい映画に作り変えてくれました。僕は「もう1度」という気にはなってませんよ。

さて驚きは。 300人ほど入る映画館に客は3人でした。つまりうち以外は1人だけ。同年代の御婦人でした。シネコンとしては赤字でしょうね。映画が終わった後でなかなか室内灯が点かなかったのですが、「あれっ、この光だけでお帰りください」ってこと? でもこういう映画鑑賞もちょっと不気味な感じですよ。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

小渕さんの矛盾

2014年10月19日 21時52分51秒 | 国を憂う
「自分の説明は到底国民の理解を得られないでしょう。大臣を辞することで責任をとります」
これが矛盾してることすら解らなくなってる議員さんなんでしょうか。

「国民に理解されない」=「国民の信託に耐えられない」わけですから大臣を辞めるのではなく、議員を辞すべきでしょう。
メディアでも国会内もこの点の追求がないのが不思議なんです。野党さんにもしっかりしてもらいたいものです。

「群馬の人は解ってくれる」「今まで通り支援してくれる」というのでは「群馬の有権者」の方馬鹿にされてると思いませんか ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加