カナダ人女性を拉致

2008年05月31日 05時38分43秒 | つれづれなるままに
今うちの庭にテントが1つ張ってあります。住人はカナダ人の若い女性です。名前も年齢も知りませんが、彼女日本語が堪能なので会話は問題なし。
彼女の職は外人のツアー客をガイドすることなんだそうで、特に登山客を案内してるそうなんです。仕事のない日に人気があって、自分が行ってない山に挑戦してるらしく、今回は甲斐駒とその周辺を目的に来たようです。一昨日甲斐駒に入り、昨夜降りてきて例の温泉ですっきりしたところで僕と会ったわけです。これからキャンプ場でテントを張るというから軽トラの荷台に彼女ごと乗せて運んだんですが、あいにくキャンプ場はnot open。じゃうちの庭で張れと拉致してきたんです。
当然ですが彼女の生活に深入りはしてませんよ。晩飯に冷奴と漬物を少しわけてあげたのと、このあたりの山を説明してあげたのと、これから今日登るという山の入り口まで送ってあげること そこまで手を出してます。
山屋は朝が早いのが普通じゃないですか。送ってあげると約束したので、僕もちょっと早めに起きたのですが、彼女まだ起きてきません。まっいいか。彼女のペースでやってくれ。
天気が悪いのが気のどく。甲斐駒は8合目で積雪により撤退。でも明るい素敵な女性です。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

権利と義務

2008年05月29日 20時35分00秒 | 国を憂う
またまた固い題材です。
先日友人が来た時に「中国人はまず権利を主張する民族だ」という話が出ました。
権利の裏には義務があるわけで、前から考えている「権利の主張と義務の履行のバランス」をまた考え、日記に書いてみよう となったのです。
「権利の行使と義務の履行」が現代の人間社会を構成してる要素だろう。そしてそこのバランスが問題だな が今の結論なんです。政治屋のいいかげんさ、隣人とのいざこざ、食の安全が揺らいでいる 全て関係者のバランス感覚の問題なんですよ。AさんとBさんでそのバランスにズレがあって、2人だけでは解決しない場合を調整するために法律があり、司法が必要なんだろうな。常識を逸脱してるバランス感覚(殺人など)はもう違う次元の問題ですよ。
僕は「今このTPOにおいて自分の権利と義務」を意識して行動するようにしてます。バランスを考えてです。こういう感覚って重要じゃないだろうか。
ちょっとグローバルに 日本人は「権利を主張する前に義務を履行すべき」的な発想をしてるんじゃないかな。「滅私奉公」はその現れ。欧米中国人は「権利をまず主張して、義務の履行」を考える民族じゃないだろうか。中国人は「だますやつより、だまされるやつが悪い」と考えるんだそうです。性善説、性悪説にも通じますよね。この意味では日本人は性善説派です。つまり周りは善だと考えるんでしょうね。疑わないんですよ。

これを読んだ方も「今自分が持ってる権利としょってる義務」を整理してみてはいかがでしょう。そしてバランスを考えて行動してください。強くなれるかもしれません。
そんな人が増えれば世の中良くなる基礎ができるんじゃないだろうか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

友の来訪

2008年05月25日 20時13分15秒 | つれづれなるままに
昨日から1泊で小学校時代の友人が足利から訪ねてきました。
昨年8月 うちで「白鳥の湖」の上映会を企画したT君です。
こんなに前向き、積極的、行動派で生きてる男が他にいるかと僕は思ってるやつです。いいやつなんです。
今回は電子ピアノを持ってきました。NETオークションで安く購入したようで、とりあえず自分が練習する目的。次の目的は「いずれ現れる孫がほしいと言ったらプレゼントする」んだそうです。唱歌の「故郷」を練習中だそうで、チラッと弾いてくれました。「えっ、こいつがここまで弾ける」驚きました。音楽感は絶対僕の方が優れてるはず。それなのにオレはあそこまで弾けない。「日々努力」「好きこそものの・・・」ですね。58歳でこの前向きさ いつもいつも驚かされるT君なんです。
そういえば僕にモーツァルトを教えたのは彼だったな。ひょっとすると音楽感性は彼の方が上だったのかもね。
さてそんな彼を迎えて今朝の飯はがんばりました。自作です。男2人がいただく朝食とは見えないでしょう。バッチリ歓迎したつもりです。
今度は僕が足利に出向かねば。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

緑に囲まれた朝食

2008年05月21日 08時00分45秒 | 僕のレシピ
台風一過なんとすがすがしい朝であることか!
そして今日明日は連休。気分爽快。
これは贅沢な朝食を演出し、いい気分をさらに盛り上げよう。

外でスパゲティーをいただくことに変更。
テーブルにはかすりの布をかけて演出。お皿は普段使わないものを使用。
ここまでやれば至福以上の至福。

スパゲティーはバジルソースを使いました。うまい。
スープは昨夜の残りもので味噌スープ。これも格段にうまい。
トマトは神奈川の農家で買ってきたもの。そこらのスーパーで買ったものと味が違う。

耳にはモーツァルトのピアノ曲と新緑のすれる音、それに田んぼで草刈してるエンジン音。

これ以上の贅沢な食事はない。

元気もりもり。今日は今年初めての草刈を予定。不要な木も1本倒したい。他は肥料を買ってきて、銀行に行って、スーパーで買出し。木工屋志望の友人が遊びに来るとも言ってた。
さっ活動開始だ。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

木再生農場

2008年05月16日 07時12分21秒 | つれづれなるままに
1週間ぶりの皐月晴れの朝。連休明けでもあり、すがすがしく朝日をあびてます。「仕事するぞ」と力がわいてきます。
さて、最近うちの庭が「木の再生農場」になりつつあります。
どういうことかって。
店では死んではいないんだけど、今年は商品価値がゼロという木が出てきます。部分的に枯れたり、出るべき時に葉がでてこない、花が咲かないなど。2年ほど畑に入れておくと売り物になるんだけど、その維持管理費を考えると捨てたほうがいい場合もあるんですね。社長が「捨て」と判断した木で僕が興味ある木を家に持ち帰ってるんです。再生畑に植え込むか、根巻きのまま置いといて水の管理だけたやさずやるかです。
ハナナシ、プルーン、アラタマハ、ソロ、フー、アズキナシ、ライラック、コバノズイナなどなど。
普通はちゃんとした(形の)木を求めるでしょう? 昔の僕もそうでした。でも今変わってきてます。ちょっといびつなのがおもしろかったりして。なんとか息を吹き返えさせようと愛情をかけるのも楽しいものです。
2,3年もすればきちんとした木になるんだから、ただで手にはいるこのシステムは僕には好都合です。
再生しても植え込む場所がない悩みも一方で抱えてますが・・・。 
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

文化(的)生活

2008年05月14日 07時53分18秒 | つれづれなるままに
昨夜神奈川に戻って、風呂に入りながら考えちゃった。
「文化生活」って日本語おかしくないか。文化か文明かです。
それこそ「三丁目の夕日」時代以降、家の中に電化製品が次々に入ってきて、便利になっていくさまを「文化的生活」って言ったんですよね。そう言って庶民をあおったとこもあるんだろうけど。
僕の中では機械化は文明だと定義してるんです。だから「文明生活」が正しかったんじゃないでしょうか。エジプトとかインドとか黄河流域に思いが及ぶけど。文明化したけど、非文化化が進んだとも言えるんじゃないか。
なんで風呂場でかって。「山梨の家じゃこんな快適に風呂入れないな。」 マンションの密閉された空間だから寒くない。「人間ってどんどん生活を快適にしてきたんだ。」と考えてたら、「あれっ、これっておかしくないか」となったわけ。
仕事帰りに露天の温泉に20分つかり、山の変化から自然のいとなみを感じてる 僕の風呂の方が格段に文化的ではないだろうか。 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大枚はたいて辞書購入

2008年05月02日 20時01分17秒 | つれづれなるままに
30日に神奈川に帰ったついでに16000円出して辞書を買った。
なんの辞書かって。樹木の辞書です。
大学、社会人時代は勉強しようとすると、何でこんな高いのと思って買わなかった。でも今回は全く不満なく大枚を出してしまった。そして読みながら楽しくてしょうがない。僕は樹木人だったんだ。これはいいことです。
3700円のシリーズ物を3巻ともうちょっと深めたい樹木(ツツジ、サツキ、アジサイ、カエデ、モミジ、シャクナゲなど)の解説書 しめて上の金額です。
昔買わなかったということは自分ではなかったのでしょうね。今すーっと買えて、楽しい それは僕そのものなのだろう。いいことだ。
これを機にきちんと樹木学を身に着けたいと思うんです。種、族、科 その分類も解かってくれば木の世界ももっと広がるでしょう。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

今こそ怒りの声を

2008年05月01日 09時55分35秒 | 国を憂う
こんなごまかしに怒りを感じない日本人がいるのだろうか。
もう正義も人情も理もなにもない、ただ「権力」が横行してるだけ。こんな母国が悲しい。
1月前に「きちんと説明してくれれば払う」と書いた石油税が何の説明もないまま復活した。

そして今は1月前よりもっと状況が悪い。
「来年から一般財源化する」と約束(?)しておいての復活だ。税の徴収が復活したとたんにこんどは13日に向こう10年間の道路特定財源化をも決定しようとしてる。おいおいそこまで国民を馬鹿にするのか。「何とかしてよ」と頼む気にもなれない。
末期症状の与党の中ではいろんな思惑がうごめいているのだろう。そんなあんた達の都合なんて聞きたくも、考えたくもない。国民から信託される者として一刻も早く新たな信託を受けてもらいたい。
こんな国会しか作れない国民の1人として悲しみと怒りを感じながら。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加