かみさんが手術

2011年02月27日 17時44分49秒 | つれづれなるままに
と 言ってもたいした手術じゃないんですが、彼女にとってはそれだけで失神しそうな話なんです。
右肩の皮膚下にぐりぐりするしこりができたようなんです。僕が脂肪腫の切除を数回やっているので、医者に見せれば「切れ」と言われるだろう。メスで切るなんていやよが彼女の心理。「でも、医者に見せた方がいいよ」と行きつけの皮膚科に連れてったのがひと月前。その場で「切りましょう。そして病理検査をしましょう。もしも悪性だったらより大きく切除することになるかも」と即断されました。ただ若い女医さんで、きりっとしてて、なんといっても手から指がきれいで、器用そうに見えたのだそうです。そして「まな板の上の鯉」と決断したのです。
その後、近親者の集中治療室状態を見て「あれに比べたら私のことなんてたいしたことない。私もがんばらなくちゃ」なんて自分を奮い立たせてもいました。
昨日切ってきました。以下は術後の彼女の弁。
「椅子に座ったままで、ちょいちょいで終ると思った。小さいながらも手術室に通された。天井にはあのライトがあったわよ。ベットに横にさせられて1時間ほどかかったわ。途中で痛くなったので伝えたら、さらに麻酔をしてくれた。あっ今縫ってるなとわかったわ。取った物を見せてくれた。梅干しの種大の塊だった。たぶん脂肪腫ですよ、悪性ではないと思いますと言われたわ。」
右肩を動かさないようにとも言われたようで上腕部を胴体に縛って生活してます。切開部が化膿したりしてさらに痛い思いをしたくないんでしょう。
病院、手術 そういうことにも慣れておいていただかないと、その時になって失神されても困りますからね。
コメント (6)

61回目の誕生日

2011年02月20日 09時45分52秒 | つれづれなるままに
昨日は誕生日でした。この回数になるとうれしいことはなにもない。ただ「また歳とった」感があるだけです。
下の娘家族が前日から泊まりに来た。務めを再開して間がない。落ち着かないこともあったのだろう、久しぶりの訪問だった。祝ってくれる心使いもあったのだろう。ところが1才になったばかりの孫娘の体調が悪い。午後になって「超下痢うんち」。「おめでとう」もなく、あわてて帰宅していった。夕食はかみさんと2人前日の残り物で済ませた。
いいニュースもあった。緊急入院して3週間、集中治療室にいた劇症性心筋炎の近親者が一般病室に移ったらしい。細かい部分はまだこれからだろうが、当初心配した大きな損傷はなかったようだ。よかった、よかった。これからは運動機能の回復をめざしてリハビリが続くらしい。近々また見舞いに行って、今度は冗談をかましてこよう。
誕生日に送金と決めてる支払がある。福井にある墓の代金だ。年いくらと決まってるわけではないが、父から任された時から毎年の行事にしてる。忘れずに送金しなくては。
そんなこんなで61回目も過ぎていきました。静かなものでした。これでいいんですよ。
コメント (6)

大雪

2011年02月15日 07時53分47秒 | つれづれなるままに
  

湿雪が5cmほど積った。東京都内は2cmで「大雪」と報道してた。交通機関には大きな乱れはないようだ。

白州は30cm積ったかな。湿った雪だろう。常緑の木々が心配。友人のblogが待ち遠しい。
コメント (5)

子育ての苦労

2011年02月12日 17時44分09秒 | つれづれなるままに
先日年齢のことで失礼した下の娘からこんな苦労話がきて、いろいろ考えた。

長女が1才の誕生日を迎え、仕事へ復帰することにした。彼女は看護師でこの1年育児休暇だったのです。
復帰するにあたり子供は職場で運営してる保育園に預けることができたようです。ここまでは今どき恵まれた環境だと感心したのです。
ところが預けて2日目に風邪を貰ってきて発熱。風邪をひいた幼児は預かってくれません。だんなも仕事休めない。自分も復帰したばかりで休めない。もうてんやわんやだったようです。
最初の日はだんなが午前中だけ休みもらって子供を病院につれていく。午後はだんなのお母さんに預けて出社。2日目はだんなのお姉さんに預けて朝から2人出勤。3日目は彼女自身が休みなのでめんどうを見れた。
この2,3日若い夫婦は気が休まらなかっただろう。仕事もまともに片付いたとは思えない。

一見恵まれた環境でも、ひとたびトラブルが起きると詰まってしまうのが現実。近くにお母さん、お姉さんがいたからどうにか仕事に行くことができたが、いなかったらどうしただろう。
これが現実なんですね。幼稚園、保育園にいれたくても入れない。どうにか入っても風邪ひいたら手がない。これでは「子育てしづらい社会」なんでしょうね。専業主婦でいられればこんなことにもならんのでしょうけど、そんなわけにもいかないし。今の子供世代もたいへんでかわいそうだなと思う。
自分の時代はどうだったのか。運よく大きい会社に入れたので共稼ぎの必要がなかった。子育てでは近くに僕の両親がいて、求めればいつでも助けてくれた。幼稚園は待機なんて知らずに入れた。あらゆる面で今よりはるかに恵まれていたのだろう。
「核家族」が社会標準になったのも問題かも。プライバシーを優先するか、共同の利をもうちょっととりいれるかなんでしょうね。
ともかく、子供たちには「がんばれ」と言うしかない。そして助けがほしかったらいつでも言え。できるだけ協力しよう。
コメント

生後1ヶ月の味噌

2011年02月11日 12時10分55秒 | つれづれなるままに
1月16日に仕込んで一月経った味噌です。



ちょっと味噌色が濃くなったかな。半年で食できる物になるとすれば変化もこの程度でしょう。異常は見つからず。このまま順調に成長してくれればいい。
コメント (2)

本格的な雪

2011年02月11日 11時49分30秒 | 白州の四季
  予報通りしっかりした雪になった。

昨夜半から降り出した。気温がそれほど下がってないので、サラサラした雪ではない。今10cmですかね。明日の夕方まで降り続くらしい。
12月にスノータイヤにはき替えてる。だから閉じ込められることはないだろう。屋外で遊べないのが残念。これも風情と思って楽しむことにします。
コメント (2)

春一番

2011年02月09日 11時41分03秒 | 白州の四季


うちでの春一番。福寿草が芽を出してます。まだ2芽。これから10個ほど出てくるはず。
春がこっちに向かってる感じ。
写真を撮るために落ち葉をはがしました。またふんわりとかけておきました。

朝の雪も午前中には消えてしまいました。外気は8℃です。
コメント (2)

来てみたら雪だ

2011年02月09日 09時28分51秒 | 白州の四季
予定通り昨日白州に帰ってきた。今回は特に用事はない。家の空気入れ替えくらい。

来てみたら雪に降られた。夜半から朝がたにかけて降ったようだ。
   気温が零下にならない中での雪だったようでベタベタの雪です。そういえば今年はちゃんとした雪を経験していない。それもちょっと寂しい。白州に降ってないようだ。今年は本格的冬型が多くて、日本海側が大雪、関東側は乾燥続きだったようですね。
金曜日は冷えた雪との予報。まじめな雪でもいいな。

昨日到着後早速福寿草をチェックした。もう芽が出てました。今は雪の下なので写真は後で。明日にでも春一番の写真をお届けします。
コメント

娘に失礼をした

2011年02月06日 12時51分03秒 | つれづれなるままに
今日は下の娘(3人の子供の一番下)の誕生日。朝からかみさんとそんな話になり、「子供ももう30かよ。僕らも老けたよな」てな会話。その余韻で娘にお祝いメールを送った。「昨日までアラサー、今日は完サーですね。」
娘が怒って電話してきた。「29の誕生日です」。
これにはただただ「失礼しました」と謝るだけ。老けたのは隠しようがない。ボケてもきてるようだ。かみさんと二人。
コメント (11)

近親者の近況

2011年02月06日 07時54分55秒 | つれづれなるままに
救急入院が先週の木曜日、もう10日になります。
昨日装着してた機器が全てとれたようです。点滴の針が刺さってるだけになり、気力・体力も戻ったようです。
この病気は危険な状態が3,4日、そこを通過すると1週間から10日ほどで回復とNETにありました。その通りでした。
最初は心臓と脳を助けることに全力、だから他の部位については障害が残ることも とまで言われ、足の切断の話も出たほどでした。
今日足の手術、親族への話がなかったので切断ではないと思います、単に血行不良を改善する手術と思われますが、それを済ませれば一般病室に移れるのではないでしょうか。
運が強かった ということです。明日見舞いに行って、「全快祝いの飲み会はいつやるか」くらいの冗談をかましてきます。これまで2回見舞いに行ったのですが、本人に余計な心配をさせたくなくて顔を見せてはいないのです。
よかった、よかった。
コメント