酒饅頭

2012年11月26日 09時47分47秒 | 僕のレシピ
小学校時代の友人が泊まりがてら遊びに来た。最近覚えた「酒饅頭作り」をやって遊ぼうという。
彼は故郷越前の三国の町で作られる「酒饅頭」が子供の頃から好きだったとのこと。今単身で相模原で暮らす中での遊びとして、孫といっしょに作り、遊ぶ時間をいつか持とうと饅頭作りを思いたったようだ。NETで作り方を検索、やってみたら案外簡単にできたようで、ならばうちで遊ぼうと材料、道具を携えてやってきた。
僕もこの秋からパン焼きを始めたが、期せずして2人が同じ様なことを始めたことに何か縁のようなものを感じておもしろい。

  僕とかみさんと彼の3人、材料の調合、形に変化をつけて3様の饅頭を作った。パンと違って発酵時間を特に必要としないのと、焼くか蒸すかが違う。焼きの温度調整がないのでパンよりはるかに簡単。酒粕を溶かし入れることを知った。先人はおもしろいことを考えたもんだと感心。

  僕は棒状の饅頭を作った。酒の匂がプンプンして酔いそう。りっぱに食える饅頭ができた。蒸しあがったばかりの饅頭は格別に美味い。

晩飯前にお腹がいっぱいの3人。その後鍋で酒をのみ、近況を話しあう。
彼はそのまま泊まり、今朝6時半に帰っていった。今日は9時に八王子のお客さんとところに伺う予定があるとのこと。
こんな予定がありながら、日曜の夜に泊まりで遊びに来る。おもしろいやつだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

個展と東京駅

2012年11月21日 09時46分00秒 | つれづれなるままに
白州で交友のある作家さんの個展が日本橋で開催されてる。かみさんと見にいった。
会場が狭く、出展は10数点でちょっとさみしい。今回出展されたシリーズは夏頃からその制作過程、作家さん自身の見かた・感じ方の変化、そして作品自身が変化していく様を見聞きしてきたこともあり、シリーズ全作の中から日本橋に持ってきた作品群がどんなものになったか興味があった。
厚みのある木材(昔建物の部材だったもので、1枚板もあれば組み合わせたものもある)に色を塗り、グラインダーで削り、また色を入れ、また削る。そんな工程を何度か繰り返して作られてます。結局色合いが白系で完成されたのですが、紅が基調だった時代があり、次に同じ白でもぐっと落ち着いた色合いの時代も見てきました。僕にはその時その時でステキものに見えたのですが、作家さんには「まだまだ」だったようです。「1月前ああだったのがこんなになっちゃったの?」。芸術って簡単そうに見えるけどたいへんなものですね。感想を求められても軽はずみにものが言える対象じゃないですよ。でも好きで、落ち着く感じの作品でした。

   都心まで出たついでに改装された東京駅を見てきました。観光名所化してました。駅を利用する人の何倍もの観光客でいっぱいでした。
以前「地図に残る仕事」というコピーを出した建設会社がありましたが、まさにそういう仕事で、いい仕事をしたな、日本人の財産になるなと思いながらながめてきました。
ひとつ苦情を言わせていただけば、駅前の左右にある地下駐車場の排気塔をもっと低くしていただけないでしょうかね。しかもその壁に五輪誘致のポスターが描かれてるんですよ。ちょっと興ざめでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

比例区に困る

2012年11月20日 09時42分03秒 | 国を憂う
小選挙区は「冨の分配を語らない人、負担の分配から語り始める人を選ぶ。いなかったら白票」と決めている。
もうひとつ比例区が困る。新聞などの論表、世相の報道を読むにつけても有権者が「党の選択」で困ってる様子がうかがえる。みんな同じだな。あっさり嘘をつかれる経験をさせられたからな。
共産党書記長が「ここまでくると『政党』とはなにか、その存在意義はなにかという原点から考え直さないと」と言ってた。その通りだ。
極論だし、できない話だと思うが、「政党のしばりがいっさいない、全員が無所属の国会」を夢想してる。どうだろう。
それぞれの議案に対して個人が自己の主義主張を展開し、議案毎に違った人と集団をつくる。今の議員さんの中にも党の縛りを受けて辛い思いをしてる人はいるんじゃないだろうか。例えばTPPは参加賛成だけど、30年代には脱原発の社会をと党の方針と異なる未来を想ってる人もいるでしょう。
政党ってなんだろう。結局自分の(自分達の)権利、権力を保持するために必要十分な集団ってことなんでしょうかね。この見かたはなかなか言い当ててるように思うな。
これだけ価値観が多様化した社会、高度化複雑化したが故に同時にいろんな問題への対応が迫られる社会、そんな中でひとつの形に向けて多数を縛るのって時代遅れじゃないだろうか。最初に書いた「負担の分配から語り始める人」というのも今の政党内からは出てきそうになくて、無所属の人ということにならざるを得ないのだろう。
結論かな? 党を選ぶなんて意味のないこと。これは白票ということになりそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日帰る その前に

2012年11月17日 21時41分39秒 | つれづれなるままに
今日土曜日は1日雨でした。冷たくはないので助かりましたが、表に出れず。
明日大和に帰ります。
やってない作業(年賀の原案作成)をなんとか片付けました。年賀案の気分でファドが聞きたくなりYOUTUBEを検索。アベリア・ロドリゲスを聞いてたら、横に「ちあきなおみ」がリストされてた。そこに手を伸ばして、順に聞いていったらこんなのにあたった。初耳です。自分を語ってるんですね。
やはり「なおみ」はうまい。西の横綱ですね。東はひばり。ついでに、東の大関はももえ、西を指名すべきでしょうがここからはあれもこれも状態で不明。
夜10時 雨はあがってます。
今晩(明日3時頃)「しし座流星群」がピークですって。がんばるしかないっすね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

衆議院選挙

2012年11月14日 19時36分00秒 | 国を憂う
今日急転直下「衆院解散」「総選挙」が決まりました。さて「どう選ぶか」が問題です。
僕はもう決めてます。今回はほんとにはっきりしてるんです。
「こうすればこうなります」や「こうやってよりいい生活を」などと訴える候補者には投票しないつもりです。
今まず認識すべきことは「大いなる負の遺産」だと思います。1000兆の借金、原発問題、領土問題、沖縄がかかえてる問題、対米中外交 あらゆる方面が負の遺産で固められてるという状況です。
こんな現状の中でこれまでのやりかた、考え方の延長線上で将来の姿を描いてもそれは「絵に描いた餅」というものでしょう。
「日本はこんなにひどいのです。先人が美味しいところを食い逃げした結果です。今後しばらくは薔薇色なんてありません。老いも若きもみんなでこの負の遺産を分配し、公平に負担していくしかないのです。そうやって国の力を取り戻しましょう。」と素直に語り、そこから明日の政策を考えようとしてる人を選ぼうと思うのです。その人が具体的な政策を持ってるかどうかは今回採点しないつもりです。そこまで策をもってればいいですが、今そこまで言える人はいないでしょう。「先は真っ暗です。」というだけでもたいへんな勇気ですから。
さて選挙区にそういう人がいなかったらどうするか。僕は「白票」にしようと思ってます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

整体と健康保険

2012年11月14日 10時57分38秒 | 体の悩み
右肩のコリが痛みだし、また整体に通いだした。今回は保険の効かない治療で経済的にはきつい。
昨年から今年の春にかけて半年通ったところは保険が効いた。おてごろ費用で治療してくれたのはいいが、根本的なところまで治癒することはなかったとふりかえってる。
今回は1時間みっちり手でもみほぐしてくれる。機械は全く使わない。ツボを探し、そこを入念に、こっちが我慢できるぎりぎりの痛みを与えながらほぐしてくれる。それと先生が「なぜこってるのか、どの筋肉がこってるのか」を探しながら、かつその都度説明してくれるので納得でき、任せられる気がする。4回の治療で改善過程にあることも実感できてる。

そこでだ、このての治療に保険を効かせることの是非を考えてみた。
現代、コリをかかえて痛い思いをしてる人多いんじゃないかな。保険が効いて治療してくれるなら受けたいと考えてる人多いように推測する。通常の病気と認識すれば保険を効かせてもと思うのだが、どうも簡単じゃなさそうだ。
保険を効かせない理由はいくつか思いあたる。
最大の理由は「患者が多すぎて、保険医療費がパンクする。」ことだろう。なんか後ろ向きな理由だけど、今以上の保険医療費の増はまかないきれないだろう。
保険を効かせると病院が老人達の語らいの場になる可能性も考えられる。老人って(僕もその1人だけど)筋肉痛がないわけないですからね。
「病気じゃない」との考えがあるかも。日頃から体操して予防しなさい。コルなんて自己管理不測と一刀両断なのかも。
治療内容が標準化しづらいことも問題だろう。医者の手によるほぐし行為が基本だから何をしたら何点と決めにくいでしょうね。所要時間を単位にするのもおかしい。よほどひどい医者は患者側の選択で淘汰されるだろうけど、医側の不正は簡単に想像できる。

そんなこんなで保険の対象になることはないのでしょうね。プチ整形とか歯の矯正なんかは「美容」との認識から保険が効かないのはけっこう。でも「コリ」はやはり病気ですよ。これから患者も増えるんじゃないですかね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

白州の秋

2012年11月12日 19時39分15秒 | 白州の四季
今日戻ってきた。今日は暖かかったですね。都内でも20℃だったようで。甲府を1時頃通ったが、やはり20℃近くだったよう。
おかげで白州は薪ストーブ点けずに明日を向かえられそう。楽しみなんだろうと言われればそうなのだが、まっ点けずでもいけるなら点けなくてもいいか。明日は点けるだろうし。

庭は秋一色。最高かもしれない。
      この薄い黄色 ウワミズザクラ。緑濃いのはクヌギ。

   夏隣のコブシを切ってやったヤマモミジ。いい赤色が部分的だが出てる。

   シラキ。ほんとうは紅くなるのだが、夏の日当り不足でこんな色なのか。でもいい色。

   紅ドウダンツツジ この木がこんな色になるのは初めて見れたような。

今回は庭の整備が仕事かな。中途半端な木を切り倒そう。ただの原始林ではつまらん。1週間の滞在を予定してる。チャンスがあれば山にも行って、年賀状の準備もやろう。パンも焼くか。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

秋 都内

2012年11月10日 22時09分44秒 | 高校同期会
今日は高校のランチ会。皇居をぶらり1周して、神田で鰻を頂くという流れ。
東京に出たついでに渋谷でやってる版画の展覧会を見に行った。相模原に住む知人が参加してる会の展覧会だ。
すばらしい版画を堪能させていただいた。絵と違う製作過程の大変さを想像し、ただただ頭が下がる思いだった。

  NHKホール横のけやき並木の紅葉です。夕日を受けていい色に見えました。都内にもいい紅葉有るもんですね。

  これは皇居。初めてぶらぶら散策したが、いい所ですね。まずきれいに手入れされてる。いったいいくら金かけてるんだろうと余計な詮索が走るけど、素晴らしい景観です。それと日本的品格。これは世界中どこにもないでしょう。ニューヨークのマディソンスクウェアガーデンが世界的に有名だけど、十分対抗できる景色だと思います。こういう景観が都心にあることは誇りと思っていいでしょう。公園じゃないのが残念ですが。

  千鳥ヶ淵近くにある「国立近代美術館工芸館」ですが旧「近衛師団司令部庁舎」だそうです。前の道路にはスケッチに来てる人が大勢いました。こんな建物がたくさん残ってるんですね。

秋 いい一日でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

冷え込んでるようだが

2012年11月04日 16時14分37秒 | つれづれなるままに
白州の友人から「冷え込みが厳しく、0℃だ、2℃だ。朝はストーブが暖かい」などど報告が届いてる。
日本の四季 秋はひと月ほどの短さになりましたね。
こんなこともあろうかと、前回白州を出る時今シーズン初めて「水抜き」をして帰ってきた。おかげで凍結の心配をせずに安心していられる。
備えあれば憂いなし。まったくその通りだ。

紅葉も美しいと言ってきてる。それは見たいものだ。11月の予定を組んでみた。来週帰る予定を万障繰り合わせていれた。
煙突掃除をやってからストーブの火入れと思ってたが、掃除しないままで火を入れることになるな。業者さんとうまく予定が合わずにこうなっちゃった。燃焼が悪いようなら火入れの後でも掃除しなくちゃ。
ストーブが点けば暖かい料理が楽しめる。また冬の生活を楽しもう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

戸塚へ

2012年11月01日 09時17分54秒 | つれづれなるままに
戸塚に住む先輩と昼食をする約束があり、戸塚まででかけた。僕は小田急の江の島線沿いに住んでる。戸塚は行きにくいところだった。相鉄で横浜に出てJRか藤沢に出てJRがその手段だった。不便な所だったからほとんど行ったことがない。行く必要もなかったけど。
ところが今は小田急の湘南台から横浜市営地下鉄に乗れば簡単に行ける。乗車時間は小田急10分、地下鉄10分の20分で着いてしまう。この経路で行ってみたく、今回のお誘いにも「僕が戸塚に出ますよ」と提案した。10分、10分では新聞も読めない近さ。なんと便利な交通手段ができたことか。
市営地下鉄は湘南台始発で戸塚、関内、横浜と通って田園都市線の「あざみ野」までを走ってる。横浜駅、桜木町、長者町あたりは高校時代の集まりでよく出かける。これまでは「横浜に出て・・・」を疑うことなく手段としてた。今回地下鉄利用の新しいルートを覚えた。料金も10円か20円高い程度。これも使えるぞ。
便利になっていきますね。知らない街、乗ったことのない電車 そんなのってどこかうきうきしますね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加