西部劇と懐かしのカントリー&ウェスタン日記

現代とはかけ離れたOld Countryの世界ですがずっと続けていきます。興味のある方は時々のぞいてみて下さい。

スリム・ホイットマン亡くなる

2013年07月08日 | 懐かしのカントリースター
 
Slim Whitman が亡くなった

日本盤 東芝 LP-8031 Slim Whitman Deluxe(魅惑のヨーデル・デラックス :原盤はLiberty Records)
(1)Molly Darling(冬の星座) (2)When It's Sprigtime In The Rockies (ロッキーに春来れば) (3)Danny Boy (4)Indian Love Call (5)Love Song Of The Waterfall(滝の恋唄) (6)Down In The Valley (7)Cattle Call (8)Mockin' Bird Hill (9)Hi Lili, Hi Lo (10)By The Waters Of The Minnetonka(ミネトンカの湖畔にて) (11)Rose Marie (12)Annie Laurie (13)A Tree In The Meadow (牧場の樹) (14)Silver Threads Among The Gold(銀の糸)

日本盤 東芝 LP-8306 Slim Whitman  15 th Anniversary Album
(1)Indian Love Call (2)Bandera Waltz (3)China Doll (4)I'll Take You Home Again, Kathleen(いとしのキャスリーン) (5)Tumbling Tumbleweeds (さまよう枯れ葉) (6)Serenade (7)More Than Yesterday (8)Love Song Of The Waterfall(滝の恋唄) (9)North Wind (北風) (10)Rose Marie (11)Cattle Call (12)Keep It A Secret (13)I'm A Fool (14)There's A Rainbow In Every Teardrop (涙に虹が写っていた) (15)Valley Of Tears (涙の谷間) (16)Secret Love

またカントリー界の懐かしのスターがひとり亡くなりました・・・・・スリム・ホイットマンです、1923~2013年6月19日フロリダ州出身 でした。
彼については よく ”ちょっと毛色の変わったカントリー歌手です ” という表現で紹介されることが多かったような記憶がありますが とても好きでした。

私はスリム・ホイットマンについては音楽評論家&ディスクジョッキーだった(故)水野裕二さんの影響で好きになりました。 水野さんはポピュラー音楽全般に精通されて 話上手でFM音楽番組などを楽しく聴いたものです、カントリー&ウェスタンにとても理解があって知識も豊かでした・・・・・エルトン・ブリット、スリム・ホイットマンなどカントリーヨーデルのことも大好きでほとんどのアルバムを持っている・・・・・と話されたのを聴いたことがあり、実際に番組内で流してくださったものです。

スリム・ホイットマンというと自分にとってはすぐに ”I'm Casting My Lasso Tward The Sky ( 大空に投げ縄を放れば ) ” と ”North Wind( 北風 )”、それに私にとって特別な想い出の曲 ” By The Waters Of The Minnetonka ( ミネトンカの湖畔にて )” の3曲がピンと浮ぶんですが 彼にはとても versatile (多才)なところがあって 単なるカントリー歌手だけではくくりきれないところがあります、でもしっかりとカントリーなんですね。

”Indian Love Call ”、”Rose Marie”、”Hi Lili, Hi Lo ”などのヒット曲のほかに ”Molly Darling(冬の星座)”、”When It's Springtime In The Rockie( ロッキーに春来れば )”、”Danny Boy(ダニー・ボーイ)”、”Annie Laurie(アニー・ローリー)”、”Red River Valley( 赤い河の谷間 )”、”Home On The Range( 峠の我が家 )”、”Beautiful Dreamer( フォスターの曲 )” など民謡、ホームソングともいえる誰れでも知っているような歌をたくさん歌ってくれているんですね・・・・・他のカントリー歌手には見られないことです。

それから、自分のヒット曲ではなくてもカントリーの名曲のカバーも多くて スリムのスタイルで歌ってくれているのも聴く楽しみがあります。 私はスリム・ホイットマンの歌で ”テネシー・ワルツ ”、”A Fool Such As I ”、”Blue Eyes Crying In The Rain ( 雨の別離 ) ”、””などを聴きましたがなかなか風情があってよいものです。 この ”風情 ” というのはおいそれと誰れでも醸し出せる術ではないと思います。 今日載せた2枚のアルバムの中ではあまり話題にはなりませんが ”China Doll ” とか ”A Tree In The Meadow (牧場の樹) ”なども小品ながらスリムの歌唱力が優れていることを示すような唄になっています。

たいへんなキャリアの持ち主なんですが まだ Country Music Hall Of Fame にも選ばれていません・・・・・・信じられないですね。 ヴィンス・ギル、エミルー・ハリス、ジョージ・ストレイトなどのスリムからすればずっと若い人達が先に殿堂入りしているのをみると ”ン?ちょっと違うんじゃないの! ” と言いたくなります・・・・・何かロビー活動でもしないと選ばれないのかなぁ、アメリカのカントリー関係者の評価の仕方がよく判らないです(涙)

トップの写真の2枚目のアルバムは彼の ”歌手生活15周年記念アルバム ” になっていて、解説によると1952年に Inperial レコード社と契約して15年目に当たる記念アルバムで 彼25枚目のアルバムです-と書いてあります。 ということは1967年の時点で既に25枚ものLPレコードを出していたことになりますから それ以後今までを考えるとものすごい数のレコードになるんでしょうね。 私よりも先輩方の時代に日本盤もたくさん出されていたようです。

時代とはいえ カントリー&ウェスタン黄金時代の歌手がポツリポツリと欠けていくのは淋しい気がします。 Slim Whitman はこの後も何回か採りあげようと思います
『音楽(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 日野てる子さんのCD | トップ | 夏のレコードセールを覗いて »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Slim Whitman (加藤敦彦)
2013-07-16 10:10:57
Slim Whitmanと言えばヨーデルというイメージが強いですが、個人的には晩年のGuess WhoやYou're So Irresitibleなどのしっとりしたバラードも好きです。病気と言えばRandy Travisも入院、危篤状態とか。何とか元気に復帰して欲しいものです。
Slim Whitman 2 (ハンク秋山)
2013-07-18 08:57:46
加藤さんへ・・・・コメント有難うございます。
そうですね、ヨーデルだけでなくて歌唱力が優れているのでカントリーバラッドのよさは目立ちます。私は(故)水野祐二さんの影響で一時期スリムのアルバムを追っかけて買ったことがあります・・・・「 Home On The Rage 」 とか 「 Red River Valley 」 といったあたりのころです。ただ、日本では古い時代のLPに比べて新しいアルバムの発売はなかったのでどうしても知名度の点で忘れられていた感が否めませんね。加藤さんの好み ” Guess Who ” や ” You're So Irresitible ” といった曲もまた聴きなおしてみたいと思います・・・・・スリム・ホイットマンのようなタイプのカントリー歌手は今の時代の Main Stream Country に見つけられないでいます、いるんでしょうか??    私のブログ 古いですが時々は訪ねてきてください
(故)水野祐二さん提供の音源から (凸椪)
2013-12-11 13:54:53
水野さんも、惜しい事に十年近く前にご逝去されていますが、同氏がNHK-FM局で月一回放送の番組を持たれていた頃、氏の提供した Slim Whitman のライブ音源をオンエアされたことがありましたね(スリム以外にも、Tammy Wynette のライブも。どんなルートから入手したんでしょうか…)!?確か『大空に投げ縄を放れば』がショーのオープニングで、数々のヒット・チューンに混じって(メドレーの中の一曲だったかと思いましたが…) China Doll というナンバーが印象に残っています。この稀代のヨーデル・バラード歌手には、随分と楽しい思い出を貰いました。それと水野祐二氏にも…。
故 水野裕二さんのこと (凸並さんへ)
2013-12-15 10:07:44
私もNHK-FMで水野さんの音楽番組は聴いていました。楽しい人でしたね・・・・いつだったか実際の水野さんの写真を見る機会があって髪の毛がモジャモジャのアフロアメリカンスタイルだったのにびっくりしました・・・およそカントリーDJのイメージとは違っていたので(smile)。 番組の中で ” 僕は給料のほとんどをレコードを買うのに費やしているんですよ・・・ ” と話されていたのにも驚いたものです。 てっきり放送局から提供されている音源を使っていらっしゃるーと思っていたので。 当時の番組をテープに録っているはずで探してみようと思います・・・・コメントが遅れてすみませんでした 
Slim Whitman (ぼ輔)
2018-02-03 12:55:09
50年も前に黒田ビジョウにC&Wを習っていた友達がアルバムを聞かせてくれた!
演歌でもないのに,コブシを効かせた歌を歌っているのに驚いたのですが、、、
如何せん、一般的な処にはレコードを売っていなかった!
今はユーチューブに一部乗っているので嬉しいのです。
Re:Slim Whitman 2 (ハンク秋山)
2018-02-04 16:20:57
ぼ輔さん私の古い記事へのコメント有難うございました......黒田美治さんは戦後日本のカントリー界の草分けの歌手だった方のことですね。私自身は九州の田舎育ちでしたので都会のカントリー情報とかには全く疎遠でした。スリム・ホイットマンは民謡とかフォスターの曲とかカントリーのカバー曲をも多くて、ヨーデルも上手でしたから好きでした。古くから彼のレコードにふれられていたんですね、日本では目立ちませんでしたが 隠れファンは多かったと思います。目に留めて下さって嬉しかったです(^^)5

コメントを投稿

懐かしのカントリースター」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事