西部劇と懐かしのカントリー&ウェスタン日記

現代とはかけ離れたOld Countryの世界ですがずっと続けていきます。興味のある方は時々のぞいてみて下さい。

高山彦九郎の本"彦九郎 山河" を読む

2019年08月11日 | 日本の歴史

 
高山彦九郎の本
「 彦九郎 山河 」 ( 吉村 昭 文春文庫 )を読む
亡くなった吉村 昭さんが採り上げる歴史物は何故か私の興味ある人物や事象と合っていることが多い(不・思・議 (^^))
吉村さんが高山彦九郎を採り上げるきっかけになったのはオランダ語訳の解剖書「ターヘル・アナトミア」を「 解体新書 」として杉田玄白らと共に和訳した前野良沢を主人公にした小説「冬の鷹」を書く時に良沢の資料を調べていたら思いがけず高山彦九郎という人物が出てきて驚いたことによる....とのこと。
高山彦九郎は膨大な量の日記を残しているらしい。

さらに吉村さん曰く、
「 彦九郎といえば、京都の三条大橋の袂で御所に向かって土下座している銅像に全てが象徴されている。奇行の多い狂信的な尊王論者であることが定説化している。だが、彦九郎の日記を読んだ私はそれまで抱いていた彦九郎とは別の人物を見た。 彼が狂信的な尊王論者とされたのは、終戦時までの軍団主義教育で国民の戦意高揚の道具として利用されて実像とは程遠いものにされたからにほかならない。終戦と同時に狂信という文字を冠され、忌まわしい人物として侮蔑の対象にすらなった。この小説を書いたのは私をはじめ世の多くの人達が抱く彦九郎の像を修正したいと思ったからだ 」とのこと(^^)

世の多くの人達どころか私なんか高山といえば飛騨高山かキリシタン大名高山右近か " 心凍らせて " を歌ってヒットさせた高山 厳(ゲン)くらいしか浮かばないから(^^)

さらに吉村さん曰く、「 彼は武家による武断政治は仮のもので朝廷による文治政治こそ本来の姿であるとの信念を抱く。それは当然 反幕姿勢に通じるが、自説を世に広めるため幕府の追及をさけながら恐れず積極的に全国遊説の旅を続けた孤独な運動家であった、幕末期の尊王攘夷は彦九郎の社会思想を源とし、先達であっただけに幕府の追求も甚しく悲痛な死を招く......私は彦九郎の教養と純粋で物悲しい人間性にみせられた 」とのこと。 

 

以前に採りあげた「高野長英」同様に幕末黎明期に興味がある人には向きそう。 因みに私が興味を持つきっかけになったのは自宅から比較的近い久留米の歴史的遺跡を訪ね歩いた時に「高山彦九郎終焉の地」と 「高山彦九郎の墓 」があったことと、吉村さんの「歴史の影絵」という歴史紀行に高山彦九郎のことが載っていたことによります。 
いまの群馬県(上野国)生まれで流れ流れて福岡県久留米で死んだ(自刃)・・・藩という確固とした組織に属さない人だから比較的自由人であったのかもしれないけれど、逆に頼るべき確固としたものがない浮草みたいな立場でもあったと思われ、孤独な思想家というのが当たっているかもしれないです。 

時代は違うけれど 私も何故かこのような人には興味を惹かれるなあ・・・西郷や大久保、坂本龍馬などに先立つ人、生まれるのが早すぎた人とでもいうか・・・ 

それにしてもその行動力のものすごさにびっくりする。車なんかない時代にほとんど日本全国を歩いて回っているのだ。九州も回っており熊本、鹿児島、宮崎・・・と南九州まで脚を延ばしているのには驚く。特に昔の薩摩藩は入国が難しかったはずで、坊ノ津なんかにも寄っているんですね・・どうして来たのか、誰れに会ったのか・・・など興味深い。彼の訪ねた地図が載っていたので色鉛筆で色を塗って載せてみました. 

談ですが研究者によって36年の歳月をかけて昭和53年に「高山彦九郎日記」全5巻が出版されたとのこと。私の好きな司馬遼太郎さんにはない世界がある 

 

コメント

高野長英の本を読んで

2019年06月02日 | 日本の歴史

高野長英の本を読んで
吉村 昭()さんの時代小説「 長英 逃亡 」上下巻を読み終えた。移動の時に新幹線や電車の中で少しずつ読んできたのでやっと読み終えた...というところ(^^)。他にも数冊同時読みしていたので時間がかかった。
吉村さんの視点は自分の中の歴史的興味ある事象や人物に妙に符号していて不思議な感じがしている。歴史の大道ではなくて狭間とも言える余り馴染みがないところに焦点を当てている感じがある。 大先輩だから私の方が追随者(^^)
今回の高野長英......外国船が日本近海に出没し始める幕末に近い時期に幕府の異国船対応に批判的な本を著した渡辺崋山()と高野長英(夢物語)...この二人、学校で習う日本史教科書の中では点としての扱いで過ごしてしまう人物だ。 幕府に睨まれた二人のうち崋山は自刃、長英は江戸小伝馬の牢獄に永牢となる......火付け火事に乗じて逃亡した高野長英の6年に渡る逃亡生活を描く、長英の方が十分小説向き...といったところ。
私達の世代は若い頃に「逃亡者」というテレビドラマを見た経験があるから(私だけかもしれないけど)こうした逃亡物に興味があります......" リチャード・キンブル、職業 医師〜 " のナレーションで始まる...やや翳りを帯びたデビッド・ジャンセンとい俳優さんが主演でした。
 
それにしても露見すれば死罪になる可能性だってある封建時代に長英の逃亡を助ける人物の多さにビックリする、医者で儒者の長英は長崎の外国人医師シーボルト門下生時代の知己、蘭学者、医師はては侠客など実に多くの人達に庇護されながら各地を逃げ通す......しかし遂に...という物語。 解説の方が書いておられますが、" この時代に長英がいかに非凡な蘭学者で人間的な魅力に富み、その才能と人柄を敬愛する者が多かったの証といえよう "、さらに" 明治時代の文明開花を先取りした近代思想の先駆者、時代に早すぎた者の悲運"......と。 ほとんど実在の人物がたくさん登場するので興味が尽きない。鹿児島の島津斉彬や宇和島の伊達宗城(むねなり)といった大名まで関わりがある...というのも初めて知って、何故彼等が開国思想に至ったか...の根源を知る思いだった。 長英は薩摩の島津斉彬を頼りたかったようだけど丁度藩内抗争いわゆる「お由羅騒動」の時で行けなかった......なんて話を知って残念だっただろうなぁ...と思わず感情移入してしまいました😵 
 
幕府の捕縛を逃れるために自分の顔を焼いて容貌を変えてまで憂国の志しで禁じられた洋書の翻訳に携わりたかった情熱......ウーン凄い!としか言えない。幕末ものに興味がある人には面白く読めるかも...です。 吉村 昭さんの本は好み(^^)
コメント (2)

長英逃亡を読む

2019年03月24日 | 日本の歴史

高野長英(1804~1850 ) 
(平成31年)3月21日(木曜日)鹿児島で行きつけのBook Offで吉村 昭の「長英逃亡」(新潮文庫)を見つけたので買う・・・長い間探していたけれどなかなか出逢えなかった本。司馬遼太郎さんとこの吉村 昭さんは好みで、特に吉村 昭さんのドキュメンタリータッチと言ってもいいくらいの歴史小説には読んでいて独特の味がある。 
 
長英とは「高野長英(たかのちょうえい)」のことで天保時代の蘭学者で蘭方医(陸奥国=岩手県水沢出身)・・・当時の知識人。渡辺崋山とともに迫りくる異国の脅威に対して徳川幕府の異国船打ち払い令を批判し、海防の必要性を説いたたため投獄された(蛮社の獄)。渡辺崋山は自刃、高野長英は江戸の子伝馬町牢獄から火付け火事に乗じて脱走、逃亡した・・・見つかれば死罪を覚悟で逃亡に逃亡を重ねる。当時の町奉行 鳥居耀蔵は筋金入りの洋学・蘭学嫌いで、鳥居の執拗な捜査網をくぐり抜けながら逃亡・・・というわけなんですね。長英は蘭学の仲間、知人、弟子などの知己を利用して幕府の追及を逃れながら転々と移動を重ねます・・・残るも死逃げるも死が待ち受けていると悟って、ひとえに蘭学書(軍事)の翻訳本を出して外国からの侵略に備えたいという熱意だけを心の支えに逃亡を続ける高野長英・・・そして・・・!    当時の蘭学者、蘭方医をはじめいろいろな人物が実名でどんどん出てくるので面白い。 
 
私の世代だと昔アメリカのテレビドラマで「逃亡者」という1時間番組があって、主演のデビッド・ジャンセンという俳優さんが主役の医師リチャード・キンブルを演じて熱心に見た記憶があるからこうした逃亡物語には面白味があって・・・・。さしずめキンブルを執拗に追うジェラード警部が鳥居耀蔵というところか・・・!  
NHK大河ドラマはいつも決まったような戦国時代か幕末もので、出てくる人物もいつも似たり寄ったりなんだけど・・・たまにはこうした違った目線でのドラマがあるといいのになと思ってしまう
コメント

明治維新150年(7) 日本史の狭間に

2018年09月03日 | 日本の歴史

日本史の狭間に......「 歴史の影絵 」/ 吉村 昭 中公文庫
いつも博多〜鹿児島間を新幹線で移動しているので眠くない時には本を読むことが多い......そんな時は肩の凝らない雑誌がいいけれど、それでもある程度興味があるものでないと退屈する。ここ1週間はこの文庫本を読んだ...Book Off で108円で買った中古本だけど内容の濃さからいったら自分にとっては何倍もの価値があった。
吉村 昭さんは司馬遼太郎さんの次くらいに好きな作家、この人のドキュメンタリータッチの小品はまさに歴史の狭間に埋もれたような事象を書いてあって思わず引き込まれるものがある。この本の内容
1.無人島 野村長平
2.反権論者 高山彦九郎
3.種痘伝来記
4.洋方女医 楠本イネと娘高子
5.越前の水戸浪士勢
6.二宮忠八と飛行機
7.ロシア軍人の墓
8.小村寿太郎の椅子
9.軍用機と牛馬
10.キ-77第ニ号機(A-26)
11.伊号潜水艦浮上す
今年は明治維新150年ということで、それに関係するような幕末の勤王思想の先達「 高山彦九郎 」 について読んでみた。名前だけは聞いたことがあってもどんな人物なのかは全く知らなかったので面白く読めた。

江戸時代中期に寛永の三奇人(他は蒲生君平、林 子平)と言われていたようですが興味を引いたのはその行動力、ホントに日本全国の有志のところを巡って勤王思想を広めようとしたこと。なんと薩摩にも来ている、他国人が入りにくい時代だったはずの。当然幕府に睨まれて追われる身となり筑前久留米藩の知人を訪ねた後にその地で自刃して亡くなっている。私は古城巡りの一環として久留米城を数回訪ねたことがあるけれど高山彦九郎が久留米で亡くなったとは知らなかった......久留米には高山彦九郎の墓があるお寺があって毎年高山彦九郎の供養祭がもようされているとのこと......私の住まいからJRで近いので一度高山彦九郎の墓を訪ねてみたいと思う。
未完につき続く
コメント (1)

明治維新150年(1)

2018年01月05日 | 日本の歴史

明治維新150年
今年平成30(2018)年は明治維新150年になるという......医療の仕事がらお年寄りの人達に接することが多い。でも2年前から 歩いている明治生まれの人に出会うことがなくなった......2年前 博多の病院で最後に会った明治44年生まれのおばあちゃんが娘さんに伴なわれて受診に来られた時に「おばあちゃん、同じ歳の友達がいますか?」 と尋ねたところ 「 近くにひとりおる 」 と言われた(smile)。
明治の末生まれとはいえ すごいことだ......「 明治 」 といえばまだ明治天皇が生きていた時代のことだし、明治天皇は明治元年(1868)即位だから。
私はY新聞を見ているけれど、去年から明治維新150年に関する記事がチラホラ出ていたので今年はそれを参考にして面白そうな話題を載せることとします。黒船来航から明治維新以後あたり......1回目は数年前に鹿児島の新聞に載った大久保利通(1830〜1878)に関する記事。
鹿児島中央駅から中心街に向けて歩いていくと甲突川があり、橋を渡ってすぐ左に大久保利通像が立っている。像を制作された方の話が地方版に載っていた。


赤枠の部分の話は知らなかったなぁ、説明盤にも書いてないから普通だったら知らないことだった、いい話だ。まだパソコンがなくて携帯からの記事なので不便ですが携帯だと拡大して読めるかもです
コメント

江戸三百藩 / 藩を知れば今の日本がわかる

2016年05月12日 | 日本の歴史
 
江戸三百藩 / 藩を知れば今の日本がわかる  
今は従来の出版社に限らず色んなところが歴史に関するようなムック本を沢山出している。歴史好きなもんで、タイトルにあるような週刊誌が発売されて2~3巻買ってみたところなかなか面白くて通しで読むようになった。”藩を知れば今の日本がわかる ”・・・・・と副題に書かれている。読んでいくと ”なるほどな ”ということが多くて知らない地方の知らないことがいっぱいである。 幕末に黒船が来てから150年弱・・・・・ 明治になって西洋に追いつけ追い越せだった日本が他のアジアの国に比べてなぜにこんなに早く近代化できたのか・・・・・と思っていたんですが、やはり全国にあった「 藩 」 の影響が大だなあと感じます。要は江戸時代は「 一藩一国 」 のような状態であったので加賀百万石のような大藩から( 例えば九州でいうなら豊後 森藩のような ) 一万石ちょっとの小藩までちゃんと立法・司法・行政の組織があってそれなりに司どる人材がいる それなりに教育・文化・軍事も育っている・・・・・これが近代明治になって活きてきた-ということなんでしょうか。日本各地の沢山の先人達を知ると 資源のない日本の宝は人材だなぁと思います(教育が行き届いていたともいえる)。 
歴史好きには面白い本がたくさん出てきたなあ
コメント

つれづれに ( 司馬遼太郎さんの世界 街道をゆく )

2010年08月31日 | 日本の歴史
司馬遼太郎さんの世界 街道をゆく
 
作家の司馬遼太郎(1923~1996)さんが亡くなってから14年になる・・・・・小説は「 坂の上の雲 」以外はほとんど読んでいないけれど随筆、司馬史観を述べた本( 対談集など )、紀行集「 街道をゆく 」 は度々読みかえしている。仕事で移動するJRの車中が多い・・・・・中でも「 街道をゆく 」 は好きで 知らない土地に行く時には司馬さんがその土地について書いていないか調べたりすることもある。
「 街道をゆく 」 は1~43巻まで単行本で出ているのでかなり読み応えがあるけれど、読んでいくと時間を忘れるくらいに面白い・・・・・司馬さんの歴史に対する博識と独特の史観はささいなこと( 普通なら見逃すような史跡など ) でも歴史へのロマンが湧いてきて自分でも訪ねてみたいという気分にさせてくれるから不思議だ・・・・・43巻で途切れているのがとても残念で 日本全国の紀行になるとよかったのにと思う。 
私はせっかく博多に住んでいるから・・・・ということで時間のある時に九州に関連した司馬さんの「 街道 」 を訪ねたいと思う。  
司馬さんが訪れた頃からずいぶん年月が経って変わっていることも多いだろうけれど、今年の秋から冬は休みの日には唐津、名護屋、平戸、壱岐の勝本、対馬の厳原などに行きたい・・・・・今は車を持っていないのでレンタカーで行くか、離島にはできればこまめに訪ねられる50cc バイクで行きたい 
(2010=平成22年8月30日記)

2014(平成26)年になっての感想・・・・・まだまだ実現しないことが多い、司馬さんの紀行に限らず歴史的な場所には小旅行という形で出かけて司馬さん的視点で観察したいと思う
コメント