西部劇と懐かしのカントリー&ウェスタン日記

現代とはかけ離れたOld Countryの世界ですがずっと続けていきます。興味のある方は時々のぞいてみて下さい。

小紀行 田原坂を訪ねて

2018年04月08日 | 九州のおもしろ歴史


風雲 ! 田原坂 古戦場
熊本市から博多に向かうJ R鹿児島本線の2つ目か3つ目に植木駅、田原坂駅がある。1877( 明治10 )年の日本最後の内戦 西南戦争の激戦があったところで、その戦場跡を訪ねてみた。今年( 2018=平成30年 )は明治維新150年だけども西南戦争140年の年でもある。

私にはほんの少し関わりのある処です......亡き父が生前に " お前の曾祖父( ひいじい )さんは西南の役の時に田原坂がある植木という処で戦死したんだよ。2月中頃の雪の日に国分( 現在の霧島市 ) から出て行って帰らなかった...... " と話していたのでいつかは訪ねてみたい処だった。

田原坂公園には資料館、弾痕あとが残る蔵( 復元 )、戦没者慰霊、その他色々な石碑があった。戦没者慰霊に向かって " 曾祖父( ひいじい )さんはこんな処で戦って亡くなったんだ......" としばし瞑想。曾祖父さんは一粒種の男の子( 祖父 )を残した、それによって今の私がいる。曾祖父さんの弟もここで戦死している。ちなみに、曾祖父( ひいじい)さんは戊辰戦争でも薩摩藩の一員として奥州仙台まで戦さに行ったようで......その時の筆書きの日記を見せてもらったことがある( 父は次男だったからその日記は本家にある )。
こんなことを考えてみると150年前というのは近い感じがする(^^)......果たして曾祖父( ひいじい )さん兄弟は西郷さんを見ただろうか?(^^)


ところでこの慰霊塔には左側に薩摩軍、右側に明治政府軍の戦没者慰霊の名前が刻んである。曾祖父さん(指さし)とその上に弟の名前も( 鹿児島県 )姶良郡 国分のところに載っている。驚いたことに戦没者の出身がほぼ日本全県に渡っていることだ......まさに日本最後の内戦だったといえるんだなぁ( 実感 )。

興味深いことがたくさんあったのでまた追々載せてみるつもりです(^^)
コメント

明治維新150年 ( 5 ) 小松帯刀

2018年04月03日 | 九州のおもしろ歴史

小松帯刀(こまつたてわき) 1835〜1870(明治3)
今年(2018=平成30年)は明治維新150年に当たるということで そのての新聞記事がチラホラ載ることがあります。これもそのひとつ......若くして幕末期の薩摩藩の家老職となって西郷隆盛らと共に活動した小松帯刀さんのこと。明治維新を迎えたものの本人は陽の目を見ることなく34才の若さで病没したという無念の人です。

坂本龍馬が愛人(この表現は不適切かなぁ?)のお龍さんと鹿児島に来た時も何かとお世話したらしいです。
小松帯刀さんはなかなかのイケメンです(^^)......2枚目の写真は鹿児島限定で売られている焼酎 " 小松帯刀 " です。私は日頃から色々な焼酎を飲んでいるのでことさら美味しいとは思いませんが 小松帯刀さんの実写真をもとにしたラベルが泣かせます(^^)(^^)
コメント

明治維新150年 ( 4 )-その後-

2018年02月20日 | 九州のおもしろ歴史

明治維新150年-その後-
TOGO and the Battle of Tsushima / 日本海海戦
著者: ノエル. F. ブッシュ / 川口正吉 訳 昭和47年(1972) サンケイ新聞社出版局

ビールを飲み 時々アコーディオンの練習をし ラジオを聴きなど ちょっとづつのながら族でこの本を読み始めた。司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」を読んだばかりでこの本を探してきた...大昔に買って読まずに積ん読状態で忘れられていた。新しいけどカビ臭い。書いた人は1908年生まれのアメリカ人ジャーナリスト、もう亡くなっているでしょう....「タイム」や「ライフ」で活躍したらしい。「日本史入門」など日本に関する本も書いたことがあるとのこと。
東郷平八郎さん()の名前を世界中に広めたロシア バルチック艦隊との日本海海戦についての本、日本の命運を賭けた近代戦......負けたら確実にロシアの侵略を受けていたかも知れない頃。
東郷平八郎さんは鹿児島の加治屋町に生まれている、勤め先から近い市内のど真ん中にある鹿児島中央高校内に生誕地の碑がある。西郷隆盛や大久保利通の生誕地もすぐそこら辺にある。生麦事件の報復に錦江湾にやって来た英国艦隊との戦い(薩英戦争)が東郷さんの初陣で、出陣にあたって母親は一言「負けるでない」と言ったとのこと(smile)......西南戦争中はイギリスに留学していたようで、日本にいたら西郷軍に参加して死んでいたかも......写真は東郷ビールという北欧スゥエーデンからの輸入ビールです、なんでスゥエーデンがこんなビールを作っているんでしょう??(^^)


コメント