西部劇と懐かしのカントリー&ウェスタン日記

現代とはかけ離れたOld Countryの世界ですがずっと続けていきます。興味のある方は時々のぞいてみて下さい。

西部劇「ロング・ライダーズ」を見た

2019年05月20日 | 西部劇映画

先週の博多-鹿児島の行き来で新幹線の中で昔の西部劇機関紙"西部劇通信vol.52"を読んだ。案外読み落としがあったり念入りに見ていないところがあって新鮮に感じた(^^) 長く続いた"西部劇通信" もその後間もなく廃刊になったから化石となってしまった😵
この号は1980(昭和55)年公開の西部劇「The Long Riders (ロング ライダーズ)」の特集になってる......南北戦争後のアメリカ西部で銀行、列車、駅馬車強盗などで悪名高きフランク&ジェシーのジェイムズ兄弟を中心とした無法者達の実録映画ともいえるもの。色々な人が書いていて面白かったので月曜日半日の仕事を終えて帰ってからDVDを見た......面白い面白い、正にジェイムズ・ギャング団の犯罪実録の映画化だ。
義賊とか呼ばれることもあるけれどアメリカ南部と北部の心理的対立なんてのは隠れミノであって彼等は単なる身勝手な強盗だと思うなぁ。襲撃に失敗すると何の罪もない銀行員なんかが腹いせに射ち殺されたりするんだから......ピンカートン探偵社の追跡状況もしっかり描かれているし、時代考証も細部まで行き渡って従来の西部劇とは趣きがちがう。西部劇不毛の時代に目を見張る作品!
最後のクレジットの場面で古謡 " Jesse James " の唄が流れます。歌っているのはライ・クーダーかな?
見るのは3回目くらいだけど本を読んだ後だからより面白く見ることができた......それにしてもこの映画だって約40年も前なんだよなぁ 光陰矢の如し😅🌿
コメント (4)

西部劇は面白い

2019年01月24日 | 西部劇映画

西部劇は面白い......ってこと
最近発売された「 西部劇論 」という500ページ近い分厚い本を読んでいるけれど なかなか読み進まない...労作なんだけれど どうしても内容に硬さがあるので合間に肩の凝らない本を並行して読まないと続かない🌿
という訳で 以前に西部劇好きの人からいただいた「 素晴らしき哉!西部劇 」という西部劇大好きの人達が集まって作られたファン企画本を並行して読んでいる......こちらは " 西部劇への熱き想い、今ここに甦る!" なんて謳ってあるだけに 西部劇大好きの人達が思いの丈をストレートに述べたものだから別な意味で面白いんです🐟🐟

まあ2つの本をみていくと......要するに " 西部劇って面白いよ 見ようよ "......と言っていると思うんですね😊
コメント (4)

西部劇 「 ヴァージニアの血闘( Virginia City ) を見た

2019年01月06日 | 西部劇映画

エロール・フリン西部劇 「ヴァージニアの血闘( Virginia City )」 を見た
なかなかの大作であると思います......DVDの簡単な解説を借りると
<ストーリー>
南北戦争の終盤、敗戦濃厚な南軍は戦局挽回の資金を調達するために鉱山町ネバダ州ヴァージニア シティの南軍支援者の金塊を南部に運ぶ計画を立てる。
現地に着いたリーダーのヴァンス( ランドルフ・スコット) は計画を察知されたため苦肉の策で強盗団の首領マレル(ハンフリー・ボカート)を取り込んで金塊輸送を始める。が、それを阻止するために派遣された北軍のブラッドフォード大尉(エロール・フリン)は......という壮絶な実話を映画化した作品...とのこと。

金塊輸送を提案した南部支援の女性歌手&ダンサーの()はヴァンスと懇意だったが北軍の密偵ブラッドフォード大尉と知り合いになり恋愛感情を持つようになり二人の男の間で悩み苦しむ......なんてメロドラマも絡んでるんですね。
俳優陣が凄いな...E.フリンにR.スコットに若い頃のハンフリー・ボカート!
因みに、エロール・フリンという往年の俳優さんは実生活でもかなりのplay boy で破天荒な生涯を送った人だったようです。名前にエロとフリン(不倫)が入ってるもんなぁ(^^)

でも彼の西部劇にはなかなか面白い作品があって僕は好きですよ(^^)
写真を載せたいので続く...未完成
コメント (3)

西部劇「狙われた駅馬車」を見た

2018年10月08日 | 西部劇映画

タイロン・パワー西部劇 「狙われた駅馬車( Rawhide )」
10/8体育の日の休日、ヘンリー・ハサウェイ監督の1951年制作の西部劇を見た。白黒映画だけど画像はきれい。
タイロン・パワーとスーザン・ヘイワードの組み合わせ。西部劇とはいえ一種の密室劇という感じだ。
ローハイドという名の駅馬車の中継地がジンマーマン(ヒュー・マーロウ)を首魁とする4人組の脱獄犯に襲われる。中継地の主人サム(エドガー・ブキャナン)は殺され、サムの相棒の若いトム(T.パワー)と前の駅馬車で着いたばかりで亡き姉夫婦の幼娘を連れたヴィニー(S.ヘイワード)は同じ部屋に監禁された。無法者達は西部から来る金塊を運ぶ駅馬車を狙っており、そのためには中継所の要員トムの存在が欠かせないのだった......4人にはトムとビィニーは夫婦だと思わせて何とか銃を手に入れて脱出を図ろうと苦心する......そしてとうとう......という訳で続いていくサスペンスタッチの西部劇(^^)
1953(昭和28)日本公開らしいのでリアルタイムで見た人達というのは今では相当な高齢者でしょうね、大きな画面で見ると違った迫力がありそうで私的には無駄のない87分の良作だと思っています。
スーザン・ヘイワードはきれいだけど気が強そうで一筋縄ではいかない女性という感じ......昔の女優さんというのはスター性が違うなぁと思います(^^)
4人組の中にジャック・イーラムがいて曲者ぶりを発揮している。まだヨチヨチ歩きの幼女もなかなかの演技で感心する...存命なら60才代のおばあちゃんになっているかも(^^) エドガー・ブキャナンも昔の西部劇にはよく出てくるなぁ(^^)
というわけで面白い映画だった...もうすこし写真を載せたいので続く


コメント

西部劇DVDの値段?

2018年10月03日 | 西部劇映画

どうしてこんなに値段が違うんだろう?
西部劇映画が大好きな人達にとって嬉しいDVD-boxセットが2種類出ています。「 ハリウッド西部劇映画 傑作シリーズ」というのと「西部劇パーフェクト・コレクション シリーズ」です。いまや映画館で見ることが出来ない昔の西部劇の数々を出してくれるのですから有難いものです。両方とも画質は作品によってまちまちです、ただ値段がこんなにも違うのはなんで......というくらいに差がある。「ハリウッド」の方は8作品入りで18900円、「パーフェクト」は10作品入りで1500円......まさに一桁違う値段なんですね。しかも各巻を追いかけていくと収録されている作品はけっこう同じものがでてくるんです。ハリウッドシリーズの方は高価なので、私は中古屋さんなどで安くなっているのに出会った時にしか買いませんが、すこしマニアック度が高いかなぁ...という感じ。
他にホントに西部劇ファンしか買わないだろうな......という単品で、よりこだわりの西部劇作品(復刻シリーズ?)も出されているようです......ホントにいい時代だなぁと思う反面、制作から50年を過ぎているような作品は値段はワンコインくらいでもいいのではと思ったりもします
コメント (1)

今日から10月

2018年10月01日 | 西部劇映画

今日から10月( 長月、October)
Where Are You Going. Cowboy? Nowhere. but I Wanna Ride Again!
一日が過ぎるのって早いなぁ......記事を書いても完成しないうちに次の日になってしまう。過去に未掲載の記事がいっぱい😵
コメント

西部劇「 フェザー河の襲撃 」 を見た

2018年09月17日 | 西部劇映画

ガイ・マディスン西部劇 「 フェザー河の襲撃( The Charge At Feather River ) 」 を見た
日曜日と敬老の日で連休。久しぶりに西部劇をDVDで見た......「 フェザー河の襲撃 」 という1953(昭和28)年のゴードン・ダグラス監督作の初めて見るカラー西部劇。

鉄道建設に抵抗するシャイアン族が跳梁する地域を守る騎兵隊のベローズ砦。
数年前にインディアンにさらわれた民間人姉妹の救出を砦の騎兵隊司令官から依頼された元軍人で牧場経営を目指しているアーチャー(ガイ・マディスン)、最初は断るがさらわれたのが自分の元部下の姉妹だと知り捜索を引き受ける。ベイカー軍曹(フランク・ラヴジョイ)と自ら選んだ札つきの騎兵隊のあぶれ者達の寄せ集め部隊を結成して8日分の食料、弾薬を持って率いていく捜索行。

捜索隊はシャイアン族との戦闘で次々と倒れて行く、夜間に守備よく姉妹の救出を果たしたものの姉アン(ヘレン・ウェスコット)は乱暴され自分は汚された女と負い目を持ち、妹ジェニー(ヴェラ・マイルズ)は酋長に見染められて妻になると言ってインディアンに同化していた。2人を連れてベロース砦に帰ったものの既にインディアンに襲撃されて全滅していた。
次のタービー砦を目指してインディアンからの逃避行は続く......さて一行の運命は?

というのが大筋で、西部劇では時々みられるインディアンからの救出劇ですが、他にもエピソード満載。
主演のガイ・マディスンは多くの西部劇に出ている B級スターのようですがなかなかの西部男振りです。ヴェラ・マイルズがインディアン姿で出ているのが珍しいし、騎兵隊あぶれ者のひとりにネヴィル・ブランドがいます...相変わらず何かやらかしそうな雰囲気があって得がたい脇役です(^^)

西部劇パーフェクトコレクションDVD- boxのひとつに入っているものです。ただ残念なのは画質が悪い......物語が面白いだけにね。
水で苦労したり、ガラガラ蛇が出てきたりで西部劇の見どころはツボを得ているかなぁ(^^) もうすこし画質がよければ......写真を載せたいので続く
コメント (2)

ひとこと " 西部劇とは? "

2018年05月11日 | 西部劇映画
西部劇ってなに? "
最近私のブログにアクセスされる方が多くなってきた......と感じています。 そこですこし初心に返って私のブログテーマについて補足確認しておきたいと考えました。
まず私のブログテーマの真っ先に「 懐かしの 」 と謳( うた ) ってあります......簡単に言うと現在進行形よりかほとんど昔の時代に焦点を合わせいるので目指すところは " 温故知新 " 、古きを訪ねて新しきを知る......が目的です。私の趣味や興味があることだけに限られることが多いので今の時代からすると陳腐だったり、懐古趣味的に映ったりするでしょうけど お構いなしね(^^)

例えば、若い人達の間でレコードへの興味が増えているらしい......という話を聞きます。もちろん好事家の間だけの流行で 昔みたいに一般化される時代は来ないでしょう。でもレコード時代を過ごしてきた私のような者からすると何だか嬉しい。こんな音楽、映画があったんだよとかこんな人達がいたんだよ......とか伝えるのは先輩の務めかな...と思います( 私自身も先輩方から多くの刺激を受けました )。だから
私のブログを見て興味が出てきたものがある、ためになったよ...という人が少しでも増えてくれたら満足で嬉しい。それだけ(^^)😁
そこで、" 西部劇とは? "......昔の西部劇雑誌に「 アメリカの西部開拓史という歴史的なある限られた時点を背景にした、アクションを見どころとする一群のハリウッド映画 と定義してもいい 」...とありました。当たらずとも遠からずで合っていると思います。どんなものであるかは数多く見ることに尽きます、昔の映画といっても侮れませんよ(^^)
コメント (3)

西部劇 君の名は? 26.

2018年04月15日 | 西部劇映画

西部劇 君の名は? 26.
おいらはね 決して西部劇専門のスターではなかった......でもおいらと同じ世代の男達はみんな何らかの西部劇には出演したものさ。そりゃあ映画俳優だから色んな役を演りたいのが役者魂ってもんなんだけどね......どう説明したらいいか......ウーン、兎に角アメリカ人にとっちゃ西部劇というのは原点に帰るというか息抜きになって楽しめるんだよな。西部の町でクレメンタインなんて綺麗な女性に会えたりするんだから......現実の世界じゃ有り得ないだろう?
あんた達日本人が子供の頃にチャンバラごっこしたように おいら達だってカウボーイや保安官に夢中になった......大人になってそんな役を演じる、楽しいよ アハハ。
俳優になったおいらの息子がね" お父さんの映画で好きなのはなんですか?" と問われたらしいんだ、やっこさん" Ox-Bow Incident ( 牛泥棒 ) " と答えたらしいよ。これには驚いたよ。
娘もいるんだけど なかなかお転婆でね......女優になった。一時期ソリが合わなくて無視されてね、困ったことがあったよ......でもね今じゃいい思い出さ、オイラは天国にいるからもう喧嘩もできない(^^)
オイラの西部劇 楽しんでくれよな!
......と言ったかどうかわかりませんが、時代が過ぎてくるとこんな有名な人でも知らない という人達が多くなるんです
コメント (4)

アコーディオンの練習 ( 3 )

2018年04月11日 | 西部劇映画
アコーディオンの練習
ギターなどの他の楽器と同じでアコーディオンの練習も進んでくると色々な奏法が出てくる......今はスタッカートの練習、音を短く切るタイミングが難かしい。特にスラーで連続弾きのあとにピッピッと音を短く切る部分が出てくると指が飛んで鍵盤を押し間違えたりするし、同時に押さえる左手のリズムボタンも乱れたりする......これも慣れかなぁ と思ってゆっくり弾いてみて次にもうすこし早くして弾く......こんなことを繰り返している。
一旦上手く弾けるようになっても次の日にはまた戻ってしまって......。スタッカートといえば 小学校時代の大昔 " アマリリス " という曲があったなぁ(^^)
コメント