真夜中のドロップアウトカウボーイズ@別館
ピンク映画は観ただけ全部感想を書く、ひたすらに虚空を撃ち続ける無為。
 



 「高級秘密クラブ ザ・秘書室」(1993/製作・配給:大蔵映画/監督:矢竹正知/脚本:浮舟節子/撮影:倉田昇/照明:森隆一郎/音楽:中村半次郎/美術:最上義昌/編集:竹沢正実/スチール:田村正也/助監督:国沢実/撮影助手:竹内雅俊/照明助手:小林次郎/録音:シネ・キャビン/現像:東映化学/衣装:日本芸能美術/小道具:高津映画装飾/ロケ協力:村山スタジオ・浅草エリーゼ/出演:明日香ゆみ・河村由香・麻倉美樹・山崎さちこ・久須美欽一・牧村耕二・吉岡市郎・山科薫・神戸顕一・大田始・西田光月・小林次郎/特別出演:西野奈々美)。実際のビリングは、女優部と男優部の間に西野奈々美が入る。
 歌舞伎町の入口から右にパン、適当に繁華街を抜いてチャッチャとタイトル・イン。種は、蒔かれない。
 同窓会終りの職業不詳由美(明日香)とホステスのみゆき(恐らく河村由香?/石川恵美のアテレコ)に看護婦の靖子(消去法で麻倉美樹??)は、意気投合しみゆきの馴染みの店に。ここで河村由香と麻倉美樹の配役に関しては、端的に首から上の美醜をビリングに直結させた。それとみゆき馴染みの店のイイ顔のマスターは、小林次郎しか名前が残らない。西田光月といひ、矢竹正知自身も出身の照明部優遇が窺へるのか。由美は来年弁護士と結婚し北欧にハネムーン、みゆきも来年都内に自分の店を開店。靖子は患者の建築デザイナーと海外で挙式しタワーマンション在住と、三者三様の底の浅いハピネス自慢。とはいへ最初に泣き出した靖子が、黒川(建築士だから黒川なのか、ポップな役名だ/牧村耕二)に処女も捧げた挙句の結婚詐欺を白状。由美とみゆきもそれぞれ男に騙された不幸を自白した上で、底の抜けた遣り取りの末に、男供への復讐を期し三人で秘密クラブ「夜の秘書室」を開業する。
 出演者残りファースト・カットでは表情が見事に影に沈む大田始―太田でなく大田は本篇クレジットまま―は、既婚者であることを由美には偽る不倫男。今作中僅かに特徴的なのが、照明が下手に暗いカットが随所で散見される、だから矢竹正知は照明部出身なのに。話を戻して西野奈々美は、偽婚前交渉の最中に飛び込んで来る細君。誰だこのBBAとしかいひやうがない山崎さちこはみゆきが勤める店のママで、山科薫がみゆきに開店資金を騙り最終的には原宿のマンションも手放させる田島か田嶋か但馬。久須美欽一は、ウェディング・ドレスやナース服、何にでも憧れる「夜の秘書室」客・片桐。ここは正方向に判り易くフラグを投げる、西田光月は部下の国沢実を伴なつた刑事。吉岡市郎と神戸顕一は、みゆきと社長秘書、由美と女王様プレイにそれぞれ興じる客。
 中川大資の単独デビュー作を、あくまで、あくまで某監督が矢竹級と評したことで話題の矢竹正知1993年最終第二作。jmdbの記載に漏れがなければ、二十一ヶ月空けて最終作を発表し、矢竹正知のピンク映画監督としてのキャリアは終了する。これまで見てみた四作が最早これはこれとしてこれでも作家性と捉へるほかないのか、何れも同じやうに酷く、飽きて来たのが正直な気持ちでもありつつ、残り二本、毒を喰らはば皿まで。と、してみたところが、正しくあに図らんや。アバンタイトルと本篇とで展開が異なる、適当に命名矢竹―正知自体が―ミステリーが火を噴くことがなければ、映画のリズムを粉砕する果てしない長尺カットが悠久の時を刻むこともなく。破滅的な無造作ささで始終を混雑させる繋ぎも、終盤に至ると逆にスリリングなグダグダさ以外には至つて普通。矢竹正知の深く歪(ひず)んだ刻印は、凡そ見当たらない。代つてといふのも変な物言ひでしかないのだが、ツッコミ処にさへ欠くとなるとグルッと一周して感動しかねないほどにまるで面白くない。甚だしいマイナスが全くの平板と同義のゼロに戻つたのを長足の進歩と看做すべきなのか、毒にも薬にもならぬ寧ろ後退と逆説的に難じるべきなのか。評価なり判断に窮する、その意味では相変らず釈然としない一作ではある。中川大資の単騎初陣に話を戻すと、力無くちぐはぐなだけで個々の意匠に決して初心いサムシングが感じられなくはない以上、矢竹正知よりはまだマシであると思ふ、夫婦生活は確かにディストラクティブに長いけれど。


コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




 「熟女の乱れ髪」(1998『若妻覗き 穴場の匂ひ』の2001年旧作改題版/製作:小川企画プロダクション/提供:オーピー映画/監督:小川欽也/脚本:八神徳馬/撮影:図書紀芳/照明:岩崎豊/助監督:井戸田秀行/音楽:OK企画/編集:㈲フィルム・クラフト/監督助手:広瀬寛巳/撮影助手:寺田緑郎・阿部一孝/照明助手:酒入康之/効果:東京スクリーンサービス/出演:川島ゆき・高橋美穂・小島みのり・平川ナオヒ・久須美欽一・杉本まこと・河合純・北千住ひろし)。“配給:大蔵映画”ではなくオーピー映画提供としたのは、白黒のOP開巻に従つた。それと実際のクレジットでは、脚本が編集の次といふ謎の順序に入る。
 馬鹿デカい一眼レフのシャッターを切る男と、何かの雑誌から拝借した青姦の赤外線盗撮写真を適当に抜いてタイトル・イン。赤外線写真で十万円のギャラを得てほくほく顔の大学生・佐藤隆(平川)は、望遠レンズを用ゐた日課の、小泉真由美(川島)の風呂上りを覗いて自家発電のスタンバイ万端。てつきり隣家かと思ひきや、後のカットでは近所どころか結構距離を隔てた二地点の位置関係はカメラの角度から大いなる疑問を残すのだが、然様な瑣末に囚はれるべきではない。ところが―会社が倒産した―旦那(杉本)が帰つて来てしまつた為、隆はお預けを喰らふ格好に。小泉家での夫婦生活に続いて、コンビニ弁当を突く隆はピンクチラシが目に入つた、出張ヘルス「いちごくらぶ」からリサ嬢(小島みのり???)を、両親は旅行中につき不在の自宅に呼んでみる。ここで、高橋美穂と小島みのりの識別に関しては正直手も足も出ない。リサ役をマキシマムの疑問符つきで小島みのりとしたのは、濡れ場を二戦キッチリこなす玲子役―後述する―が、ビリング上位に来るのではなからうかといふだけの覚束ぬことこの上ない話である。そんなモラトリアムなある日、杉本まことが営業した先物取引で退職金を溶かした顧客(久須美)が、旦那は雲隠れした―真由美は拒否―小泉家を急襲。大した金目のものもなかつたゆゑ、真由美を縛り上げた上で犯す。その場もたまたま例によつて出歯亀してゐた隆は、サドマゾの不倫と画期的に誤解、喜び勇んでシャッターを切る。
 配役残り河合純は隆の先輩で、盗撮写真のクライアントでもある川井。そんなこんなな超不完全消去法で高橋美穂が、川井の恋人・秋川玲子、かなあ。正直ラスト前の木に竹を接ぐタイミングで飛び込んで来る北千住ひろしは、小川(電話越しの声も聞かせない)に教へて貰つた穴場で隆が盗撮するカーセックス男。その際のお相手は、こんなところにまで出張するのかと隆を変に感心させるリカ。川井宅から半歩と外に出ない川井と玲子といひ、清々しく省力した映画の作りが別の意味で堪らない。それと、「ザ・痴漢教師2 脱がされた制服」(監督:池島ゆたか/主演:杉本まこと・立川みく)よりも先なので、もしかすると今作が北千住ひろしのピンク映画初陣であるのかも知れない。
 先週の山邦紀に続き、今上御大・小川欽也1998年第二作の、同じく2001年新版。1998年次づく気配を窺ふに、ここは是が非とも「未来性紀2050 吸ひ尽す女」(片山圭太と共脚/主演:浅倉麗)と翌年の「制服淫ら天使 吸ひ尽す」(脚本:岡輝男/主演:麻丘珠里)、関根和美の「ターミネーチャン」二部作の復活公開を大切望するところである。当時m@stervision大哥には痛罵されたターミネーチャンをこの期に及んで本気で観たいと思つてゐる人間が、世の中に何人居るのかは知らん。閑話休題、久須美欽一が真由美を手篭めにする現場を、隆が大胆ないしは大概に曲解して激写する。「ディスタービア」を先取りしかけた―それ以前にも色々あるだろ―シークエンスには、起承転結に於ける鮮やかな転部の完成を一旦早とちりした。とはいへ以降展開が深まるなり広がるでも別になく、川井パイセンと玲子の新味を全く欠いた第二戦で漫然と尺を空費した末に、人妻の盗撮写真の買取を拒否された隆は方針転換。不貞の証拠を出汁にした脅迫を試みるも、思ひのほか和姦じみた、といふかそのものの勢ひで真由美に喰はれるに至り抜けた映画の底が、修復されることは終ぞない。「女つて怖えなあ」だなどとどうでもいい結論に隆が達するラストは、煌くルーチン感が眩くて眩くて、目も当てられないといふか目を覆へばよいのか。極寒の世界に荒涼とした光が乱反射する、白夜の如き一作である。平川ナオヒ(現:直大)が色々お洒落な冬のアウター着て出て来るんだけど、造形自体からもう少しカッコよく撮つてあげないと。


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




 「未亡人銭湯2 入口濡らして」(1999/製作・配給:大蔵映画/監督:小林悟/脚本:三河琇介/撮影:柳田友貴/照明:ICE&T/編集:フィルムクラフト/助監督:堀禎一/スチール:大崎正浩/タイトル:ハセガワタイトル/録音:シネキャビン/現像:東映科学[株]/監督助手:竹洞哲也・城定秀夫/出演:一ノ瀬まゆ・風間今日子・港雄一・篠原さゆり・坂白直・馬場秋子・清水史鯉・井鳥かおり・前川勝典・平川ナオヒ・坂入正三・牧村耕二/客演:桜たまき)。
 右斜め上の結構遠い、あるいは高いロングで、橋を渡る寅さんルックの港雄一を捉へる。「あれが極楽湯か」、港雄一の背中越しに煙突を抜いてタイトル・イン。凡そあの“大先生”柳田友貴の仕事とは思へない、手間をかけたのと凝つた構図に軽く驚く。入り婿と三年前に死別した未亡人女将・亜矢(一ノ瀬)が一人で切り盛りする銭湯「極楽湯」に、亜矢の叔母か伯母で蒲田の「千代の湯」の女将に紹介された、派遣番頭―何だそれ―の湯川英機(港)が現れる。極楽湯の常連は、インポの癖に亜矢に言ひ寄る「RiZ」―当時小林悟夫人の店―のマスター・豊田(牧村)と、豊田に不能治療薬を都合するに止(とど)まらず、助平男のコンビを組む格好の薬屋のセンセイ(坂入)。格好から推察するにホステスぽいセンセイと懇意の女(桜)に、坂白直から井鳥かおりまでの女湯要員。桜たまきは風呂に入るほか、センセイとの絡みも後々披露。更に、愛和短大二回生で銭湯研究会の静香(風間)と宮内こずえ(篠原)が極楽湯を訪ね、気に入り通ひ始める。こずえは極楽湯への道すがら出会つた、この人も極楽湯の常連で牛乳屋の野方(平川)に、一足飛びで初心な恋心を寄せる。ところで今回発見したトゥルース、平川直大はキャップを前後ろに被ると、窪塚洋介に似てる。
 最新作待ちで未亡人銭湯目下最終戦は、小林悟1999年第一作にして、ナンバリング第二作。大先生に続き、大御大もらしからぬスタート・ダッシュ。湯川がセンセイと桜たまきに差し出した名刺の長大な肩書が、全日本浴場組合連合会公認互助会湯の華会員。銭湯は庶民文化の広場と語る亜矢は銭湯讃美を、ああ見えて小林悟は―どう見えてだ―核保有国ゆゑ反中込みの平和主義者らしく、ポリティカルな小ネタをサカショーの口を借り、ともに散発的に放り込む闇雲な情報量。尤も出し抜けなスケ番ないしは女囚映画のノリで、浴場で桜たまきに因縁をつけられたこずえがリンチ紛ひの暴行を受ける辺りから、御大映画は順調にグダり始める。今回珍しく極楽湯の経営は問題を抱へてをらず、再婚を、希望する気配さへ窺はせない亜矢の結婚問題。イタリア製新薬「ハリーアップ1000」―何で英語なのか―を入手しての、センセイも併走する豊田の回春狂想曲。野方も多分に洩れず亜矢のファンであることに、大雑把な邪推を拗らせるこずえの恋路。三題噺が、単に適当に混線する様はグルッと一周して最早清々しい。個人的には、全盛期を思はせる硬質の透明感美人・篠原さゆりと、手放しで爽やかハンサムの平川ナオヒの2ショットが普通に映画を支へ抜く魅力なり威力を有してゐただけに、こずえと野方のラブ・ロマンスの扱ひが最も軽かつたのが、篠原さゆりの本格的な濡れ場が十全に見られなかつた点が重ね重ね残念。ハイライトは実は伯母か叔母の密命を受け、亜矢を見合話に応じさせる為に極楽湯に潜入した湯川が仕掛ける“最後の手”。センセイと豊田の亜矢への夜這ひを金も取つた上で手引きし、最終的には己もちやつかり女将を頂戴するだなどと貫禄の極悪番頭ぶり。尤も何をされても何故だか絶対に目を覚まさない女に、男供が好き勝手し倒すといふ底の抜けたシチュエーションが絶妙にエロく、底の浅い低劣な琴線に触れる。結局何だかんだでこずえは野方と結ばれ、豊田は男性自身を取り戻し、亜矢は「千代の湯」女将が紹介する縁談を受ける。何はともあれ万事が目出度く片付いたとなると、大御大二本・渡邊元嗣国沢☆実池島ゆたかと五本連なるシリーズ中、最も危険な球を放つて来たのはまさかよもやのナベだつたといふ予想外の歴史が確定してしまつた。

 開巻では目をうたg・・・いや見開かされた大先生が、真価を発揮なさるのは女湯脱衣場にて、亜矢が静香とこずえのいはば取材を受ける件。後方には仏頂面で団扇を扇ぐ女湯要員の何れかが見切れる画が、不意に、あるいは全く無駄に右から左にスライドする。当サイト命名の柳田パンといふよりも、最早柳田スライダーとでもいふべき切れ味に草を生やしながら拍手喝采した。
 一応本筋?に掠らなくもないものの、殆ど木に竹を接ぎぶりに忘れてた。配役残り前川勝典は、遺影さへ登場しない旦那に先立たれ浴場でしかも喪服で悲嘆に暮れる亜矢を、強姦する鬼畜な従兄弟。確かに、あるいは幾ら“未亡人銭湯”とはいへ、出発点から凄いシークエンスだ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 「痴漢電車 指で濡らします」(1998『痴漢電車 おさはり多発恥帯』の2001年旧作改題版/製作:旦々舎/提供:オーピー映画/脚本・監督:山邦紀/撮影:小山田勝治・新井毅/照明:上妻敏厚・荻野真也/編集:酒井正次/音楽:中空龍/助監督:加藤義一・松岡誠/制作:鈴木静夫/スチール:岡崎一隆/出演:篠原さゆり・吉行由実・中村和彦・杉本まこと・山本清彦・青木こずえ)。“配給:大蔵映画”ではなくオーピー映画提供としたのは、白黒のOP開巻に従つた。
 踏切の警報機音、路面電車大の車輌が上り坂を越えフレーム・インしタイトル・イン。シースルー気味の派手なスカートの尻に、金ピカの装飾具をジャラつかせた男の手が這ふ。それは佐藤よしこ(青木)と鈴木一郎(中村)の痴漢プレイで、触発された山本清彦が、傍らの篠原さゆりに手を出す。当初は応じる素振りも見せかけた篠原さゆりは、やまきよが取り出した、何でそんなものを持ち歩いてゐるのか薩摩芋を痴漢に用ゐ始めるや態度を正しく豹変。先曲りのペンチで迎撃、セット車内にやまきよの悲鳴が響く。片方の睾丸を潰され三ヶ月入院―絶望的な診断をあつけらかんと下す医師の声は、杉本まこと―したやまきよは、娑婆に戻ると駅で網を張り、篠原さゆりを自宅まで尾行する。その場でやまきよを捕まへた篠原さゆりの母親(母親!?/吉行由実)は、夜になると月に向かつて吠える娘の姿を見せた上で、アメイジングな事実を告げる。篠原さゆりは悪霊憑きで、死別した恋人が帰つて来る、満月の夜になると発情するといふのだ。配役残り杉本まことは、正体不明なポジションの詳細が最後まで語られはしない、色情に狂つた篠原さゆりに奉仕する性奴。
 遂にオーピーが重い腰を上げデジタルに移行する最終的な転換に伴なひ、旧来のフィルム映写の小屋にド旧作が供給される流れを受けての山邦紀1998年第一作。個人的には未知の新作と未見の旧作とにさしたる違ひを認めない立場につき、DMMでも見られないものをジャンジャン復活公開して貰へると嬉しい。因みにこの年の山邦紀はといふと―正月の―同日に封切られた薔薇族と、殆ど丸一年空けたエクセスの三本のみ。翌年公開される浜野佐知の一般映画第一作「尾崎翠を探して 第七官界彷徨」に、旦々舎が総力を傾注してゐた時期である。透き通るやうな白さと、併せ持つ硬質。陶器の如く咲き誇る篠原さゆりを終始黙したまゝ一言も言葉を発しはしない謎めいたヒロインに据ゑ、時に妖しげに時に偏執的に、一筋縄では行かぬ色気が堪らない山本清彦と、地味に名カップルの青木こずえ&中村和彦。何れも魅力的な痴漢電車の乗客を、殆ど男装の吉行由実と、主人を別の人間に奪はれた際に見せるセンシティブな表情が超絶な、全裸の杉本まことが旧旦々舎にて待ち構へる。布陣は完璧、濡れ場に限らずとも、どの組み合せの絡みも観てゐるだけでワクワクする。よしこを痴漢され憤慨した鈴木が、見つけたやまきよを警察に突き出さうと首根つこを捕まへる件などは絶品。その時山邦紀の映画に、山本清彦と中村和彦がゐた。昔はよかつた、その手のクズにでもいへる紋切型を自らには常々厳しく禁じてゐるつもりなのだが、ついついさういふ気持ちにさせられる。とは、いへど。痴漢師の片玉を潰した猟奇的な令嬢が、満月の夜に遠吠えする。頗る魅惑的な大風呂敷を拡げておきながら、拡げ放しで畳まない物語は終に求心力を失する。やまきよは悪意を以て篠原さゆりを鈴木に売り、伝染したよしこに痴漢を働いたスーツの紳士には、潰さうにも潰すものがなかつた!以降の展開にも冴えを見せつつ、結局は地に足を着けずに独走する女優部に為す術もない男優部同様、観客も置いてけぼりを喰らふ。電車が単なるミーツの器に過ぎない点も、痴漢電車的には一円安くなると難じておかない訳には行くまい。
 ヤケクソなのか投げやりなのか、本篇とエンド・ロールの間に放り込まれる“HAVE A NICE TIME!”なるらしからぬメッセージが、何ともいへぬ釈然としなさを加速する。

 因みにエンディング・テーマが「ラスト・クリスマス」を堂々とパクる今作、今後新作を撮らなければ、山邦紀にとつてラスト痴漢電車に当たる。山本さむ(ex.小多魔若史)先生が飛び込んで来ないものかと期待したものの、不発に終り残念無念。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 「未亡人銭湯3 覗いちやつた」(2001/製作:ナベシネマ/提供:オーピー映画/監督:渡邊元嗣/脚本:山崎浩治/撮影:飯岡聖英/照明:岡宮裕/編集:酒井正次/助監督:佐藤吏/監督助手:田中康文/撮影助手:川島周/スチール:佐藤初太郎/録音:シネキャビン/現像:東映化学/出演:高橋千菜・西藤尚・ささきまこと・十日市秀悦・山信・工藤翔子)。女湯要員の水原かなえ・間宮ユイ・里見瑤子は狭義の文字クレジットこそないものの、トメの工藤翔子とオーラスの渡邊元嗣との間に、三人揃つてのショットが挿み込まれる。
 七色の余光煌く中、在りし日の夫婦生活。入念に五分消化、霧島か桐島梨子(高橋)の夫(山信の二役)は、達するやポップに腹上死する。チーンと遺影を抜き、梨子の合掌がフェードしてタイトル・イン。ちんここれ股、もといこんちこれまた―デスればいいのにな、俺―下町の銭湯「桜湯」。番台に座る司法試験十浪生・瀬戸健太郎(ささき)に常連客の詩織(西藤)が、店長が夜逃げ―銭湯の経営者を店長ていふのかな?―した件に喰ひつく隙を突いて、婆に扮装した出歯亀の宗田(十日市)が金も払はずに番台を突破。脱衣場にて女湯要員の水原かなえ・間宮ユイ・里見瑤子にちよつかいを出した末に、詩織に発覚、こちらは露出狂泡姫の美帆(工藤)も浴場から参戦し大騒ぎとなる。終にキレた健太郎が辞める辞めないでほのぼのと揉める絶妙なタイミングで、亡夫の実家から桜湯を相続した梨子登場。舞台に集ふバラエティに富んだ面々がイントロダクション代りの愉快な騒動を繰り広げる最中に、掃き溜めに鶴感を身に纏ふヒロインが現れる、この辺り序盤の構成は完璧。話は違ひ、桜湯は物件を売つ払つたとてなほ残る大赤字。一体、何をどう拗らせればそこまで膨らむのか。おまけに来月隣町には健康ランド「神泉の湯」がオープンと、新女将就任早々八方塞がる桜湯に風呂を浴びに来た、亡夫ソックリの全国を渡り歩くアダルトグッズの訪問販売員・折口(山)と出会つた梨子は一目で心を奪はれる。サクサク日曜日のデートの段取りが整ふと、女将さんが色男に口説かれたと詩織は色めきたち、健太郎は気を揉む。うん、中盤の展開も何ら問題ない。
 未亡人銭湯現状全五作をコンプする上で、どうせ各個全然違ふお話なのだから馬鹿正直に順番に見る必要もあるまい。とかいふ次第で2を飛ばして渡邊元嗣2001年第一作、ルーズでフリーダムなDMM戦の愉悦。全く以てm@stervision大哥仰せの通り、エキゾチックなパキパキッとした美貌と、幾分腹周りが緩くはあれ抱き心地のよささうな肢体まではいいとして、噛み合せが悪いやうにも見えないのに主演女優のへべれけな口跡は大いなる御愛嬌。デフォルトの如く傾いた銭湯が、プロフェッショナルたる美帆指南の下、公衆浴場が大絶賛特殊浴場に突入する湯女サービスで盛り返す。新田栄ばりに底の抜けた展開も兎も角、実際にベートーヴェンの交響曲第五番を劇伴に使用する、運命のジャスト・フィットを果たした巨根の折口と巨穴の詩織。そしてここの論理がエクストリームに麗しい、露出狂の美帆と出歯亀の宗田。そしてヒロインと、出し抜けに純情青年ぶる健太郎。と三本柱の恋路が銘々目出度く成就するハッピーでピンクなエンドは磐石、と一旦思はせかけて。あまりの衝撃に堂々と書いてしまふが、結局梨子は桜湯の赤字を健太郎に押しつけ、収支が正常化するまで己は気楽か気儘に旅に出る。だなどと大団円に砂をかけた後足をそのまゝ回して踵を叩き込む、大御大・小林悟をも易々と凌駕する破壊力が爆裂するラストには度肝を抜かれた。確かに、梨子が銭勘定に細かい描写は、何気に積み重ねられてゐるとはいへ。これから見る2で大御大が小林悟の名に懸けて度派手にブッ放して下さらなければ、地味に良作の並ぶシリーズにあつて、恐らく最強の飛び道具といへるのではなからうか。

 もう一点驚かされたのが、湯女サービスに驚喜し桜湯に殺到する助平客要員中、「素敵なサービス有難ね」といふ台詞つきで番台を駆け抜けるニコニコ顔のナベ。少なくともナベシネマでは、初めて見た。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 「未亡人銭湯 奥まで洗つて」(1998/製作・配給:大蔵映画/監督:小林悟/脚本:三河琇介/撮影:柳田友貴/照明:ICE T/編集:㈲フィルム・クラフト/音楽:アンサンブルA/助監督:堀禎一/スチール:大崎正浩/タイトル:ハセガワタイトル/監督助手:竹洞哲也/録音:シネキャビン/現像:東映科学㈱/出演:進駒子・里見瑤子・風間今日子・川奈ひかる・理佳・扇まや・幸代・紗理奈・奥野恵美子・港雄一・坂入正三・牧村耕二・河合純/友情出演:薩摩剣八郎・樹かず・平川なおひろ/客演:しのざきさとみ・工藤翔子)。
 タイトルからイン、銭湯の洗ひ場で湯を浴びた主演女優が、ポカーンと一人で湯船に浸かるまでののんびりした画にクレジットが併走する。ここで先制のジャブ代りに青天の霹靂、jmdbその他各種資料に於いて小間優子とされるビリングの頭が、実際のクレジットでは進駒子、“コマ”だけ掠つてゐるのが更に一層もどかしい。進駒子にせよ小間優子にせよ俄に辿り難い名義であることに変りはないのだが、何れにせよ、現に里見瑤子の母親であつたとしても全然可笑しく見えない年嵩の御婦人ではある。
 下町の銭湯「加賀湯」一人娘のひとみ(里見)と、「加賀湯」が銭湯のほかに営む下宿の大学生の下宿人・早川(河合)が物陰にてチュー。イチャイチャ歩く二人の背景のヘアーファッション「レ・フィガロⅡ世」から、牧村耕二が飛び出して来る。早川の存在は知つてか知らずか、ひとみにしつこく言ひ寄る「レ・フィガロⅡ世」の若旦那・文彦か史彦(牧村)は、ポルシェを買つたとやらでひとみを伊豆へのドライブに誘ひ、ポップに煙たがられる。行けばいいのに、大御大の伊豆映画も見たかつた。兎も角「加賀湯」の面々は、亡夫遺影の主が絶妙に見えない未亡人女将の江美子(進)以下、ひとみと番頭の秀治(港)。下宿人は早川ともう一人、司法浪人八回生、チェック・メイト寸前の杉本(坂入)。下宿にも人が入らず、例によつて「加賀湯」の台所事情は芳しくなかつた。
 配役残り理佳から奥野恵美子までと客演扱ひのしのざきさとみと工藤翔子は、全員浴場に入る豪華絢爛な女湯要員。風間今日子は、賄つき五万の家賃に惹かれ、女子大生を偽り下宿に新加入する風俗嬢・虹子。手コキ五千円、尺八七千円、ゴム本番一万五千円、生本番二万円。といふ手コキが高いのか本番が安いのかよく判らない料金体系で、樹かずと平川なおひろ始め男湯要員と、杉本を喰ひ散らかす。薩摩剣八郎は、女湯の脱衣場に忍び込み袋叩きに遭ふ女装子。GODZILLAのスーツ・アクターがそのやうな仕事をしてゐるのを知つたら、全世界の特オタは如何に思ふであらうか。イコール沢井ひかるイコール沢田まいの川奈ひかる(順番としては川奈ひかる→沢井ひかる→沢田まい)は、風呂に入りに来て虹子と思はぬ再会を果たす、百万円持ち逃げされた同業者。どうも誰かに口跡が似てゐる気がしたら、支那の大女優・美麗だ、片言なのかよ。
 ナンバリング三作と、「新・未亡人銭湯 女盛りムンムン」(2003/監督:国沢☆実/脚本:樫原辰郎/主演:原ゆきの)まではそれなりにコンスタントに。大きく間を空けて「未亡人銭湯 おつぱいの時間ですよ!」(2010/監督:池島ゆたか/脚本:五代暁子/主演:晶エリー《ex.大沢佑香》)と連なる、大蔵映画のトラディショナル・タイトル「未亡人銭湯」。DMMで全部見られることに気付いて小林悟の1998年第三作に手を出してみたところ、故福岡オークラで観てゐたことを途中で思ひ出した。改めて度肝を抜かれたのは序盤、江美子の体調が悪い伏線を案外入念に張つた後に、しつこい文彦に根負けしたひとみは、夜自室で話を聞く口約束を交す。ところがひとみは床に臥せる母親を皆が食事を摂る部屋に近く騒がしい江美子の寝室から、静かな自分の部屋に移した上で、なほかつ話の流れでケロッと早川とカラオケに行く。となると、当然の如く予想されるのは艶笑譚の定番シークエンス夜這ひ誤爆。文彦が実は江美子が眠るひとみの部屋に忍び込み、暫しあれこれする内に江美子も目を覚まし、互ひに「ギャー!」とでもなるものかと思ひきや。何とタップリ総尺の七分の一となる八分強を費やし、文彦は結局気付かないまゝ完遂し満足して退出。一方江美子も江美子で、余韻に浸りながら自慰に悶える・・・・

 凄え!何だこの展開

 よもやその一幕がさうなるとは誰しもが思ふまい―“反”かも―革命的な魔展開、大御大・小林悟、貫禄の破壊力に感服した。ところが、百本に一本の映画を四、五本は撮つてゐるかも知れない最も単純な可能性を有し得る膨大なキャリアは、流石に伊達ではなかつた。風間今日子投入で裸映画的に俄然猛然と弾けた中盤を、序盤のこの豪快な荒業を活かして終盤の一波乱に捻じ込む意外とクールな構成は、決して馬鹿には出来ない、筈。仕上げは粗いものの着地点の大団円ぶりは磐石、一見ルーチンルーチンしてゐるやうに見せる辺りが慎ましやかな、量産型娯楽映画の良心ともいふべき一作。褒め過ぎた?気にせんで呉れ。ラスト・ショットひとつ前の、司法試験合格までオナ禁を誓ふ坂入正三を、港雄一が励ますカットが清々しくて懐かしくて泣けて来る。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 「女子トイレ エッチな密室」(2014/制作:セメントマッチ/提供:オーピー映画/監督:中川大資/脚本:小松公典/プロデューサー:池島ゆたか/撮影:飯岡聖英/編集:酒井正次/音楽:小鷹裕/助監督:江尻大/監督助手:前立亭圓生/撮影助手:宇野寛之・森田曜/編集助手:鷹野朋子/応援:広瀬寛巳・田中康文/出演:由愛可奈・水原香菜恵・里見瑤子・本多菊次朗・世志男・久保新二)。
 富士山を一拍抜いて、“池島ゆたかプロデュース作品”のクレジット。上半身裸でガード下を高速で潜る本多菊次朗と、思はせぶりなカメラ目線で手洗ひの個室に入る由愛可奈。“文句はない”の第一声で、水原香菜恵が文句を垂れ始めタイトル・イン。“中川大資第一回単独監督作品”を、謳つてやれよと思へなくもない。
 劇中厳密には明示されないがまづ無職の夫・通夫(本多)を抱へ、オフィスビルの自称掃除屋として働く米田真澄(水原)は、最近女子トイレ汚物入れの中に見られるやうになつた、使用済みのコンドームに憤慨する。他に女子社員は居ないのかよといふツッコミは兎も角、オールドミスの佐藤宏美(里見)に男の気配は窺へないゆゑ、真澄は不思議ちやん系新入社員の西川折愛(由愛)に犯人の目星をつけ、折愛と、折愛と仲のいい人事部長・串本伸行(世志男)のエッチな密室での逢瀬を、推理といふか妄想する。
 配役残り、後藤大輔の大蔵電撃移籍作「となりの人妻 熟れた匂ひ」(2011/主演:なかみつせいじ・冨田じゅん《新人》)以来となるポルノの帝王・久保新二は、表の掃き掃除もしたりする守衛・高野真一。濡れ場に際しての名物ネタ、“鮫肌のやうな餅肌”を繰り出して呉れたのは嬉しい。社内には江尻大と鎌田一利に、もう一人広瀬寛巳でも田中康文でもない後姿が見切れる。前立亭圓生だなどと人を喰つた名義から邪推するに、もしかするとセカンド助監督は鎌田一利かも。
 いんらんな女神たち勢から処女航海一番乗りを果たした、この面子では―小山悟と金沢勇大には鼻差で―二番目の古株・中川大資の記念すべき第一作。因みに最古参の永井吾一=永井卓爾のキャリアは、唯一人堂々と世紀を跨ぐ。問題は十一月中旬現在、デジタル化移行との兼合ひもあるのかも知れないが、足を洗つたと思しき矢野泰寛=北川帯寛のことはさて措くにせよ、残る四人のソロ・デビューの話がとんと聞こえて来ない件。
 映画本体に話を戻すと、チン長15cmの御仁探しといふ如何にもピンク映画的な他愛ないサスペンスに、日本映画最大級のスペクタクルを絡めた意欲的な趣向は一旦酌める。尤も、ベクトルの正否は等閑視するとして最初に最も琴線に触れるのは、序盤で早くも全体的な構成をデストロイする、通夫が真澄に夜這ひを敢行する―しかも最終的には夢でオトす―夫婦生活の、矢竹正知や市村譲ばりの無造作に果てしない長尺。以降も未だ衰へを知らぬ久保新二の暴走、あるいは独走芸といふ伝統的なギミックを持ち込む反面、力なく思はせぶりなばかりで根を張りもしなければ花咲きもしないインサートの数々と、徒にアンニュイな米田夫婦の描写。これは由愛可奈手持ちのメソッドなのか演技指導の賜なのか、対世志男第二戦に於ける洋ピンじみたリアクション。諸々ないしは逐一がグルッと一周して感動的なまでにまるで纏まらないまゝに、ラストは一欠片の工夫もなく安普請の直撃を被弾する。新東宝・ラスト・ピンク「淫行 見てはいけない妻の痴態」(2010/脚本・監督:深町章)以来こちらは四年ぶりと、正直生物感は否めない女優としては微妙な間の空いた、全然絶好調の水原香菜恵の健在ぶりに喝采を送る以外には、掴み処にも欠いた一作ではある。
 余程自作の出来栄えに自信があるのでないならば、不用意にカッコいい小鷹裕の音楽を劇伴に使用するのは本篇の底が割れる諸刃の剣でしかないことに、いい加減気づいた方がいいのではなからうか。


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




 「若妻売春の罠」(1989/製作:21映像企画?/配給:大蔵映画/監督:矢竹正知/脚本:浮舟節子/企画:佐藤道子/撮影:伊東英男/音楽:中村半次郎/照明:森隆一郎/美術:最上義昌/編集:酒井編集室/助監督:夏季忍/撮影助手:佐久間栄一/照明助手:佐野雅俊/メイク:山野恵/現像:東映化学/録音:銀座サウンド/小道具:高津映画装飾/協力:村山スタジオ/出演:一の瀬真美・ジミー土田・倉沢マリナ・山岸めぐみ・結城杏奈・山崎さちこ・朝田淳史・島袋浩・山科薫・長沢聖也・久須美欽一・峯丘直樹・城海峰・西田光月)。助監督の夏季忍は、久須美欽一の変名。
 相変らずパトカーの助手席に乗車する西田光月刑事に、本部から赤色灯のみならず、ヘッドライトも落として現場に近付く指示が出る、危ないだろ。兎も角到着、螺旋階段を駆け上がる西田刑事と、一方上からは一の瀬真美が何故か半裸で駆け下りて来る。出くはした一の瀬真美が、手錠をかけられタイトル・イン。斯くもシークエンスが全然見えない、開巻といふのもグルッと一周してこの際見事である。どの際かと問はれるならば、今際の間際的な。
 女優部二人が同じやうな髪型と服装なのが大問題なのと、出鱈目なイメージ・ショットを無理矢理例によつて陰気な女のモノローグで片付ける序盤を整理すると、周囲の反対を押し切り職場の上司と結婚した―反対された理由は謎―恵子(一の瀬)は、御近所・富江(山岸)の勧めでOL時代の貯金を元手に、株式投資に手を出す。ビギナーズ・ラックか、購入した情報産業の株価が上がり恵子はこの世の春を謳歌する。尤も、部下のユミコ(ビリング推定で倉沢マリナ)と浮気する、夫の朝田淳史課長とはレスに悶々とする日々を送る。またこのユミコが美の少ない女といふ意味での美少女で、一の瀬真美を放たらかしにする朝田淳史が一欠片たりとて理解出来ない。ところが株が大暴落、多額の借金を抱へた恵子は、恐らく学生時代の先輩・藤崎(山科)と再会。藤崎は藤崎で画期的に頼りにならない先輩で、抱くだけは抱いておいて、結局恵子は藤崎が経営する池袋西口のラブホテルにて主婦売春を始める羽目に、何だこのクソみたいな展開。そんな最中、恵子は電話ボックスの中に落とした黒革の手帳を、ジミー土田に拾はれる。
 何処から手を着けたものか、正直攻めあぐねるほどへべれけな矢竹正知1989年第一作。どうにもかうにも整理がつかないのが、出演者のクレジットと、実際劇中の登場人物との頭数が合はない。仕方がないのでひとまづ大体配役残り島袋浩は、恵子宅に出入りする三河屋。ピンクにも出演暦があるんだといふのは、ひとつの発見ではある。多分城海峰が、会ふなり恵子こと一の瀬真美を捕まへて、“フランソワーズ・アルヌールに憂ひのあるところが似てゐるなあ”だなどと名台詞を叩き込む買春社長。乳尻は見せないもののそこそこ絡むとなると、ここもビリング推定で結城杏奈が、ジミー土田と男女の仲にある飲み屋の女。但し、関根和美2001年第一作「現役女性記者 淫らな体験レポート」(脚本:小松公典/主演:里見瑤子)の三番手とは別人ゆゑ、もしかしたら山崎さちこかも知れないし、当然、時期が一回り離れてゐる以上、同姓同名の線も残る。久須美欽一は、売春人妻と客として驚きの再会―それは確かに驚く―を果たす、博打で借金をこさへた挙句、家を出たユミコ夫。当然、ケロッと元鞘に納まる夫婦生活に突入する。問題が、女優部五番手と、長沢聖也・峯丘直樹の役が見当たらない。再び但し、西田光月の連れの刑事が計二人―満足に首から上は抜かれない形で―見切れはするのと、ジミー土田は、どうも長沢聖也のアテレコ―アテレコであること自体は間違ひない―に聞こえなくもない。女優部五番手に関しては、本当に手も足も出せず白旗を揚げる。忘れてた、背中しか見せない証券会社社員がもう一人登場する。
 外堀で既に途方に暮れた果ての本丸は、畢竟更に深い霧の中、霞むどころでは済まずに沈む。漫然とした濡れ場を無造作に羅列した末に、実は本筋らしき恵子が手帳をジミー土田に拾はれるのは漸く終盤。重ねて数百万もの対価を強請られた、手帳に一体何が書かれてあるのかは終に語られない、ひよつとしてマクガフィン?残り尺も僅かな土壇場に至つて朝田淳史V.S.ユミコ第二戦が捻じ込まれるので呆れ果ててゐると、恵子が売春とジミー土田殺害の現行犯でお縄を頂戴するのは亭主が仕掛けた罠だとかいふ、本当に予測不能のサプライズ。お化け屋敷ぢやないんだからさ、吃驚させれば勝ちつて話ぢやないんだよ。加へて、あるいは勿論、アバンタイトルと、本篇とで異なる展開は最早お家芸、そんなに観客を煙に巻くのが楽しいか。グダグダ過ぎてエクストリームな始終に、何処から湧いて出たのか恵子を連行するパトカーに追ひ縋る三河屋が止めを刺す。直截にいふと、こんな酷い映画見たことない、滅多に。ピンク映画の最終兵器・関良平を被弾した上では少々の惨状は怖くないつもりではあつたが、なかなかどうして、量産型娯楽映画の奥は深い、あるいは闇か。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 「純愛不倫 恍惚のくちづけ」(2014/製作:ナベシネマ/提供:オーピー映画/監督:渡邊元嗣/脚本:山崎浩治/撮影・照明:飯岡聖英/編集:酒井正次/助監督:永井卓爾/監督助手:小関裕次郎/撮影助手:海津真也・佐藤光・岡山佳弘/編集助手:鷹野朋子/協賛:GARAKU/出演:本田莉子・五十嵐しのぶ・なかみつせいじ・野村貴浩・伊藤猛・横山みれい)。クレジット終盤に力尽きる。
 休日の土曜日、単身赴任中の熊本食品開発部部長・竹中慎也(なかみつ)と、熊本食品にSBSスタッフから派遣された倉木葵(本田)の不倫のピクニック。お弁当と、葵は好物の苺を丸ごと入れたスパークリング・ワインに舌鼓を打ち、二人で写メを撮つてタイトル・イン。初戦をコッテリこなすと、葵は翌日旦那を訪ねる本妻を慮りそそくさと慎也宅を退出。それが、慎也と葵の別れとなつた。亭主の―今に始まつた話でもない―浮気を勘付いてゐた絵美(五十嵐)は慎也に開き直られ激昂、果物ナイフを忍ばせ特攻するも、葵は忽然と失踪する。一年後、慎也が葵捜索を依頼した都市伝説好きの女探偵・相川杏子(横山)は、葵が蒸発直前、正体不明の長身の男(伊藤)と会つてゐた事実を突き止める。そんな最中、慎也は酔ひ潰れた葵とソックリの女・平田早希(本田莉子の二役)と遭遇、一旦自宅に担ぎ込み、何もせずタクシー代を貸して帰す。早希も、スパークリング・ワインに苺を入れて飲むのが好きな女だつた。杏子に早希の調査も依頼する一方、漸く離婚を承諾した絵美が、絵美も伊藤猛と接触した後に消息を絶つ。配役残り野村貴浩は、早希の不倫相手・岡島英太。早希に、カミさんと同じ香水を逢瀬のカモフラージュ・ギミックに贈るのはある意味賢明にせよ、普通その悪巧みを女にはいはんよな。
 タイムラインで目を留めたのは昨年十一月下旬、大西裕の「1BR‐ラブホテル」完成時に撮影された、国映勢の集合写真の中での明らかに尋常ではない痩せ方が気になつてはゐつつ、九月の初頭に飛び込んで来た伊藤猛さんの急な訃報には本当に驚かされた。享年五十二歳、当方と十しか違はん。人の死に関してちやうどいい頃合の有無は兎も角、何れにせよどう転んだとて早過ぎる。かういふ結果的な勘繰りが許されたものか否か甚だ疑問ではあれど、死期を悟つたのか、伊藤猛は「熟女淫らに乱れて」(2009/監督:鎮西尚一/脚本:尾上史高)以来五年ぶりに四月中旬公開の今作と、一ヶ月後のいんらんな女神たち第二弾「いんらんな女神たち ‐目覚め‐」(プロデューサー:渡邊元嗣)に於ける永井吾一(=永井卓爾)パートに出演してゐる。伊藤猛にとつてナベシネマは初参戦、キャリアを獅子プロでスタートさせた渡邊元嗣の出自が、現状頼れる伝(つて)であつたのであらうか。伊藤猛の大蔵戦は国沢♪実の「ノーパン若妻 おもちやで失神」(2002/脚本:樫原辰郎/主演:中河原椿)以来、何と十二年ぶり薔薇族入れても五作目。因みにエクセス最終戦は、今岡信治の「高校牝教師 ‐汚された性‐」(2001/主演:仲西さやか)。今回、35mmフィルムに焼きつけられ銀幕に刻み込まれた伊藤猛の姿に話を絞ると、痩躯は冬支度に隠し、台詞は殆どない。着衣のまゝ横山みれいに跨られる濡れ場に際しては、実年齢より十五は急速に老けて見える表情の中で、目だけは異様な迫力を放つてゐた。ノンポリの一観客ながら、衷心より哀悼の意を表します。
 さて映画本体に話を戻すと、微妙なタイミングで忽然と姿を消した不倫相手と、正しく瓜二つの女。美人の癖に浮世離れした女探偵に、謎の男。ミステリアスな渡邊元嗣2014年第二作が、慎也が抱くのは果たして早希なのか、はたまたまさかの葵なのか!?絡み込みである点も素晴らしいクライマックスのシークエンスを、一体如何に畳んでみせるのか固唾を呑んでゐたところ。幾ら杏子に幾らか伏線も蒔かせたとはいへ、衝撃の大風呂敷を拡げて逃げるラストには度肝を抜かれた。ナベがフィニッシュに無茶振りするのは決して珍しいことではないともいへ、過去作を引合にだすと暗黒サイコ・サスペンス「紅い淫臭 花蜜のしたたり」(2005/主演:桜井あみ・愛葉るび)にも匹敵する大概な破壊力。正直、想像に難くない伊藤猛の文字通り決死の覚悟も明後日にスッ飛んでしまつた。寧ろ「どう思ひますこの結末?」、と泉下の伊藤猛さんにお尋ねしてみたいくらゐだ。
 但し、決して忘れてならないのは、本田莉子×横山みれい×五十嵐しのぶ。何処からでもジェット・ストリーム・アタックを撃てる強力な三本柱を揃へ、オッパイ映画としては文句なく安定する。

 衝撃の大風呂敷備忘録< 二十世紀末、“選民”と称される富裕層は環境汚染の進んだ地球を捨て地球と火星の間に建設したスペース・コロニー“楽園”に移住。地上に残されたのは下層階級とパーツ取りのクローン、伊藤猛はクローンの回収人>地球に置いとくとパーツ劣化しね(´・ω・`)?


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 「女と女のラブゲーム 男達を犯せ!」(2014/製作:松岡プロダクション/提供:Xces Film/監督:松岡邦彦/脚本:今西守/企画:亀井戸粋人《エクセスフィルム》/音楽:小鷹裕/撮影・照明:村石直人/録音:山口勉/助監督:増田秀郎/編集:小泉剛/撮影・照明助手:加藤育・高橋史弥・三輪亮達/応援:関谷和樹/スチール:本田あきら/MA:K・T・V・P/仕上げ:東映ラボ・テック/出演:水希杏・彩城ゆりな・尾嶋みゆき・ヘラクレス東郷・サクマショウヘイ・小林節彦・柳東史)。出演者中、サクマショウヘイがポスターにはサクマ渉平。
 OLの村上みどり(水希)が、LINEで捕まへた医大三浪生・三上正人(サクマ)の筆を卸す。騎乗位の三こすり半、オカーサーンと叫びあへなく果てた正人に、みどりが呆れ気味に微笑んでタイトル・イン。何業界か全然判らない点はさて措き、業界誌『故郷資料』を出版する零細出版社「流通情報新聞社」に勤務するみどりがティルファイブは上の空な日々を送るのに対し、学生時代から―みどりの―遺産の実家に同居、目下も同僚の後輩・山下葉子(彩城)はポップに遣り手然と仕事をこなす。ある夜村上家に、葉子喧嘩中の公務員の彼氏・高岡真一(ヘラクレス)が呼ばれもしないのに来宅。特定の交際関係を持たずネットで男を漁るみどりは、後日家にまで押しかけた正人に続き―不在の―葉子を訪ねて来た、高岡を何となく寝取つてみる。
 配役残り小林節彦は、部下を呼ぶ時に「村上君、村上みどり君」と一度目は苗字、二度目はフルネームで繰り返す面倒臭い癖のある『故郷資料』編集長・板倉慎二。もう一人、『故郷資料』編集部内に髪を短く刈り込んだ中年男が、背中だけ見切れる。柳東史は正人の兄の知人で、女子高生との淫行が発覚し医師免許を剥奪、目下はモデル事務所を営む伊集院良彦。ザッと見杉本彩似の尾嶋みゆきが、伊集院の事務所所属のモデル・長澤満里奈。ところで、高岡に話を戻すと体躯から貧相な雰囲気イケメンでしかないヘラクレス東郷の、名前負け感が凄まじい。
 清水大敬が初めて大蔵を離れた―但し来週末OP新作が公開される―電撃第一弾、続けて清水大敬によるアタッカーズと連動の第二弾。工藤雅典が力なく仕出かす第三弾、一旦大蔵と喧嘩別れした浜野佐知が古巣にて新生旦々舎を始動させた第四弾―復帰第二作も撮了―に続くデジタル・エクセス第五弾は、「つはものどもの夢のあと 剥き出しセックス、そして…性愛」(2012/主演:後藤リサ)以来となる―かつての―“エクセスの黒い彗星”松岡邦彦。因みにエクセスライクではない主演の水希杏も地味に、吉行由実2012年第三作「ねつとり秘書 吸はれる快感」以来二年ぶり。封切り五十日といふ鬼神の速さで着弾したガッチガチの新作を、喜び勇んで観に行つたものである。尤も、これが、最も直截な印象としてはこれがあの松岡邦彦かと面喰はされる一作。仕事に身が入らずぼんやりするみどりを、ぼんやり押さへ続ける―だけの―カットには、松岡邦彦らしいゑぐみも凄味も黒さも、凡そ感じさせない。その癖漫然と尺だけは喰ひ、正しく毒にも薬にもならない。登場人物の描写は概ね何れも平板で踏み込まうとする気配すら窺へず、昨今の怠けたピンクに特徴的な悪弊ともいへようが、カメラは殆ど屋内に留まり、ロケーションにせよ構図にせよ色彩にせよ、ショットらしいショットにも欠く。自己啓発セミナーじみた『故郷資料』編集部内の美術―と、いふほどのものでもない―にはドス黒い底意地の悪さも垣間見させたものの、結局単なる安普請の背景以上には一欠片たりとて機能するでもなく、フラワーな造形で中盤に飛び込んで来ては満を持して絶妙にダークな胡散臭さを持ち込み、かける柳東史も、定まらない以前に軸足が見当たらない展開の中では梯子を外された孤軍奮闘を強ひられる。挙句に葉子は攻め落とした伊集院が肝心のみどりとは絡むどころか掠りもしないとあつては、最終的には薮で拾つて来た棒を竹に接ぎ損なふ始末。そもそも、三本柱はそれなりに強力であるにも関らず、小林節彦と柳東史を擁してゐながら、濡れ場を場数不足の逆マグロ二人に委ねた戦略は根本的に問題なのではないかと難じざるを得ない。ポスター・ワークを華麗に偽り、決戦兵器たる百合も不発。唯一の見所は、柳東史ごと三番手を放り込む大胆な奇襲くらゐか。下手な風呂敷を拡げてみせてゐない分「つはものどもの夢のあと」よりは納まりよく見えなくもないとはいへ、松岡邦彦が小さく纏まつたザマでは全く物足りない。

 開巻とオーラスの都合二度火を噴く、緩やかなギターリフがやがてテンポを上げるや、ドラムが追走しエクストリームに走り始める小鷹裕によるメイン・テーマは画期的にカッコいい反面、映画音楽としては不適格。本篇が完全に喰はれてしまつてゐる。喰はれた映画の方を、問ふべきなのかも知れないが。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 「縄と乳房」(昭和58/製作配給:株式会社にっかつ/監督:小沼勝/脚本:宇治英三/原案:小寺朝/企画:成田尚哉/プロデューサー:海野義幸《N・C・P》/撮影:野田悌男/照明:野口素胖/録音:伊藤晴康/美術:木村威夫/編集:山田真司/音楽:甲斐八郎/助監督:村上修/スチール:目黒祐司/色彩計測:高瀬比呂志/製作担当者:鶴英次/緊縛指導:浦戸宏/出演:松川ナミ・田山涼成・仙波和之・志麻いづみ・高橋明・庄司三郎・佐川泉・高林陽一《友情出演》)。正確には緊縛指導の浦戸宏は、出演者の裏に入る。配給に関しては事実上“提供:Xces Film”か。
 京都のストリップ小屋「千中ミュージック」(昭和62年焼失)、手拭で目隠しされ後ろ手に縛られた黛小夜(松川)を、相方の功(田山)が責める。目隠しを外すとアイシャドウのどギツさに、時代が感じられる。客席から仙波和之が頻りにカメラを向けるのは、果たして実際には許された行為なのか。着物の上から上下に縄をかけた上で右乳をヒン剥くのに合はせて、ポップに叩き込まれるタイトル・イン。浣腸するやヒャーリララーと八代亜紀の「雨の慕情」が大音量で流れ始める選曲が微笑ましいショーは大盛況、小屋主(高橋)は次は金沢に向かふ小夜&功をホクホク顔で再招聘するも、二人の反応は重い。関係の冷えた小夜と功は金沢の舞台を最後に、コンビを解消するつもりでゐた。あちらこちらと時間を潰した小夜と功は、しみつたれた筋者・西松(庄司)の手引きで、千中ミュージックにも通ひ詰めたSM愛好家の友禅の元蹄め・川村(仙波)の屋敷に招かれる。
 配役残り佐川泉は、行く先々で小夜と功と交錯する正体不明の上玉。高林陽一は、嬉々と佐川泉に振り回される和服の紳士。そして志麻いづみが小夜と功を華麗に迎撃する、妻にして川村に仕込まれた―劇中用語ママ―サディスティン・妙子。
 エクセスの2007年の番組が何故かこのタイミングで小倉に着弾した、ロマンポルノの主戦級・小沼勝の昭和58年第一作。流石と唸らされるのは、実は途中まで。今作面白いのが、別れ間際の小夜と功が川村邸に入るまで、仲悪く喧嘩しながら京都の町をフラつく前半は、見事でない訳がないロケーションにも支へられ、やさぐれて雅なロード・ムービーとして生半可なピンクが束になつてかゝつたとて敵はないほど見応へがある。商売道具を詰め込んだデカいジェラルミンを引き摺る、スーツにセコい草履を合はせた田山涼成の無頼感も堪らない。ところが本丸の筈の川村邸に入つてしまふとあに図らんや、ロマポの予算を以てしても否めない地下の拷問部屋セットの安普請を、撮影ないしは照明部がカバーすることも能はず。冷徹なSMへの理解を窺はせる川村に対し、無軌道なばかりの功の責めは展開の理解に苦しければエモーションにも遠く、小夜と功の足取りが止まると同時に、映画全体が失速した印象は強い。主眼のサドマゾが本来舞台でしかない京都に負けてゐる以上、裸映画的には裸が映画に屈した一作。結局、高林陽一をホテルに連れ込んだところで寸止めされる、謎の超新星・佐川泉のオッパイを拝めなかつた大落胆も、勿論響く。

 ひとつ気になつたのが、川村が―最後に―拷問部屋に下りる直前、ぼちぼちでんなと第三者に話しかけ、てゐるやうに見えたカット。全く回収されないところを見るに、あれは単なる一人言だつたのか?


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )