真夜中のドロップアウトカウボーイズ@別館
ピンク映画は観ただけ全部感想を書く、ひたすらに虚空を撃ち続ける無為。
 



 「裸の劇団 いきり立つ欲望」(2016/制作:ファミリーツリー/提供:オーピー映画/監督:榊英雄/脚本・助監督:三輪江一/音楽:雷鳥/撮影:早坂伸/照明:藤田貴路・田島慎/録音・効果・仕上げ:丹雄二/編集:清野英樹/ヘアメイク:KAORI/スチール:富山龍太郎・You Ishii/撮影助手:小島悠介・日下部一也/監督助手:折元星也、もう一名/制作担当:宗像良介/制作応援:岡本直樹/特別協力:長門薫/企画協力:木原祐輔/仕上げ:東映ラボ・テック/美術協力:ナジャペレーネ株式会社/出演:水城りの・REN・蓮実クレア・加藤絵莉・山本宗介・阿部恍沙穂・齋賀正和・三輪江一・松浦笑美・佐藤文吾・石川優実・羽柴裕吾・檜尾健太・佳那・和田光沙・針原滋・柴やすよ・とみやまあゆみ、他若干名・名無しの千夜子・睡蓮みどり・榊英雄)。出演者中、針原滋から他若干名までは本篇クレジットのみ。多分ボロボロのビリングとロケーション協力を主に、予定通り一般映画並の情報量に惨敗する。
 タイトル開巻、前作をトレースしたかの如く、制作の上杉京子(松浦)がやきもきする中、開幕間近といふのに劇団「ネイキッドデザイア」の看板女優、に返り咲いた虹川希来莉(加藤)と、俳優部から昨今演出まで手掛け、ネイキッドを牛耳る根岸昭一(齋賀)は小屋の手洗ひで一発キメたのち、慌しく舞台に飛び込んで行く。但し、短い挿入を除けば前作を踏襲するのはこの件ばかり、以降は一切のノー・イントロダクションで、後述する「さまよふアゲハ」を未見の人間は清々しく置いてけぼりにしたまゝお話は勝手に進行して行く。敷居は低過ぎるくらゐでちやうどいいと思へるひとつの量産型娯楽映画観からは、些か不親切に映らなくもない。第十回公演「蝶々夫人」が成功したネイキッドはライバル劇団「水玉スパンコール」から遠野青空(蓮実)・関サバ男(佐藤)・矢部真子(石川)の移籍組を迎へ、とりわけ青空はアイドル的人気を博してゐたが、独断的だか独善的な根岸の手法に高村康太(山本)は呆れ返る態度を隠さず距離を置き、自身が発掘した蝶々夫人の主演女優・花森揚羽(水城)に何時の間にか去られてゐたネイキッド元代表―現在は副代表らしい―の瀬田翼(REN)は、すつかり腑抜けになつてゐた。ところで、黙つてゐると恐らく通り過ぎて済まされるフィルモグラフィーに触れておくと、何番手にカウントしたらよいのかよく判らない石川優実は、ほんの賑やかし程度の出演に止(とど)まつた、松岡邦彦フィルム最終作「つはものどもの夢のあと 剥き出しセックス、そして…性愛」(2012/脚本:今西守・関谷和樹/主演:後藤リサ)から四年ぶり二度目にしての、濡れ場もこなすピンク本格参戦。
 配役残り阿部恍沙穂は、終ぞ報はれないビアンのネイキッド劇団員・西脇里美。三輪江一は静かに翼を見守る、ネイキッド元前貼り担当、現衣装の張本健作、ついでにex.ぽんぽこ商事。榊英雄は、手洗ひをホテル代りに使ふ希来莉と根岸か高村と真子には閉口しつつも、パンティを握らされると大人しくなる小屋の支配人。羽柴裕吾は高村の友人で元々揚羽をネイキッドの観劇に誘つた、揚羽の同棲相手・加地恭平。大竹をオミットした佳那はときめきかけた京子を絶望の底に叩き落す、サバ男のブリブリな嫁・河北真白。二人とも脱ぐのが偉い―あるいは榊英雄の、女優を脱がせる才覚は評価すべきといつた方がより適切なのか―睡蓮みどりと名無しの千夜子は、当人の同意を得ることなく揚羽主演の新作の脚本に取りかゝつた、翼を挟んでキャットファイトを繰り広げる創作の女神と睡魔。殊に睡蓮みどりが多分クッソエロいので、束の間コメディ調の使ひ方は何気に激しく勿体ない。檜尾健太は水玉スパンコール主催の濱口テツで、針原滋から他若干名までが、ネイキッドがスパンコールに名義を借りて参加する演劇コンクールの、審査員と観客の客席要員。あれ、オッサン審査員と、オッサンに常時乳を揉まれてる女が針原滋と柴やすよか?そして田中幸恵役とされる和田光沙を、ロストしたのは痛恨の極み。
 正しく青天の霹靂のピンク映画電撃参入作「オナニーシスター たぎる肉壺」(2015/主演:三田羽衣・西野翔・柴やすよ)から年を跨いでの、改めて前作「さまよふアゲハ 蜜壺トロトロ」と連続した前後篇二部作をなす榊英雄2016年第二作。普通に考へれば前回挨拶代りの乳見せで温存した蓮実クレアが、爆乳を爆裂させるのが二部作後篇のブーストといつた面も踏まへるとなほさら、本来裸映画的には然るべき戦法とならうところなのだが、それ以外にも法外な頭数の女優部がジャンジャカジャンジャカ気前よく脱いで呉れるにも関らず、そもそも榊英雄が女の裸あるいは裸の女をそれ以外の人か物と同じやうにしか―少なくとも今作時点では依然―撮れない監督につき、腰から下を揺さぶる有難味は相変らず殆どない。とりあへず首を傾げざるを得ないのは、折角青空が据ゑた膳を翼は食はず、自ら積極的に仕掛けておいて、青空のセックスした男の才能を推し量る特技に、根岸は最終的には怖気づく。高村に喰はれ倒す真子即ち石川優実に対し、しかもこれだけのビリング上位―ポスターではトメ―に置きながら、青空の絡みで観客の精嚢を空つぽにさせに来る気配を凡そ感じさせない、蓮実クレア(ex.安達亜美)を持ち腐らせる神経は到底理解に遠い。
 尤も、又しても二度あることの三回目だつたか、と匙を投げかけた中盤。踏切前にともに傷心の京子と里美が並んだタイミングで、張本からの翼復活の報が飛び込んで来る。以降ネイキッドが再起動する件は、男と女の色恋を描くとモタモタ堂々巡りに終始する反面、榊英雄的に得意とする展開なのか、娯楽映画が綺麗に弾む。客席をも巻き込んだラストのいはば大乱交も、勃つ勃たないを一旦さて措けば、エモーションの伝播を体感出来る立派なスペクタクル、ピンクがさて措いたら駄目なんだけど。ともあれ、対蓮実クレア戦に於ける羽柴裕吾の凄まじい逆マグロぶりがある意味象徴的な、演出部俳優部双方不得手な面子で挑んだピンク映画に、三度目の正直でひとまづ新しい風が吹いたのは気持ち感じられた、この先があるのかどうかは知らないけれど。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 「ザ・夜這ひ」(昭和60/製作:AMI企画/配給:株式会社にっかつ/脚本・監督:木俣堯喬/撮影:伊東英男/照明:隅田宗孝/音楽:新映音楽/美術:衣恭介/効果:小針誠一/編集:菊池純一/助監督:西沢弘己・鎌田敏明・大内裕/撮影助手:佐久間栄一/照明助手:山中正一/スチール:津田一郎/衣裳:富士衣裳/小道具:高津商会/録音:ニューメグロスタジオ/現像:東映化学/企画:AMI企画/制作プロデューサー:珠瑠美/出演:城源寺くるみ・藤ひろ子・田代葉子・村川映子・港雄一・牧村耕治・水戸康之・泉ワ輔・北村大造・坂本昭・山本竜二・外波山文明・あおい恵)。出演者中、山本竜二は本篇クレジットのみ。美術の衣恭介は、木俣堯喬の変名。企画・製作のAMI企画と、御馴染プロ鷹は同一組織。
 サクッとタイトル開巻、平家の落人村とされ、花嫁を水神様に扮した村の長老が水揚げする奇習と、フリーダムな夜這ひの風俗が昭和末期にしてなほ残る下塚村。村長(港)と篠崎理容店も営む床屋の助役(泉)を始め賑々しく挿しつ挿されつする一方、村長曰くの劇中台詞ママで“当村議会随一の共産党議員”平坂ケンスケ(外波文)は因習の打破を訴へるも煙たがられる下塚村に、都会に出てはみたけれど、ヒモとの生活に疲れた西浜か西濱マサコ(城源寺)が帰つて来る。
 配役残り村川映子は、イントロダクションの水揚げ儀式要員、坂本昭が水神様に扮する村長叔父貴。あおい恵は村長・助役らが常連の、二階ではいはゆるちよんの間も営業する居酒屋女将・ツネコ。田代葉子は床屋の娘・ヨシコで、牧村耕治が親爺居ぬ間にヨシコに言ひ寄る、村民からは村長の極道息子と称されるハルオ。そして水戸康之が、ハルオが来てゐるのも知らずヨシコに夜這ひを仕掛ける村の漁師・山下ジロー。藤ひろ子はマサコ母、ジローがマサコに仕掛けた夜這ひが母ちやんに誤爆する、定番中の定番シークエンスに際してはこの人も脱ぐ。北村大造は村の駐在。
 次作の香港ロケ大作「中川みず穂 ハードポルノ絶頂」(昭和61/主演:中川みず穂)で監督生活の幕をある意味派手に閉ぢた、今をときめく和泉聖治の実父・木俣堯喬(2004年没)のラスト第二作。リアルタイム的には、前年度の「にっかつ新人女優コンテスト」で入賞した城源寺くるみの初主演作。といつた点が、本来フィーチャーされるべき、であつたのかも知れないのだけれど。一応如何にも当時のアイドルぽい容姿を備へこそすれ、まるで木俣堯喬の関心が城源寺くるみには向けられなかつたかの如く、物理的な尺の支配率から村長なり床屋やツネコに大きく水をあけられ、ヨシコの印象は全く薄い。因みに最終的にも、城源寺くるみがビリングの頭を張るのは最初で最後である、単体のアダルトビデオを除けば。ヒロインがヒロインとして機能せず、とりあへず活き活きとはしてゐなくもない猥雑な下塚村の日常が、つらつらと連ねられるに終始する展開は、詰まらないといふほど詰まらなくもないにせよ、決して面白くも何ともない。結局物語らしい物語は終ぞ起動しないまゝに、何だかんだで祝言に漕ぎつけたマサコとハルオの初夜。水揚げの儀までは恙なく終了したものの、宴席で床屋に潰されたハルオはあへなく轟沈。代つて寝室に忍び込んだジローがマサコに挿入するや、エッサカホイサカに連動するやうにクレジット起動。人を小馬鹿にした素頓狂な劇伴で締め括るラストは、並走する形の娑婆に戻つたツネコ内縁の夫・ユーイチ(山竜)が、ダイナマイトを持ち出し店に立て籠る物騒な修羅場の顛末も見事に放り投げ、後には何にも残らない。といふか、残すものかといはんばかりのグルッと一周した腹の据わりぶりさへ誤認させかけ、さうなると一種の迫力すら漂ひかねない。尤も、ロマポで御座いとお高くとまつた鼻持ちならなさよりは、所詮は買取系の徒花ともいへたとへば今作の如く、初めから右から左、あるいは明後日から一昨日に消費される宿命を受け容れた、振りきれたか割りきれた潔さにこそ、量産型娯楽映画らしさをより感じるところでもある。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 「大人志願 恥ぢらひの発情」(2016/制作:Blue Forest Film/提供:オーピー映画/監督:竹洞哲也/脚本:小山侑子/撮影監督:創優和/録音:山口勉/編集:有馬潜/音楽:與語一平/整音:高島良太/助監督:小関裕次郎/監督助手:林有一郎/撮影助手:酒村多緒・高橋草太/撮影応援:佐藤文男/スチール:阿部真也/仕上げ:東映ラボ・テック/協力:広瀬寛巳/出演:若月まりあ・吉川いと・みおり舞・橘秀樹・山本宗介・可児正光、他一名・春日いぶき・竹本泰志)。出演者中、ロストした他一名と春日いぶきは本篇クレジットのみ。決して拾ひきれない情報量―とスピード―ではなかつた筈なのだが、体力の限界に力なく屈する。
 タイトル開巻、貧血を拗らせ高校生にして二留中の澄川茉莉子(若月)が、通ふ学習塾「学友会」のソファーで例によつてしんどくなつて寝てゐると、出勤して来た学友会―オーナー兼?―講師の富田浩一(竹本)は驚く。富田も富田で、劇中学友会には茉莉子を主に常時誰かしらが入り浸つてゐるのだから、一々吃驚しなくてもいいのに。といふか、塾生に鍵持たせてるの?茉莉子の学校は違ふ学友会の友達・中村友美(吉川)らの大学受験合格を祝ふパーティーの席、葉山修平(可児)が現役で東大に合格する一方、東大三浪に突入した河田真生(橘)は荒れる。皆はカラオケに行つたのち、友美と葉山は給湯室にて致し、相変らずソファーで寝てゐた茉莉子も、出し抜けな告白とともに迫つて来た河田に体を開く。翌朝姿を消し、再び茉莉子の前に現れた時、河田はあとは写真を入れるのみの、偽造した東大の学生証を二人分用意してゐた。五月封切りの今作が初陣で、現在もなほピンクに継戦中の可児正光に話を戻すと、一応イケメンではあるのだが、出番の少なさ以上だか以下に印象は薄い。
 新入生を装ひ東大に潜り込んだ茉莉子は、鏡花好きの河田に連れられる形で文学研究会に入部する。配役残り山本宗介は、三留中の文研部長・尾崎洋介。みおり舞が―二人しかゐないが―文研副部長で、尾崎とは男女の仲にもある松田尚子、この人はストレートで銀行の就職まで決めてゐる。他一名と春日いぶきは、カメラが無闇に動く合格パーティー要員、頭数の少なさでも誤魔化したつもりなのか。
 ピンク映画四十八作目―薔薇族一本足して通算第四十九作―にして、竹洞哲也が2012年第五作「三十路義母 背徳のしたたり」(脚本:エバラマチコ/主演:結城みさ)以来、二度目に小松公典以外の脚本家と組んだ2016年第二作。といつて、全体的な出来栄えが素人目にはさほども何も特段変らない点をみるに、小松公典の我が強く滲み出てゐるやうにも見受けてゐたものだが、矢張りといふか何といふか、これまでもこれで案外竹洞哲也の映画であつたのかしらん。アッサリかマッタリとした始終を経ての終盤、茉莉子が尾崎に跨る、少し多めに尺は残すけれども締めの濡れ場。「優しくなんかない」から劇伴が猛然と鳴り始めた瞬間には、終にアクセルを踏み込んで来たかと色めきたつたものの、結局詰めが甘くさしたる結実は果たせず。詰まるところは人一人の死を出汁にした、在り来たりだか生温いモラトリアム卒業物語は、ホップの2015年第六作「恋人百景 フラれてフつて、また濡れて」(主演:友田彩也香・樹花凜・加藤ツバキ)、ステップの前作「純情濡らし、愛情暮らし」(主演:通野未帆・世志男)と来ての、満を持した大ジャンプとは行かなかつた。因みに次作以降、竹洞哲也は再び小松公典と組んでゐる模様。
 要は都合のいい自堕落さを、黒髪の似合ふアイドル的容姿で上手いことアンニュイの枠内に押し込んだ主演女優とと、正反対のキャラクターでど直球の正論をドッカンドッカン放り込んで来る二番手との対比も悪くないが、最も特筆すべきは、純然たる三番手濡れ場要員の浜野佐知デジエク第四弾「僕のオッパイが発情した理由」(2014/脚本:山﨑邦紀/主演:愛田奈々)、二番手に昇格し若干前に出た竹洞哲也2015年第三作「湯けむり温泉芸者 お座敷で枕芸」(主演:友田彩也香)を経て、再びビリングは三番手に後退しながら、ピンク三戦目で完全に一皮剝けたみおり舞のプログレス。プロフェッショナルの確実が透けて見える安定した佇まひに加へ、そこら辺にゐさうな女の絶妙なエロさを、同時に空前のクオリティで撃ち抜く様には腰から下の琴線を激弾きされて激弾きされて仕方がなかつた。ヒロインに据ゑた場合地味かつエモーショナルなドラマの構築に難儀しさうにも思へ、この人を三人目に置いておけば、裸の劇映画的にも裸映画的にも極めて戦ひが楽になるやうに映つた。

 とか何とかいひつつ、最大の見所は、枝葉に咲いた大概な徒花。物語上不可欠なアイテムにつき、枝葉扱ひは妥当ではない気もするが。何処からかそれとも自作したのか、河田が調達して来た偽造東大学生証といふのが、台紙はちやんとしてゐる―風に見えた―免許証状のカードに、上から証明写真を直貼りしただけといふ代物。プラス戦線を今回は初めから辞退したが如き、薄味の展開とはいへそれまでそれなりに丹念に積み重ねて来た全てを、ワン・カットの一撃で卓袱台する衝撃のプリミティブ小道具には良くなくも悪くも度肝を抜かれた。レス・ザン・イントロダクションをものともせず箆棒な配役で飛び込んで来る倖田李梨といひ、一見おとなしさうに見せて、竹洞哲也は時々とんでもない無茶をする。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 「巨乳教師 パイズリ授業」(1994『本番授業 巨乳にぶつかけろ!』の2000年旧作改題版/製作:旦々舎/提供:Xces Film/監督:浜野佐知/脚本:山崎邦紀/撮影:稲吉雅志・村川聡/照明:秋山和夫・山本裕貴/音楽:藪中博章/編集:《有》フィルム・クラフト/助監督:女池充・戸部美奈子/ヘアメイク:斉藤秀子/スチール:佐藤初太郎/効果:時田滋/制作:鈴木静夫/録音:ニューメグロスタジオ/現像:東映化学/出演:君矢摩子・奈月莉香・遠山リナ・栗原良・ジャンク斉藤・杉本まこと・石神一・平賀勘一)。
 白いハイヒール開巻、ボディコンで武装する主演女優の身支度に、クレジットが並走、馬鹿デカいサングラスで顔を隠しいざ出撃するとタイトル・イン。君矢摩子が向かつた先は、「平成版 阿部定 あんたが、欲しい」(1999)に於いて時任歩と樋渡剛が出会つたゲイバーとは別物件の、パブ&スナック「扇」。カウンターには鈴木静夫が入り、広瀬寛巳その他三名が客要員に見切れる店内。ノーブラ×ノーパンで一同に固唾を呑ませた君矢摩子は、常連客・君塚達也(石神)に勧められたグラスを受けるや、サクサク扇を離脱、所移したホテルにてザクザク君塚に跨る。一転日中の新宿、役所勤めの婚約者・重政紀夫(杉本)と、扇で男を漁つてゐる際とは対照的どころか完全に別人の、いはゆるアラレちやんメガネに格好も頗るおとなしい、入江瑞恵(君矢)が落ち合ふ。重政は寿退職を決めつける瑞恵の職業は、市民大学講師。瑞恵の講座のテーマはボディコンの歴史、受講者の草薙真吾(栗原)と安本義則(ジャンク)は、ボディコンの歴史を説きながら地味な扮装の瑞恵を揶揄する。草薙が瑞恵の引合に出す華美な市民大学事務員・坂口美樹(奈月)と、瑞恵に並々ならぬ視線を向ける理事長の杉町圭三(平賀)の顔見せ、栗原良V.S.奈月莉香の十二分に重量級の一戦挿んで、例によつてボディコンで扇に入店する瑞恵の姿を、草薙が目撃する。
 配役残り遠山リナは、瑞恵を悩ます無言電話の主・中平明子。初めから結婚後も関係を継続する腹の、重政のセフレ。それと扇のみならず瑞恵の教室内にも、潤沢な生徒要員が見切れる。
 「暴走女子と行く!ピンクツアー」年明け次回の舞台が上野ではなく池袋の点をみるに、未だ情報解禁されないながら最新作はデジエク大復活作と思しき浜野佐知の、DMMでも見られない1994年第一作。常々繰り返してゐる通り未知の新作と未見の旧作との間に特段の差異を認めない当サイトにとつて、かういふ古い映画に小屋に飛び込んで来て貰へるのは猛烈に有り難い。二番手三番手仲良く絡みは一回限りに、いはゆるボンキュッボンな君矢摩子の超絶ボディを、ボディコンダーver.のアグレッシブさと、瑞恵通常時の一貫した受け身ぶりとの濡れ場の対比も効かせ、質量とも十全に堪能させて呉れる始終は圧巻。エクセスを主戦場に戦つてゐた時期の、浜野佐知の充実を窺はせる。杉町が手引きした草薙と安本によるレイプと、付随する重政との一悶着を経た瑞恵が、常時ボディコンダーの完全に一皮剝ける終盤も如何にも旦々舎らしい王道展開。尤も、そもそも病院に行くレベルの、昼夜で別れる瑞恵の画期的な二面性の外堀を埋める作業は、清々しく放置される。ボディコンの見せる衣服から感じる衣服への移行、即ち最終的には着た自らを見る他人の存在を担保とする段階から、第二の皮膚感覚を通して自己変革の起爆剤となす段階へのボディコンの変容。といふ瑞恵が講義する内容と、現にボディコンで生まれ変る瑞恵自身の姿とが理屈の上では繋がるともいへ、瑞恵がボディコンを着る際のもう一手間に欠き、劇中から受ける印象は些かならず遠い。なほかつ、執心に狂ひ一旦一線を越えた杉町が、ボディコンで教鞭を執る美しく開花した瑞恵に目を細めるラストも、浜野佐知にしてはといはずとも自堕落に過ぎよう。些末に囚はれず勢ひに任せた様も、量産型娯楽映画を本当に量産してゐたこの時期の浜野佐知らしい一作である。

 どうでもいいことを忘れてた、どうでもいいから忘れるんだ。平勘が左目外側半分、片玉割れた訳の判らん眼鏡をかけてゐるのは、あれは一体何なんだ?

 以下は一旦脱稿後翌日の付記< シネロマン池袋の公式ブログに、新春第二弾で浜野佐知のデジエク新作が封切られる旨の第一報が飛び込んで来た!・・・・といふか、これ俺が気づいたのが偶々そのタイミングだつたといふだけで、第一報の日付自体は十一月十日だな(´・ω・`)
 更に一週後の再付記< しかも繁忙期の非人道性に手をこまねいてゐる内に、現在ではポスターまで公開されてる


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )