Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

象徴

2021年10月22日 | Weblog

天皇陛下は日本国の象徴です。

何の象徴化かと言えば、

日本の文化と歴史の象徴だと思います。

まさに二千年以上続く日本の国柄を体現されるという

大変なお役目をご皇室は担っていらっしゃる。

少なくとも私はそう理解してきました。

だからこそ、そこに税金が投入されることに

私はいささかの疑念も差し挟みません。

しかし、文化歴史を背負わず、

国柄を体現されないということになれば、

少し心穏やかではいられなくなる感じがします。

人としての感情や苦悩はよくわかります。

しかし、一般の人とは違う大変な重責があることに

深い感謝と敬意の念を持っていた人たちの心が

少しだけ離れていっていることに、

私は一抹の寂しさを禁じ得ません。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

伝統破壊について

2021年10月22日 | Weblog

二千年以上続く伝統文化を破壊するのは、

対立するイデオロギーなどではなく、

個人主義の名を借りた、

私心であるということが、

よくわかりました。

 

福沢諭吉は「一身独立して、一国独立す」と言いました。

私たちは「修身」(身を修める)という言葉の意味を

もっと深くかみしめるべきなのだろうと思います。

 

「修身、斉家、治国、平天下」

これは揺るぎない真実だからです。

自分という人間の在り方が、

家の在り方にも、国の在り方にも、世界の在り方にも、

大きく影響していきます。

そのことがよくわかったのが、

今回のご皇室を巡る一連のことであったかと思います。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする