Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

結局

2017年11月16日 | Weblog
結局、人生は孤独な闘いでもあります。

特に、私の仕事は、
私と同じ立場と仕事の
同僚が居るわけでもありません。

私が生み出す教育において、
私が何を大切にしているかも、
どれだけの準備をして臨んでいるかも、
ほとんど理解されることはありません。

誰もその現場を見たことはないからです。

また、私のこだわりは、
近くで見ると、
非効率で意味の無いどうでも良いことに
見えることでしょう。

大多数の人は、
良い仕事をしたいとは思っても、

まさかそのために、
365日、24時間態勢の覚悟で、
プライベートを捨ててでもやろうなどとは、
誰も思いません。

しかし、
日本の教育を変えたいと本気で願うのなら、
それでもまだ足りないと思います。

苦しんでいる子供たちや、若者たち、
そして、大人たちのために、
私は人生の灯火を燃やし尽くして悔いはありません。

結果が出ている方が、
正しいやり方だと一人信じるしかありません。










コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 思ったことを口にするために | トップ | 講演・研修 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-11-19 03:57:40
あなたと違い、無償で動いてる人は居ます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事