Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

「老兵は死なず只消え去るのみ」

2021年10月28日 | Weblog

「老兵は死なず只消え去るのみ」

元々は、日本の占領政策を遂行した、ダグラス・マッカーサー元帥が、トルーマン大統領と対立して引退する時の演説で言った言葉だそうです。

私も来年は還暦です。「パワーが落ちれば」潔く引退です。

今回のコロナ禍を見ていても、年寄りの意志決定が、社会全体の活力を奪っているように感じます。

若者は無謀です。だから、大怪我をしたり、時には死んだりもします。しかし、変化を嫌う年寄りが、停滞する社会を謳歌しているよりも、よほど健全なことではないかと思います。

年寄りに残された役割は、次の世代に美しく道を譲ることだと思います。私もそうありたいと思っています。

ただ、もう少し、若者たちの前に立ちはだかり、私を打ち倒していくような若者に出会いたいと思います。

打ち倒されないように全力で己を磨くと共に、打ち倒される日を心待ちにしています。そして、「お前たちの世話にはならん」と言って、死んでいくじじいでありたいものだと思います。

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

美しい会見と

2021年10月28日 | Weblog

ホークスの工藤公康監督が辞任することを発表されました。

「敗戦の責は将が負うものだという僕自身の思いもありますし、もっとできることがあっただろう、行動すべき事もあっただろうと思う中でやりきれなかったという思いが日に日に増してきたのも事実で、責任を私が取る事がチームが再スタートできる。(王)会長にも(続投を)言って頂いたんですけど、。申し訳ありませんと。責任は私にあるのでとらせて頂きたいという話をしました」と話した。

 今後については「これからは自分の足りなさをもっともっと勉強して、より素晴らしい人間になりたいと自分の中で思いながら過ごして行きたいと思います。いろんな方に支えてもらい成長させて貰った事が大きいと思いますので、これからはだれかのために、人のために役に立てるような、野球を通してそういうことができるような、そんな人間になっていきたいと思います」と語った。

https://www.daily.co.jp/baseball/2021/10/27/0014795253.shtml

潔く責任をとること、深い感謝の念を持つこと、ご恩に報いようと努力し続けること、・・・etc.

実に美しい、心からの思いが伝わる会見であったと思います。

美しくない会見の後だっただけに、一層、心に感ずる所がありました。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする