周防教会・牧会ジャーナル

教会週報の裏面の記事を掲載しています。

10月14―20日

2018年10月21日 | 日記・エッセイ・コラム

銭壺山から瀬戸内海を望む。正面遠くに見える亀みたいな島がどこいらのTVに出てくるダッシュ島とか。民放は再放送の『水戸黄門』か『大岡越前』以外観ない僕にはどうでもええ。あ、『吉本新喜劇』は観ます。『NNNドキュメント』と『テレメンタリー』も。たまに『タモリくらぶ』も。それに時々『世界まる見え』とか・・・。なんのかんのと観てるやん。

 

10/14(日) 天神祭りには自治会住人の協力が不可欠やが、ご奇特にもあるご婦人がうちまで訪ねて来られ「足が悪いので踊りやパレードの警護はできませんが、何か手伝わせてください」と申し出られた。聖書的に「あなたの信仰は見上げたものである」とでも言っておくべきか。続けてこうも言われた。「何もしないとなれば、非国民のような気になりますので」。

 

15(月) 三年半ぶりに年貢を納めに病院へ。以前お世話になった病院にはさすがに行きにくいので小さな田舎の医院へ行く。血液検査や心電図、エコー、レントゲン等のフルコースを受けることになった。「やっぱ教育入院ですか?」と尋ねたら「そんな悠長なこと言っている段階では無い」と一蹴された。「せめて天神祭りが終わるまでご勘弁ください」とお慈悲を乞う。

 

16(火) 今日『日本オオカミ協会』なるものに入会した。「100年前に絶滅したオオカミを日本に復活させよう」という壮大なプロジェクトである。毎年農作物に深刻な被害をもたらす、シカ、イノシシ、サルの天敵を復活させて、自然の生態系を回復させるのが目的の団体。日本の深山でオオカミの遠吠えが聞こえる日が戻ればええなあ。想像するだけでわくわくする。

 

17(水) いつも行く10分千円カットへ。大抵あんちゃんにカットされるんやが、今日はラッキーなことに若い女性が担当してくれた。しかも丁寧にカットしてくれる。多い髪まで梳いてくれた。あんちゃんは10分以内で終わるが彼女は20分もかけてくれた。何でそこまで丁寧にしてくれるのですか?もしかして僕のこと?そんな空想にふけりながらの幸せな20分やった。

 

18(木) その昔、神社に寄附金を出した信徒が「町内の決まりごとですし、たった50円のことですから」と言ったのを聞いたある牧師が「あなたはキリストを50円で売ったのだ!」と叱責した。当時24歳の僕は「そこまでズバリ言ってのける凄い牧師や」と、いたく感心したのを覚えている。あれから36年の歳月が流れ、今じゃ僕は神社の寄附金を集めて回る責任者。

 

19(金) 牧師会の勉強会で麻ちゃんが仮面ライダーについての発題をした。子供の頃、僕と同い歳で、何かと比べられる頭のいい親戚筋の子がいた。その子がライダーファンやったので僕はライダーが大嫌いになった。とは言えライダーに問題がある訳ではない。それにライダーってなかなか奥深いなあ。今は原チャリにまたがって走る正義の味方親父ライダー。

 

20(土) 天神祭りの実行委員長を命ぜられたのは、ちょうど一年前の10/21のこと。場違いで未知なる世界に足を踏み入れ、地元の方々に支えられつつジグソーパズルを組むようなじれったさで始まった準備会やが、今夜の会議で見えてきた最後のピース。ところで今さら言うのも何やが、やる僕もアホやけど、牧師にこんなことをやらせる町内会もアホちゃうか。

コメント

10月7―13日

2018年10月14日 | 日記・エッセイ・コラム

『夜の蝶』と言えば今から60年ほど前に上映された日本映画。夜の銀座で生きる水商売の女性の姿を表現したのがこの言葉。一方、このウスバツバメガは昼行性の蛾で西日本を中心に時々大発生する。透き通った羽とオシャレな色彩はなかなかの美しさ。今年は大発生年かどうか知らんが、部屋の中まで侵入してきたので早速モデルになっていただいた。

 

10/7(日) 昼過ぎ、7~8人のおっさんが額に汗かきながら1.8m×4.5mの台車をエッチラ、オッチラ押し運んだ。なるべく車が通らない道を選ぶのでえらい遠回り。何をしているのかというと祭りの山車を乗せるための準備。その後、うつらうつらしている所にミニSLの業者がアポ無し来会。祭り当日に道路のどの辺に設置するかを協議。自分の職業を忘れそうや。

 

8(月) 今日も職業を忘れかけた僕が朝から祭り準備。ふれあい動物園を設営するために公会堂横の広場の草刈り作業である。久しぶりの草刈りで思い出したのは、学生時代近所の草刈りを頼まれた時、草刈り機のエンジン音でスズメバチの巣に気付かず、肩を刺された記憶。名古屋中央教会の(当時大ちゃんと呼ばれた悪ガキ)草地牧師の実家での出来事。

 

9(火) 最近よく童謡を聞きながら心をなごませている。古い童謡に『船頭さん』というのがある。子供のころ耳にした歌なので何となく覚えてはいるが、今日たまたまYou-Tubeで聴いて、そのおぞましい歌詞に少なからずショックを受けた。♪村の渡しの船頭さんは~今年六十のおじいさん~♪じ、じいさんなの?トホホホ・・・♪ソ~レ、ギッチラ、ギッチラ、ギッチラコ~♪

 

10(水) 現場責任者として警察署に出頭。自分の罪を洗いざらい告白し、尋常にお縄をちょうだいする。ちゅうのは嘘です。こんな無駄な嘘を楽しむのが僕の趣味なのでお許しください。実は祭り当日の県道144号線の通行止め許可申請に行っただけ。この県道は昔、参勤交代の道。そこを通行止めにできるなんて、まるで徳川の将軍様になったような気分や。

 

11(木) 今夜の踊りは細かな振りの練習。お師匠さんの熱心な指導。「主と二人で手を取りあえば~♪の所は嬉しそうにね」「そっと忍んで渡りゃんせ~♪は袖で顔を隠して恥じらうように」「そうそう、そこで腰を落として」「ほら膝をくっつけるんですよ」。え?踊らぬあなたは何をしているのかって?もちろん今回も隅っこでの見学者であり、体育館裏の不良になってます。

 

12(金) 先日役場の自治会窓口に提出した天神祭りのチラシ(僕が作成しました)は、「やや宗教色が出ている」と却下されたので、今日新しく書き直したものを再提出。すんなりOKが出た。これで玖珂町の全世帯に配布するチラシが許可されただけでなく、自治会連合会までが後援者となってくれた。しかし政教分離って結構難しいもんや。政治家には無理やろな。

 

13(土) 午前中、祭りの応援に来てくださる『琉球國祭り太鼓(エイサー/広島支部)』の方々が下見に来山。午後からは、祭り当日の通行止め予告看板を町内各所に設置する。夜はうちで祭りの実行委員のトップが集まっての会議。この週のジャーナルだけを読むと、誰ひとり僕の本職が牧師であることに気付く者はあるまい。自分でも分からんようになる程やからな。

コメント

9月30日―10月6日

2018年10月07日 | 日記・エッセイ・コラム

自分で銭を出してまで行く気は無いが、町の環境推進委員になった(気付いたらなっていた)関係で訪れた『山口ゆめ花博』。午前中に「秋篠宮同妃両殿下がお成りになられ、緑化祭の式典行事にご臨席あそばされた」らしく、午後になっても結構混んでいた。感想「今度は孫を連れて行ってみたい」とも思わない。

 

9/30(日) 台風24号が来ているというのに礼拝に13名も出席。みんな無茶しよるで。今日は折しも「イエスが嵐を鎮めた」(ほんまかいな?)という聖書箇所での説教。僕は修行が足りんので台風を鎮めることは出来ん(そんなことが出来たら、うちの教会はとっくに信者で溢れとる)。でも「台風の日は無理せず休め」と、うちの信者を鎮めるのは、もっと難しいかもな。

 

1(月) 僕が選挙と言う選挙で応援している人がほとんど連敗している中、昨日の沖縄県知事選挙でのデニーちゃんの当選は久しぶりの吉報。思わず牧師室でカチャーシーを踊った。今月末には教団総会が開かれるが、ここ数年の常議員選挙は全敗。一人一票が常識なのに、全数連記制なんか敷かれた日にゃ、支持したい者は誰一人当選するはずがないやろ。

 

2(火) 日曜の大風でかなりのギンナンが落ちた。9年前、伸びすぎるイチョウを伐採した後、ギンナンが全く実らなくなったが、ここ数年再び実をつけ出した。思わず応援したくなる。頑張れイチョウ!ところが、木の成長と共に根っこも伸びるわ伸びるわ、アスファルトを割って盛り上がり、駐車場がデコボコになっとる。その点に関しては、おい!こら!頑張るなイチョウ!

 

3(水) 環境衛生推進委員とやらを命ぜられている関係で、朝早くから観光バスに乗って山口市内の自治体の視察と、『山口ゆめ花博』の見学へ。昼食で訪れたホテルバイキング。団体で入ったので皿が次々と空になり「料理がなあど~!」と山口弁で訴える推進委員たち。他のお客もいる中でそげな大声を出すのは食事環境的に良くなあで、と山口弁で思った。

 

4(木) 踊りの練習。役割り上、毎回同席はしているが、踊らない男性数人が隅っこでボーッと立っている姿は、まるで体育の授業を見学している生徒のよう。ずっとそうしているのも極まりが悪いので、外に出て時間を潰すことにした。しかし、タバコをプカプカ吸いながらたむろしている姿は、体育館の裏で先生の目を盗みながら喫煙する不良生徒そのものやで。

 

5(金) 祭りで県道の一部を通行止めにするので、道路沿いの家々に「通行止めのご協力」のチラシを配って回る。その沿道には寺院もある。配っていて気付いたんやが、「天神祭りの協力チラシをお寺に配る牧師」か。巷で流行っている珍光景やな。それよりも、ぼちぼち教団の信仰職制委員会あたりから隠密が派遣されてもええ頃やと思うが・・・。楽しみにしとこ。

 

6(土) 台風25号が日本海を通り過ぎ、強風がおさまった頃を見計らって、敬老会の時に撮った写真の回覧をする。阿山上(アヤマカミ)の自治会長が「欲しい人には無料で焼き増して経費は自治会で持つ」と言うのを聞き、こちらも下(シモ)の自治会長として負けちゃあおれんので同意することにした。でも、勝ち負けで自治会費を左右するか?わしゃ知~らないっと。

コメント

9月23―29日

2018年09月30日 | 日記・エッセイ・コラム

久しぶりに夜の広島の街を歩いた。本通りは若者と外国人ばかりで僕のようなオッサンにはなんだか居心地が悪い。特に末っ子の帆波と二人でいると援交オヤジのような目で見られているような気がするので余計に居心地が悪い。路上ライブもええが、やっぱ草むらからうるさいほど聞こえる田舎で、懐中電灯を持って土上ライブの虫を探す方が楽しい。

 

9/23(日) 踊りの練習。とは言っても僕が練習したのは初日の一回だけ。当初「実行委員長は当日ヒマだから踊ってくれないと」と言われ練習したが、今ではそれが一転して「当日は忙しいのに実行委員長が踊ってる場合ではないでしょ」ということになり、隅っこでボーッと見学する立場となった。どっちやねん?こういうのを世間では「踊らされている」と言うんやろな。

 

24(月) 今夜は中秋。しかし残念ながら名月は厚い雲の上で輝いている。雨もパラついているので楽しみにしていた鞍掛山に登ることもできない。山頂で歌ってやろうと密かに『荒城の月』の二番を練習していたのに残念や。ところでその歌詞の中にある『植うる剣』の解釈には賛否あるみたいやが、晩翠(ばんすい)のオッチャン。ちゃんと説明を残して逝ってくれんと。

 

25(火) 岐阜の耕太ママから贈り物が届いた。開けてビックリ玉手箱!なんと、これでもか!というくらい霜が降りまくっている超上等な肉。こ、これは幻のA5ランクか?今夜は豪華スキ焼や!材料を買いそろえてイザ調理という段になってアッチョンブリケ。スキ焼肉ではなくてステーキ肉やった。ま、上等さが変わるわけでなし。いずれにせよ明日の晩はステーキや!

 

26(水) 歯医者へ。先週「アイーン」治療法を教えてもらったばかりやが、ドクターが今回も「アイーン」を勧めてきた。たぶん僕に教えたことを忘れとるんやろな。きっと来る患者全てに伝授しているんやろな。そこは僕も大人です。「アイーンですか?」と初めて聴くふりをして指導を受ける。それはそうと、声もそうやけれど、右手を首に当てる仕草もこの際いらんでしょ。

 

27(木) 石垣島にいる天語から「今日入籍したけえ」と電話。真冬に素っ裸で外で水遊びをしていた天語が!海水浴場で居なくなって必死に探していたら、よその家族の中に紛れ込んで遊んでいた天語が!牧師室のオモチャを「父さんが死んだら全部お前にやる」と言った日から、毎日「父さん。いつ死ぬの?」と何度も問うてきた、あの天語が入籍?天語のくせに!

 

28(金) 非常に強い台風24号が接近し、明後日には山口~広島が暴風圏内に入るみたいなので、足立牧師とも話し合った末、広島主城教会との交換講壇は延期することにした。それはええんやが、心配なのは21号の被害を受けた大阪の実家。あの台風と同じくらいの勢力なら補修した部分は吹っ飛ぶやろなあ。また大阪入りかなあ。銭まで吹っ飛ぶやろなあ。

 

29(土) 台風が明日に迫る中、益田市の『ねむの家・湖水園』の創立20周年記念会へ。会場に着いてビックリ。今日は記念会でしょ?なんで皆さん黒いスーツなんか着てはるの?まさか葬儀とかじゃないよね?ふっと浮かんだのは「あんたええ歳して何やそのかっこ。もう還暦やろ。ほんまに常識のない子やで。恥ずかしわ」。ここに居たらきっとそう言うであろう母の声。

コメント

9月16―22日

2018年09月23日 | 日記・エッセイ・コラム

大島から本州に入って少し走ると、国道から逸れた所にあるお寺の裏に『岩尾の滝』という小さな滝がある。一時流行ったマイナスイオンとかいうのが飛び交っていた。ような気がする。ま、要するに「涼しい~」ってことや。その近くに咲いていた彼岸花。今が最盛期で田のあぜ道に咲き乱れているが、チョコッと咲いていたこの花がなぜか僕の目を引いた。

 

9/16(日) 明日の敬老会の会場準備で公会堂へ。狭い空間に30人以上収容しなくてはいけない。テーブルや座椅子を並べた後、高齢者になった気持ちで歩いてみる。ちょっと狭いなあ。もしもここで転んだら大ごとやで。こっちに転んでくれたらええんやけど、あっちはあかんなあ。よし、こっちに転ぶよう、ここにこれを置いてと。しかしこんな準備で大丈夫かいな?

 

17(月) 敬老会当日。28人中ドタキャン5名。ご高齢の方々の集まりゆえ当初から予想はしていた。ところが内1名は失念しておられたとのことで途中から参加。さすがにこれは予想外。昼食会。ビンゴ大会。カラオケでは肩を抱いての銀恋。♪若い二人が~初めて~逢った~♪これが若けりゃ場合によってはセ〇ハラかも知れんけど・・・なんせ爺様と婆様や。セーフ。

 

18(火) 天神さまの総代会。みなさん戦前のお生まれで、協議のあとに始まったのが最盛期だった頃の祭りの思い出話し。所狭しと露店が立ち並んで、男たちは下帯一丁で暴れまくったとか。最後は酔っぱらって殴り合いの喧嘩になり、あとで世話役から大目玉を食らったという。聴いているこちらも次第に熱がこもってくる。会議15分、余談105分の総代会やった。

 

19(水) 先週から右のこめかみ付近が急に痛くなって、今日歯医者へ。どうやら顎関節症らしい。歯医者さんが「こんな時は志村けんがやっているアイ~ンが良いらしいですよ」「ア、アイ~ンですか?」「そう、アイーン。この前テレビでやっていましたが僕からもお勧めします」「アイ~ン」「そうそう」「アイ~ン」。あのお・・・。この際かけ声はいらないと思いますが。

 

20(木) 今日は朝から雨で車が2台とも出払っている。原チャリは面倒なので久しぶりに歩いて郵便局まで行くことにした。歩く速度で見えたり聞こえたりしたこと。道端に咲く秋の花。家々の軒先の置物。雨中に鳴くセミの声。知人と出会って短い会話。楽とスピードを求めていたら色んな事を見過ごすんやな。ところで「アイーン」をしていたら、なんと痛みが軽減した。

 

21(金) 受付でマックさんの面会に来たことを告げると「そのようなお名前の方はおられません」「ここに入院されているはずですが?」「ご入院名簿には載っていません」「退院されたんですか?」「ご家族にお確かめください」。そこで電話をすると今日退院したという。職員が僕と目を合わさなくなった。一言「今朝退院されましたよ」とも言えない。素敵な個人情報保護。

 

22(土) 第9回目の天神祭り全体会議。小会議や総代会を入れると会合は20回を超えた。毎回、楽しく前向き、かつ建設的な意見が交わされる。時々脱線しながらもカタギの社会で生きる人らの無駄のない話し合いからは大いに学ばされる。それとは逆に利己的で足を引っ張り合うキリスト教のなんとゆがんだ世界よ。やっぱ僕らはヤクザな世界で生きとんのやな。

コメント