Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

教育への情熱

2021年03月15日 | Weblog

何かをやるために大切なのは「情熱」だと思います。

では、その情熱はどこから生まれてくるかといえば、「感性」ではないかと思います。

何かに感動して、それを、もっと深く知りたいと思うようになり、さらに、それを、他人と共有したくなったり、次の世代に伝えたいと思うようになっていく。

そんなところから、教育への情熱が生まれてくるように思います。

だから、感性がなければ、きっと情熱は生まれてこないのではないしょうか。それは知性に偏った教育の限界を示唆しているのかもしれません。

自分自身の人生をどのように生き生きと生きるかが、やはり教育にとって大切だと言うことのようにも思います。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 若者の意識 | トップ | 驚いたこと »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事