Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

学びの問題

2021年06月27日 | Weblog

経産省のキャリア官僚2人が

コロナ対策の国の給付金を

だまし取るという事件が起きています。

給料の良いところに就職するため、

優秀な成績を取ってきたのでしょうし、

制度を悪用する賢さはあったのでしょう。

しかし、肝心な人間としての学びが欠落しているのです。

自分のためという利己的意識が強く、

人々のためという利他の意識が弱いのです。

やはり、子どもの頃からの

プリンシプルの教育が必要だと感じます。

また、こうした人格は自分一人でできたものではありません。

周囲の大人たちの価値観にもまた、

問題が含まれているのだろうと思います。

この事件が、特殊な二人の、特殊な犯罪と言うには

無理があると思います。

軽重はあれ、類似の事象は枚挙に暇がないからです。

これは国家としての大きな問題であり、課題です。

私は今日風の道徳教育には期待を持っていません。

人間の本質を、その善悪共に、鋭い筆致で描いた、

長き風雪に耐えて読み継がれている世界の名作に

触れることこそが一つの活路だと思いますし、

また、四書五経の世界に触れていくことこそが

大切なのだと思います。

歴史や古典文学を知識として学んだ方が受験には有利です。

しかし、人の生き様として学んだ方が、

人生にとってはるかに有益なのだと思います。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 雨の熊本にて | トップ | それでも真っ直ぐに »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事