Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

志の教育

2021年03月10日 | Weblog

「志があれば、困難な状況にぶつかってもぶれない。」

その実感をバッカーズの卒塾生たちの何人かが書いて送ってくれました。

社会の中で、「志の教育」を理解して下さる人は決して多くはありません。

しかし、私はひたすら叫び続けていくだけだと思います。

そう思ってもう17年以上が過ぎました。

『志の教科書』『学び方が変わると人生が変わる』2冊の本も上梓しました。

対談本や共著もありますが、やはり、実力以上の場に下駄を履かせていただいた上で立たせていただいたことを感じます。

そのことに深く感謝しています。

しかし、自分の道を自分の力で歩んでいこうと心に決めて歩んでいく道は、清々しい空気に満ちています。

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 一歩一歩万里を行く | トップ | 若者の意識 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事