m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

劉先生の台湾料理教室・月餅三種

2019-09-30 | 食・グルメ

今日はだいぶ前から予約してた劉先生の台湾料理教室へ。
台湾つながりのお友達と伺ってきた。
この日のメニューは月餅。
写真で見て、可愛い!と一目ぼれし、作ってみたいなと思ってた。



この日は三種類の月餅を作らせて頂いた。
冰皮月餅(大福月餅)と、緑豆糕(緑豆月餅)、そして廣式月餅(伝統月餅)。
私は今まで、この焼かれた廣式月餅のことだけを月餅だと思ってたけど、
実は月餅というのは多種多様で、大福っぽいものも、練り切りのような
生で食べるものもいろいろあって、それら全て月餅だそう。


三種類だけど、餡はそれぞれ二種類、生地もそれぞれ違うので、
どの餡とどの生地組み合わせなのか?生地のような餡、餡のような生地が
あったりで、途中で混乱すると言われていたが、作ってるうちに、見事
分からなくなった;


これはアヒルの塩漬け卵黄。
これは廣式月餅の餡の中に入れる。
二つに割った時に月のように見えるのがポイント。
お菓子以外にも粽や肉まんの具材にも使われるのだとか。


そしてあの月餅独特の刻印?を入れる道具!可愛い!
台湾製で、一つの器具に6パターンの模様がセットになっている。
こちらは小ぶりの50g用のもので、


こちらは四角形の70gの大き目のもの。
伝統模様は似てるようで、ひとつひとつ違ってる。


廣式月餅は少し大きめのこちらの型を使った。
しかし、きれいに型から出すのは難しい・・
打ち粉が少ないと、剥がれたりして・・
卵黄を塗って、オーブンで焼き、途中でもう一度卵黄を塗る。



そして出来上がり!
右の焼かれたものが廣式月餅。
真ん中の黄色と緑が緑豆月餅、そして左の二つが大福月餅。
緑豆の生地の緑豆月餅、タロイモやカスタード餡の大福月餅も、
アヒルの卵黄が入った廣式月餅も、それぞれ、味わいが違っていて、
どれも甘すぎず程よく美味しかった!!



お昼ご飯のサバ炒飯付き。
5人がかりでかなり時間がかかった月餅づくりだったので、
終わった時にはお腹がぺこぺこで、炒飯がとても美味しかった。



自分作の月餅たちはお持ち帰り。
廣式月餅は卵黄を塗り過ぎて、模様が埋まってしまった・・
月餅の刻印を押す器具も劉先生に分けて頂いたので、
また家でも作ってみたいなあ・・



コメント

酒宴菜乃庵他

2019-08-11 | 食・グルメ

こだんさんの個展へ伺う前にOさんと天王寺でランチしていった。

大正時代に建てられた築100年の古民家を改装したというお店「酒宴菜乃庵」へ。

 

 

周りがあやし過ぎる界隈なので、塀に囲まれたこの邸宅はまるで異空間。

 

 

門をくぐると、左手にはお庭もあっていい雰囲気。

 

 

玄関。

 

 

庭に面したお座敷に案内された。

夏の設えの簾戸が入れられていて涼し気。

 

 

手吹きのゆがんだガラス越しに庭の緑が目に入る。

 

 

千鳥と波模様の透かし彫り。

 

 

涼し気だなあ。

 

 

奥には椅子席、カウンター席もあり、

 

 

廊下を進んで、

 

 

階段を上がると、二階席も

 

 

ランチは一汁八菜の農家のお昼ごはん1000円を頼んだが、

 

 

とてもヘルシーで種類は多いのだが、やや物足りなかった;

 

 

ディティールマニアのOさんがトイレの前のガラス窓の鍵にペンギンを発見。

これはかなりレアなものだとか。

 

 

ランチを堪能し、外へ出たら灼熱の暑さ・・

天守閣の乗るインパクトあるホテル醍醐のタイル。

 

 

 

 

 

裏面はきれいなブルーのタイル。

 

 

コメント

劉先生の台湾料理教室・芋頭酥と沙茶醤料理

2019-02-15 | 食・グルメ

久しぶりに劉先生の台湾料理教室に参加してきた。

この日のメニューは芋頭酥と沙茶醤を使った料理三種。

 

 

台湾のお土産用のお菓子でもよく見たことのあった芋頭酥。

以前、買って食べた時、思ったよりもおいしくて、気になってた台湾のお菓子の一つだった。

その芋頭酥が作れるというので楽しみにしてた。

中力粉でこねた生地と薄力粉に紫芋粉でこねた生地、二つを合わせるというのがポイントのようで、

 

 

紫芋の生地を真ん中に入れて合体させたものを伸ばして、くるくる丸めて、また伸ばして

を繰り返し、

 

 

最後に二つにカットした断面。

こんなにきれいな層に!

面白いなあ。

 

 

これをまた均等に伸ばして、傘のようにしてから中に事前に蒸してつぶしてたサツマイモの餡を包み込む。

台湾では通常タロイモを使うそうだけど、日本ではなかなか手に入りにくいのでサツマイモで代用。

 

 

きれいな色が出るように、低温でじっくりと焼いて出来上がり。

焼きたてはサクサクした皮と中のあんがベストマッチ。

先生がタロイモバージョンも作ってくださっていたので、それも試食。

タロイモは日本の里いもの粘り気を取ったような感じであっさりしてた。

 

 

そして、沙茶醤(サーチャージャン)

これは私は初めて見る調味料なのだけど、台湾ではポピュラーなものだそうで、

魚粉にスパイスや香味野菜などがミックスされているのだそう。

使い方はスープや肉や魚介類の下味や炒め物、和え物などに使うのだとか。

(牛頭碑というのは有名メーカー名)

 

 

見た目はもろもろとした味噌っぽいもの。

この日は沙茶醤のあんかけご飯と焼うどんを作った。

 

 

青菜と豚肉、きのこのあんかけご飯。

クセもなく、おいしく食べやすい。

これならアジア風嫌いのうちの子供たちでも食べれるかも?!

 

 

そしてもう一品、砂肝の沙茶醤和え。

今まで砂肝を料理したことなかった・・

ちょっと抵抗あったけど、この和え物はかなり美味しかった!

 

 

同じ沙茶醤を使った料理が並んだけど、それぞれ違った味わいで、どれも美味しく、

これからぜひ家でも取り入れてみたい調味料になった。

ボリュームもあっておなかいっぱいに。

この日も初対面の方々と一緒に楽しく調理&食事させて頂けた。

 

劉先生の台湾料理教室→

NHKの「趣味どきっ!」に出演されてからますます人気のようです。

でも気取らず、リーズナブルでツボをついたお料理に魅力を感じます。

 

 

 

コメント

アイシングクッキー作り

2018-11-14 | 食・グルメ

友人Kさんの子供の学校のお祭りに出すためのアイシングクッキー作りに

去年に引き続き、私と娘が助っ人で行ってきた。

 

 

前日にKさんがせっせと焼いたクッキーにひたすらアイシングを施す作業を。

アイシングは約1年ぶりくらいなんで、コツを掴むまで少し時間かかったが、

途中から職人のように熟練してきて、みんな集中!

 

 

ツリーに

 

 

肉球、、

 

 

子供向けにちょっとかわいい星やブーツ、家などなど、

途中で、Kさんお手製の美味しいホットサンドやかぼちゃプリンを頂きながら・・

三人の分担作業、チームワークもばっちりで、ノルマの分量を完成させた。

最後に完成品を記念撮影。

ちょっとした達成感を味わった。。

 

 

 

コメント

台湾料理教室・紅焼牛肉麺&ニラ饅頭

2018-09-18 | 食・グルメ

今日は久しぶりに、リュウ先生の台湾料理教室へ行ってきた。

この日のメニューは紅焼牛肉麺とニラ饅頭。

 

 

ニラ饅頭は皮から手作り。

具材も卵やあみえび、春雨、揚げなど、具沢山。

 

 

手でこねた生地を丸く伸ばして具を包み込む。

 

 

餃子のように二つ折りした生地の端をねじるようにつまんでいくと出来上がり。

この縁取りだけでなんか見た目が本格的になったなあ。

 

 

美味しそうな焼き色もついた。

 

 

牛肉麺の方は大きめに切った野菜と牛スジ肉を炒めてから煮込む。

 

 

八角と花椒のスパイスがアクセントに。

やっぱり台湾らしいかおり。

 

 

丸ごと入れたトマトから、ほんのりスープに赤味がついてさっぱりした風味に。

このスープを茹でた乾麺に掛ける。

 

 

青梗菜やネギ、そしてきざみ高菜を添えて出来上がり。

きざみ高菜は台湾でも日本のお漬物とほぼ同じだそう。

圧力鍋で煮込んだスジ肉が柔らかく、麺との相性もよくて美味しかった!

 

 

デザートには仙草ゼリーを頂いた。

 

 

仙草は台湾で取れる薬草だそうだけど、それが使いやすいように顆粒になって売られてるとのこと。

新竹の関西という地域が産地だそうで、そちらではこんな加工品があるという。

驚くことに、この仙草に片栗粉を入れて溶くと仙草ゼリーができるのだ。

面白いなあ。

ちなみによく似てる亀ゼリーはこれとは又違うもので、本物の亀の甲羅を煮だしてそのコラーゲンで固めたものだとか。

台湾スィーツはこの仙草ゼリーにしても、豆花、愛玉にしても、大好きな固めてプルプル系のものが充実していて

しかもヘルシーなのがいいなあ。

 

 

この日は初対面のお二人とも台湾情報をいろいろ伺いながら料理を作って楽しめた。

 

リュウ先生情報によると、今度の10月7日嵐山で台湾祭が初めて開催されるとのだそう。→台湾祭 in 京都嵐山2018

先生も中華粽やネギパイ他お店を出されるとのこと。

その他美味しい屋台もいろいろ出るようなので・・行きたいなあ~。

 

 

 

 

コメント

「趣味どきっ!アジアごはん」の魯肉飯を作る

2018-08-19 | 食・グルメ

NHK Eテレの「趣味どきっ!アジアごはん」の台湾料理の放送回(9月11日午後9時半~)に、

私も何度か教室へお邪魔したことがある台湾料理教室のリュウ先生が登場されるとFBで知った。

そのテキストにもレシピと共に紹介されてると知って早速購入。

レシピの中には私も台南へ訪れた時に幾度となく食べた魯肉飯(ルーローファン)が載っていると知って作ってみることに。

9月11日の放送見てから作った方がいいかなあ?とも思ったけど、

なかなか待ちきれないので本のレシピを見て作ってみた。

 

 

五香紛の香りが香しい魯肉飯が出来上がった!

塊肉を5mm角に切るのが結構大変で、ほぼ1cm角になってしまったが;

こちらのリュウさんのレシピでは煮卵と厚揚げ、青菜を添えて。

そういえば、台南ではちょっと小ぶりの丼鉢に入っていたよなあと、小ぶりの器に盛ってみた。

 

こちらの「趣味どきっ!アジアごはん」の本の中には台湾料理だけでなく、韓国、インドネシア、ベトナム、トルコ、

タイ、イラン、インドとバラエティー豊かなアジアごはんのレシピが紹介されてるので

異食文化の会でもまたみんなでいろいろ作ってみたいなあ。

9月の放送も楽しみ!

 

 

 

ぐっと身近に!アジアごはん (趣味どきっ!)
クリエーター情報なし
NHK出版
コメント

ワンダァカフェ

2018-07-25 | 食・グルメ

京の夏の旅、特別公開中の旧邸御室

を見学した後、同じ御室仁和寺にあった、ワンダァカフェでランチすることにした。

 

 

ネットで見つけた時、店内が面白そうな感じだったけど、

入口からしてごちゃごちゃ感いっぱい。

 

 

 

 

こんなとこにモザイクタイルが使われてた・・

可愛い。

 

 

店内は席が細かく仕切られてて、個室風でゆっくりできる。

 

 

周りはレトロなブリキ看板や、古い建具やいろんなものがリサイクルされ、オブジェ化されてて面白い。

 

 

これは何のベルかなあ?

色がカラフルで可愛いな

 

 

窓辺には他にもいろんなスィッチオブジェ?!

 

 

2階にあるトイレにも驚かされた。

トイレを開けると、明かりが点灯したり、音楽?が流れ出したり。

 

 

壁にはびっしり、天井までもなつかしいものたちに埋め尽くされてる。

 

 

 

 

 

 

ここまで、トイレの中・・

 

 

2階の席も個室風に仕切られてた。

 

 

あちこちにある楽しいコーナー

 

 

 

 

ランチはパスタのセットにしたけど、クリームミートソース美味しかった。

ボリュームあり過ぎたけど・・

この日は強烈な暑さだったので、疲れてしまった私たちはここですっかり沈没・・

 

 

近くでちょっとレトロな美容院見つけた。

この辺りをちょっと散策するつもりだったけど、暑すぎるのでやめて、カフェをはしごすることに;

コメント

とよす三菓亭のかき氷

2018-07-04 | 食・グルメ

今年も恒例の?とよす三菓亭のかき氷を食べに行ってきた。

息子の期末試験中だったが(だったので?)家族4人で・・

今回もまたかき氷はいちごミルクと宇治金時ミルクの2種類、息子は抹茶パフェも頼んだ。

最初にいちごミルクが登場~

でかい!

いちごシロップの酸味と練乳の甘さがたまらない~

 

 

予備のいちごシロップと練乳もたっぷり・・

 

 

途中でシロップをつぎ足しつつ食べるが、まだまだある・・

今年はなぜか食べても食べても終わらない。

去年よりボリュームがアップした?!

 

 

お店の人も心得ているようで、いちごミルクをだいぶ食べ進んでから、宇治金時が登場。

うわぁ、、これも強烈・・

 

 

あまりの盛りの多さに、手を付ける前にあんこが落下・・

慌てて、手ですくって上に載せた。

 

 

あちらこちらで雪崩を起こしつつ、かき氷を食べ進める。

去年はあっという間に平らげたはずだったけど、今年は再び増量パワーアップしたみたい。

あまりに量が多いので雪遊びしてるみたいになってきた・・

 

 

錫製の器のおかげで最後まで結構氷の状態で残り、

最後は意外にも娘がラストスパートをかけてほぼ食べきってくれて完食!

 

 

 

 

コメント (2)

台湾料理教室・パイナップルケーキ

2018-04-18 | 食・グルメ

今日は台湾料理教室で台湾人のリュウ先生にパイナップルケーキを教えて頂いた。

メンバーは胡椒餅の時にご一緒した3人で。

台湾へ行くとついついお土産に買ってしまうパイナップルケーキ

今まで作る発想がなかったけど、今回初チャレンジ。

 

 

生のパイナップルでもいいけど、かなり煮詰めなくてはいけなくなるので

今回は缶詰のパイナップルを使用。

繊維に沿って細かく切り、鍋で砂糖や水飴と共に煮詰める。

 

 

これは煮詰め終わったもの。

 

 

生地を作って、よく冷ました具材を包み込む。

 

 

具はこんなに入れるの?っていうくらいぎっしり・・

具材が見えなくなるように生地で丸く包み込んだものを

 

 

この正方形の専用型に入れる。

 

 

上から押さえて型に沿わせて、オーブンへ。

 

 

焼いている間に、リュウ先生が作ってくださった中華おこわと大根餅のランチを頂いた。

干しエビのうまみがたっぷりのおこわは美味しくて、大根餅もモチモチで幸せ~

 

 

そうこうしてるうちにパイナップルケーキも焼けてきた。

バターがたっぷり入っているので、型は持ち上げただけでするりと抜ける。

いい色に焼けたなあ。型のおかげでほんとに売り物みたいな仕上がり・・

 

 

出来立てアツアツのパイナップルケーキを食べるのは初めてだったので不思議な感じがしたけど、

手作りのパイナップルケーキはパイナップルの食感もしっかりしてて美味しい!

台湾で一番人気のサニーヒルズのパイナップルケーキより美味しいかも?!

これはぜひリピートしたい。

Uさんは型を先生から購入されたが、私は何かで代用できないか?思案中。

 

 

そしてパイナップルケーキのお伴には、パイナップルティー。

パイナップル缶詰のシロップと煮詰め途中で出てきた果汁を紅茶へ入れると

パイナップルティーとして風味と甘みが加わって美味!

今日もいっぱいしゃべって、笑って、食べて楽しんできた。

台湾料理教室 集集→

 

 

 

コメント

台湾料理教室・肉圓&雪Q餅

2018-03-22 | 食・グルメ

前回、台湾料理教室で教えてもらった胡椒餅が異食文化の会のみんなに大好評で、

今回の「肉圓」と「雪Q餅」にKさん、Iさんも参加したいというので一緒に行ってきた。

「肉圓」(バーワン)は私も台湾で以前食べたことがあり、ぷにぷにした独特の皮が気に入ってた。

 

 

この皮はどうやって作るんだろう~と興味津々。

皮は在来米粉(上新粉)とタピオカスターチ、片栗粉を合わせたもので作る。

 

 

あらびき肉には竹の子も入れ、調味料、五香紛で風味付け。

 

 

とろとろの皮でどんな風に包むんだろう?と不思議だったが、

なんと、小皿にとろとろの生地を流し込み、具を置いて、その上からお皿ぎりぎりいっぱいまで生地を流しかける。

 

 

蒸し器に並べて蒸すと・・

 

 

白かった生地も透明感が出てぷるぷるに完成!

 

 

肉圓は小皿の型から取り出して、お皿に盛り付け、味噌とケチャップなどを合わせたソースをかけて出来上がり。

皮のぷるぷるモチモチ感、ミンチと竹の子の食感も最高!

独特な風味のソースもマッチしてとても美味しかった。

お代わりして2個食べたらお腹いっぱいに。

 

 

雪Q餅はマシュマロとバターなどを湯せんにかけて、フレーバーとして抹茶を投入、

 

 

そこへ、ナッツやドライフルーツ、荒く砕いたクラッカー、リッツなどを混ぜ込んで

 

 

バットへ入れて固め、しばし冷蔵庫へ。

 

 

冷やした後は包丁でカットして出来上がり。

 

 

この雪Q餅がめちゃめちゃ美味しかったのだ。

コーヒーフレーバーのも最高に美味しくて、意外に簡単に作れるのもいいなあ。

これはぜひともリピートしたいな。

この日は私たち異食文化のメンバー以外に、先生のリュウさんの台湾人のお友達も加わって、

台湾トークに花が咲いた。

台湾料理集集→

 

 

 

コメント