m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

ブローチ&髪飾りいろいろ完成

2014-04-25 | 陶芸


先日クッキー型などで作ったブローチや髪飾りなどにしようと思ってたパーツが焼き上がった。
裏にゴムor安全ピンを付けたら完成。





今製作中なのはイスラームの幾何学模様タイル。
これは石こうの型を彫りあげたもの。
同じ模様のタイルをつなげることで模様が広がっていく
というようなものを作りたくて、
これを四枚合わせたものを二組作る予定。
コメント (2)

伊勢の旅2014【志摩スペイン村の建物&パレード】

2014-04-23 | 伊勢の旅2014


志摩スペイン村には現地の広場や建物を再現しているところがいろいろとある。
エントランスからつづくアーケードを抜けると広がるシベレス広場。










マヨール広場









グラナダスの門





こちらの建物ではフラメンコショー「コルドバ」を見た。
本格的なフラメンコは見ごたえたっぷり。




パレードも華やかで楽しかった。















コメント

伊勢の旅2014【志摩スペイン村のサンタクルス通り】

2014-04-20 | 伊勢の旅2014


志摩スペイン村の中でスペインらしい町並みが見られるというサンタクルス通りへやって来た。









白い壁の家並みが続く。
建物はそれぞれレストランやお土産屋さんになっている。





一面、花々に覆われた白い壁と窓。













絵皿が掛けられているところも。













町並みの中には小さな教会もあった。





青い窓枠がかわいい家。

コメント

箕面の滝道新緑ウォーキング&カフェサルン・ポワク

2014-04-17 | 季節の花・自然


去年の紅葉以来、久々に箕面の滝道ウォーキングへ友人Eさんと出かけた。





新緑はGW頃がベストかもしれないけど、紅葉の若葉が青々と茂り出してきていてとてもきれいだった~





Eさんとはぺらぺらしゃべりながらも事前に写真撮っていい?と了承をもらってたので
あちこちできれいな新緑を見つけたら立ち止まってバシバシ撮ってしまった;



























マイナスイオンをいっぱい吸い込みながら、心洗われる新緑の風景を楽しめた~





ランチは行きに目を付けてた河鹿荘がお手頃でよさそう、と飛び込みで行ってみたが・・





平日ながら予約で満席のため断念。
河鹿荘は築60年の料理旅館をリノベーションしたレストラン。
また機会があったら行ってみたいなあ。





箕面駅前まで戻ってきて、以前一度行ったことのあるカフェ、サルンポワクでランチすることにした。

















一階がカフェ、二階はギャラリーになってて内装がかわいい!





ピタパンランチを頼んだ。
こちらのメニューは全て動物性食材を使わず、オーガニック食材を意識したものでとてもヘルシー。
ひよこ豆と豆乳ポテサラ、かぼちゃと豆腐のくずし和えは具材は味も見た目も不思議に卵っぽい。
さらに人参とベビーリーフの桜サラダなどなど、ピタパンがもちもちで見た目よりボリュームがあって美味しかった。
ミネストローネスープ付き。





後ほど穀物コーヒーを頼んでみた。
やさしい味わい。





この時期は外のテラス席も気持ちよさげ。
となりの雑貨屋さんもかわいかった。
コメント

伊勢の旅2014【志摩スペイン村のタイルいろいろ】

2014-04-13 | 伊勢の旅2014


スペイン村にはグエル公園以外にもあちこちに素敵なタイル使いが見られる。

こちらはガウディ風メリーゴーランド。
ガウディがメリーゴーランド造ったらこうなるのかなあ?みたいなデザイン。





岩っぽいものとモザイクタイルとがうまく合わさって雰囲気が出てる。





インフォメーション兼トイレも不思議な造形。





インフォメーションの表示はモザイクタイル。





トイレの入り口もかわいいなあ。





窓の縁にも。





こちらは女子トイレ。





女子トイレの中にはこんなモザイクタイルでできたオブジェもあった。





ドリンクスタンドもかわいい。





お店のカウンター下にはこんなカラフルなタイルが入れられていた。





モザイク以外にもパーク外のチケット売り場は華やかなスペインタイルで彩られている。









その他にも一部にタイルが入れられた建物がいろいろと。

















レストラン入り口の上部のモザイク画。





トイレの壁に入れられたタイル。






ショップの床にも敷き詰められたタイル。

スペイン村でのタイル探し、結構楽しかった。



コメント

伊勢の旅2014【志摩スペイン村のグエル公園】

2014-04-08 | 伊勢の旅2014
伊勢神宮一泊二日に何を絡めるか?!
ぷにょさんに四日市がいい、と聞いてたので四日市の子供の遊び場を探し、アスレチックやローラースケートなどなどができる
四日市スポーツランドへ行こうか?と子供たちと話していたのだが、
前日に娘がスペイン村へ行きたいと言い出し、急遽志摩スペイン村に変更することになったのだった。





志摩スペイン村といえばなつかしいところで、新婚旅行でスペインへ行く前に
日本のスペイン村で予行演習しよう、と訪れた場所。
今回18年ぶりに再訪することに。

この前にそびえ立つ建物はなんちゃって?グエル公園。





バルセロナにあるあのガウディのグエル公園を模した公園になってて
モザイクタイルで彩られたオブジェがいろいろ見られる。





本物のグエル公園にはモザイクタイルのトカゲがいたけど、ここはヘビ?もどきやヒトデ?もどき、





人をかたどったものなど





階段を上がるとそこは広場に。





波打つ外壁は本物のグエル公園と同じくモザイクタイルで彩られている。





本物のグエル公園はこの外壁がベンチと一体化してたと思うけど、こちらの壁にはベンチはついてない。













広場の中にはこんなベンチ兼オブジェのようなものがいくつか点在。













顔付きの手洗い?!





裏側の階段。
階段下には大きなモザイクの巻貝?が二つ





階段蹴込み部分にもカラフルで鮮やかなモザイクタイルが貼られてる。
手すり部分も白いモザイクタイルがびっしり。









モザイクの柱が立つ回廊。









公園の下もアトラクションやお店が入っている。
モザイクの柱から放射状にのびるアーチ。





グエル公園もどきだったけれど、なかなか凝っていて、あちこちでカラフルなモザイクタイル使いを楽しむことができた。





コメント (2)

伊勢の旅2014【麻吉旅館に泊る・朝編】

2014-04-04 | 伊勢の旅2014


麻吉旅館の一夜が明け、恒例の朝の散歩に繰り出そうと窓の外を見るとものすごい雨と風。
懸崖造りで建てられているという旅館の外観をぐるりと回ってみることに。










こちらの棟が一番高台にある4階5階部分。





渡り廊下で繋がれた新館の食堂から眺めたところ。





建物をつなぐ渡り廊下が見られる「手振り坂」と呼ばれる坂。





高速道路側から見た建物。
階段状に連なる一番下の棟。





裏の空き地に回って外観を見ると、斜面に建つ複雑な構造がよく見られた。









そして複雑な屋根の重なりは食堂の廊下の窓から。





今はもう使用されてないおくどさん。

他にも資料室、というのがあって、頼むと見せて頂ける。
前の晩に他のお客さんと一緒に見せて頂いたのだけど、
その部屋が思ったより奥深くて、奥の蔵も3階建て?になってたのに驚いた。
陶磁器などの貴重な骨董品の数々を見せて頂くことができた。





翌日朝、大広間も見せて頂いた。
広い床の間。









シンプルな朝食はご飯がおいしくてがっつりお代わりしてしまった。









コメント

犬プレート完成

2014-04-03 | 陶芸


先日陶芸で娘と一緒に作った犬のプレートが焼き上がった。
トイプードルのシルエットの陶板にカリグラフィーのイタリック体でネームを入れてみた。
赤土に飴釉を掛けたハチのプレートは濃すぎてちょっとネームが見にくくなってしまったが、
白土に飴釉を掛けたお友達の犬、ナナちゃんのプレートはちょうどいい具合にできた。
プレゼントした友達も大層気に入ってくれたので作ってよかった。。





そして実家の猫、アンナのプレートもついでに焼いた。(実際のシルエットはこんな細身じゃないけど;)
カールが亡くなって以来、猫はもう飼わないと言ってた両親だけど、貰い手のない猫を引き取ることになり、
またまた猫のいる生活がしばらく前から復活。






ハチのプレート、どこにおこうかなあと、花壇の緑の中に忍ばせてみたり、





玄関脇のコーナーに立てかけてみたり・・
とりあえず、しばらくここに設置することに。
コメント

桜満開

2014-04-02 | 季節の花・自然


毎日の日課となってるハチの散歩&近所の神社詣で。
今日もいいお天気だったのできっと近くの川べりの桜は満開で見頃になってることだろう、とカメラ持参で散歩。





わー、本当に満開!
川面に覆いかぶさるように枝が流れる。









今まで気づかなかった穴場な小さい公園も発見。
明日ここで子供たちと弁当買って花見もいいかも~





ここでハチのリードを木につないで、
更に桜を撮る。





青空、飛行機雲、桜の取り合わせがさわやか

























桜だけじゃなく、わずかなコンクリートの隙間から花をつける逞しいタンポポの姿にも春を感じさせられた。
コメント

伊勢の旅2014【麻吉旅館に泊る・夜編】

2014-04-01 | 伊勢の旅2014
週末のお伊勢参り&志摩スペイン村の旅は二日目の大荒れの天候の中、なんとか無事お伊勢さんへのお参りを済ませて帰ってくることができた。




伊勢で宿泊したのは前回書いた「四次元温泉日記」でも紹介されていた麻吉旅館。
一日目は子供たちのリクエストにより志摩スペイン村で遊んで、夕方に宿に到着。
玄関部分だけを見ると一見普通の木造の旅館かと思うけど、
実はこちらは4階部分の入り口となっていて、3階にも、更にその下にも階段状に建物が連なっている。





提灯が灯り、風情のある玄関
登録有形文化財のプレートも。





3階にある玄関は、もともとの正式な玄関だそうで、街道方向へ向いている。
この3階部分から両脇にどんどん増築されていったそう。





階段状に連なる建物



]

4階玄関入ったところにはテーブル、座椅子が置かれ、天井周りには有名人のサイン入り色紙がぐるりと飾られている。
ドナルド・キーンやCWニコル、林真理子などなど、多くの有名人がこれまでに宿泊されているようだ。





靴箱も





私たちが泊らせてもらったのは最上階の5階にある三間続きの部屋。
こちらは建築当初のまま残されているお部屋で
5階にはこの三間の他は翌日朝に見せていただいた大広間のみで、5階部分はうちの家族で貸し切り状態に。





欄間の細工は風流な扇子。










ウェルカムスィーツには真珠入り?の貝型せんべい。





5階で貸し切り状態のトイレも。
タイルがモダンな雰囲気。





手を洗うところがないな・・とふと窓を開けたらこんなところに洗面台が隠れてた?





建物と建物をつなぐ渡り廊下。
この先は朝食を頂いた食堂に。





3階部分からふと下を見下ろすとおくどさんが。





夕食。
この他にも煮物、子供たちには揚げ物なども付いていた。





江戸時代の版木を基に復刻したという箸袋も渋いなあ。







コメント (2)