m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

伊丹スカイパーク

2007-03-31 | 子供と楽しむ施設・イベント


自衛隊のフェスタの後、ちょうど伊丹つながりで最近出来たらしい伊丹スカイパークという公園へ。
1~4までの部分が完成していて5~8までの部分は来年度に完成予定だそう。
もちろん入園は無料で駐車料金も今日までは1時間100円でラッキー~
明日からは30分100円だそう。
それでも安いか・・





圧巻なのは飛行機の離発着がちょうど真横で見れること。
すごい迫力だ~
思わずシャッターを何度も切ってしまった・・
なかなかうまくおさまらなかったが。

旦那いわく撮影マニア風なおじさん二人組みがいて、その一人が「こんないい所作ってくれてありがとぉ~~」と泣きながら撮影していたそうだ。
マニアにはたまらんスポットのようだ・・





そして子どもが喜ぶ遊具も充実!
巨大迷路やローラーコースターも楽しめる。
私は飛行機撮影後は風邪が悪化して芝生で寝込んでました・・
コメント

自衛隊春のフェスティバル

2007-03-31 | 子供と楽しむ施設・イベント


伊丹にある自衛隊の駐屯地で春のフェスティバルが催された。
こちらでは春と秋の年に2回フェスティバルがあり、戦車に乗れる!?と聞いていたのでぜひ子どもに乗せてやりたい!と行ってみる。

自衛隊の駐屯地などに足を踏み入れるのは初めてのことなのでちょっと緊張~
迷彩柄のトラックや車などがビシッときれいに整列している。





戦車に乗れるっていうのはこの止まってる戦車の上に乗れるということだったのか・・
でも一応、今は使われてはいないが本物だった戦車。
貴重な体験かも・・





子どもが喜びそうないろいろな出店もある。
これは何だ~??と思ったお店には自衛隊オリジナルのパンやケーキの缶詰、自衛隊まんじゅう、自衛隊オリジナルドリンクなど・・
自衛隊特製のバリバリ漬けという漬物まである。
しげしげ眺めていると、店番の自衛隊員に「ご主人にオリジナルドリンクいかかですか!力が出ますよ!」とすすめられてしまった・・





戦車には乗れなかったが自衛隊のトラックの後ろに乗れるコーナーがあった。
シートベルトを締めて荷台に乗る。
意外とスピードが感じられた・・

初めての自衛隊駐屯地潜入は興味深いものだった。
コメント (5)

大エルミタージュ美術館展&アール・デコ・ジュエリーの世界展

2007-03-30 | 美術館・ギャラリー他
京都でやってる美術館のチケットを入手したため、ちょうど実家へお泊りの日に合わせて1人で行ってきました~
さすがに美術館2軒はしごは子どもたちにはキツそう&落ち着いて見れないだろうということで・・




京都市美術館では「大エルミタージュ美術館展」を見る。
チケットやチラシが印象派の絵だったので印象派が中心?かと思いきや
ベネツィア派や風景画など細かく描き込まれた自分好みの絵がたくさん見れてすごく満足&充実感が味わえました~





京都市美術館のちょうど向かいにある京都国立近代美術館では「アール・デコ・ジュエリーの世界展」が。
京都市美術館とは全く正反対な雰囲気の近代的な建物。
ジュエリー展、というよりほとんどがデザイン画のようでちょっと期待はずれ・・
先日松江で見た、ルイス・C・ティファニー美術館がすご過ぎてこちらは霞んでしまうという感じ。
まあ、タダで見たので文句は言えまい。

この後、平安神宮から出町柳の方まで歩き、食事をして三条まで歩き、更に三条通の近代建築巡りをして四条河原町まで戻ってくるという長距離ウォーキングを楽しむ。
こんなことは1人の時でないと・・きっと誰もついてきてくれないぞ。
コメント (2)

松江のお菓子③

2007-03-28 | 旅のお土産(食物)


桂月堂の「出雲三昧」
諸越粉という小豆を挽いて粉にしたものを用いた落雁、粒入りの羊羹、求肥の三段重ね。
それぞれ違った食感のものが一体となりそれがマッチしていて美味しかった~
すご~く甘いけどしつこくない感じ。





桂月堂の「かこい梅」
紀州産の粒選りの梅の実を丸ごと蜜漬けし、柔らかな求肥で包みんだもの。
甘酸っぱくてさっぱりとした口当たりだった~
コメント (2)

お花のない花見

2007-03-28 | 暮らし
お友達とお花見をしよう~と約束していたけど、
まだ全く桜は咲いてなかった・・
でも子どもたちはやっぱり公園が好きだなあ~
ぽかぽかいい天気だったので子どもたちは思う存分公園で遊び、
親たちはお菓子をつまみながらおしゃべりに花を咲かせた。





これは私が作ったお弁当ではありません~
友人が作った韓国ののり巻(キンパ)があまりにもきれいだったので
思わず写真撮らせていただきました。
友人いわくこの魚肉ソーセージのピンクがポイントだとか・・
コメント

松江のお菓子②

2007-03-27 | 旅のお土産(食物)


今日は友人宅で不昧公御好みの三大銘菓を披露。
三大銘菓というのは風流堂の「山川」、彩雲堂の「若草」、三英堂の「菜種の里」だ~
ちなみに写真の若草は風流堂のものです。(更にこの組み合わせのセット売りはありません・・)





こちらは風流堂の「山川」
しっとりと粘り気のある落雁に淡い塩味が絶妙の味わい。

紅白一対になっており、手で割った時の凹凸がまるで山と川の様に見える為、治郷の詠んだ「ちるは浮き 散らぬは沈む 紅葉はの 影は高雄の 山川の水」と言う歌より命名したと言う。





こちらは風流堂の「若草」
良質のもち米を求肥に練り上げ求肥に萌える若草色の寒梅粉をまぶしたもの。
ちょっと甘い目、でもモチモチ求肥好きの私にはたまらない~





三英堂の「菜種の里」は、春の菜畑を蝶が飛びかう様を表現した打ち物のお菓子。
クチナシで色づけされた寒梅粉が原料の落雁に、白い炒り米が散らされている。
食感は山川よりやや乾いた感じ。





三大銘菓を並べてみました・・
確かに風情の感じられるお菓子たちだけど・・
三つとも着色料が思いっきり使われてるのが気になるところ。
コメント (2)   トラックバック (1)

引き出し会議&モンキーブレッド

2007-03-27 | 暮らし
来週に月一の木工倶楽部の日が迫ってきてるということで
机の”引き出し”についてどうしようか?という会議を友人と開くことになった。
”引き出し”なんて木工素人の私たちには未知の世界・・
友人がネットで引き出しの情報を探してくれていたのと実際の引き出しを見ながら構想を練り、素材となる木材をコーナンでサイズと価格をメモってきたものと照らし合わせてどれだけ買えばよいのかを割り出した。
とりあえず次回は上2段の引き出しを2組作るという予定まで立てれてホッと一息、おやつタイム。





友人がモンキーブレッドなるものを焼いてくれた。
引き出し会議に夢中になっていたためちょっとコゲてしまったよ・・





このシフォンの型にいくつものパンのネタを丸めたものを入れて焼き、ひっくり返すと出来上がり!
これはすごい~!!
一つづつポロポロとはがれるのが面白すぎる!
子どもたちも大喜び~
キャラメル味のシロップがかかっているのでおやつにちょうどいい。
みんなで取り合いしながら食べた・・
コメント

松江のお菓子①

2007-03-26 | 旅のお土産(食物)


大名茶人として知られる松平不味公ゆかりの松江はお菓子処として名高い。
今回の旅ではその松江のさまざまな老舗の銘菓を試してみたいという目的があったのだ~
松江の街を歩けばあちこちに和菓子店がある和菓子パラダイス!
思わずあれもこれもと買い漁る・・
買ってきたものを少しづつご紹介します~
今日はお隣の義母のところに義妹も来ていたのでお抹茶を立てて一緒にお菓子を頂きました~




三英堂の「日の出前」は小豆の皮を剥いて作った自家製の皮剥き餡を使った逸品。
餡を何層にも固める“しののめづくり”という方法で作られている。
お店の人の話では見た目は羊羹に似ているが羊羹には寒天が入っているがこの「日の出前」は寒天を用いず、餡だけで固めた手間隙のかかったお菓子だそう・・
餡だけなのにあっさりとして甘さ控えめでとても口ざわりがなめらかだった~
陶芸家の河井寛次郎命名の足立美術館のお茶席菓子になっている。
お値段も高めで買うのにちょっと躊躇してしまったが思い切ってゲット!





彩雲堂の「彩紋」は宍道湖の落日による水面に現れる色とりどりの光の束をイメージして作られた。

色合いは華やかな紫と黄の2種類のスティックタイプ。
うずら豆で作った餡を求肥ではさんでいて紫は白ゴマ、黄は柚子の香りを添えたもの。こちらも甘すぎず上品なお味だ。

パッケージの箱も可愛らしいものだった。
蓋を開けると爪楊枝を軸にしたお人形が・・


コメント (2)   トラックバック (1)

長かった~18きっぷの旅

2007-03-26 | 建築巡り・街歩き【その他】

2泊3日の18きっぷの旅、
昨日夜9時頃にやっと自宅に到着~
行きは濃霧の為列車が遅れ、予定列車に乗り継ぎ出来なかったり・・
二日目は私たちが乗った数時間後に同じ路線で強風で列車が4時間もストップするなどハプニングの中をくぐり抜けながらの旅でした~しかし・・

子どもたち大喜びの鳥取砂丘!
大興奮の境港の鬼太郎ワールド!
雨の中にしっとりと落ち着いた足立美術館の庭園!
夕、朝と訪れた松江の趣のある街並み!
松江の和菓子パラダイス!
3月で閉館のルイス・C・ティファニー美術館のアールヌーヴォー家具!
車窓から眺めた日本海の絶景!
などなど山陰をたっぷり満喫してくることが出来たぞ~!

詳しくは又旅行記のブログの方へアップしたいと思います~↓

http://4travel.jp/traveler/mayumama/album/10134999/
http://4travel.jp/traveler/mayumama/album/10136419/
http://4travel.jp/traveler/mayumama/album/10136791/
http://4travel.jp/traveler/mayumama/album/10138100/





鳥取砂丘




水木しげるロードの鬼太郎と目玉おやじのブロンズ像




足立美術館の庭園




松江・塩見縄手の街並み


コメント   トラックバック (1)

コテコテカップ&ソーサー完成そして練上げに挑戦・・・

2007-03-22 | 陶芸


前々回作っていたカップ&ソーサーが完成していた。
思ったよりシツコクなく色もシックに抑えられて自分的には満足~
釉薬は黄瀬戸。





そして今日は、練上げという技法をされている方からアドバイスを頂き挑戦してみることにしました・・
しかし自分の技術には分不相応だったかも。


顔料で染めた粘土と白の粘土を層にして交互に巻いていく。
花のような切り口にしたかったのだけどなんだかうまくいってないような感じ・・
これをしばらく寝かせてスライスする。
断面が青と白のツートンに模様になっているはずだけど果たしてちゃんとできているのか??
2週間後に又行ってスライスする予定。



コメント (2)   トラックバック (1)