m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

長崎の旅2017【南山手レストハウス&大浦天主堂】

2017-03-31 | 長崎の旅2017

グラバースカイロードの斜行エレベーターで頂上まで上がってきた後、グラバー園に入る前に

南山手レストハウスと大浦天主堂へ。

 

 

南山手レストハウスは慶応元年から3年頃の幕末に建てられたもので

外国人居留地初期の特徴である石造外壁の洋風住宅。

黄色味を帯びた石造外壁は天草石だそう。

 

 

木造柱でアーチが造られたテラスと

 

 

石造柱のテラスも

 

 

大理石の暖炉

 

 

大浦天主堂へ下る坂道。

とても急で坂道の途中にも洋館がちらほら。

 

 

大浦天主堂は元治元年(1864)創建。

日本二十六聖人に捧げられる教会として建てられた。

 

 

日本に現存する最古の木造ゴシック教会。

 

 

内部は撮影禁止だったのだけど、ゴシック様式のリブ・ヴォールト天井がとても美しく

ステンドグラスと共に荘厳な雰囲気だった。

 

 

ステンドグラスが入った尖塔アーチ窓が並ぶ外観

 

  

大浦天主堂と同じ敷地内にある旧羅典神学校。

明治8年に建てられ、大正15年までラテン神学校校舎兼宿舎として使用され、

その後は司祭館や集会所として使用されてきた。

現在はキリシタン資料室。

 

 

 

 

旧羅典神学校に隣接する旧大司教館

 

 

 

コメント

毘沙門菜ばなの里

2017-03-30 | 

能勢のmigiwa へ行った後、義妹が亀岡で菜の花畑が見れるところがあるというので、行ってみたのだけど、

なかなか見つからず、聞いてみると今年は冬の間の雪のため菜の花が育たず、

イベントもしてないとのこと。

しかし一画には少しだけ咲いてるということでやって来た。

 

 

広大な菜の花畑に、ほんとに少しだけ菜の花が咲いてた。

 

  

そのせいか、誰も人がいなくて貸し切り状態。

犬たちも菜の花畑に~

 

 

ドッグラン状態でうれしそうにはしゃぐハチ

 

 

楽しいなあ

 

 

 

 

相変わらずのツーショットをキメる二人匹。

 

この畑いっぱいが菜の花だったら、さぞ壮観だっただろうけど、

不作のおかげで犬たちも一緒に菜の花畑を楽しむことができて逆によかったかもー

 

 

 

 

 

 

 

コメント

野間の森migiwa

2017-03-29 | 

 少し前、義母妹と犬連れでおでかけしてきた。

能勢の野間の森migiwaへ。

のどかな田園地帯を進むと現れたお店。

 

 

木立のアプローチを通って

 

 

このガラス貼りのサンルームのようなコーナーもいいなぁ

 

 

周りには桜の木が植わっているので、桜の季節は特等席になりそう。

 

  

私たちは犬連れなのでテラス席へ。

しかしここも1席だけなのでとてもゆったりしていてのんびりくつろぐことができた。

 

 

この日は天気もよく、アウトドア日和。

外ごはんが気持ちいいなあ。

 

 

お出かけ大好きなハチもうれしそうー

 

 

皆んなでシェアしたサラダはいろんな種類の野菜がお皿にいっぱい!

ドレッシングも3種類ついててうれしい〜

 

 

 

ビーフシチューのパイ包み焼き

 

 

分厚いハムのサンドイッチにはなんと甘い煮リンゴが一緒にサンドされてて、今まで食べたことのない取り合わせだった。

 

 

食後は犬たちを散歩させたり、写真を撮ったり

 

 

テンとノンも一緒。

異常にカメラ慣れしてる2匹

 

 

 

 

かわいい井戸があったり、

 

 

あちこちにあるこのオブェジェのような筒型のものは何だろう?と

尋ねてみたら、イギリスやフランスで買い付けて来たという

アンティークの煙突だとか。

 

 

煙突の形も様々で

 

 

 

その形を生かして花台などにも使われていた。

 

ヨーロッパの煙突のデザインの豊富さに驚き、

その煙突を庭のオブジェに使うご主人のセンスも楽しいなあと。

 

まったりと過ごしてるうちにお客さんも増えてきたので、次の目的地へ向かうことに・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

長崎の旅2017【唐人屋敷跡他】

2017-03-27 | 長崎の旅2017

 

中華街でのぷにょさんとの待ち合わせ時間にまだ少し時間があったので唐人屋敷跡を歩いた。

唐人屋敷とは16世紀から貿易で出入りしていた中国人を隔離居住させるためにつくられたという地区。

大火によって元の建物は全焼したため、当初の建物は残っていないそうだけど、

その後再建された建物にも中華風の意匠があったり、生活感のある街並みが残されている。

 

  

 

今はもう閉まっているようだけど、こんなレトロな銭湯も

 

 

 

モザイクタイル貼り

 

 

 

岩永市場、と大きな看板がかかった市場もがあったけど、中へ入ると、お店はポツポツ寂れた雰囲気

 

 

 

蔦が絡まる高い塀に囲まれたお屋敷がすごい存在感があるなあと思っていたら、

 

 

 

元豪商の邸宅を改装した中華の料亭「陶々亭」。

黒塗りの壁に窓周りには中華風の装飾の桟も見られた。

 

 

 

クリーニング屋さんの古い店舗

 

 

 

向かいの飲食店らしきお店の前に猫が番をしてた。

何のお店かな?と思ってたら通りがかりのおばさんが、ここのちゃんぽんは美味しくて有名と教えてくれた。

更にいつ開くのかお店のおばちゃんに聞いてくれたが、出前が立て込んでて12時半過ぎるとのこと。

このお店にも惹かれたけど、時間も遅くなりそうなので当初のぷにょさんと待ち合わせのお店へ

 

 

 

中華街の老李へやってきた。朝から飛行機で長崎入りしたぷにょさんとお店で合流。

メインストリートからちょっとそれているので、中華街のギラギラ感はなく店内もひっそり落ち着いた雰囲気。 

 

 

ちゃんぽんと、ここでは水餃子が食べれたのでこのお店にしたのだった。

ぷにょさんは皿そば。

 

 

 

食事を済ませた後は、まずはグラバー邸へ行くことにしてたので、路面電車に乗って終点の石橋までやってきた。

 

  

 

そこからグラバースカイロードという斜行エレベーターでグラバー園の第二ゲートまで上がった。

ここは観光者用のエレベーターというわけでなく、住民も日常生活で使用してるものだそう。

 

 

 

1階から5階まで一気に上がるとこの見晴らし。

さすがにこの高低差で日常生活を送るにはエレベーターでもなければやっていけないだろうなあ。

ここからグラバー邸の見学へ・・

 

コメント

綿業会館見学&ランチ

2017-03-26 | 建築巡り・街歩き【大阪】

 

昨日は建築講座のメンバーの方のお取り計らいで、綿業会館の見学&ランチ会に参加させていただくことができた。

綿業会館へは10年前に1度見学して以来で、久しぶりの見学にワクワク

 

 

 

内部写真は掲載禁止になったようで、載せられないけど、

談話室をはじめ、貴賓室、会議室、ホール他、部屋毎に違う様式で整えられた贅を尽くした空間にうっとり・・

特に談話室の泰山タイルで造られたタイルタペストリーに再会できたのがうれしかった!

以前このタイルタペストリーに憧れて自分でも「なんちゃって?!タイルタペストリー」を作ってみたこともあったので→☆

思い入れもたっぷり。

 

 

 

久々に見たタイルタペストリーは圧巻の迫力で、混じり合った釉薬の色合いも絶妙で

やはりすばらしくて感動した!

 

 

 

見学の後は地下のグリルでランチタイム。

 

 

 

昼間からちょっとしたコースを頂き、贅沢で幸せな気分になれた。

コメント

長崎の旅2017【丸山花街】

2017-03-25 | 長崎の旅2017

 

 

1日目午前中は東山手方面の他、丸山花街も歩いた。

料亭花月は創業374年の史跡料亭。

 

 

 

 

 

日本タイル博物誌で見た和風と中華風がミックスしたような豪華絢爛なタイル敷きの部屋を見たいなあと思ってたけど、

敷居が高すぎてちょっとここでの食事は無理だなと断念。

せめて建物外観だけでも眺めてみようとやってきたのだった。

玄関先で掃除をしてたおばさんとしばしば話し込んでしまい・・

門から建物の写真だけ撮らせてもらった。

この日は結婚式があるとのこと、こんな料亭で挙げる結婚式もおしゃれでいいなあ。

 

 

 

丸山公園のそばに建つ石造りの洋館は円山町交番。

交番らしくない可愛いいでたち。

 

 

 

提灯がずらりと並んだこの建物は長崎検番

芸妓衆の事務所だそう。

 

 

 

長崎検番を通り過ぎ、目の前に見えてきた階段を上がるとこちらも江戸時代からの料亭青柳。

 

 

 

 

こちらもやっぱり敷居が高そう・・

 

 

 

雰囲気のある通りや

 

 

 

ただならぬ雰囲気のある建物

 

 

 

 

 

 

そして中の茶屋へやって来た。

丸山の遊女屋筑後屋が茶屋を設けていたところだそう。

長崎奉行の市中巡検の際の休憩所にもなったという。

 

 

 

 

庭園は江戸時代中期に造られたもの 

 

 

建物は火災のため、新築復元されたもで

現在建物内は長崎出身画家の展示館となっている。

 

 

 

お茶室も復元時に新たに建てられたものだとか。

ここはお庭だけ見せてもらって、次へと先を急いだ。

 

 

 

 

コメント

動物面植木鉢

2017-03-23 | 陶芸

 

陶芸の今年の作品展に向けて、動物面多肉ポットを製作中。

 

 

 

ライオンと羊

 

 

 

メンフクロウとトイプードル。

 

 

 

出来上がった4匹を積んでみた

 

 

 

猫面ポットも焼き上がり待ち

 

 

 

そして以前に作ってたケーキ皿2パターンが焼き上がった。

最近この黒マット釉がお気に入り

 

 

 

 

 

 

コメント

長崎の旅2017【東山手洋風住宅群他】

2017-03-22 | 長崎の旅2017

 

活水女子大学を見学させてもらった後はすぐそばにある東山手の洋風住宅を回ることに。

東山手十二番館は明治元年頃に建てられた東山手でも最古のもので、国指定重要文化財。

 

 

 

ロシアやアメリカの領事館、宣教師住宅として使用され、現在は私学歴史資料館として公開されている。

軒の深いベランダが特徴的。

 

 

 

領事館当時は事務室や客間として使用されていた部屋

 

 

 

東山手十二番館の奥には旧宣教師館で現在活水女子大学の校舎の一つとなってる建物も。

 

 

 

十二番館横のオランダ坂を下る。

 

 

 

東山手甲十三番館。

こちらも明治中頃に建てられた元フランス領事館だった建物。

現在はカフェ&ギャラリー、休憩所として活用されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、東山手洋風住宅群へ。

明治20年代後半ごろに外国人向けの賃貸住宅として建てられた住宅で、まとまって7棟が残されている。

 

 

 

現在はそれぞれ町並み保存センターや資料館として活用されている。

 

 

 

上から洋館群を見下ろす。

 

 

 

 

 

 

斜面に二段に分かれて建つ洋館群を下から見上げる。

 

 

 

 

更に近くには大正末期に建てられた日本キリスト教団長崎教会や

 

 

 

レトロな銭湯、日栄湯も。

 

 

 

コメント

長崎の旅2017【活水女子大学】

2017-03-21 | 長崎の旅2017

 

ぷにょさんとお昼の待ち合わせ時間まで、すでにぷにょさんが見た地域を中心に町歩きした。

活水女子大学へ。

守衛さんに見学願いを申し出たところ、手続きをして見学させていただけることに。

大正15年にヴォ―リス建築事務所のJ.H.ヴォーゲルにより設計された本館。

芝生の前にT字状に広がる本館は赤い屋根がのり、玄関は六角形に。

 

 

 

背面には昭和8年に増築された五階建ての六角堂が中心。

 

 

 

 

 

 

 

六角堂の玄関ホール

 

 

 

そして校内の大チャペルと小チャペルを案内して頂けた。

 

 

 

大チャペルは大正15年に造られたもので約800人収容可能で講堂として使われているそう。

 

 

 

木造のトラスが圧巻の大空間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一つの小チャペル。

こちらが又こじんまりしていてとても素敵なチャペルだった。

 

 

 

 

昭和8年に造られ、180人収容できるという。

 

 

 

こちらも又天井のむき出しの木組が美しい。

 

 

 

アンバー色のガラスが入れられたチャペル内は厳かで独特な雰囲気!

 

 

 

山小屋風のアイアンの補強飾り、柱のちょうな仕上げも見られた。

 

 

 

曲線を描いたこの長椅子もいいなあ。

 

 

 

 

 

思いがけず、内部も見せて頂くことができてよかった~

授業のない、春休みの中だったというのもラッキーだったかも。

 

 

本館に合わせて、その後に建てられた校舎も赤い屋根と意匠が合わせられている。

 

 

校門と守衛所。

 

 

 

赤れんが塀沿いに建つ2号館

 

 

 

 

コメント (2)

長崎の旅2017【カトリック中町教会】

2017-03-20 | 長崎の旅2017

 

この週末、長崎へ行くというぷにょさんに便乗して、高校の卒業旅行以来?約20年ぶりくらいに長崎へ行ってきた。

お天気にも恵まれて、2日間とは思えないくらい充実の建築三昧?!の日々を過ごし、

歩き過ぎでふくらはぎの重度?の筋肉痛と、膝を痛めて最後にはまともに階段を降りれなくなってしまうはめに;

 

 

 

今回私は時間とお金の節約のため、夜行バスにて早朝から長崎入り、飛行機でやってきて2泊するぷにょさんとお昼に合流することに。

朝一、長崎に到着してホテルに荷物を預ける前に旅人茶屋でモーニング。

民藝の器で美味しそうに見えるモーニング。

カウンターの後ろにはやきもののカップ&ソーサーがずらりと並んでる~じっくり見せてもらいたい感じ。

 

 

 

朝食後、ホテルへの道すがら、教会が目に留まり、立ち寄った。

明治30年に建築されたカトリック中町教会。

昭和20年の原爆投下により外壁と尖塔を残して焼失。

その後外壁と尖塔をそのまま生かして再建されたそう。

長崎市の被爆遺構としても指定されている。

 

 

 

 

教会は保育園に隣接していて、尋ねてみると聖堂内も見学可とのことで聖堂内へ

 

 

 

外観と同じく、聖堂内も真っ白。

単廊式のヴォールト天井の聖堂内は広々としていてとても明るく、

 

 

 

ステンドグラス越しに明るい光が差し込む。

 

 

 

 

 

 

 

 

祭壇には「ほほえみの十字架」と呼ばれるキリスト像が

 

 

 

聖堂内の祭壇と五カ所ある扉の上部にはイタリア製のステンドグラスが入れられている。

 

 

 

聖書の一場面を表したステンドグラスが10枚。

 

 

 

天井アーチの付け根の柱の装飾

 

 

 

2階から聖堂内を見下ろす

 

 

 

 

コメント