m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

きものde京都

2010-04-30 | 美術館・ギャラリー他


同じバドクラブの方々に誘われて着物で京都へお出かけしてきた。
京都文化博物館で催されている「池田重子コレクション」&「岡重コレクション」展へ訪れた。





着物を着るのが好きで、時々着物を着て一緒にお出かけされるという三人に今回お仲間に入れてもらった。
皆、バドの時とはイメージが180度違うなあ・・





着物の世界のことは全く知らなかったのだけど、今回は日本でも超有名な着物コレクターによる明治から昭和初期に作られた、羽裏、帯留、髪飾り、半襟などの和装小物のすばらしいコレクションの数々を堪能することができた。
どの展示作品からも職人技が垣間見れるような細かく美しい手工芸をみることができて感動~
得に、髪留めや帯留は翡翠やべっ甲、珊瑚や螺鈿、象牙というような豪華な素材を使ったため息の出るようなしゃれたデザインのものや細かい細工にはうっとりしてしまった。
羽裏のコレクションも大胆で面白いデザインのものもいろいろあって楽しめた。
羽織の裏、という脱ぎ着する時にしか人目にふれないところなのだが、そういうところにも凝ってみる、という着物の奥深い世界を垣間見ることができた。





これらの展示は文化博物館の別館であるこのスペースで行われていた。
いつ見ても元銀行のホールだったというこの空間は重厚感があふれていてすばらしい~
美術品の展示空間にもぴったり・・













大人の着こなしが素敵なお二人。





毎週必ず着物を着てお出かけをされているというつわものKさん。
菖蒲の紫とエメラルドグリーン系の色合いの着物がぴったりマッチしていて素敵。
何ていう着物だったか?聞いたけど忘れた。





お茶をやってた時には自分で着れたこともあったのだがもうすっかり忘れてしまっていたので今回、義母に頼んで着つけてもらった。
義母もここ数年は着物を着てなかったようで、直前に練習に練習を重ねて?当日、無事着せてもらうことができた。
私も友達の結婚式以来、数年ぶりに着物を着て、いつもよりちょっと緊張感のあるお出かけを楽しむことができた。





コメント (2)

卵黄&卵白

2010-04-27 | 食・グルメ


先日、博多土産に買ってきてもらった鶏卵素麺
タイにも同じくポルトガルがルーツでお祝い事の席で出されるという「フォイトーン」というよく似たお菓子があり、手軽に作れるということだったのでやってみた。
砂糖を溶かして煮たものに卵黄を垂らしていくのだ。
ビニール袋に小さな穴を開けて絞り出したのだが、ぽとぽと落ちるばかりで、なかなか同じ太さでそうめんのようには繋がらない・・
おまけに垂らしたものが鍋の中でくっつき出すし・・





砂糖水で熱して固まったところで引き出すとこんな感じになった。
ほんとの鶏卵素麺のように見た目はきれいにはいかなかったけど、お味はほぼ鶏卵素麺そのもの!
卵黄に砂糖水の砂糖がうまく絡みついてちゃんと甘いお菓子になっていた。





卵黄だけ4個分使ったので、残った白身をどうしようか?と。
まずは卵白を泡立ててメレンゲを作ってみた。
口の中でさぁーと溶けて舌触りのいいメレンゲはついつい食べ過ぎてしまう・・





他にも何か作れないか、探したところ、メレンゲにゼラチンを入れてマシュマロが作れるとのことだったので試してみた。
出来上がったのはマシュマロというか「淡雪」のような食感のお菓子になったが、これも結構美味しかった。
卵黄と卵白、卵4個で結構楽しめてしまった。
コメント

銭原の朝市

2010-04-26 | 暮らし


日曜日の早朝プチツーリングに、銭原の朝市へ訪れた。





この日も快晴!ツーリング日和。













野菜などの農産物の他にもおでんやうどん、お寿司などの食べ物もおいしそう~。





青空の下、椅子と机が並べられていて、ここで朝食を取ることに。





かき揚げうどん、250円。

この後、帰ってから息子のソフトボールの親子懇親会に参加。
顔合わせ程度の懇親会と思ってたら大間違い;
親も子どもたちと一緒にキャッチボール、バッティング、最後にはボールをバトン代わりに親子入り混じってのベースランニングリレーで全力疾走!
かなりヘトヘトに・・
コメント

五月山動物園にアルパカがやって来た

2010-04-24 | 子供と楽しむ施設・イベント


池田の五月山動物園にアルパカを見に行った。
アルパカはちょうど昨日、マジシャンの引田天功より池田市の市制70周年を記念して贈られたばかりのものなのだ。





アルパカ、かわいい~~
ガラス越しにしか見れなくて残念だったけど、毛がふわふわしたかわいいアルパカが見れて感激~
ガラスが反射してカメラになかなかうまく写らないんだけど・・





オスとメスそれぞれ1頭ずつ、二匹を譲り受けたのだそう。
こっちは黒い毛のアルパカ。
引田天功からもっとたくさんあげる、と言われたそうだが、エサ代が大変なので二匹になったのだとか。
私たちが見てる間ずーっとエサのわら?を食べ続けていたアルパカ。





目がかわいい~

いつか那須にあるアルパカだらけのアルパカ牧場へ行きたい!





五月山動物園には他にもウォンバットもいる。





ワラビーも。





自分が小さい頃からよく通っていた五月山動物園、公園だけど
昔よくすべっていたこの長~いすべり台も健在だった・・
コメント

ナン食べ放題

2010-04-23 | 食・グルメ


最近、近所ではインド、ネパール料理店、開店ラッシュ?!
結構近場で二軒もお店ができていた。
この「SAGUN」というお店はオープンキッチンになっていて、目の前のタンドールでナンを焼いてくれる。
ナンってタンドールで焼くと、こんなに早く焼けるんだ~!とびっくりするくらい素早く
次々に焼きあがるナン。
このお店ではランチはナンが食べ放題なのだ。





食べ放題と言っても一枚が結構ボリュームがあるから二枚が限界かなあ。
ちなみに今までのこのお店の最高記録は六枚だとか。
2種類のカレーとチキンがついたこのランチは850円。

このお店の他にも近場にできた別のインド料理店ではドリンク、サラダもついたランチが650円と安いのにとても美味しいのだ。
昔、初めてインド料理を食べた頃はインド料理は高級なイメージで、お店もそんなにあちこちになかったはずだけど・・
最近は結構近所にもじゃんじゃんインド料理店がオープンしていて、
美味しくてしかもリーズナブルに食べれるのがうれしい。
コメント (2)

招き猫カップとボタン完成

2010-04-21 | 陶芸


招き猫カップ、黒猫バージョンが完成。
白猫バージョンも作ればよかったかなあ。
猫と花のボタンも髪留め用に出来上がった。
母娘兼用で使うのでちょっと渋めの色合いにしてみた。





最近、猫面、人面ものが続いたので、今回はちょっと気分を変えて、華麗?な雰囲気のお皿を目指してみた。
東京建築巡りで見た丸石ビルのアーチ部分の意匠をアレンジして、お皿の模様に取り入れた。
残り時間でボタンも二つ製作。
コメント

ツーリング?!

2010-04-19 | 暮らし


旦那が念願のバイクを新調してうれしくてしょうがないらしく、最近休みの日になるとバイクで近場をうろうろしに行ってる。
試しに私も乗せてもらった。
なんか前のバイクより振動は激しいし乗り心地も悪い。
こんなバイクのどこがいいのか不可解・・
でもこのさわやかな気候の中、景色と空気のいい山道を走るのはちょっと気持ちがいい。
茨木の山中のまだま村へ行こうとやってきたが、近くに別のカフェの表札が出ていたので、今回はそっちへ行ってみることに。





1週間前だったら桜が満開できれいだったんだろうなあ。
花びらが散ってしまった桜の木。









手作り風のブルーベリーのタルトがかなり美味しかった!









でもつくづく思うけど自分にバイクは似合わんなあ~と。
二人乗りしてるとこなんて知り合いには絶対見られたくない感じ。


コメント (4)

市民戦

2010-04-18 | スポーツ
今日はバドの市民戦に、クラブに入って初めてのペアとBクラスで参加した。
トーナメントだったので2-0、2-0、1-2で三回戦で敗退に・・
二回戦はいつも一緒にバドをやってるおばちゃんペアと初めて本番の試合で対戦。
私がバドを始めてロクに試合もできなかった頃は雲の上の人たちだったけど、今日はやっと本番の試合で勝つことができてうれしかった。
しかし最後にやった高校生との試合は悔し過ぎ!
1ゲーム目もファイナルでもセッティングまでいって負けてしまった。
試合後もしばし、二人で呆然・・悔しい、としか言葉が出なかった・・
ここで勝って次の準決勝で最強の中学生ペアと当たって負けたかった~悔しい・・

ところで親指回りの具合は相変わらず;
バドでは上からの強打はできるのだけど今日も三試合目にもなると手首がだんだんだるくなってきて下からのロビングが安定しなくなってしまった。
昨日は整骨院でこれは鍼の副作用なのか?
聞いてみたが、肘に打ったものが親指周りに現れるってことはない、と言われた。
でもその鍼の前まではだるくもなんともなかったんだけど・・
なんなんだろう・・
コメント (2)

ロシア人直伝の

2010-04-13 | 食・グルメ
次回の異食文化の会(テーマはロシア、ポーランド料理)に先がけて、
ロシアでモデルをされているという?!私のOL時代の大先輩Oさんよりロシア人直伝のピロシキの作り方を教えていただいたので、試作してみた。
今まで日本で食べたピロシキは油で揚げたものだったが、本場のピロシキは揚げずにオーブンで焼くという。





生地をこねて二度発酵させてる間に具を炒めた。
定番はミンチ、玉ねぎ、キャベツ、人参を炒めてスパイスで味付けしたものだが、
りんごの砂糖煮などを入れてもよいそう。





寝かせていた生地を伸ばして具を包む。





オーブンで焼いて出来上がり。(焼き過ぎぐらいになった方がロシア人好みだとか)
油で揚げてないのでカロリー控えめで、素朴な味わいがして美味しかった!





せっかくなのでこれをマトリョーシカ皿に並べて載せてみる…





顔がかくれてしまったのでマトリョーシカか何なのか?分からなくなってしまったが。





レシピと共に送られてきたロシア語の「百万本のばら」の歌詞。





ロシア語の発音の仕方が分からなかったので動画を探したらあったけど、イメージはこんな感じ?!
せっかくなので異食文化の会では皆で歌ってみようと思う。

後ボルシチ、ブリニのレシピも送ってもらったのでまた作ってみよう。
Oさんどうもありがとうございました~!



コメント (2)

東京建築巡り【本郷の町並み】

2010-04-11 | 東京建築巡りの旅2010


最終日の最後には本郷の辺りの町並みを見てみたいとやって来た。
昭和9年建築のさかえビル。





一階にはコンビニが入っていてその看板の上の繊細な装飾が目を惹いた。
その他にも凝った装飾があちこちに見られる素敵なビルだった。





この扉と扉の枠もいい感じ。









昭和4年建築の日本キリスト教団本郷中央教会。





大正15年建築の日本キリスト教団弓町本郷教会。
以前内部を見せてもらうことがあって興味を持った大阪の天満教会と同じ中村鎮設計のものということでぜひこちらも内部を見てみたいなと思ってたのだが、扉は閉ざされていてお留守のようで残念;





大正12年建築の郁文堂。
元銀行ということで重厚な造り。





ぜひ見てみたいなと思ってた昭和3年建築の万定フルーツパーラー
趣のあるレトロな喫茶店だ~









万定フルーツパーラーの近くにあって気になった建物。
元は洋食レストランだったそう。





明治38年建築の本郷館。
木造三階建ての元下宿屋。





大正5年建築、求道会館。
武田五一設計のロマネスク教会風の建物。
第四土曜日は見学できるそうなのだが、今回は日が合わなくて残念。





本郷館の向かいには鳳明館別館という旅館が。
この辺りはとても風情のある界隈でもっと散策したかったのだけど、気力は十分だったのに足が限界?に来てたのでそろそろ引き上げることに。(もう東大の中へすら行けなかった・・;)

三日間の建築巡りもようやく終わりに。
思う存分一人で巡ることができてとても幸せな3日間だった~フリータイムをくれた家族に感謝!



コメント (2)