m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

雲平「味の花束」

2014-03-14 | 旅のお土産(食物)


長野のお土産を頂いた。
「味の花束」と書かれたそのお菓子は色とりどりのお花がとっても春らしい。
もち米を焼いて粉にしたものと上白糖が主原料の雲平と呼ばれるお菓子だそう。





雲平の製造は職人の勘と手間がかかるそうで長野県内ではこちらの中央食品工業、一社のみが製造してるとか。
ほんとによく見ると繊細な花の絵が描かれていて、くるんと丸まった花びらのような形も愛らしい。
そのまま食べても美味しいけど、レンジで少し温めて食べてもなかなかイケる。
春らしいお土産ありがとう~
コメント

木材鮮奶棒

2014-02-05 | 旅のお土産(食物)


台北の帰りの空港の免税店で見つけたもの・・
何、これ?木材?お箸??





なんとこれは棒状のクッキーだった!!
食べてみるとサクサクと歯触りよく、かなり美味しい!
日本じゃちょっと見かけない摩訶不思議な雰囲気のお菓子。。
もっと買い占めておくんだった~
コメント (2)

ラペットゥ

2013-09-18 | 旅のお土産(食物)


異食文化の会のメンバーの旦那様が、タイ出張帰りに異食の皆にわざわざお土産を買ってきてくださった。
その中から、これは「ラペットゥ」
ビルマ料理の会で何度か登場したことのある、ミャンマーの伝統食でもあるお茶受け(タイのお土産だけど)
発酵させた茶葉(ラッペ)と、ピーナッツや揚げニンニク、豆、干しエビ、ゴマなどを合わせて塩をかけ、ピーナッツオイルで和えて食べるもの。
ナッツと発酵済み茶葉を頂いたので、後はこれにキャベツとトマトを千切りし、混ぜるだけ。





タイのお土産だからか唐辛子が効いて辛いから気をつけて、
と言われてたけど本当に辛い!
でもトマトとキャベツを多めに入れて調整するとちょっと病みつきの美味しさに。
ミャンマーの人たちはこれをお茶受けに、ご飯のお共にと日常的に食べているのだそう。





他にもお菓子や海苔、タマリンドの飴などなど渋いお土産をたくさんありがとうございました。





タイではパッケージに日本語表記が流行ってる?そうで、
これはふりかけなのだけど所々意味不明な日本語の羅列が見られて面白い・・
コメント

グァム土産

2013-09-06 | 旅のお土産(食物)



グァムのお土産をいろいろ頂いた。
その中から、これは画期的?!と思ったパンケーキミックス。
粉をボールに移し替えることなく、この中にそのまま水だけを投入。





ハンドルを持ってひたすらシェイクすると、パンケーキのタネができる。
これを直接フライパンに注ぐだけ。
これは手間要らず!
しかし容器は形状的に内部を洗うのはちょっと難しいので再利用は無理っぽく・・
ごみが増えて容器が無駄といえば無駄かなぁ。





そしてこちらはチャロモと呼ばれるグアムの先住民の伝統的菓子、「グズリア」





日本でいう、固いかりんとうのようなものかな?
小麦粉、砂糖の他ココナッツミルクが入ってるそうで、生地のこの固さと歯触りがとってもいい!
シンプルで美味しいお菓子だった!

他にもいろいろ・・お土産ありがとう~

コメント

豊田の車もなか

2013-05-17 | 旅のお土産(食物)


友人から豊田のお土産にもらった車もなか。
かわいい〜!
さすが車の町、豊田ならではのお土産だ。





自動車もなか「ザ・くるま」はトヨタが世界に誇る初の国産乗用車「トヨダAA型乗用車」がモデルだそう。
ミニカーみたいでかわいい!
裏返してみるとちゃんとタイヤまでついている。





こちらの車もなかはリアルな描写がとてももなかとは思わせない?雰囲気。
ちょっと渋い包の図柄はコンピュータに立体像を表す時の透視図をデザインしたものだそう。
このもなかはあんこだけでなく餅まで入ったデラックスもなかだった。

調べてみると、豊田には他にも車もなかを出してるお菓子屋さんがいろいろあるようで
クッキーとかせんべいでもいいようなものの、「もなか」に集中してるところが不思議?!
中には「もなカー」とか「車んじゅう」とかちょっとふざけたネーミングのお菓子もあって面白かった。
コメント

亀蜜飴

2013-01-30 | 旅のお土産(食物)


九州のお土産に「亀蜜飴」というのをもらった。
滋養豊富・スッポン、ハチミツとの表示があって、亀のエキス入りの飴ってどんな味~?!
と、恐る恐る・・





しかし第20回全国菓子博覧会で総裁賞受賞してるし、ひょっとして期待できるかも~?と
封を切った。





亀が浮き彫りされた亀蜜飴は、一見、黄金糖のようで、お味もやっぱり黄金糖に近く。
全くと言っていいほど亀臭くもなく美味しい飴で拍子抜け;
同じ亀でも以前マレーシアで食べた亀ゼリー(正露丸とサロンパスを混ぜたような味)とは雲泥の差があった・・

コメント (2)

異食文化の会・秋の遠足【大黒ソース&不二の昆布】

2012-10-01 | 旅のお土産(食物)


タイ料理のランチ活版印刷の見学をした後、Iさんがお土産編に福島にある食品会社をを調べてくれてた。
大黒ソースは大阪名物串カツ用のソース。
大阪名物といってもなかなか近所のスーパーでは見かけない。





大黒ソースの会社事務所へ伺うと販売してもらえる。
ソースのラインナップ。
ここに並んでる以外にIさんが調べてくれてたお手頃サイズの串カツソースを購入。









壺型ソースは「二度漬け禁止」ならぬ、ソースが酸化するので「二度使い禁止!」との注意書きが。
帰ってからカツに使ってみると少し甘めのウスターソースといった感じで美味しかった。





もう一軒訪ねたのは昆布茶で有名な不二の昆布。
ここも大阪の会社だったとはしらなかった・・





昆布茶といえば、この色の缶!
昔からこの色の取り合わせのパッケージは変わらないんだなあ。
最近めったに飲むことなくなってしまった昆布茶だけど久々に昆布茶と昆布飴を買ってみた。



コメント

粟餅所・澤屋

2012-09-24 | 旅のお土産(食物)


櫻谷文庫衣笠会館他へ訪れ、そろそろ帰らねばならない時間が迫ってきた。
ほんとは北野天満宮や上七軒辺りを散策したかったのだけどそれほど時間の猶予もなく
お土産買って、カキ氷を食べて帰ることに。

お土産は粟餅所・澤屋へ。
北野天満宮の前で三百二十数年続く粟餅の茶店。





注文するとその場で粟餅を丸めて箱に詰めてくれる。













あんこときなこのセット十個入りで1020円。





そしてTちゃんと今日の〆に同じく天満宮前の「古の花」でカキ氷を食べた。
桃やキーウィなどのフルーツ氷が美味しいらしいけど、この日は抹茶の気分だったので抹茶氷に。
今年の夏は家でも何度かかき氷したけど、
やっぱり家で作るのと違って氷のキメの細かさが違う・・
ふわふわのカキ氷が美味しかった~
コメント

トロピカルドリンク

2012-09-21 | 旅のお土産(食物)


ご近所さんにハワイのお土産に、ダース買いしてきたというトロピカルドリンクいろいろを頂いた。
向こうで人気のドリンクだそうで
子供たちと飲み比べ・・





パイナップルオレンジはネクターと書いてあったもののサラッとしていて飲みやすい。





アップル入りグリーンティ・・
緑茶にアップル、しかも甘いというのが不思議テイストだったけどこれもさっぱりして美味しい。

カラフルなパッケージに南国風味のドリンクで、ひとときトロピカル気分を味わせてもらった~ありがとう!


コメント

小豆島のお土産

2012-08-22 | 旅のお土産(食物)


小豆島のお土産を頂いた。
好きなものばっかりでうれしい~
ヤマロク醤油は2年前、我が家も小豆島へ訪れた時に訪れて見学させてもらったけど、
そこの100年ものの杉樽で4年もの間熟成された醤油、鶴醤に、食べる醤油のもろみちゃん。
鶴醤は早速、冷ややっこやさしみに使わせてもらって活躍中。
なんでもない冷ややっこが美味しく感じる~
もろみちゃんはきゅうりにつけて食べるとなかなかクセになりそうな美味しさ。





そしてこの森本商店の小豆島古式手延べ生素麺を今日はサラダ素麺にして頂いた。
長く繋がったままの状態だというこの素麺、もったいない?けど食べにくいだろうから一応ハサミを入れて茹でた。
しっかりした弾力のある素麺、とっても美味しかった~~

オリーブオイルのゴマドレも楽しみだなあ。。
いっぱいお土産ありがとう~!


さて、我が家もあさってから夏旅行へ富山、石川方面へ出かける予定。
毎年恒例の友人家族との合同旅行のはずだったのだけど、今年は急きょ友人家族が行けなくなり家族4人で行くことに。
当初は立山黒部アルペンルートを予定してたのだけど、運転手は一人だし黒部まで行くのはやめた。
一日は工場見学系、一日は子供たちリクエストによるプール(自分はその間町歩き予定;)、
後は一度行ってみたかった金沢の21世紀美術館など周ってくる予定。

コメント