m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

建築画カレンダー

2007-12-31 | 趣味その他


旅行記の方のブログ、フォートラベルで同じコミュの方から来年の建築画のカレンダーを頂いた。
建築画のジャンルでは有名な島口暉生さんと言うアーティストの描いた西洋館、札幌の豊平館、旧門司三井倶楽部、神戸の旧ハンター邸、旧函館区公会堂、横浜山手の外交官の家、新潟県議会旧議事堂の六枚が描かれている。

銅版画のような繊細な線で描かれた建築画がいい感じで気に入ってしまった。
カレンダーはここ数年部屋にはかけていなかったのだが、シンプルで素敵だったので来年はこのカレンダーを部屋にかけさせていただこう~





子育てなどで?しばらく意識から遠ざかっていた建築巡り、今年はこの旅行記のブログなどでも刺激を受け、あちこち巡ることが出来、忘れかけていた建物を見る喜びや楽しみを再び味わうことができた。
来年もまた引き続きいろいろなものを見に出かけたいな。
コメント (5)

光の教会

2007-12-30 | 建築巡り・街歩き【大阪】



安藤忠雄の「光の教会」へ今年最後の日曜礼拝へ参加。

いつも行く図書館の建築コーナーにある「光の教会 安藤忠雄の現場」という本、
気になりながらも「光の教会」へ行く時には読んでから行こう~とは考えつつ機会を失っていたが・・・
先日あるコメントでマイミクのCさんからこの本はおすすめ、ということをお聞きしこれをきっかけにこの本を借りて来て読んでみた。
それがすごく面白くて感動した!

厳しい予算の中でも妥協を許さない安藤忠雄の「光の教会」建設に対する信念と情熱、それを理解し周りで支える人たちとの信頼関係などが細やかに描かれていて、お金ではなく自分の信念や人との信頼関係で動くことが出来る人たち、そしてその結果ようやく完成した教会の話に感動~

今回この本を読んでこの感動が冷めやらぬうちに生の「光の教会」を見ておきたい、と出かけたのだった。





毎週日曜日10時半から行われる日曜礼拝。
教会の見学目的の場合でも出来る限りこの礼拝へ参加をすることを勧めるとの旨がHPに記されていたので参加することに。

初参加の私は住所、名前などを書き、礼拝の簡単な説明を受け、聖書、賛美歌集などを貸し出して頂いて礼拝堂へ案内された。





礼拝堂は直方体の建物に斜めに壁が貫入していて、そこが入り口になっている。
斜めの壁は内部に差し込む光を制限する役割と壁に沿って導かれるというアプローチの役割の二つの機能を果たしている。





そして礼拝堂へ入った途端、正面の十字架から差し込む光が目に飛び込んできた。
すごい。。
朝の光が鋭く差し込む礼拝堂は何だか神々しい雰囲気に満ち満ちていて、そこにはほんとに感動的な光景があった。





後ほど聞いた牧師さんのお話ではこの礼拝堂を作るにあたって牧師さんが安藤忠雄に望んだことはシンプルでありながら聖なる空間。
何の飾りもいらない、ステンドグラスも十字架さえもいらない、しかし教室や集会所のようなただの箱であってはならない聖なる空間をということだったのだそう。
でもそれが見事にかなえられた空間なのでは、と思ってしまった・・




床材や椅子などはこのコンクリートの荒々しい建物に調和するようにと建築用の足場板を材料にして作られている。







安藤忠雄の希望により前方は光の十字架と説教壇だけにしたいということで後方へ置かれたオルガン。





礼拝堂内から見た、直方体に切り込む斜めの壁。
礼拝堂内に風の通る通る箇所といえばここだけ。
この中にはエアコンなどの設備はなく冬は寒く、そしてその寒い冬より困難なのが夏だという。
今日の朝は6℃、ストーブを焚いてようやく13℃になったのだそう。
牧師さんの話では安藤忠雄とある方との対談が冬場、この礼拝堂であったのだそうだが安藤忠雄にこの寒さを思い知らせたいとストーブも焚かずにいたという。
約30分の対談後さすがの安藤忠雄も「寒い~!」と飛び出してきたのだそう。

が安藤忠雄は今もまだ、よりクリアな光を取り込むために十字架部分のガラスを外すことを諦めていないという・・




礼拝堂建設10年後に造られた隣接する教会ホール。
礼拝堂とは別々の建物ではなく、一つの建物としてお互いが補い合っている。
礼拝堂とは雰囲気が変わって床板や椅子などの家具も明るい色調。




外側から見た十字架。
安藤忠雄の「昔からそこに在るものに対して敬意を表する」という気持ちから元々ある木々は全て残されている。

この教会に通われている方は元々ほとんどがご近所の方々ばかりだったのが、新しい礼拝堂が出来てからは遠くから来られる方がずいぶん増えたのだそう。

この日は初めて礼拝に参加した人は17名もいた。
遠くは大分や東京から、さらには韓国、香港からの外国の方々も。

今年の締めくくりによい本とよい建築を見ることが出来て幸せ&感謝です~!

コメント (6)   トラックバック (1)

今年最後のヨガで

2007-12-29 | 趣味その他
「美しい翼を持った二羽の鳥が、お互いに友達として、
一緒に同じ木に止まっています。
その中の一羽の鳥はその木の実を美味しそうに食べています。
一方、別の一羽は木の実を食べずに、ただ四方を見渡しています。」


先日の今年最後のヨガで、信貴山での合宿帰りの先生がお話しされたマントラの一節。

大部分の人や人とは別の全ての生き物は木の実を美味しく食べている鳥と同じで
木の実を取り、その実を楽しむことに過ごしている。
欲望が満たされれば喜び、満たされなければ悲しむというように一喜一憂しながら欲望を追い求めている。

一方の鳥はそのような欲望のない無意識の状態、
肉体的な楽しみに比べて内面的な平安と解脱の願望を持ち、自分に関して究極の真理を知ることを望んでいる。


先生は毎年、言葉を変えながら同じことを言われているのだが
ヨガはただ単なる体操ではなく、
ヨガをするということは外側ばかりに向けられている意識を自分の内面に
向ける修練をすることなのだそう。

欲望に一喜一憂している自分がいてもその隣で冷静に見つめる自分の存在を感じとることが大切であるとのこと。

考えたら月ニで通いはじめてもう4年にもなるヨガなのに
肉体的にも体は硬いままだし、精神的にも頭の中は煩悩だらけで、欲望を追い求めるだけで精一杯の毎日だが
来年はそういうふうに自分を一歩離れて見つめてみるということもしていきたいと反省・・
コメント (4)

バドミントン納め

2007-12-28 | スポーツ
昨日は病み上がりの(まだ完全には上がってないが;)久しぶりのバドミントンで今年のバド納めの日でもあった。
久々にしては当たりがよく爽快な気分のうちに終えることが出来た!

バドミントン再開二年目の今年は、初めての試合出場、旦那のバドミントンへの洗脳、そして練習の場を新たに4箇所ほど開拓することができたので曜日や時間帯に応じて練習の選択肢を広げることが出来た。
来年も基本週二のバド+週一の家族バドが継続できたらなあ~と。

それにしても今回の風邪は長引いた~去年はバドをしながら治していた気がしたのに今回は余計に悪化してしまい…自分の免疫力の低下を実感してしまった。
年々風邪が治りにくくなる今日この頃・・

暑い夏が終わればランニングも再開しようと思っていたのに10キロ走れたのは2回だけで後はず~っと風邪引いていた気がする…そしてランニング出来ない代わり&時間の有効利用の為?にも普段、車で30分ほどかけて行く距離を往復電チャリに切り替えたりしたのだけどそれが風邪には余計に悪かったのかも…
どうも自分の体力を過信してしまう傾向があるようで、来年はできるだけ無理をせず(無理してるという実感がないのがくせものだけど)ほどほどにがんばりたいなあ・・
コメント (2)

和菓子クリスマスバージョン

2007-12-25 | 食・グルメ


先日、新築をした友人宅へお呼ばれされた。
一緒に行った友人が行きつけの和菓子屋さんで買ってきてくれたクリスマスバージョンの和菓子!
かわいい~~!
友人の意見を取り入れて毎年クリスマス用新作を出されてるそうだが・・
今年の新作はサンタさんとベル、そして友人のリクエストでティファニーボックス。
ベルのリボンが苦心の作(写ってない;)だそうだが、和菓子でクリスマスを表現するのってやっぱり難しそう・・
アレルギーの子を持つママがケーキは無理だから今年はこれを買おうかな?
と言っていたが、ほんとにこれならケーキが食べれない子供でも喜びそう。





そしてお邪魔した新築のお家がすごかった~
玄関もリビングも吹き抜けで開放感いっぱい!
ここは住宅展示場のモデルルームか!?
さらに家全体が暖かくなる外断熱という工法で建てられている。
この日はすごく寒い日だったが、早朝つけていたエアコンを消した状態でもポカポカ温かい。このあたたかさが夕方まで続くのだそう。
最近の家ってすごい・・こんなことになっていたとは・・
冷え性の私にはうらやましすぎる~~
夢のようなお宅拝見のひとときでした・・
コメント (4)

クリスマスパーティ

2007-12-24 | 暮らし


毎年恒例のE家とのクリスマスパーティー。
ここ3年くらい、メニューが毎年トマトベースのイタリアン鍋になっていた。
今年こそはと鍋からの脱却を図り、少しはクリスマスを意識したメニューに!

今年のメニューはローストチキン、ミートローフ、クリームパスタのチーズ鍋、コブサラダに決定。
Eさんは手負傷の為、私が下ごしらえをし、仕上げを一緒に、ようやく完成~!
これしきの料理を作るのになぜこんなに時間がかかるんだろう~というくらい
・・慣れない料理を作るとアタフタ・・
来年は又イタリアン鍋復活かも?!





そしてクリスマスケーキは炊飯器で炊くおからのスポンジケーキにした。
焼き立ては膨らんでいたケーキがぺしゃんこになって失敗・・
が、子どもたちによるワイルドなデコレーションで何とかカバー?!





最近流行ってる?そうだが頂きものの「マジックツリー」
木の形をした紙のようなものを特殊な液に浸すと液を吸い上げて12時間後に立派なツリーに成長する、とい不思議なツリー。
パーティしながら観察・・





ほんとに不思議なことに紙の枝から結晶のようなものがモコモコ出て出てきた。
一体これは何??

来年度の合同旅行計画の話し合いもしながら食べて飲んでしゃべって楽しいひと時が過ごせた。

コメント (4)

100万人のキャンドルナイト in NICO

2007-12-23 | 食・グルメ


「私たちは 100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2007年の冬至の日、12月22日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。

ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、ある人は世界のいろいろな場所で
生きる人びとのことを思いながら。(中略)

でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト。」
(100万人のキャンドルナイト呼びかけ文より)





この日は子どもたちはおばあちゃん家にお泊り。
久々に?旦那と二人きりで「カフェNICO」でのこのキャンドルナイトに参加することに。
20数人でいっぱいのアットホームな雰囲気の店内、後半はタレントの藤田幸恵さんによる朗読も。





各テーブルの上に灯される蝋燭のあかり。





8時の電気消灯までにまずはお食事。
この日は冬至にちなんだ料理の数々が乗ったワンプレート。

冬至にはゆず湯に入って、「ん」のつく食物を食べる。
という習慣があるのだそう。
なんきん、れんこん、大根、サーモン、にんじん・・・・
ばっちりワンプレートメニューに組み込まれている。

温かいポトフがうれしい。





裏の石釜で焼いたというローストチキン。
その「石窯の主」の方が切り分けてくださった。
チキンの中にはカレーピラフが詰まっていてパリパリのチキンと共に美味しく頂いた。





ドリンクはキャンドルナイトの特別メニューの「黒糖ゆずスカッシュ」を。





デザートはトライフル。





そして8時になり電気が消され、蝋燭の明かりのみに。

こちらのお店で使われている蝋燭は全て蜜蝋とのこと。
みつばちが蜂蜜を作るときに一緒に出す蝋で作られた蜜蝋はどこか甘い香りがして
体にもやさしく、目にもやわらかい明かりなのだそう。





ほんとに蝋燭の明かりは幻想的。
昔から好きな蝋燭。
蝋燭にまつわるエピソードも多々あり・・

昔、友人と蝋燭を囲んで語り合う?「ろうそくの会」というのをやっていたこともあったなあ~

独身時代ヨーロッパへ旅した時にレストランへ入ると必ずあった各テーブル上の蝋燭。
これに憧れて結婚したら食卓では蝋燭を灯して夕食を食べる!と誓い、しばらく実行していたことも。

結婚式をした時にもらう一年ごとに目盛りの入った長~い蝋燭・・あれを結婚5年目くらいまで、毎年結婚記念日には律儀に目盛り分灯していたり・・さすがに今はもう捨てた!

蝋燭のあかりを見ているといろいろと思い出される・・





これはお店の人が作られた氷のキャンドルホルダー。
氷の中でゆらめくキャンドルも素敵。

この頃から店内では撮影大会?が始まり・・
一人のお客さんがキャンドルの写真の撮り方をレクチャーし始めたのがきっかけで
この角度がいい!だの背景はこれを入れたら?など、互いの写真を批評?し、ほめ合いながらひとしきり盛り上がってしまい、妙に楽しい一体感が生まれた。









外から窓ガラスを通したキャンドルもいい感じ、と教えてもらい撮ったもの。









そして8時半からは藤田幸恵さんの朗読が始まる。「賢者の贈り物」
この日は昼も梅花でアナウンサーの朗読を聞き、夜もで、朗読に縁があった。
旦那はお昼のかわいい新人アナの時は飛び起きて聞いてたくせに、
今回は又睡魔に襲われたようで・・いびきをかかないか?こっちがヒヤヒヤした!





こうして静かなキャンドルナイトの夜が更けていった・・
コメント (2)

梅花子どもの本フェスタ’07

2007-12-22 | 子供と楽しむ施設・イベント


梅花女子大学で行われたクリスマスイベントと同時開催の子どもの本フェスタへ参加。





まず「日本の童謡・アジアの愛唱歌」と題してもり・けん氏のハーモニカコンサートがチャペルで行われた。
知っている歌は皆で歌いましょう~と和やかムードのコンサート。





その後児童文学科の学生有志による「クリスマスおはなし会」へ。
若くてかわいい女子大生のおねえさんの読み聞かせに子どもたち釘付け?!
旦那まで釘付け!





そしてMBSアナウンサーによる「おはなし夢ひろば」
最小限の照明とBGMをバックにアナウンサーが絵本や童話を朗読。
さすがにプロのアナウンサー!
耳に心地よく響く朗読の声。
耳からしか伝わることのない朗読の世界では想像力が無限に広がるという。

最後の二人のアナウンサーの掛け合いによる「100万回生きたねこ」
ただでさえ泣かせる話なのに、すばらしい朗読がさらに話を盛り上げ、心にしみわたってきました。
コメント

師匠の家のツリー

2007-12-21 | 趣味その他


先日うちのクリスマスツリーをコーディネイトしていただいたクリスマスの師匠のうちのツリーを拝見。
いつもなら家全体が「メリークリスマス!!」という感じなのだが今年は受験生がおられるため出したのはツリー1本のみとのこと。





世界各国のオーナメントがぶら下がるツリー。
クリスマスグッズを集めていると知っている周りの友人の方々がどこかへ旅行へ行く度にお土産にくれるというオーナメントがこのツリーに集結。





去年はお星さまだったツリートップが今年はろうそくを持った天使のお人形に!
ろうそくとスカートの中がライトアップされてきれい。





両方ともイギリス土産で
ポットはハロッズの今年の新作オーナメントだそう。




マレーシア土産のサンタさん





イギリス土産の鳩。





オーストラリアのサンタさん。





カナダの木で組み合わせて作られたトナカイとストック?!





カナダのブリキでできたサンタさん





イギリスのマリアさま





クリスマスカードも頂いた。
クリスマスらしからぬクリスマスカードがまたいい感じ。





玄関につるされていたアレンジも緑が素敵で渋い!

ひととき、クリスマス気分を味わせていただいた。



コメント (3)

卓球倶楽部?!忘年会ランチバイキング

2007-12-20 | 食・グルメ


月に一、二度するかしないか?の卓球倶楽部?!の面々で今年の忘年会を。
阪大工学部内のレストラン、千里阪急ホテル直営の「ラ・シェーナ」でランチバイキングをやっていて、それが今月で終わってしまう?といううわさを聞き、これは行っておかねば!とやってきた。
前回訪れた阪大の銀杏会館のレストランと同じく、大学構内とは思えぬような雰囲気でしかもバイキング1300円は安い!
この日も11時半前に一番乗りの私たち。
12時過ぎる頃には満席に・・





ホテル直営のバイキングなのでお味もなかなかで種類も豊富。
いきなり取り過ぎ?!
今週は病んでいて食が細くなっていたはずの私も、どこが病んでるんじゃ?!とつっこまれそうなくらいついつい食べ過ぎてしまう・・





デザートもお代わり・・

この日の話題の一つに出た子供に対する怒り方。
言ってはいけない!と思いつつも積もりに積もるとついこらえきれなくなって子供に浴びせてしまうひどい言葉・・
いつも自分がどれだけ子供に対してひどい怒り方をしているか、という話で盛り上がった。(懺悔も込めて・・)
ええ~っ!この人がそんな怒り方してるとは思えん~~とカルチャーショックも。
やっぱりみんな普段ママ友の前で見せてる姿とは違うのか・・
多分その中でも私は豹変ベスト3の中に入ると思うな~

コメント (6)