m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

朝日新聞社見学

2008-06-30 | 工場見学・社内見学


昨夜はどうやら風邪を引いたみたいで喉の激痛で眠れなかったのだが、月曜日、土曜参観の代休のため、予約をしていた朝日新聞社の見学へ友人親子と訪れた。

まずは見学者ホールにて、様々な担当の記者の取材風景のビデオを見、いよいよ社内見学へ。社内は撮影禁止。
新聞記者やカメラマンが働く編集局へ行き、新聞ができるまでの説明を受ける。
今では記事や写真はパソコンや携帯で送っているが、なんと昭和41年までは伝書鳩を使っていたのだそう。

新聞の印刷方法はアルミニウムの板に焼付け、平らな面で印刷するオフセット印刷という。中之島のこの支社では13万5千部刷られている。

編集局内には校正に使うための赤鉛筆が7600本もあるという。



   

編集局の中を歩いた後は、新聞用紙が置いてある紙庫を見学。
新聞巻き取り紙は一つ855kgの重さ。
20分で1本刷り上るという。中之島の支社ではこの紙を180本使う。

その後印刷する輪転機や刷り上った新聞を梱包するところを見学。

この小型印刷機はその姿から「ダルマ」「おたふく」と言われ、朝日新聞創刊当時の印刷機で一時間で300枚印刷していたそう。

隣はこの印刷機で印刷した朝日新聞創刊号の復刻版。
今から129年前の1879年に朝日新聞の第一号が出という。





最後に「見学記念新聞」として最初にグループで撮った写真とグループ名が入った新聞を記念にもらえた。





お土産は鉛筆二本とものさし、消しゴム、新聞の用紙で作ったメモ帳、子どもに下敷きなどいただいた。
又こちらのアサコムホールでは新聞作り講習会や、パソコンでの紙面作りなども体験することができるようだ。


コメント (5)

友人の新居へ

2008-06-29 | 暮らし


電撃結婚した友人Oちゃんの新居へ招かれた。
大学時代の同じくテニス部の友人と一緒に訪れる。
電撃なのでもちろん旦那様とは初対面、仕事絡みで知り合ったという建築設計デザインの仕事をされてる旦那様とOちゃんはまさに雰囲気も趣味もピッタリお似合いの二人だった。
顔が干し首のように小さくて八頭身のOちゃん、ウエディングの写真もモデル並みの美しさで年齢不詳!
もう結婚はしないと思っていたらしいOちゃん、よい旦那さまに見つけてもらえてよかったなあ。
美味しい手巻き寿司、ご馳走さま~
旦那さまによる盛り付けのセンスが光ってる!





興味深かったのは旦那様のお話。
小学生の頃から思い描いていたデザイン設計の仕事に就いて活躍されているそう。
建物の話は興味があるので、
今までの自信作は?との問いに、某市庁舎や銀行の内装など、手がけられた建物のパンフを見せてもらった。
銀行のカウンターにはお客様と話のきっかけになるようにと、その土地の産物のなすびの装飾を入れるなどオリジナルのデザインが光る。
賞を取られたというオフィスの内装も素敵だ。
近藤典子も真っ青な収納の達人のようで・・Oちゃんとは対照的な生活ぶりにも笑わされた。
洗濯物まできっちり畳んで洗濯機へ入れるなんて・・
畳んで入れたらたくさん入るという理由で・・・私にも考えられん・・

二人とも職業柄、建物の見学へもちょくちょく訪れてるようで、私の行きたいリストにも入っていた武庫川女子大(旧甲子園ホテル)を絶賛してたので、
行きたいリストの一番上に急浮上!
近々訪れようと思う。

今日は楽しいひと時をありがとう~




コメント

土曜参観

2008-06-28 | 子ども
      

土曜参観があった。
今回は「私の宝物」というお題で自分の宝物を持ってきて、それを皆に発表するという授業。
娘はおばあちゃんにもらったクマのぬいぐるみ、息子は公園?で拾った白い石のことを発表していた・・
しかし隣同士のクラスとは言え、出席番号が同じくらいなので、一人、息子の方を見逃してしまった~

中には「生の亀」やら袋からバラバラとおもちゃのピストルを何丁も出してくる子もいて、インパクトのあるお宝、いろいろ楽しませてもらった。

廊下や教室に貼り出してあった傘の絵、シンプルな題材だけにそれぞれ個性があふれていて面白く、かなり笑わされた。
柄のめちゃめちゃ太い傘から超コンパクトな傘、絞った雑巾のようにねじれた傘もあるかと思えば、きっちり畳めてないくらいパンパンな傘まで・・バラエティに富んでいて楽しい。
傘の絵から性格まで読み取れそう?!
ちなみに左は息子、右の傘と魚は娘の絵。息子の魚の絵は不明・・
まあまあ無難路線か?!


コメント

ビルマ料理大会第三弾

2008-06-27 | 異食文化の会


ビルマ料理を作る会、前回、前々回とご一緒したビルマ人のビルマ語の先生が今度はビルマでもモヒンガーに次ぐ人気の麺類、オンノウ・カウソエ(ココナツラーメン)を作ってくれる、というのでビルマ料理第三弾を我が家で開くことになった。

ビルマ人の先生は普段、ビルマの家ではお手伝いさんが料理をするのであまり作ったことはない、と言いながらも、私達が見守る?中、今回もほとんど一人で作ってくださった。





オンノウ・カウソエはココナツミルク、ひよこ豆の粉ににんにくしょうが、ナンプラー、ターメリックなどを入れ、玉ねぎ、鶏肉を煮込んだスープをフライや薬味などトッピングしたラーメンにかける。





トッピングにはひよこ豆の粉を団子にして揚げた物に大根を揚げたもの(ほんとはヘチマだが大根で代用)、ゆで卵に刻みネギ、揚げた春巻きの皮、レモンなど。
前回のモヒンガーの時もそうだったが、とろみのあるスープに、パリパリの食感の米粉と小麦粉を半々に混ぜた衣のフライが絶妙な感じ。





そしてまたまた大量のデザート。
五人が五人ともデザートを用意するので大量に・・
ビルマのお菓子はタマネーとシュエチーサヌエマキン。
お菓子の達人の友人手作りのパンプキンパイと具沢山マフィン。
そしてビルマ人の先生に日本の和菓子を食べてもらおうと友人が持って来てくれた水饅頭と水無月。
私は今回台所の掃除で手一杯?だったので手抜きのゼリーを・・





ビルマ帰りの友人が作って来てくれたデザート(上)、シュエチーサヌエマキン。
なんだかありえないような難しい名前に笑ってしまう・・
粗挽き小麦粉を使うところをクスクス、ケシの実を使うところをゴマにして、砂糖を普通より少なめにして作ったら、友人曰わく全く別物?ができてしまったとか…。
しかし私たちは本物を知らないのでこういうものか~と納得…するしかない??

ビルマ人の先生はタマネーというお菓子(手前)を作ってきて下さった。
タマネーはビルマでは二月の寒い時期に作る伝統的なお菓子で
蒸した餅米に、ココナツ、ゴマ、落花生等を混ぜて突き潰した物。
砂糖が入っていないので甘くないお菓子だ。

例年2月にはタマネー祭りといって、タマネー作りの競争が行われるそう。
早く美味しく作ったチームが勝ちなのだとか。

お菓子を早く美味しく作る競争??
そんな微妙な判定は誰がどう下すのだろう~?





ビルマ帰りの友人の旦那様が現地にてタマネー作りをしてる様子。
もち米を砕いて火にかけてかき混ぜている。

日本にいながら様々なビルマ料理を三度にも渡って楽しませて頂き、妙にビルマについて詳しくなった私たち・・
今度はビルマ人の先生に日本の料理をご馳走しようということでお開きに・・
コメント (6)

ベトナムで見たいものベスト3

2008-06-26 | ベトナム縦断の旅2008


ベトナムへ行く目的の一つはもちろんベトナムの建築巡り。
前回二年前のベトナムではホーチミンのみの滞在だったので、今度は古都フエやホイアン、ハノイの建築が楽しみ。
何度か図書館で借りてきて眺めているのが増田彰久氏の美しい写真と共に紹介されている「建築のハノイ」と「ベトナム町並み観光ガイド」。
旅先で本を持ち歩くのは重いだろうし、高い本なので・・ついにコピーを取ってしまった・・

本によるとハノイはアジア最大のフランス建築の宝庫!
東洋と西洋が融合したバラエティに富む近代建築!
王朝時代からハノイの中心だった旧市街36通り地区にはフランスと中国の文化の影響を受けた町屋!
ベトナム、中国、フランス、日本と交流を持った様々な国の家屋の特徴を融合させているホイアンの旧家!
中国の紫禁城を模して建てられたというフエの王宮!
フエの貴族たちが住んでいたという、建物と自然の庭が調和したガーデンハウス!
っと建物だけでも見たいものが山積み・・・





そして二つ目に気になるのは「ホンノンボ」
独特な視点のエッセイが楽しい宮田珠己氏の「ふしぎ盆栽・ホンノンボ」という本がツボにはまってしまった。
ホンノンボというのはベトナムの伝統的な盆栽のことで日本の盆栽のように植物が主役ではなく、岩が主体。その上に陶器のミニチュアが乗っており、それが水を張った鉢の中にある。
ホンノンボの岩の中にはいろいろな地形が形造られていて、独特な風景が描き出されているという。
日本の盆栽のように堅苦しくなく、ちょっととぼけたゆるい感じが魅力のホンノンボ。

宮田珠己氏はホンノンボの魅力について、
探検のワクワク感、その奥に何が隠れているかわからない迷宮性、ダイナミックな地形を持つエキゾチズムと語っている。
ホンノンボの魅力が語りつくされたこのエッセイを読んでどうしても実物が見たい!と思うようになった。





ホンノンボを手っ取り早く見るにはホーチミンではチョロンの中華街のお寺、
ハノイではタイ湖のほとりの鎮国寺や鎮武観などに行くとよいらしい。
そのほかにも個人の邸宅、レストランやカフェ、小学校や役所のような公共施設にもあるという。
ベトナムで出来る限りたくさんのホンノンボを探し出すのが楽しみだ。





そして、もう一つは前回行った時にとても気に入ってしまった水上人形劇!
(写真は国立民族学博物館に展示されてる水上人形劇の人形)
水上人形劇というのは1000年近くも前から存在したと言われるベトナムを代表する伝統芸能で、
農村での収穫や祭りの際に村にある池や湖を舞台にして行われていた。

現在は庶民の生活を描いたものや古くから伝わる伝説などをモチーフとした、17編の短編劇が披露されている。

水を張った舞台には人形と人形遣いの間に幕があり、人形遣いは幕の後ろで水に浸かりながら竹と糸で操っている。
その仕掛けは水中に隠れているので人形だけが動いて見える。





前回ホーチミンの歴史博物館で見た水上人形劇に感動。
独特な味わい深い人形の表情と繊細で、時には大胆な人形の動きに目が釘付けになった。
今回はハノイにある水上人形劇場で国立人形劇団による人形劇を見るのがとても楽しみ。
ホーチミンにも水上人形劇場が新たに出来たそうなのでそちらも楽しみだ。





前回ホーチミンでお土産に買ってきた水上人形劇の人形。
子供達がいたずらしてボロボロに・・


この三つを主目的に、今回は四つの都市を廻るのでその地方ならではの名物料理やお菓子、雨季の果物にも期待!
コメント (8)

夏の花

2008-06-24 | 季節の花・自然


ただ今、庭には春の花に代わって夏の花が満開。(義父の育てた・・)
夏の花は一本一本が大輪でほんとに色も形も力強い!
これなら夏の暑さに負けないだろうという感じがする。
見てるとこっちまで元気が沸いてくるような・・
もう少ししたら更に大きな花、アメリカン芙蓉も咲いてきそうな気配。





真っ赤なハイビスカス





太陽の方を向いてしっかり咲いているひまわり。





明日ぐらいに咲くかな?
咲きかけのフレッシュなひまわり。





あじさいも大輪。





ピンク色が鮮やかなあじさい。





この色がお気に入り。
コメント (5)

雲雀丘花屋敷の建築巡り

2008-06-23 | 建築巡り・街歩き【兵庫】



冷蔵庫を衝動買い?した私達は池田の実家へ向かった。
夕飯までに時間があったので前から気になっていた雲雀丘花屋敷の建物巡りへ一人行くことにした。
池田からなら電チャリで行けるのだ。

雲雀丘花屋敷は明治後期から発展した街で都心部から環境がよく健康的な住宅地として注目を集め始めた。
大正4年に阿部元太郎氏という土地経営者が雲雀丘地区にモダンな洋風住宅を建てたことが始まりで、以降山手に向けて開発がすすめられたとのこと。
隣地の花屋敷地区は東洋紡社長の河崎助太郎氏が花屋敷土地(株)を設立して開発を手がけた。
「宝塚雲雀丘・花屋敷物語」という本が詳しいそうで一度読んでみたい。





NHKの朝の連続テレビ小説「ふたりっ子」でも登場したという登録有形文化財にも指定されている
S邸。
この洋館は昭和初期に建てられ、戦後の一時期は進駐軍のダンスホールとして接収されていたという。

この辺のどこの家もそうだけで門から家までのアプローチが長すぎて、塀や木々が邪魔をしてなかなか建物の全貌を見ることができなくて無念・・





木々の隙間から撮ってみるが・・





真っ赤な屋根が印象的!
これはこの地を開発した阿部元太郎氏の先進的な思想により、この地に建てる建物の屋根は、すべて赤い屋根瓦の洋館にし、外国のような洋風モダンスタイルの街並みを創ろうとしたためだそう。





そういえば、この家も赤い屋根だし、





この家も!と赤い屋根が目立って多かった。





東洋食品研究所 高崎記念館と書かれた表札があった建物。
帰って検索してみると唯一一件ヒットした「ヴォーリズを訪ねて」のブログより、
ヴォーリズの近江療養院の医者だった諏訪蛍一博士の住宅で、昭和初期に高崎達之助氏という事業家に引き継がれ、高崎氏由来の東洋食品研究所の「高崎記念館」として改修されて(1990年)管理されている。
とのことがわかった。









ものすごい植木群に覆いつくされた邸宅。
この奥には素晴らしい建物があるはずだろうけど家までが遠すぎて全然見えない。
こんなお宅がたくさんあった・・
植木の手入れ、大変そうだ・・









ここは洋風のイングリッシュガーデン風の庭を持つ家。





煉瓦で出来た倉庫?みたいなものも発見。

もっとじっくり歩き廻りたかったがここら辺で雨が土砂降り状態になってきたので仕方なく帰途についた。
又天気のいい日に歩きで来たいなあ。

コメント (13)

冷蔵庫が・・・

2008-06-22 | 暮らし


今日、冷蔵庫を衝動買いした。
急におとといくらいから冷えなくなっていた冷蔵庫。
まさかつぶれたとは思いたくないので、ちょっと調子が悪いだけ、すぐ元に戻るはず、と思い込んでいたのだが・・
今日の朝、恐る恐る冷蔵庫を開けてみるとなんだか庫内は異臭を放っており、いよいよ無視できない状況に・・

でも一応冷凍庫はちゃんと作動してるので何か?がおかしいだけ。
メーカーは休みなのでとりあえず電器屋へ行って聞いてみることにした。
冷蔵庫は今年で11年目だ、と言うと
電化製品は大体10年がサイクル。
修理の見積もり(有料)しても部品の保管期限が8年なので修理できないかもしれない。
今の冷蔵庫は電気代が昔の冷蔵庫の半分で買い替え時だ。
と言われつい乗せられそうになったが・・
冷凍庫が大丈夫だからまだいけるはず!
と店員を振り切り、修理カウンターへ向かった。

が・・そこでまずどこが悪いか見積もりにきてもらい、更に後日それを修理してもらう、となると一体いつなおるのか!冷蔵庫!
このままでは中のものが全部腐ってしまう、と一気に全てが面倒臭くなってもう冷蔵庫を即買いすることに。

11年前の冷蔵庫と比べると今の冷蔵庫は電気代も二分の一、スペースはそのままなのに容量アップ!今では当たり前となった自動製氷、そして収納にもさまざまな工夫が。
店員さんがおすすめ、という省エネ№1の冷蔵庫を言われるがままに・・
しかし大阪人なのでしっかり値切って購入。その間約10分。
しかも配達はあさって以降と言われた冷蔵庫だったのだが、中のものが腐ってしまうんです!と懇願し、何とか明日に配達してもらうことに。

はあぁ~何とか今日でケリがついてよかった・・
大物電化製品、皆11年目だからこの冷蔵庫を皮切りにこれから徐々に壊れていくのかなぁ・・出費が恐ろしい~


コメント (5)

ベトナム縦断列車旅が・・・

2008-06-21 | ベトナム縦断の旅2008


この夏休み7月の下旬に家族でホーチミンからハノイまでのベトナム列車縦断の旅の計画を立てていた。
縦断するのはホーチミンとハノイのちょうど真ん中くらいにあるホイアンとフエに寄るためでもある。

ホーチミンからハノイまでは丸々列車に乗り続けても速くて30時間ほどかかる。
今回は途中でホイアンとフエで一泊ずつし、ホーチミンからダナン、フエからハノイは夜行を使って行こうと思っていたのだが・・
なんとフエからハノイまでの列車はベトナムの旅行社が全て押さえていてもう満席で取れないらしい・・

カフェのツアーバスも検討したがやはり子連れではきついようで。
18時フエ発8時ハノイ着の夜行バス・・寝てる間だから行けそうだけど、微妙・・
旅行社の人には子連れでツアーバスはきつい、飛行機をとすすめられた。

飛行機の場合一泊の宿代も増えるしで料金はツアーバスの場合の10倍にもなる(バスが安過ぎるので)
・・が考えた結果、安全策をということで
やっぱりフエからハノイまでは飛行機で行くことにした。
なのでホーチミンからフエまでは列車、フエからハノイは飛行機。
とりあえずはベトナムを縦断できるということに。
期間は9日間ということで縦断するにはぎりぎりの日数なので、効率よく廻らねばなあ。


行程

1日目 11時関空発~14時35分ホーチミン着

2日目 ホーチミン

3日目 ホーチミン 19時ホーチミン発夜行列車

4日目 12時30分ダナン着
       ↓
    タクシー1時間でホイアン着

5日目 13時ホイアン発タクシー
   14時14分ダナン発列車~16時33分着フエ

6日目 21時35分フエ発飛行機~22時45分ハノイ着

7日目 ハノイ
 
8日目 23時30分ハノイ発

9日目 5時33分関空着

なんとつい先日発覚したのが思い込みでハノイのホテルを一日間違えて取ってしまっていて、訂正しようとしたらもう満室で取れないことに・・;
別のホテルを依頼中。
あえて頭の整理のためブログに行程を書いてみたが、これで合ってるかな~
なんか抜けてそうで恐い・・

    
コメント (5)

手作り餃子の会

2008-06-20 | 食・グルメ


NPOで留学生の支援などのお仕事をされてるマイミクのCさんのお誘いで中国人と手作り餃子を作る会に参加した。
皆で美味しい手作り餃子を作って、利益分はこの度の中国四川大地震の義援金にされるということ。
いつもながら迅速なボランティア活動がすばらしい。

私は友人とお昼の部に参加。
中国人の方四名、フィリピン人一人、日本人六人、自己紹介するまでは誰が日本人で誰が中国人なのか?
日本語がうまい中国人なのか?日本語がヘタな日本人なのか??わからない状態に・・

とりあえず先に作って頂いてた餃子を皆でテーブルを囲んで食べた。
中国では餃子は水餃子がポピュラーだそう。
中国のとろみのある濃い醤油に少し甘みのある酢を多目に入れ、お湯を少し足し、ラー油を入れたタレで食べた。
やっぱり手作りの皮がプリプリモチモチですごく美味しい~水餃子にするとツルツルといくらでも食べれそう。





中国の方が作ってきてくださった油条はお粥や豆乳に浸しながら食べる揚げパン。





ひとしきり食べて話をした後は餃子作りを。
タネは豚ミンチにキャベツなど普通の餃子と同じようだが、この中国の謎の粉?がいつもと違う風味を醸し出していたようだ。
八角や桂皮などいろんなスパイスが13種類ミックスされている謎の粉。
そして薄力粉と強力粉を半々で練った生地を麺棒で丸く伸ばし、包んでいく。
皮の手触りがいいな~意外と皮は伸びて包みやすい。
実は私は皮からの餃子を作るのは初めて;





餃子の包み方は家庭によってさまざまなようで・・・
しかしこの包み方は美しすぎる~~
思わず私もこれを包んでいた中国の方に教えを乞うてしまった。
餃子を作ってる間もこの会のことを聞きつけて、餃子は食べずに義援金だけを置いていく方も。
自分達で作った餃子もお土産に持たせて頂き、餃子の会楽しませていただきました。


震災や災害は特別なことではなく普通のことなのでかかわり方も自然体で平常心で
と淡々とボランティア活動されてるCさん、すばらしいです・・
たしかに震災やいろいろな災害に会われた方々も、その直前まではいつもと同じような日常生活を送っていたのだと思うと、自分たちにもいつどんな災害が降りかかってくるか分からない、他人事ではないものだとかみしめた。


コメント (4)