m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

みんぱくワークショップ・ペーパービーズを作る

2019-04-28 | 趣味その他

昨日はみんぱくのワークショップで興味のあったペーパービーズ作りに参加してきた。

ペーパービーズは紙を何層にも巻き固めて作るもので、

19世紀ビクトリア朝時代のイギリスでも作られていたのだそう。 

現在もウガンダをはじめ、世界中でペーパービーズがつくられているとか。

 

 

ワークショップでは過去のみんぱくのチラシを再利用してビーズを作った。

 

 

まずは素材の紙を、長い二等辺三角形状に切らないといけないけど、

既に切ったチラシが用意されていたので、それを竹串に巻き固めてひとつひとつビーズを作っていった。

 

 

竹串につけたままトップコートを塗ることで、ビーズを強化すると共に光沢を出す。

 

 

チラシをくるくる巻いていくと、思わぬ色が出現するのが面白いなあ。

チラシの色合いでさまざまな色のビーズが作れる。

 

 

このライトグリーンと空色の色合いがきれい~

 

 

しかしこれははまる~

ひたすら巻いて巻いて、巻き続け、ネックレスを作るためにおよそ50個ほど出来上がった時には約3時間が経過し、

一緒に始めた友達はすでにいなくなってた・・(用事で)

 

 

そしてビーズをゴムに通し、繋げて完成~!

 

 

紺色とライトグリーンと空色のミックスビーズをベースに、いろんな色合いのものも取り混ぜた。

ちょっとした達成感を味わった・・

 

 

世界中の様々なビーズの展示もあって、

こちらは実際にアフリカで売られていたビーズだそう。

ボリュームもあって、色合いもきれい。

ぱっと見ただけでは素材が紙とはわからないなあ。

 

 

ニュースペーパービーズと書かれてたけど、

新聞紙でもできるんだなあ。

渋いネックレスが作れそう。

 

 

こちらは色画用紙で作ったもの。

色画用紙の場合は紙を切った断面もその色なので、明るくビビッドな色合いに。

 

 

こちらはカメルーンのビーズ製品。ネックレスとかご。

 

 

こちらは古い瓶やガラスビーズを溶かして再生したビーズ。

いろんな色合いが混じり合ってきれいだなあ。

各国のビーズにも興味津々・・

 

ペーパービーズのいらなくなった紙の再利用で、こんなに美しいものが作れるというのにも感動した。

紙の切り方や、紙の素材を変えたらまた違った雰囲気のものができるのかなあと・・これからまたいろいろ試してみよう。

コメント

老屋顔「台湾レトロ建築 ディティールと物語」トークイベント

2019-04-22 | 趣味その他

今日は芝川ビルで行われた、老屋顔(ラオウーイエン)さんの「台湾レトロ建築 ディティールと物語」

のトークイベントに参加してきた。

台湾の路地裏で見かける表情豊かな面格子や人造大理石のスライドを見ながら、

それらにまつわるお話をいろいろと聞かせて頂けた。

台湾で元々の面格子の役割は防犯や、落下防止、又居住空間を広げるために用いられていたという。

そのうち実用以外に商店では、その売り物をモチーフにしたものや、

所有者の職業に対する誇りが現されていたり、芸術性を追求したものなど、様々な用途で面格子がつくられてきたのだそう。

昔はあまり人件費がかからず、ほぼ材料費のみで作れたそうで、

様々な凝ったデザインの面格子がつくられてきたようだ。

日本に影響を受けた富士山や桜モチーフのものから、音符や、芸術が爆発したような抽象的なデザインまで

面格子でこれだけ自由に表現ができるんだなあと思うくらい日本では見かけることのない自由自在なデザインがとても面白かった。

そしてなぜ、この面格子がつくられたのか?その裏にあるストーリーもとても興味深いものだった。

逆に身近過ぎて、家にある素敵な面格子に気付いておられない二代目の所有者もおられるとか。

ちょうどひと月前に台湾へ行ったので、路地裏で面格子やタイルを探す醍醐味を存分に味わってきたけど、

お話を聞いて、またいろいろ探しに出かけたい衝動に駆られてしまった。

 

 

イベントの後には、「台湾名建築巡り」の第二弾の本にサインを頂き、写真も撮ってもらった。

頂いた富士山と桜モチーフの面格子風のカードも可愛いなあ!

 

コメント

ソニーαアカデミーテーブルフォト講座へ

2018-04-06 | 趣味その他

ちょっと前にカメラをソニーのミラーレス一眼に買い替えたので、

ソニー主催のフォト講座をいくつか無料で受けれることを知り、先日参加して来た。

この日は時間帯が微妙だった為か、なんと生徒が私一人、先生とマンツーマンのレッスンに;

 

 

この日は単焦点レンズを使ってのテーブルフォトレッスンということで、

テーブルにいくつかディスプレイされてるものをまずは自由に撮ってみた。

室内はライトアップされていて明るいかと思ったらそのままで撮ると意外に暗く写ってしまった。↑

 

 

この後、絞り設定、露出補正、ホワイトバランス、クリエイティブスタイルと

カメラの設定を自分好みに変えて撮った。

普段は外で建物を撮ることが多くて、しかもいつも急いで?るので、ついつい記録写真になってしまいがち。

一枚の写真を撮るのにあまりじっくり考えて撮ったことがなかったので、

最低でもこの4つの設定をいちいち考えないといけないなんて、

慣れてないとパニックだなあと思いつつ、、

露出をかなり明るめにして、ライトの反射を入れた玉ボケ写真を撮りたくてやってみた。

 

 

更にホワイトバランスを電球設定にして青みを出すと、雪の中のエッフェル塔ぽく

自分好みに近づいた。

 

 

最初に撮った写真がこんな感じだったので、だいぶ雰囲気が変わった。

 

 

 

今度は香水瓶をクローズアップして玉ボケ写真を。

 

 

上の写真より、瓶の蓋の形をクリアに出そうと、絞りを少し絞り気味に撮ると、

玉ボケは少し小さくなるけど、瓶の蓋のラインはくっきり浮き上がってきた。

面白いなあ。

 

 

最初の鳥とビー玉の写真を今度は上からライトの光をビー玉に反射させた玉ボケ写真を。

 

 

ハリネズミも。

これは色味に赤味を加えた。

 

 

アンティークぽい本と地図と一緒にディスプレイされてたきりんはちょっと露出を暗めにして

落ち着いた感じに。

 

 

セピアカラーでも。

 

この日は実践もたくさんできて、玉ボケもマスター、

写真を撮る楽しみの幅が更に広がった気がしたとても満足な体験レッスンだった。

 

コメント

「台湾レトロ建築案内」の老屋顔さんと会う

2018-03-20 | 趣味その他

昨夜は「台湾レトロ建築案内」を出版された老屋顔さんとお会いし、食事をご一緒する機会に恵まれた。

1月に出版された「台湾レトロ建築案内」のプロモーションイベントで東京に来られ、その後関西に移動して来られたというお二方。

ぷにょさんのお友達の日本面格子界?の第一人者でおられるびんみんさんとOさん、

そして台湾の面格子界の第一人者でおられる老屋顔さんと夢の競演!?のお仲間に入れて頂けるとは!

1月にぷにょさんと訪れた高雄で開催されていた老屋顔さんの展覧会ではお目にかかることができなかったのでとてもうれしかった。

 

 

以前にも紹介したことはあるけれど、「台湾レトロ建築案内」は台湾に残された日本統治時代の建物をリノベーションした

懐かしい雰囲気のカフェやレストラン、そして古い建物のディティールである、タイルや面格子、煉瓦、人造石などに

スポットを当てたガイド本で、私たちにとってもツボな本。

そんな本の著者にお会いし、直接お話が聞けるなんて~とちょっと舞い上がってしまった。

台湾にはとてもメルヘンチックなデザインや具象柄の面格子が多い。

その面格子それぞれにはその家に住む人の思い出や願いなどが込められているようで、

珍しいデザインの面格子のエピソードを聞かせて頂いたりもした。

次回台湾へ訪れた時にはそんな面格子の様々なストーリーを想像しながら見れたら楽しいだろうなあ。

 

 

とても気さくでフレンドリーなお二人とは共通の好きなものを通じての話で皆で大いに盛り上がり、

この後も京都を観光されるお二人にはぜひとも訪れてもらいたい泰山タイルのmustスポットをご紹介したりと情報交換、

そしてタイル好きな自分としては日本のモザイクタイルを見てもらいたいと考え、自作のモザイクタイルトレイを

もらってもらったりとプレゼント交換も。

 

 

サインも忘れずに頂いた。

老屋顔オリジナルの型板ガラスをモチーフにしたマスキングテープがおしゃれだなあ。

 

 

芝川ビルのベトナム料理店でのあっと言う間の楽しいひと時だった。

 

 

 

 

台湾レトロ建築案内
クリエーター情報なし
エクスナレッジ
コメント

京都市動物園

2018-02-26 | 趣味その他

先日、京都市動物園で撮影の会があったので参加してきた。

カメラの機能が使いこなせてないので、少し勉強したいと思って今参加しているのだけど、

動物が面白過ぎて、何のひねりもない素のままの姿を撮るのに夢中になってしまった。

 

 

ワオキツネザル。

ポーズ、決まり過ぎ・・

手が可愛い!

 

 

フサオマキザル

顔が猿ばなれしていて人間に近いかも・・

ガラス越しに超接近してきたところをパチリ。

 

 

同じくフサオマキザル。

髪型が笑える

 

 

お行儀のいいポーズのテナガザル。

中に人間入ってそう・・

 

 

上目遣いでにらみ効かすゴリラ

 

 

子どもゴリラも

 

 

 

 

優しい顔つきで、仲間の体のノミを取ってあげてるテナガザル。

もうその手つきも人間そのもの。

 

 

ぶらさがるテナガザル。

さすがに足が手のようで指が長くて発達しているなあ。

サル類充実!

 

 

動物園の中には小さくてレトロな遊園地があって、こんな可愛いミニ観覧車も。

 

 

建て替えられて今は無き旧象舎に貼られていたという象のレリーフタイル。

これは泰山タイルじゃないのかな?!

動物園、2時間では足りないくらい面白かった・・

この後午後からは四条烏丸まで2時間ほどかけてウォーキングへ。

 

 

コメント

台湾レトロ建築案内

2018-01-26 | 趣味その他

タイムリーにも今日、以前に予約していた老屋顔さんの「台湾レトロ建築案内」が届いた。

開いてみると、少し前にぷにょさんに頼んで台湾で買ってきてもらった老屋顔さんの本の日本語訳バージョンだった~

今回の本は又違うレトロ建築本だと思っていたのだけど;

しかしその以前に買ってた台湾の本をgoogle翻訳で読もうとしても

意味不明な訳になってイラッときてたので、ちょうどよかったかも・・

 

 

本では私の好きなタイルや面格子、煉瓦や人造石など台湾でももう今はなかなか造ることが難しくなっている

手のかかる装飾的な建材の紹介から、古い建築物をリノベーションした建物の紹介などなど、

日本統治時代の診療所や料亭、デパート、消防署や警察署だった建物などをできる限り手を加えず、雰囲気を損ねないように

カフェやレストラン、書店などにおしゃれに改装した建物は、どれも自分のツボをつくものばかり。

帰ってきたばかりなのにまたまた台湾へ行きたくなってしまう本だった。

 

 

コメント (2)

土偶

2018-01-22 | 趣味その他

ツィッターでよく情報を得てる娘は、たまに私のツボをついた情報を教えてくれる。

2か月ほど前に、娘にふるさと納税で「土偶」がもらえるというのを聞いた。

早速サイトを見てみると、写真で見るかぎりかなり完成度の高そうな土偶。

博物館などでよく?見かける遮光器土偶で、一目見て欲しくなった。

青森県で出土した遮光器土偶を模したもののようで、

埼玉県行田市のさかもと商店という、土偶&はにわ専門店で作られているようだ。

迷わず注文。

しかし、年が明けても一向に送られてくる気配がなく、尋ねてみると、今注文が殺到?してるようで

職人による手作りの為、生産が追い付かないとか。

土偶好き、結構いるんだなあ。

 

 

そしてようやくやって来た遮光器土偶。

かわいい~!、そしてリアルさと存在感も半端ない。

鎧のような力強い衣装の文様、安定感のある体型・・何かパワーがみなぎってるなあ。

 

 

サングラスのような遮光器というもののような形の目をしてるところから遮光器土偶と呼ばれ、

乳房や体形から女性をかたどったものといわれる。

宇宙人にも見えるよなあ。

 

 

後ろ姿にも力強い文様が入る。

黒光りする質感なども土偶そのもので、思わずどうやって作るのか?

さかもと商店へ尋ねてみると、丁寧に教えて頂けた。

粘土は特殊なものを使ってるわけではないそうで、型でかたどった後、

素焼きの前に磨くことで光沢が出るそう。

素焼きの後はいぶして黒くしているのだそう。

いつか自分でも作ってみたい・・

さて、これは一体何処に飾ろうかなあ。

 

コメント

アンティークのドローリーフテーブル

2017-06-13 | 趣味その他

家のダイニングテーブルをこの度新調した。

2か月前に購入し、メンテ待ちだったテーブルがやっと届いた~

かれこれ20年ほど前から使っていたダイニングテーブルが、前からねじを締めてもややガタついていて、

セットの椅子の背もたれが1脚、バキッとちぎれて;

飛騨家具のもので気に入ってはいたのだけど、そろそろ替え時かなあと。

松本民芸家具も憧れてはいたけど、高級過ぎて手が出ないのと、ガサツな我が家には格調高すぎて不向きかと・・

 

 

ほどよいアンティークのテーブルを求めて箕面の船場界隈のアンティークショップを周り、

候補2点からこのテーブルに決定した。

イギリスアンティークでオーク材

私も娘もテーブルでいろいろ作業することもあるので両端から延長テーブルも引き出せるドローリーフテーブルに。

 

 

深みのある色合いと程よく手仕事の跡が残るデザインが気に入った!

 

 

 

 

 

テーブルは購入してから、お店のアンティークシュエットの工房で、可動の調整他、綿密なメンテナンスの後

届けられた。

 

 

アンティーク家具の修復などには興味があったので、仕上げのところを見学させてもらった。

塗装などは状態がよかったので、蜜蝋のワックスでひたすら磨いていく作業。

磨けば磨くほど、つやが出て木目が美しく浮かび上がってくるという。

 

 

細かい傷などはスチールウールの中でも最も細いものを使うのだそう。

テーブルは熱は厳禁なので今まで熱いお茶が入ったコップを直にがんがん置いてたけどさすがに

控えないと;

これを機会に食事もちゃんとランチョンマットを敷いて・・

 

 

テーブルの色味に合った椅子はアンティークアルルでこのラッシュシートチェアを購入。

木の色味が合ってたのと、座面が気に入って。

椅子は2脚しかなかったので、後の2脚は同じタイプにするか、違ったデザインにするか探し中・・

 

 

 

コメント

最近のダブル受賞?!

2016-10-02 | 趣味その他
最近、立て続けに二つの賞を頂いた。
一つはまたまたグリーンスナップの「ボタニカルスポット―2016夏-」 フォトコンテストで優秀賞の5名に。
「ボタニカルスポット-2016春-」に続いてまたまた賞品でスマホレンズキットが送られてきた!
賞品はかぶってるけど・・でもうれしい。



写真は北海道旅行の美瑛の四季彩の丘を投稿したもので
旅行の後、投稿したっきり忘れた頃に突然のうれしいお知らせだった。

「ボタニカルスポットコンテスト -2016夏-」→☆
「ボタニカルスポットコンテスト -2016春」→

Green Snapはガーデニングやグリーンのサイトなのだけど、
夏の間は暑さと雑草との格闘で力尽きて、庭はほぼ放置状態・・
投稿もしばらくご無沙汰だった;
そろそろ涼しくなってきたのでまた整備していこう。


そしてもう一つはセルフリフォームコム、というDIYサイトで、洗面所リフォームのチェスト作りについて投稿してたものが、こちらは5位入賞に。
なんと賞金は現金7000円!



洗面所リフォーム・チェスト製作→☆


最近のダブル受賞、うれしかった!
また、写真もDIYもがんばろう~






コメント (4)

知恩寺の手作り市

2016-07-20 | 趣味その他


京都大学楽友会館でランチした後、知恩寺の手作り市へ。
バスに乗るには中途半端なところだったので炎天下の中歩いてやってきたが、たどり着いた時には皆バテバテ;




ぐるりと一回りした後はママ友と娘は本堂で休憩してるというので、一人でサラッと見てくることに。




境内にはアクセサリーや布小物、木工作品、バッグ・・手作りの品々を売るお店が所狭しと並んでいて、
昭和レトロな型板ガラスを加工した棚やフレーム、レトロな雑貨などが並ぶお店も。





これ、自転車の前かごだと思うけど、妙にグリーンにマッチしてる・・




これもクワ?の先を曲げただけのものだろうけど、鉄のいい味わいが。




こんな錆びたもん買った、って言ったら、古びた物には興味ないママ友に怒られそうだったので内緒に・・;


コメント