m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

めまいが~

2011-06-30 | 暮らし
昨日は復活の兆しを見せてた体調だったのに…今朝起きたらめまいとふらつきに襲われてしまった~
またまたバッドコンディションに逆戻り。
今朝から子供たちは小学校からマリンスクールに1泊2日で行くためとにかくお弁当を用意せねば~
となんとか弁当を作り二人を送り出した。
今日はバドのクラブ練習に出れるかなと思ってたのにとても無理っぽい。
昨日、バドに備えてと子ども達と軽い筋トレやったのが間違いだったのか~?
自然治癒を待ってたけどやっぱり病院へ行こうと決意;
病院では夏風邪だと2日で治るはずなので4日たってるのでこじれてますね~と。
あんなに養生したはずなのになぜ~
血液検査の結果も炎症反応が出てて貧血気味、血圧も上が100切ってたよう。
抗生剤入りの点滴してもらい、
お昼ひじきの煮物とプルーンも食べ貧血に備えた。
しかし・・低血圧になってるせいか、起き上がるとめまいがして気分が悪く・・
ほぼ横になってる状態で一日過ごすことに・・
今日は子たちがマリンスクールで帰って来ないのだけが救いかも・・
コメント (2)

夏バテ?!

2011-06-28 | 暮らし


土曜参観の振替休日だった昨日、大和郡山、天理方面へ家族、祖父母連れで行ってきた。
ここ1日、2日食欲不振で体調不良気味だった私。単なる夏バテ?と思ってたら
帰って体温測ると高熱が出てた;
夜は熱のせいなのか?膝から下の足の痛みで眠れず…これは一体何~?!
今朝起きたら足の痛みは消えて、熱もちょっと下がってきてたのでひとまず安心…
しばらく様子を見つつ養生しよう~
しかし珍しく食欲が回復しないなあ・・

写真は成長して更に顔が大きくなった我が家のウパ吉さま。
お気に入りのトンネルの中でまどろみ中。

コメント (2)

見山の郷のあじさい&しそジュース

2011-06-26 | 季節の花・自然


あじさいを見に見山の郷へやって来た。
田園地帯が広がるのその脇には・・





広範囲に渡って紫陽花の群生が見られる。






あじさい天国だ~
































見山の郷の市場の前の川沿いも紫陽花が群生していた。





帰りに市場で大売り出ししていた紫蘇を買った。





ちょうど以前に実験に使ったクエン酸があったので、紫蘇ジュースを作ってみた。
しその葉を焚きだして色を出すと、葉からは見事に紫の色素が抜け出て緑の葉に変わったのには驚いた・・





きれいな色の紫蘇ジュースの出来上がり。





コメント

ドイツといえばソーセージ

2011-06-25 | 異食文化の会


次回の7月の異食文化の会はドイツ料理と決まったので、予行演習として今日は娘とソーセージ作りをしてみた。
ソーセージはずいぶん前に一度教室で作ったことはあったが、もうすっかり忘れてたので
レシピを検索・・そして、ソーセージの皮を買いに走った。
最近近くにできた製菓材料のお店、そこに勤め始めた友人に聞いてみたら、見たことないなあ
との返答だったけど、行ったらちゃんとあった。
なかなか使えるお店だ~
本当は羊の腸を使うようだが、今回は人工のコラーゲンでできたケージングをゲット。





豚ミンチに味付けをしてハーブ類を入れ、それをホイップクリームを絞り出す機械で皮の中へ入れていった。
口が小さいので結構な力がいる・・かなりの重労働・・
ある程度入れたら先へ先へと手で送り込む。
途中で空気が入ってるのに無理やり送りこんだらブシッと皮が破れてしまったり・・
なかなか厳しい作業だった;





とりあえず第一陣をゆでてみる。
90度に上げたお湯にソーセージを入れ、その後75度を保って20分。





なんとか出来上がった~
見た目は白っぽくてあまり美味しくなさそうだったが・・食べてみると意外と食べれる・・
次回はフードプロセッサーを使ってあらびきソーセージ風にしてみたいなあ。
コメント (4)

ビフォーアフター

2011-06-24 | 暮らし
今日は豊中に住むTちゃん家のリフォームが完成したというのでお邪魔してきた。
昭和の香り漂う素敵な邸宅がどんな風に生まれ変わったのだろう~?
と楽しみにしていたがちょっと暗めだった台所と和室の二部屋が一間続きになり、
劇的ビフォーアフターばりに美しく生まれ変わっていた。
天窓などが取り入れられた明るいダイニング&リビングルームそしてリビング横には畳敷きの小上がりもあって
居心地よさそうな空間に。
私が個人的に気に入ってたタイルの壁に寄木張りの床が素敵な応接室がピアノ用の防音室へ生まれ変わっていたのが
ちょっと残念だったが・・
娘さん用にピアノは外せないものなので仕方なかったみたい。
この日はお昼御飯をおよばれしてゆっくりおしゃべりもできた。
Tちゃんありがとう~
夏日和だったこの日、40分ほどかけて自転車で行ってみたのだがさすがこの暑さには堪えた・・
コメント

にんじん成長中・・

2011-06-21 | 暮らし


以前、にんじんりんごジュース用ににんじんの栽培を、と蒔いた種からようやく葉がぐんぐん成長してきた。
そろそろ二度目の間引きを、といくつか抜いてみた。





土の中ではかわいいにんじんが着々と成長してきているよう。
しかし・・スーパーで買えるような立派なにんじんができ上がるにはまだまだほど遠いなあ・・
にんじんの葉はにんじん本体より栄養があるそうなので、天ぷらにして夕飯の一品に。





今年も我が家の西日が当たる窓辺に、義父がゴーヤー棚をプランターに三個分作ってくれた。
そのゴーヤーとゴーヤーの間に夏野菜苗セールで買ってきたトマトとピーマンとししとうをこっそり植えといた・・





これはピーマン。





庭の紫陽花も花が開き始めた。









もこもこの白い紫陽花は新入り。





渋い秋色紫陽花も。










コメント

水月公園の菖蒲2011

2011-06-19 | 季節の花・自然


今年も池田の水月公園の菖蒲を見に行ってきた。
ここ連日雨模様で雨に打たれた菖蒲がややぐったり気味なのが残念だったが
ちょうど満開の菖蒲園は美しかった~





































先日は川西オープンのバドの団体戦があり2-0、2-0、0-2で2勝1敗、チームも2勝1敗に。
そこで懐かしい子どもたちの幼稚園時代の友人二人に遭遇。
一人は今回初試合と言ってたなあ。
この前も小学校の知り合いがバドを始めたと言ってたし・・
周りではじりじりとバド人口増加中の気配?!


今週も雨模様が続くようだけど・・雨が似合うあじさいの花を、後一週間くらいしたら茨木の見山の郷へ見に行きたいなあ。



コメント

コールラビ

2011-06-18 | 食・グルメ


とりあえず、今まで見たことのない新野菜を発見すると、買って食べてみることにしてる私は
先日、水道筋商店街を歩いていた時に、
鳥取の産地直送野菜市場で「コールラビ」という野菜を発見した。
地中海沿岸原産でイタリア料理によく使われているらしい。
コールはキャベツ、ラビはかぶのことで語源はドイツ語だそうで栄養素はキャベツに良く似ていてビタミンAやビタミンC、
そしてカリウムはキャベツより多く含まれているのだとか。
早速食べ方を調べてみると、シチューやポトフ、バター炒め、生でサラダにしたり、ピクルスなどにも使えるそう。
買ってきた日にクリームシチューに入れてみたら、カブのような甘みもあり、クセがなくて食べやすいものだった。





今日は生でサラダに。
シャキシャキした食感がこれまたいい感じ。。




コメント

JICA兵庫食堂で途上国のエスニック料理を

2011-06-16 | 食・グルメ


久々、異食文化の会の遠征でJICA兵庫へやって来た。
ここJICA兵庫の食堂では月替わりで途上国のエスニック料理のランチを食べることができるという。
今月は6月1日のサモアの独立記念日にちなんでサモア料理。
ちなみに5月は東ティモール料理、来月はモルディブ料理だそう。
国名は聞いたことはあってもどんな国なのかどこにあるのかちょっと分からないような国の料理を食べることができるなんて~
なんと貴重な体験だろうか~とワクワク。

サモアは南太平洋にある7つの小島からなる国。
JICAからサモアに対してはさまざまな資金・技術協力を実施していて、JICAボランティアはこれまで562人を
派遣してきたそう(現在39人派遣中)。
すぐ隣にあるオーストラリアから比べるととても小さな国だけど、日本からこれほどの数の人たちがボランティアへ行っていたとは
又初めて知ったことだった。





食堂は月替わりのエスニック料理の他にもイスラム教徒向けのハラル食や、日替りの和食、さまざまな定番メニューもあり
どれもが安価。
サモア料理と決めてきたけど、なんだか目移りする~





そしてこちらが今月の「サモア料理」
メインの「パルサミ」は牛肉のココナッツミルクオーブン焼き
サモアでは、タロイモの葉で包み調理するそうだがタロイモの葉が入手できないため、中身のみ。
「オカ」はココナッツミルクとレモン汁のサラダ。
「サパスイ」はミンチと春雨の生姜が隠し味のこくのあるスープ。
そしてデザートにココアライスの「ココ マタ」を頂いた。
パルサミはちょっとハヤシライスに似てなくもない、サパスイはマーボー春雨っぽい感じもする。
でもどれも初めての味なので興味津々・・じっくり味わいながら食べた。
珈琲、紅茶(お代り自由)付で700円。





食堂はこんなテラスもあってとてもゆったりした雰囲気。
12時を過ぎると職員の人たちでさすがに混み合ってきたが。

食後はしばらくティータイムを楽しんでから、阪急王子公園駅まで戻って、
駅のそばから出ている水道筋商店街を散策することに。





水道筋商店街は80年の歴史がある神戸市内最大級の商店街だそう。





商店街のマークが水道局っぽい?!





途中から立派なアーケードがかかる。
人出も多くてにぎわう商店街、お豆腐屋さんや八百屋さん、古道具屋さんなどなど、おもしろそうなお店を
冷やかしながらブラブラ歩いた。





長い、大きなメイン商店街からは縦横にいくつか小さな商店街や市場なども走っていて、
ちょっと人通りの少ない通りを散策するのも楽しかった。

異食文化の会、次回は先日私が学んできた薬膳料理の会をせねば~と思いつつなかなか実現できず;
メンバーのKさんの企画でドイツ人のご主人を持つ友人がドイツ料理を教えてくれる、というまさに異食文化に
うってつけの企画を取り付けてくれたので7月には「ドイツ料理の会」を開催することに。

コメント

絹延橋うどん研究所

2011-06-15 | 食・グルメ


先週末、行ってみたかった川西の絹延橋にある「絹延橋うどん研究所」へ訪れた。
以前はたまに行っていた香川へうどん屋巡り、ここずっと行ってなかったので久々美味しい讃岐うどんを食べることができるかな~
と楽しみにやって来た。





とてもうどん屋さんとは思えない外観のお店。
入り口の黒板には「本日のおかず売り切れました。」との文字が~
写真で見て「おかず」も美味しそう、と期待してたのでちょっと残念・・
まあ、閉店30分前の1時半にやってくるのが間違いだったのだが;






でも美味しいうどんが食べられればそれで十分!
私はぶっかけうどん旦那はしょうゆうどんを頼んだ。各500円。
大盛りも同額というのでもちろん;大盛りで。
ゆがき立てを味わってもらいたいとのことで注文を受けてからゆでられるうどん。
私たち以外はお客さんが誰もいなくなった頃にようやくうどんがゆであがり、店主の方が申し訳なさそうに運んで来られた。
少し黄色みがかかった麺は兵庫県小野産の小麦粉と香川のさぬきの夢2000のブレンドで作られているのだそう。
もっちりとした弾力のある麺が美味しい~、お腹もすいていたので夢中になって完食。
ゆっくりして行ってください、と店主の方が話しかけてくださった。





店内にもおいてあった、さとなおの「うまひゃひゃさぬきうどん」、私たちはこの本がきっかけで10数年前、
香川へうどんを食べに行くことになったのだが、こちらの店主さんもまさにこの本がきっかけで毎週のように香川へうどんを
食べに通うことになったのだとか。
そして、香川のうどんやさんでの修行を経て、自宅で修練を積み、この3月にお店をオープンされたのだそう。
更に進化を目指して研究中とのことで、店名には「うどん研究所」とネーミングされたとか。





お店のこだわりは、ゆっくりくつろげるうどん屋さん、とのことで
うどん屋らしからぬカフェ風の外観に内装。
こんな風にオープンテラスも設けられていて、
うどんを食べた後は2階ではゆっくりお茶ができるようにもなっている。
又メニューにはうどんだけでなく契約農家から仕入れた旬の野菜を中心に栄養バランスを考えたおかずが4品用意されている。
香川でうどんを一日食べて周っていた時、野菜が足りてない~、と思ったことがあったので
うどんと野菜の組み合わせ、とてもいいかも~
雑誌リシェに載ったばかりだそうでこの日もお客さんが大勢来られたそう。





こちらは五月山と猪名川が見渡せる2階のカフェ。
時々ライブハウスにもなるのだとか。

久々にピチピチとイキのいいうどんを食べて私のうどん魂?にも再び火がついてしまった~
今度はおかずも目当てに早めの時間に来店せねば。
コメント