件名なし


Z9 + NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

大きな画像

件名欄には「件名なし」、本文欄には「このメッセージには本文がありません」と表示されるメールが来る。
毎日のように、何通か送り付けてくる。
題名も内容もないのだ。
意味が分からず気味が悪いが、とにかく危ないメールだろうと思い削除している。
同じようなメールを受信されている方が他にもおられるだろう。

ご存知かもしれないが、このメールは、送り先のメールアドレスが生きているかどうかを、確認するメールなのだそうだ。
すでに使われていないメールアドレスの場合、送り付けてきた相手側に、使われていない・・というメッセージが出る。
その情報をメールリストに反映させて、リストの精度を高めて、迷惑メールの業者に売りつけているらしい。
やはりこういうリストも、質が高くないと、信用問題にかかわってくるのだろう(笑)

いずれにしても、悪意あるメールである。
この手のメールをブロックするフィルターの設定方法もあるようだが、いろいろ面倒である。
とりあえずは片っ端から削除するしかないか・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

氷川神社


Z9 + NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

大きな画像

先日大宮にある氷川神社に行った。
埼玉県の一宮であり、もっとも社格の高い神社である。
全国の氷川神社の総本社であり、実際とても立派な神社である。
隣には広大な大宮公園が繋がっている。

以前もここの神社でご祈祷をお願いした。
その結果、ここはご利益が高い・・というイメージを持った。
またここで引いたおみくじも、内容が当たっていて驚かされた。

自分と相性がいいのかもしれない。
これはしっかりお詣りしないといけないな・・・
というわけで、今後も定期的にこちらに伺おうと考えている(笑)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

何回打った?


Z9 + NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

大きな画像

かかりつけの先生に、新型コロナのワクチンを、何回打ったかと聞かれた。
7回打っている。
基礎疾患のある者として、打てる機会はすべて打ってきた。

今後はどうするのか?と聞かれた。
確か有料になるとか聞いたような・・・
先生は「多分7千円くらいかかるよ」と言う。
「意外に高いですね・・・」

価格を聞くと、ちょっと考えてしまう。
それだけ出しても、打ったほうがいいのだろうか・・・
「先生は打つべきだと思いますか?」と聞いてみた。

「うーん・・・難しいところだね・・・」
珍しく先生も、こうすべきとはっきり言わない。
コロナも毒性が薄れて、インフルエンザと大差ないレベルになっているので、ワクチンの接種が必要かどうかは、微妙なところのようだ。

ただ世間では、新型コロナがまた流行っているのは確かである。
ここのところ多くなっているよ・・と先生が言っていた。
先日の同窓会では100人近く集まったが、直前になってコロナ感染が発覚して3人が欠席になった。
メンバーにワクチン開発に関わった人がいるのだが、3%の感染率とは憂慮すべき数字だと言っていた。

自分自身は、現在もそれなりに免疫力がある・・ような気がしている。
しかし最後にワクチンを打ったのは昨年の10月であるし、当然時間と共に免疫力も落ちていくであろう。
ここは少し様子見かな・・・
今後コロナの特性が急変することもあるだろうから、慎重に状況を観察しておく必要はあるだろう。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

天気のいい日


Z9 + NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

大きな画像

天気のいい土曜日に、カメラを持って出た。
いつもの装備で、レンズは50mmf1.2の1本だけ持って行った。

別の用事で出かけたのだが、途中で何枚か撮影しよう・・と考えていた。
ここで使う画像が10日分くらい撮れれば・・と思っていたが、終わってみると1か月半分くらい撮っていた。
やはり光が豊富な日は撮影していて楽しい。

一方今日はまた寒くなり、一日中雨が降っていた。
風の吹きつける駅のホームに立っていたら、手がかじかんでしまった。
裏地の付いたL.L.ビーンのフィールドコートを着て出たが、下にユニクロのインナーも着ないと寒かった。

昨日とはえらい違いだ。
この天気では撮影する気持ちにはなれず、カメラは置いていった。
昨日のうちに撮影しておいてよかった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

児童遊園地


Z9 + NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

大きな画像

ちょっと用があり、埼玉県の大宮公園の中を横切った。
その途中、児童遊園地という子供の遊び場所があった。
正式名称は「児童スポーツランド」という、いかにも昭和っぽいもの。
レトロな遊具がいくつか置いてあるだけの小さい遊園地である。

ビックリしたのは、ここに置いてある遊具である。
ひょっこりひょうたん島の遊具が置いてあるではないか・・・
ドン・ガバチョなんて、遊んでいる子供の親はおろか、その親も知らないのではないか?

それだけでなく、佐藤製薬のサトちゃんの遊具や、旧式のムックとガチャピンの遊具などもある。
しかもどれも現役で動いているのだ。
これは意識してレトロ調のものを集めてあるのか。
それとも更新されないまま時間が過ぎてしまったのか・・・

公園内の売店の食事や、扱っている子供向けの玩具類、ガチャの景品など見ると、何十年前から時間が止まってしまったようにも見える。
何か凄いところに来てしまった。
もっとも子供たちは、そんなことお構いなく楽しそうに遊んでいた。
テレビゲームよりよほど健全に見えた。


(Z9 + NIKKOR Z 50mm f/1.2 S)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

運送料金


Z9 + FTZ + AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

大きな画像

運送料金が一斉に改定される。
いわゆる物流の2024年問題である。
4月から多くの運送会社が値上げをする。

会社にも何社かから通達があった。
昨日は大手の運送会社から新価格表が届いたが、内容を見ると、予想ほどの値上げではなかった。
聞いてみたら、実はまだどうなるか分からないのだという。
実際に運用してみないと、何がどうなるのか、まったく予想できない。
そのため、今後また価格が改定されるかもしれないとのことだ。

現在の過酷な労働環境を改善するために、長時間の労働を規制するので、遠方に送るものほど影響を受ける。
その価格表を見ると、同じ関東の中はそれ程でもないが、遠方に行くほど値上げの幅が大きくなっていた。
今まではひとりのドライバーが夜中に走って運んだりしていたが、労働時間の規制によりそれが許されなくなるので、人件費も時間もかかるようになる。
詳しくは分からないのだが、関東から出荷すると、距離や時間から計算して、関西あたりより遠方に運ぶものは、今までのやり方では輸送できなくなるのではないか。

実はすでに数年前から、九州など遠方に送る路線便は、主にJRコンテナなどを利用するようになっていた。
その分輸送時間はかかり、到着まで一週間ほど要するのだが、九州の得意先はまあ理解してくれていた。
ただそのやり方でも、ターミナルまでの輸送には車を使うし、運送会社もこれを機に値上げを要求してくるだろ。

2024年問題は、公けには労働環境を改善して、深刻な人手不足を解消する・・という目的のものである。
しかしドライバーには残業代で生活している人達が多いので、皮肉なことに、この収入では生きていけないのでもう辞めようと思う・・という、まるで逆の話も何度か聞いた。
それに労働環境を改善したとしても、それで新しい人材が集まるのかどうかは、まだ分からないようだ。
車で寝泊りしながら運ぶ、昔のトラック野郎みたいなドライバーは、もういなくなるのかもしれない。
何だか将来の無人輸送を視野に入れた上での、法改正のようにも見えるのだが・・・

ネット社会では流通が命になる。
輸送にコストがかかり過ぎると、運用が成り立たなくなる。
今はちょっとした小物までインターネットで購入しているが、今後は輸送費の方が商品より高くなってしまう可能性がある。
低価格帯の商品は、既に利益がほとんど出ない価格で販売しているので、運送コストの上昇分の吸収は難しい。
これをきっかけに、多くのアイテムがまた値上げすることになるのだろう。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

修正


Z9 + TECHART TZM-02 + LEITZ SUMMICRON-M 50mm f2

大きな画像

同窓会の集合写真は、総勢100人ほどの大人数での撮影になった。
会場のホテルの前の広場に、程よい大きさの踊り場があるのを、幹事役の友人がみつけていた。
上から見下ろすように撮影ができて、集合写真を撮るのにピッタリであった。

撮影する責任上、僕も見ておこうと、2度ほどその場所に足を延ばした。
レンズは24mmくらいがちょうど良さそうだった。
実際当日は、集合写真のために24mmの単焦点レンズを持っていった。

100人近い人達を一度に撮るとなると、全員がいい顔になる瞬間というのはまず無い。
ひとりずつならいい顔になる時があっても、シャッターを押した瞬間に100人全員が揃うなんて、計算上でも奇跡に近い。
結婚式の集合写真でも、何枚か撮って修正するのが前提になっているが、今回もそうせざるを得ない。
そのためにもカメラを三脚で固定して、何枚も撮影する必要があった。

かなりの枚数撮影したが、案の定、完全なものはひとつも無かった。
まずは一番多くの人が、まともにカメラの方を向いている写真を選んだ。
それをベースに修正していくしかない。

全員が笑顔で‥と言っても、そもそも笑うのが苦手で、かえって不自然な顔になってしまう人もいる。
ちゃんと目を開けて、カメラの方を向いていればいいだろう。
ひとりずつの顔をチェックして、これは直すべきだな・・という人を選出した。
その結果、3人が修正対象になった。

ひとりは完全に下を向いてしまった人。
たまたまシャッターを押した瞬間、100人のうちひとりだけが、下を向いていた。
(この人は確か40数年前の卒業写真の時も下を向いていた)
その前後に撮影した写真では、ちゃんとカメラの方を向いていたので、そちらから持ってくることにした。
同じ位置で撮影しているので、難なく合成することが出来た。

もう一人は、頭の毛に少し問題がある人。
上から陽の光が当たっているので、それが目立ってしまっている。
年齢から言って、自分も含めて仕方が無いのだが、ここはそっと修正してあげることにした。
恐らく当人は、意外に目立たなかったとほっとするだろう。

もうひとりは、何故か顔がやけに黒っぽく写る男性。
理由は分からないのだが、室内の写真でもこの人だけ他の人よりかなり黒く写る。
まあ単純に顔が黒いだけなのかもしれないが、これも不自然でない範囲で明るめに調整しておいた。

もちろん当人たちには内緒である。
そこまで修正して、まあまあ完成度の高い集合写真になった。
それを何食わぬ顔でFacebookに載せた(笑)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

儲け役


Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

大きな画像

高校の同期生と言っても、よく知らない人も多い。
何となく見覚えがある・・という程度の人もいる。
特に僕のように、特定の人としか親しく付き合えないタイプの場合は、余計にそうである。

学生時代は、一度も話さなかったのに、卒業後に交流を持つようになった人も多い。
これは面白い現象である。
やはり大人になって、立場や関係が少し変わったこともあるのだろう。

とは言え、何十年も経って、久々に同窓会で会っても、話すことが無く困っている人もいる。
懐かしいのは確かだが、あまり共通の話題が無く、何となく話が途切れてしまう。
無言の時間の気まずさは、けっこう辛いものがある(笑)

グループに入れず、黙ってひとりで立っている人がいた。
実は高校時代には、時々話していたやつだ。
写真を撮った僕に「お前はいいよな」と言ってきた。
「写真を撮るやつは、それだけで優遇されるんだから、得な役目だな。俺なんか、こういう場に来ても、何を話していいか分からず、突っ立っているだけだよ」

鋭い指摘である。
言われてみてはじめて、なるほど撮影係って儲け役なのかな・・と思った。
参加者全員を撮らなければならない。
という事は、参加者全員と話をすることになる。
男女問わず、ほとんど話したことの無い人とも、撮影が会話のきっかけになる。

「はーい、そこの3人撮るよ、こっち向いて」
「もう少し寄って」
「あーっ、目を瞑ったから、もう一枚撮り直すね」

・・などと、けっこう横柄な態度で話しても、許される立場になるのである。
その上、写真をFacebookに載せると感謝されるのだから、本当に得な役である(笑)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

楽しい作業


Z9 + TECHART TZM-02 + LEITZ SUMMICRON-M 50mm f2

大きな画像

同窓会で写真を撮っていると、皆が心配して、何か食べろと言う。
中にはお皿に食べ物を取ってくれる女性までいた。
身体の心配もあるだろうが、やはりああいう場でひとりだけ違う事をすると周りが気にする。

まあ人から見れば、割に合わない仕事をさせられているように見えるのかもしれない。
皆大人だから、そういう人がいれば当然気にする(笑)
ただ当人は好きで写真を撮っているわけで、それほど負担に感じていたわけではない。

むしろあまり食べたり飲んだりして、撮影に支障が出る方が困る。
特に飲んでしまったら、もう写真を撮るのは厳しくなるであろう。
まあ、ちょうどダイエットしているのだし、少しくらい食事を控えるのは悪い事ではない。

確かに重労働ではあるが、こういう作業は楽しくて仕方が無い。
懐かしい友人と話すのは確かに楽しいが、彼らのその時の顔を記録するのもまた楽しいのだ。
会に参加できなかった人も、Facebookを通じて現場の雰囲気を味わうことが出来る。

というわけで、最初から最後まで写真を撮っていたわけであるが・・・

会が終わって現像処理を始めると、その枚数の多さに少々閉口している。
選別しても、やはり相当な数になる。
毎晩会社から帰ってから寝るまで、ずっとその作業に勤しまなければならない。
撮影当日に負けない仕事量である(笑)

しかもただ現像するだけでは済まない。
トリミングしたり、色を補正したり・・・1枚の加工にけっこう時間を要するのだ。
これは次回のために書いておこうと思うが、撮る段階でもう少し選別するべきだと思った。
1枚にかけられる時間にも限界があり、多すぎると手に負えなくなる(笑)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

同窓会


Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

大きな画像

土曜日に高校の同窓会があり、写真の撮影係をかねて参加した。
3次会まで付き合って、皆の写真を撮影した。

もっとも3次会では疲れてしまい、撮るのをやめて、飲んだり食べたりしていた。
1次会、2次会でほとんど食べなかったので、流石にお腹が空いたのだ(笑)
お陰で日曜日は、何だか疲れてしまい、一日ぐったりしていた(笑)

700枚くらい撮った。
もちろん撮ったデータすべてを採用するわけではなく、選別して現像していくのだ。
それと修正もそれなりに入れている。(これが大変なのだ)
恐らく最終的には200~300枚くらいになるだろう。

現像したデータはFacebookにアップしていく。
高校時代の同期だけのグループがあるのだ。
同期のメンバーが共有して見られるようになっている。

毎日帰宅してから、写真の現像の作業に取りかかることになる。
そのため、ここを書く時間がちょっと取れない。
何日間かブログは少し端折ると思うのでご勘弁願いたい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ