Capture One


FUJIFILM X100V

大きな画像

フジのカメラで撮った画像は、今まで「FUJIFILM X RAW STUDIO」というソフトウエアでRAW現像していた。
カメラ本体をパソコンにUSBで繋いで、カメラ内部の画像処理エンジンを使って現像するという非常にユニークなソフトである。
それに特化した仕組みを利用し、効率的かつ正確に処理しようということだ。

しかしいちいちカメラをパソコンに繋ぐのは、時には面倒でもあった。
カメラはカメラで充電したりカバンに詰めたりと、翌日以降も持って行く準備をしなければならない。
パソコンに繋いで現像に使おうというのは、そのまま家に忘れてしまう可能性もあり、一長一短かな・・と感じていた。

当然普通にパソコンで現像処理を行うソフトもあるのだろうと、FUJIFILMのサイトを見てみた。
すると「Capture One FUJIFILM」と「RAW FILE CONVERTER EX powered by SILKYPIX」という2種類の現像ソフトがある事が分かった。
どちらもパソコンで現像する一般的なソフトで、無償で提供されている。

そこでまずはCapture Oneの方をダウンロードして使ってみた。
このソフトは、確か10数年前に少し使ってみたことがある。
ダウンロードの際にメールアドレスを入力するのだが、案の定そのIDは過去に登録されているとメッセージが出た。
だいぶ前なのによく覚えていてくれた(笑)

今回のソフトはFUJIFILM用の限定バージョンで、フルバージョンは有料になるようだ。
まだ直感的にいじってみただけなのだが、なかなか具合がいい。
個人的には、カメラをPCに繋ぐソフトより、こちらの方が使いやすいと感じた。
もう一つのSILKYPIXの方も、近く試してみようと考えている。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アフォガート


Z7 + NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

大きな画像

アフォガートというスイーツがある。
バニラのアイスクリームやジェラートに、いれ立ての熱くて苦いエスプレッソをかけて食べるのだ。
ジェラート屋さんでこれを作ってくれるので、昔から行くたびに頼んでいた。

そこはイタリア系のお店で、美味しいジェラートや濃いコーヒーを出してくれる。
アフォガートも扱っているのだが、メニューの端っこの方にひっそりと載っているだけだ。
そのためお客さんのほとんどはこれに気付かず、ジェラートばかりを注文している。

何しろジェラートとエスプレッソ両方の専門店なので、これらを掛け合わせて作るアフォガートは、本格的でかなり美味しいのだ。
イタリア製のマシンでいれた熱いエスプレッソをかけると、ジェラートがサッと溶けて、苦みと甘みの混ざった絶妙の味になる。
これを知らないなんて勿体ない話だ。

まだ世の中で一般的でない頃は、アホガードなどと書いてあった。
最初はアホなんて変な名前だな・・と思ったが、逆に特徴的なのですぐに覚えた。
最近はさすがにその名称は使われなくなり、アッフォガートとかアフォガートと表記されるようになった。
その方が本場の発音にも近いのだろうが、食べ物にアホと書くのも気が引けたのだろう。

先日久しぶりにそのお店に行った。
新型コロナのせいで、随分と行くことが出来なかったのだ。
しばらく食べていないが、あのアホ・・・を食べようと思った。
アホ・・何だったかな。
久しぶりなので忘れてしまった。

レジの女性に何にするか聞かれた。
名前を度忘れしてしまい、
「あの・・・アイスにエスプレッソをこうやってかけて食べるやつ、名前は何て言ったかな・・・あれまだやっていますか?」
と聞きながら、器に入ったエスプレッソを、アイスにかける真似をしてみせた。

「ああ、あれですね。やっていますよ。ええと・・・」
ほとんど注文する人はいないのか、女性も名前を忘れてしまったようだ。
「えー・・・」
一生懸命思い出そうとしている。

女性もやはり、アホで始まる名前と憶えていたようだ。
「アホ・・・アホ・・・アホ・・・」
そこまで言って出てこない。
「アホ・・・アホ・・・アホ・・・」

よほど関西風に
「アホいうな!」
と突っ込もうかと思ったが、恐縮されても困るのでやめておいた。
でも言ったら多分受けただろうな・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

秋分の日


Z7 + NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

大きな画像

午前中は会社に出て仕事をした。
車で帰宅して、自宅前でMrs.COLKIDを拾い、そのままお墓参りに行った。
お寺まで家から30分ほどの距離だ。
これだけはしておかないと・・・

お墓参りを済ませ、そこから今度は日本橋に向かった。
デパートに品物を受け取りに行く用事があるという。
お寺から車で30分ほどで着くのだが、デパートの駐車場に入れるのに少し並んだ。

人が大勢いる売り場を歩くのは嫌なので、僕はカメラを持って外に出て、周辺を散歩した。
天気が良かったので楽しかった。
それなりの枚数を撮ったが、いつもと同じコースなので、似たような写真ばかりだ(笑)

そう言えば重い50mmf1.2を持って歩いても、全然苦ではなかった。
やはり数キロ痩せたお陰だろうか。
今後は痩せるだけでなく筋肉もつけないと・・・

今日は電車を一切使わず、一日車で移動した。
毎日結構な距離を運転しているせいか、ほとんど疲れは感じなかった。
やはりこれからは車での移動が基本かな・・・

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

寝落ち


Z7 + NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S

大きな画像

完全にグッスリと寝てしまった。
ふと目が覚めて、そろそろ朝かな・・と思ったら、まだ昼間の服装だったので驚いた。
ベッドの上で横になって、そのまま深い眠りの世界に入ってしまったようだ。

どうしてこうなったのか・・と考えても、よく覚えていない。
食事をして、ちょっと休もうかな、と思ったのだろう。
眠くて仕方がなかったので、記憶の方も不鮮明だ。

このちょっと休む・・というのが良くない。
まずそのまま深い眠りに陥り、数時間は寝てしまう。
しかし身体からの要求なので、無理して必死になって起きているのもどうなのだろう。
睡眠のリズムを狂わせてしまうのは良くないのでであろうが・・・

それにしても、いつも起こしてくれるMrs.COLKIDは、今日は何をしているのだ。
と思って起きて行ったら、居間のソファーでぐっすり寝ていた。
どうやら夫婦で寝落ちしてしまったようだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


Z7 + FTZ + Ai AF-S NIKKOR ED 400mm F2.8D(lF)

大きな画像

今夜の中秋の名月は、8年ぶりの満月だと言うから、皆が写真に撮るんだろうな。
・・・と思っていたが、ふと見上げると、月の周りに何やら怪しげな雲が出ている。
それに呼ばれるように、僕もカメラを持ってベランダに出てしまった。
まるで神霊たちが月を取り囲んで話し合いをしているようだ。
これは精霊写真家の出番かもしれない(笑)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

敬老の日


D4 + AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

大きな画像

今日が休日である事は聞いていたが、直前まで敬老の日とは知らなかった。
オリンピックで休日を変更して以降、カレンダーも信用できなくなり、もう何が何だか分からなくなっている。
まあ、もともと僕自身が休日に疎いこともあるのだが・・・
今週の赤い日は本当に休むのかどうか、カレンダーを指さして社員に確かめるような状態だ。

休日ではあったが、午前中はひとり出社して仕事をしていた。
しかし、早めに帰ってきて欲しいとMrs.COLKIDからメールが届いた。
お弁当を買ってきたので、母親を招待して二人で食べるつもりだったらしい。
ところが僕が帰ってから三人で食べたいと母親が言っているという。

そこで仕事は程々で切り上げて、帰宅することにした。
幸い道はそれほど混んではおらず、スイスイと順調に帰宅できた。
お弁当は東京吉兆の敬老の日専用のちらし寿司だそうで、数日前に予約しておいたものだという。
さすがに美味しかった(笑)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

半分


Z7 + NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

大きな画像

備忘録であるが、昨日は床屋に行った。
もちろん電車は使わず、会社の帰りにそのまま車で行った。
銀座は意外に人出が多かったようだ。
駐車場が空いていなくて、東銀座の方まで行ってやっとみつけた。

床屋も予約で埋まっていた。
指定の時間より早めに着いたが、空いているかと思ってお店に行ったら、少し待たされる結果となった。
いくつかある椅子もすべてお客で埋まっていた。
先月行った時と様子がまったく違う。

しかし活気が戻ったわけではない。
帰りに街の様子を見ながら歩いたが、まだピーク時の半分くらいか。
新型コロナの第5波は収まりつつあるが、多くの人が第6波が来ることも承知しているだろう。
コロナとともに生きる(しかない)生活に、シフトしつつあるのを感じた。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

保護色


D850 + Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D

大きな画像

台風の強い雨の中、会社に到着すると、壁のアマガエルの色が変わっていた。
カエルのいる位置から言って、多分3日前に載せた画像と同じカエルなのだが・・・
鮮やかなグリーンから、くすんだグレーのまだら模様に変わっている。

他のカエルはグリーンのままだ。
この1匹だけが、体色をグレーに変えようと判断したようだ。
個体差があるのは当然なのだが、当人が意識して変えているものなのだろうか・・・

実はこのカエルは、最初から体色が変化しやすかった。
1匹だけ中途半端に白っぽくなったり、まだら模様になったりしていた。
ご覧のように、変化前の体色であった緑色が、体の一部分にまだ残っている。

そもそも白い壁にいるのに、グリーンの保護色というのもおかしいのだ。
これでは目立ちすぎて保護色になっていない。
アマガエルは白くなることも出来るはずなのに、なぜかこの壁にいるカエルのほとんどがグリーンになる。

恐らくカエルは自分の目から入る周囲の色情報から判断して、体色を変化させているのだろう。
しかし肝心の自分が留まっている壁の色は、あまり判断材料に入っていないのかもしれない。
このカエルが、台風の鉛色の雲や大雨に翻弄されてその色になってしまったことを考えると、自分の背中側の色に強く影響されているように見える。

カエルの気持ちになって、壁際に立って外側を見てみると、確かに周囲には緑色のものが多い。
グリーンの帆布で作られたテントや、芝の生えた月島が見える。
それでいつもは仕方なくグリーンを選んでいるのか・・・
壁の色は白くて周囲には緑があって・・と、ここはカエルにとってはかなり複雑な環境なのだ。

このカエルは、恐らく朝になり明るくなってきたら、大雨で周囲がグレーに見える事に気付き、慌てて体色を変えたのであろう。
この1匹だけが敏感なセンサーを持っているとも言える。
まあいずれにしても不正解で、この色では目立ってしまい、保護色になっていないのだが・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ソアラ


Z7 + NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

大きな画像

道を走っていると、前を古いソアラが走っていた。
まだ角ばっていた頃のクーペだが、よく見るとリアにわずかに丸みがあるので、多分2代目であろう。
珍しいな・・・
僕が大学生の頃は、もっとも人気が高かった車である。
かつてあれだけ走っていた車が、今は数年に1度見るかどうかだ。

最初はソアラとは分からず、古い車だけど何だろう・・と思った。
リアのSOARERというリアエンブレムを見てはじめてそれと分かった。
左側にはGTツインカム24と書かれている。
確か低回転のトルクがないと言われたエンジンだ。

今となっては特徴のないデザインで、見てすぐにソアラだとは気付かなかった。
丹精ではあるが個性がない。
最初は古い角張ったクルマの一種・・にしか見えなかった。
あの頃はこれが一番かっこいいと思っていたので、時代は相当変わったということだろう。

しかもそれがただのソアラではない。
ノーマルならもうクラシックカーの領域かもしれないが、そのソアラは大分改造が入っていた。
車高を大幅に落として、太いタイヤはハの字型に開いている。
フェンダーも左右に張り出しているが、タイヤはさらに外に出ているように見える。
排気系にも手を加えているようで、ボボボ・・と低いエンジン音を響かせながら、地面を摺るように走行していた。

これは暴走族仕様だな。
どんな人が運転しているのだろう・・と思い、追い抜くときに運転席を見てみた。
一瞬しか見えなかったが、意外にも白髪の品の良さそうな男性が運転していた。
エッと思いながら横をすり抜けて行った。

助手席のMrs.COLKIDにその事を言うと、僕と同じように、ソアラだ・・と思って、その車を見ていたという。
暴走族かと思ったら、どちらかと言うと左翼系に見える白髪の紳士が運転していた・・と僕が言った。
すると、見かけでは分からない、そういう人に限って若い頃は暴走族だったりするものだ・・などと言う。
いや、友人に若い頃暴走族のリーダーだったやつがいるが、彼は目つきが鋭いから分かる・・などと、しばらくソアラのオーナーに対する勝手な憶測で議論をした。
コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )

セミナー


Z7 + NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

大きな画像

人に頼まれて、ライブ配信のウエブセミナーを受けた。
毎年大きな会場を借りて開いていたが、コロナでそれが出来なくなった。
そこで今年はウエブを利用したセミナーに切り替わったという。
ウエブと言っても千人近い人が参加して聴講しているという。
僕は会社の応接室にひとりでノートパソコンを開いて受講した。

けっこう有意義なセミナーで、内容が充実しており受けて良かったと思った。
コロナ禍で急激に世の中が変化しており、どうしたらいいのか分からない事も多い。
今回のセミナーでは、今後どのようなことが起こり得るのか・・について、それぞれの分野の専門家が講義してくれた。
具体的に現場に携わる人たちの話が聞けたことは大きい。
それなりに方向性が見えてきた事もあった。

大きなセミナーなので、講師は素人ではなく、ちゃんと名の通った人たちであった。
政府の委員会にも名を連ねているので、恐らく日本政府の考えにもある程度沿っているはずだ。
しかし内容が多彩過ぎて時間が足らず、詰め込んだ情報量が多すぎて、ここに全部を書くのはちょっと難しい。
僕も途中で疲れてしまい、最後はあまり頭に入ってこなくなった(笑)

講師の一人は災害の専門家であったが、手元にある講義のメモから一部抜粋すると、以下のような内容になる。
(カッコ内は自分の考えを書いたもの)

・新型コロナの前にもSARSやMERS、エボラなど、数年おきにパンデミックが発生していたが、何とか抑え込んだのでここまで問題にならなかった。昔だったら大勢亡くなっていたはず。(まるで人類を減らすことが目的で次々に出てくるみたい)

・地球上の哺乳類に占める人類の比率は36%、家畜を入れると96%で野生動物は4%に過ぎない。COVID-19がコウモリが起源の可能性は高く、野生動物と人間が近すぎる事が感染拡大の原因になっている。(中国起源説はどうなった?)

・新たに計算したところ、85%-90%の人がワクチンを接種しないとコロナは抑えられないという結果が出た。(8割接種済みのシンガポールでまた感染が広がっているというニュースを聞いたばかり)

・集団免疫で新型コロナを抑え込むのはもう難しいので、インフルエンザと同じように毎年ワクチンを打つ形に落ち着き、コロナと人類が共存する時代になる。

・今後は人口はどんどん減少していくので、企業はそれを意識した製品開発が必要。(今まで国は人口を増やそうとしていたが、もう時代は変わっている?)

・今世紀末には東京の気温が45度近くになり台風の風速が90mになる。そのような映像がYoutubeに出ているが、これは予想の平均値で出しており大袈裟な数字では無い。四角い建築物はすべて破壊されるレベル。(家屋は新幹線のような流線型になるかも。あるいは地下への移住しかないか)

・これから大地震、噴火など多くの災害が控えているが、現時点で地震は北方領土の近辺が一番エネルギーが溜まっていて危険な状態。

・噴火の火山灰はガラスの成分が多く、目を手で擦っただけで失明することもある。非常に厄介なもので、粉塵用のマスクも持っていたほうがいい。

・基本的に災害による死亡は、焼死、溺死、圧死の3つにまとめられるので、学校ではこれらを避ける教育をしていくべきではないか。

・・といった感じである。
たとえ明日がないと分かっていても前進し、人類が手詰まりに陥るのを何とか防いでいく・・という考え方だった。
僕とほぼ同世代の方だったが、「これからの時代、正直なところ自分も天寿を全うできるか分からない」と語ったのが印象的であった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ