Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

謙虚

2021年06月19日 | Weblog

自分にも気がつかぬところで、

判断に誤りがあるかもしれないという気持ちが、

本当の意味で自分の心の中にあるのなら、

人は謙虚になると思います。

自分は悪くないという発想は、

所詮は限定的で狭いものであって、

相手を責める姿勢を生み出します。

そして、責める者は、映し鏡のように、

同じようにいつか誰かに責められるしかなくなります。

 

全体をより良きものにしていこうという

大きな視点に立てば、

後に残るのは、

自分に何ができるのかという発想だけです。

 

しかし、そこにたどり着くまでには、

多くの時間と心の修行が必要です。

下座に生きる覚悟が必要なのだと思います。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« エクスプレッションアカデミ... | トップ | 君子固より窮す »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事