Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

酔生夢死

2021年04月06日 | 教育

多くの人は酔生夢死の人生を過ごしていく方が良いようです。

志の大切さなど知りたくもないと思う人たちです。

しかし、それでも私は志の大切さを伝え続けようと思います。

なぜならそれは、日本の未来のためだからです。

自分のことしか考えない人が多くなったと感じます。

それなのに、

自分はそんなことはないと思う人も多くなりました。

「病膏肓に入る」という状態に思えてなりません。

思考が浅い自覚がなく、恬として恥じることがないのです。

まぁ、私が叫び続けられるのもあと10年ぐらいでしょうか。

死ぬまでやりますし、

死んだ後も叫び続けられるように、本を書きます。

それでも酔生夢死の人生にしかならないかもしれません。

だから、やはり志が大切なのだと思います。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 人のこころすなほならねば ... | トップ | 山に思う »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教育」カテゴリの最新記事