Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

学びの道

2022年06月17日 | Weblog

「学びの道」には終わりがないと思います。

学んでも、学んでも、学びきれません。

自分を磨こうと日々努力を重ねても、十分には磨ききれぬままに、人生の時間は終わりの時を迎えます。近江聖人と言われた中江藤樹でさえ、「私は立派な人間にはなれなかった・・・。」と言って、息を引き取ります。(映画『中江藤樹』の話です。笑)

だからこそ、日々を真剣に生き抜かなければならないのだと思います。

学んだことを本当に身につけるということは、学んだことが、自分の考え方と行動の一部になるということです。

そうなっていなければ、つまり、身についていなければ、やはり、学んだとは言えないのです。学んだような気になって、何の変化もないのであれば、それはただの自己満足でしかありません。

この厳しい道を、笑顔で歩んでいこうと思います。

能力の無さが悔やまれますが、それもまた善しと思って進んでいきます。

 

 

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« バッカーズ九州寺子屋・卒塾式 | トップ | これから »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事