m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

フィリピン料理を検証する?会

2011-11-15 | 異食文化の会


昨日は先日異食文化の会で行ったフィリピン料理を検証?するため、
天六にあるフィリピン家庭料理のお店「カイビガン」へ皆で訪れた。
カイビガンはフィリピンの公用語、タガログ語で「友達」という意味だそう。





お店の内外にはフィリピン料理の写真付メニューがずらり。
私たちがついこの前、半信半疑?ながら作った料理、「シニガン」や「アドボ」「エンブティード」「ルンピアシャンハイ」「トルタンタロン」などなどを発見し、
「うおおぉ~」と大盛り上がり?!





ドアを開けて入るとお店にはフィリピン人のおばちゃんが一人、私たちをにこやかに迎えてくれた。

フィリピンのイワシのトマト煮缶詰が並ぶ。





ちょうどバイキングの料理を仕込んでいる最中だったおばちゃん、
私たち以外はお客がいなかったので必然的に?バイキング料理のランチに・・
三種類のおかずとスープ、デザート、ごはん、それになんとビールがついて980円。
ちなみにビールはIさんしか飲まなかったが・・

こちらのおかずは牛肉、ジャガイモ、玉ねぎが入った「ビスティ」という料理。
フィリピンの肉じゃがといったところか?!
しかし甘みはなくレモンのほどよい酸味とフィリピンの醤油の味付けがかなり美味しい。





私たちの貸し切り状態だったので、料理の味付けから調味料のことなどここぞとばかりおばちゃんに質問攻め。
フィリピンの醤油を見せてもらった。
シルバースワンというメーカーのポピュラーな醤油。





こちらは「カルデレータ」
野菜と手羽先のトマト煮だが、ほどよくココナッツミルクが効いていてマイルド。
これもかなり美味しい!





こちらはチャプスイという野菜の炒め煮。
あっさり目で少しナンプラーがきいている。





お皿に盛ったところ。
スープの「ティノラー」もとっても美味しい!
しょうがの風味と鶏肉のうまみが出ていて、とろりとした冬瓜と青梗菜がマッチしてるなあ。
フィリピンでは冬瓜の代わりにパパイヤを使うそう。

アミィさんというお店のおばちゃんはとっても日本語が上手で、時折混ざる大阪弁がかなりウケる~
私たちが先日開いたフィリピン料理の会の写真をアミィさんにも見てもらった。
料理の写真を見て、「私よりウマいなあ~」とお世辞も言ってもらえ
思い切りトッピングしまくった「ハロハロ」にも
「これ食べたいなあ~」とコメントもらえて私たちも大満足!





ちなみにハロハロに乗せた手作りの紫芋の「ウベ」はフィリピンではこんな風に瓶詰めのものも市販されてるそう。





料理の後のデザートは緑色のタピオカのココナッツミルクがけ。
この緑色がなんとなくフィリピンだなあ~

本場のフィリピン家庭料理、かなり美味しく、日本人の口にとっても合う。
お店は日本人のお客さんが大半なのだそう。
アミィさんにいろいろとフィリピンのお話を聞きながらフィリピン料理を満喫できた。





フィリピン料理を満喫した後は全長2.6km、日本一長いという天神橋筋商店街を端から端まで歩いた。





途中天満市場へ立ち寄ったり、お惣菜を物色したり・・
商店街の一番端っこまでやって来た。





端のすぐそばにあるレトロビルの藤原ビルにも立ち寄り、





大阪天満宮へも訪れ、我が子の学業成就を皆で祈った。





そしてIさんが調べてきてくれた天神橋筋商店街、完歩の証しの「満歩状」も皆でゲットすることができた!








コメント