すーさんの山日記

山と釣りとテレマーク
八幡平の登山情報

寒冷前線通過 10/8~10/9

2019-10-09 17:40:07 | 八幡平(無雪期)

台風19号接近のニュースで持ちきりですが、10/8~10/9は寒冷前線の通過で大荒れの八幡平。

黒谷地湿原近くの熊の泉は完全水没。

黒谷地湿原も奥の池塘が拡大しオーバーフロー。

黒谷地から源太森へ向かう登山道は完全に沢と化す。

昨日の雨は一段落し、今日は冷たい強風吹き付ける1日。昨晩は雪が降った様子で、建物の陰に少しばかり解けずに残っていました。いよいよ八幡平の初雪です。岩手山でももちろん積雪があったようです。

そんな寒さに耐えられず、木道の上で絶命したヒミズ。

これからの時期、急な天候の変化にも対応できるような服装でお越しください。

コメント (5)

自然公園保護管理員のお仕事 10/7

2019-10-07 19:04:04 | 八幡平(無雪期)

4月から始まった、八幡平の国立公園内の管理業務ですが、10月に入るともう残すところあとわずかです。管理業務に携わるのは、私たち自然公園保護管理員だけではありませんが、八幡平エリアでは最も仕事量をこなしていると言っても過言ではありません。

陵雲荘を始め、八幡平エリアの避難小屋の管理も我々の仕事です。細かく言うと、「そこはうちじゃない!」とか、「お前んとこだ!」とか各方面からクレームがあるところでしょうが、そこが縦割り行政の面倒なところです。自然保護行政にも構造改革が必要です。

八幡平エリアの避難小屋におきましては、概ね利用者の皆さんに綺麗に使っていただいていると思いますが、今後とも、使用後の清掃、薪ストーブの火の始末、戸締り、ゴミの持ち帰りにご協力お願いします。

岩手県の自然公園保護管理員担当の刈り払いは、刈り跡爽やかなので、すぐ分かると思います。展望がない時は、そんなところにも目を向けてみてはいかがでしょう?

必要があれば、石を組み直して登山道を補修したりと、なかなか忙しいのです。ただただ歩いて見て回ってるだけじゃないんですよ。

とは言え、手が回らないこともあり、歩きづらい箇所もあったりするかもしれませんが、今シーズンの管理員業務の残り日数をベストを尽くして、気持ち良く八幡平を歩いてもらえるように頑張ります。

コメント

黒谷地口〜茶臼口 10/6

2019-10-06 20:37:38 | 八幡平(無雪期)

霧雨そぼ降る週末の八幡平。生憎のお天気でしたが、アスピーテライン沿いには紅葉狩りの行楽客も多く、お天気の割には登山道上にも往来がありました。

煙る黒谷地。乾き気味だった湿原にも潤いが蘇る。

金曜からぐずついたお天気で、茶臼山荘へ向かう登山道はトレッキングシューズを洗いながら。

こういう雨の日はついつい嘆かずにはいられないですが、それも山。甘んじて受け入れるしかありません。

とは言え、ちょっと日が差して視界が開けてくれば嬉しいですね。現金なもので。。。キャッシュレス化の時代にもついていけません。

この時期恒例の登山道脇の笹のトリミングで、来年の灌木類の成長が楽しみです。

コメント

八幡平〜茶臼口 10/1~10/2

2019-10-02 18:45:54 | 八幡平(無雪期)

10月に入り暖かい日が続いておりますが、それでも朝晩は冷え込み、紅葉前線は確実にお里へ向け下っています。

遊歩道見返り峠WC付近から、モッコ岳の紅葉を遠く見る。アスピーテライン県境付近の紅葉はピークを過ぎる。 

このところの少雨で乾燥気味の八幡平。

草紅葉はピークを過ぎ、ノガリヤスがカサカサと音を立て風が通り抜けていく。

草から水分が抜けていくにつれ、黄金の草の波となっていきます。

アスピーテラインのモミ山付近は紅葉ピークやや手前。週末、お天気が良ければ、相当な人出となるでしょう。

このところの少雨で、黒谷地の熊の泉はかなり水が細くなってきました。

黒谷地から茶臼山荘へ向かう登山道。落葉が目立つようになってきました。

茶臼山荘から前山へ。前山あたりで紅葉のピークか?

前山から茶臼岳を振り返る。

前山を過ぎれば、アスピーテラインの茶臼口はもう間もなく。モミ山付近の紅葉が鮮やかになってきました。アスピーテライン茶臼口の駐車スペースは見通しの悪いところにありますので、駐車の際には十分な安全確認をお願いします。

コメント