すーさんの山日記

山と釣りとテレマーク
八幡平の登山情報

八幡平〜黒谷地〜茶臼山荘/御在所沼遊歩道 10/28

2020-10-28 17:42:02 | 八幡平(無雪期)

アスピーテラインはこのまま冬季閉鎖になってしまうかと思いましたが、久しぶりにゲートがオープン。まだやり残した作業があり、ほっとしました。

懸命の除雪作業のおかげで、今日は路面もドライで、心配なくアスピーテラインの県境見返り峠まで上がってこれました。

ですが、登山道はほぼ雪の下。雪上歩きです。

遠く秋田駒ヶ岳、鳥海山の冠雪も望まれます。

アオモリトドマツの霧氷が美しくきらめく八幡沼周辺。

ガマ沼の水面は全面薄氷に覆われ、冬到来を感じさせます。

八幡平山頂。雪が降れば笹が倒れ、途端に歩きづらくなります。

鏡のような水面に霧氷を逆さに映す鏡沼。

未回収の補助看板を撤収した後、黒谷地へ移動。

黒谷地口から黒谷地の木道は薄く雪が乗っかってて恐怖。

この間、雪が解けたと思ったら、黒谷地の湿原もまたしばし雪の下。環境省のアクティブレンジャーのKさんが、デッキ付近に設置した来訪者のカウンターを外しにいらしてました。

茶臼岳への登山道もほぼ雪の下。

カモシカの親子の足跡が山荘方面から黒谷地へ続いていました。よく見れば、主蹄(前)、副蹄(後)よく分かります。副蹄があるから急斜面でも滑らず歩けるという話。

茶臼山荘のトイレのお掃除を済まし、手直しした看板を取り付け、急いで下山。

最近、アスピーテライン閉鎖の時は、御在所沼遊歩道の整備を熱心に取り組んでおります。このところ、泥んこにならない日はありません。午後からは、赤鳥居下の階段の泥濘解消のための側溝堀り。しばらくして、今日の成果を確認したいところです。

コメント (2)

八幡平〜安比岳

2020-10-19 20:56:34 | 八幡平(無雪期)

昨日は大変な人出となった八幡平。陵雲荘のトイレもさぞや汚れているだろうということで、自然公園財団のスタッフが先にトイレ掃除へ向かったところだったのでお手伝いへ。

山のトイレは水洗トイレではありません。案の定、大量の紙が詰まってギリギリのところまで来ていました。棒で突いてかき回して、バケツ何杯も大量の水を投入し、便槽内の処理は完了。便器のお掃除はスタッフの方にお任せして、我々は次の任務へ。

紅葉のピークも過ぎた平日の八幡沼湿原ですが、木道上の往来は途切れず。

今日の目的地は安比岳。外れてしまった山頂看板を取り付けにいきます。

安比岳分岐から安比岳までは所々泥濘もありますが、歩きやすくなってます。

安比分岐から安比岳の最低鞍部からは恵比須森が見えますよ。

鞍部からは胸突八丁ですが、大した標高差ではないので登りはすぐ平坦な道になります。

胸突八丁を登りきって少し行くと、登山道上の最高地点があります。1/25000の地図上の安比岳山頂は登山道が通っていないので、登山道上の最高地点に安比岳の山頂看板を設置しました。

設置した看板もありますが、今日は何個か補助看板の撤収したり、タイミングを見て冬支度も進めていきます。

源太森裏の階段のロープもすでに撤収済み。これは自然公園財団の担当分です。

アスピーテラインが閉鎖(11/4 17:00~)すれば、来春まで静けさを取り戻すことになります。

コメント

八幡平/茶臼岳 10/16

2020-10-16 19:34:28 | 八幡平(無雪期)

昨日の八幡平は雪が積もったようで、朝方は日陰に薄ら雪が残っているところもありました。

霧氷も見られ、紅葉がお里へ向け下降している間に、お山には徐々に冬が近づいていきました。

今日は遠く鳥海山、月山を望む遠望利く1日。秋になると、鳥海山が近く見えるようになるんです。

キスゲ通りの刈り残し区間を刈ってしまえば、今シーズンの刈り払いは完全終了。

刈った後は、熊手、竹箒で綺麗にして、歩きやすい状態にしてから終わります。八幡沼周辺の説明看板も回収して、いつ雪が降っても良いようにしておきます。

午後は茶臼山荘の雨水槽のバルブ切り替えと清掃。積雪でアスピーテラインが通行止になることも、これからは可能性として考えなければいけません。

配管を凍らせると、修理にお金がかかってしまうので、こういう作業は余裕をもって終わらせておかないといけません。

茶臼山荘から前山への景色はすっかり葉を落とし、お山の方も冬支度完了。

紅葉のピークは御在所周辺。

コメント

八幡平 見返り峠〜ガマ沼展望台 刈り払い 10/8

2020-10-08 19:45:36 | 八幡平(無雪期)

お天気の悪い時には、八幡平山頂遊歩道の刈り払いをおこなっておりましたが、見返り峠WCからガマ沼展望台の刈り払いがほぼ終わり。

曇天時の八幡平山頂付近は、今までのような薄着ではちょっと耐えられなくなってきました。

ここ数年、この区間の刈り払いも行っているので、笹が伸びても遊歩道にかかるような状態にはなりませんが、こういうものは適時毎年行うに限ります。

これぐらいにしておいても、来年の秋には上の写真ぐらいには笹が伸びるのです。

笹以外も蕗やアザミも適宜刈って、見た目もスッキリ。

見返り峠のWC前からアスピーテライン県境を俯瞰。WC掃除も行いました。

そして、キスゲ通りも八幡沼手前まで木道脇の刈り払い予定。なかなか暇になりません。

コメント

黒谷地/八幡平 9/26

2020-09-26 20:42:48 | 八幡平(無雪期)

台風から変わった温帯低気圧の影響で、昨夜からかなりの降雨がありました。大雨の後は、まず黒谷地木道のパトロールです。

雨の日の黒谷地の木道はものすごく滑ります。老朽化も進み、腐食箇所も多く、見るに堪えない状況ですが、昨日、危険箇所には応急的に足場をこしらえてきました。本来なら、木道もすっかり新しいものにして欲しいのですが、何せ予算的な問題があり、そうもいきません。十分に気をつけて歩いてください。

大雨の後は、浮き桟橋の様相を呈する箇所もあり、今日は思い切って水切り用の排水路の人力工事。

笹をかき分けながら、沢の方面へ水路を掘り、浮き桟橋状態もなくなりました。なかなか難工事でした。

ここ数日低温続きで、黒谷地湿原の草紅葉も進んでおります。

そして、黒谷地木道沿いの排水工事の後、八幡平山頂方面へ。残雪期の賑わいが嘘のように静まり返る鏡沼。紅葉が進んでいます。

ガマ沼湖畔のミネザクラも色づいています。

良い感じに焼き上がった焼き芋のような紅葉はトウゲブキ。

八幡沼湿原の草紅葉も、これまた一気に加速。

とくに、雨の日の草紅葉は色合いが鮮やかに浮かび上がります。

今日は、昼頃でも気温は一桁台。お天気によっては、フリースを着て、手袋にニット帽でもちょうど良いぐらいです。

お越しの際には、天気予報をよくご確認の上、防寒対策を怠りなく。

コメント

黒谷地口〜黒谷地湿原 刈り払い 9/24

2020-09-24 18:34:35 | 八幡平(無雪期)

昨日今日と黒谷地口から黒谷地湿原への木道沿いの刈り払いをおこないました。

7月にも刈り払いをおこなっていましたが、まだ花の時期であり、花を残しながらの刈り払いだと、けっこう笹が残ってしまいます。秋になり一通り高山植物も咲き終わると、モシャモシャ感だけ残ってしまいます。

来年のことも考えて、木道沿いをもう一度刈り払いをおこないスッキリさせます。

これからの時期、朝露であったり、霜であったり、木道沿いがモシャモシャしていると、足元がビジョビジョになります。スッキリさせれば、そういうことも避けられます。

このところの冷え込みで、黒谷地湿原の草紅葉は一気に進みました。

アスピーテラインからも近く往来の多いところなので、竹箒や熊手で綺麗に掃除も同時進行。

スッキリはしましたが濡れた木道は滑りやすく、腐食箇所も多く、十分注意して歩いてください。

黒谷地湿原の刈り払いの後は、御在所の遊歩道のパトロール。気温も下がってきて、五色沼はターコイズから緑色へと水面の色を変化させています。

昨年の出水で、木道周りに堆積した土砂を2日間かけて、除去した結果、ほとんど冠水区間がなくなりました。

コメント

御在所沼遊歩道 赤川河川工事 9/13

2020-09-13 17:35:03 | 八幡平(無雪期)

雨のため、なかなか終わらない刈り払い作業の手を休め、今日は御在所の赤川の人力河川工事です。

御在所沼湿原のエゾオヤマリンドウの盛りもやや過ぎ、日も差さず、肌寒く、本格的な秋の訪れを感じます。

五色沼の水面の色も、青から緑色へ変色してきました。

御在所沼遊歩道を横切るように赤川が流れていますが、その橋の前後で木道の冠水状態が続くようになってしまいました。昨年秋の台風で赤川が氾濫し、川床が高くなり、湿原内にも大量の土砂が流入しました。

まずは赤川の流路を湿原へ流れないように復旧作業。剣スコップで川床を下げ、両サイドを高くしていきます。

焼け石に水とも言えなくもありませんが、しつこく続けることが肝要です。

流路を復旧させても木道周りの水が引きません。。。。そこで、木道周りに厚く堆積した土砂をスコップで除去していくと、、、

効果覿面。木道の冠水状態がやっとなくなりました。今日は橋の沼側の冠水区間のみ。なかなか人力での作業は遅々として進みません。橋の向こう側、赤鳥居側の冠水区間の作業は次回の持ち越しです。

コメント

茶臼口〜八幡平 刈り払い終了 8/31

2020-08-31 19:38:57 | 八幡平(無雪期)

八幡平のメインストリート・茶臼口から八幡平までの登山道刈り払いも、やっと終わりました。

一昨日の暑さは何処へやら?今日はカッパを着てても肌寒いぐらいです。

八幡沼周辺はメインストリートの中のメインにつき、クマデや竹箒も使って刈り払った笹や草を綺麗にしていきます。

八幡沼湿原から沼へ向かう引き込み線木道も刈り払い。

沼の畔りまで出るとコーナーの2箇所が傾いたり、破損したりしております。十分注意して通ってください。

八幡沼湿原の木道沿いのノガリヤスは刈りません。風になびく草の波の風情を感じて欲しいですね。

もう8月も終わり。少しずつ色づいていく草紅葉。

コメント

八幡平〜茶臼口 8/20

2020-08-20 18:34:29 | 八幡平(無雪期)

今日は八幡平から茶臼口まで、陵雲荘、茶臼山荘の掃除もしながらのパトロール。

高山植物の最盛期も終わり、ハイカー、行楽客の往来も一息ついた感のあるアスピーテライン県境見返り峠。

暦では秋。山も秋の気配を感じられるようになりました。

八幡沼湿原のノガリヤスは草丈が高くなり、湿原に立体感が現れます。風になびく草の波。ひと月と待たず黄金の原となるはず。

源太森手前は笹類が伸びモシャモシャ感が出てきましたが、お天気の様子を見ながら安比岳分岐から源太分れまでの刈り払いも早めに終わらせたいところです。

源太森から安比岳分岐への下りの階段。お花畑も一息ついたようです。

安比岳分岐から茶臼口までは刈り払い済み。手厚い剪定で、この区間はツツジ類が多いに繁茂して良い感じになってます。

黒谷地の草紅葉は、例年雪解けの早い奥の方から始まります。もうその気配が感じられます。

黒谷地から茶臼山荘までは、刈り払った笹のお掃除をしながらの登り。刈り払い時、残していたリンドウ、アザミが咲いております。

茶臼岳山頂から俯瞰する景色はまだ夏真っ盛り。県内各地30度を超える暑さだったようですが、山の上には秋風の走り。

茶臼山荘から茶臼口までは、刈り払った笹の葉はお掃除済み。歩きやすくなっています。

刈った笹はひと月もすれば、また葉を広げ見栄えも良くなる。

茶臼口から茶臼山荘の間の木道は比較的状態の良い方ですが、年々腐食が進んでおります。

茶臼口近くの土留めの階段の木も腐食が進んでいます。機能していないもの、危険なものは外しています。とにかく、造作物は経年劣化必至です。こちらも最善を尽くしておりますが、くれぐれもケガにご注意ください。

コメント

黒谷地〜安比岳分岐 刈り払い 8/12

2020-08-12 21:01:52 | 八幡平(無雪期)

雨天予報の時には、裏岩手縦走路の刈り払いをアスピーテライン沿いの登山道の刈り払いに変更し、こちらのコースは昨年以上のペースで進んでいます。つまり今年は悪天候が多い。

黒谷地から源太森へ向かう登山道は、笹が高いところにあるので、腕上げが大変です。腕パンパン。

茶臼口から八幡平までは八幡平のメインストリート。しかも登山道は比較的狭く、所々えぐれてひじょうに狭い箇所もあり、刈った笹を掃除しながらの刈り払いです。遠投力が試されます。

今日の山は思いの外お天気が悪く、やはり裏岩手縦走路の刈り払いを取りやめ。安比岳分岐までの刈り払いが終了。

こういう狭い所も多いので、やはり毎年の刈り払いが欠かせません。

北東北は梅雨明け宣言がないまま夏を通り越して秋になりそうです。黒谷地の奥のほうから秋の気配が漂い始めました。

コメント