すーさんの山日記

山と釣りとテレマーク
八幡平の登山情報

茶臼岳with四角さん

2011-09-27 17:54:38 | 八幡平(無雪期)

ICI盛岡店の店長からお声がかかり、山スカの火付け役として有名な四角友里さん大輔さん夫妻と茶臼岳に行ってきました。

裏岩手を縦走し、岩手山から焼走りに抜ける約50kmのトレイルを走破するという雑誌の企画でありますが、今日はその初日。

 

先の台風15号の影響で、出発ポイントとなる安比の赤川林道終点までの道のりは、えぐれ箇所が多くヒヤヒヤものでしたが、店長の見事なハンドルさばきで無事林道終点まで辿り着き、赤川を越え、いざ出発!

コメツガ林の静かな登山道は、お二人にも気に入ってもらえたと思います。同行した店長、Nさんもすっかり癒された・・・というか、何かを探してキョロキョロ・・・。何かとは何か?それは、ここでは言えない。

と、歩くこと3時間弱で茶臼岳山頂。秋晴れの山スカ日和。

 

 

山頂での友里さん大輔さんの2ショットと店長Nさんの2ショット。コメントは控えます。

 

茶臼の小屋からは、四角ご夫妻とカメラマンのKさんの3人で、裏岩手縦走路へ向けて歩き出す。我々とはここでお別れです。

ゴールの焼走り目指して、頑張ってくださいね!

 

とそして・・・

裏岩手縦走の下山後に、四角ご夫妻のトークライブが秋田であるとのこと。詳しくはコチラをご覧ください→ICI秋田店

コメント (2)

手拭

2011-09-26 21:05:50 | グッズ

SMILE AGAIN 手拭の収益から¥5,000を義援金として日本赤十字社に寄付してまいりました。

皆様のご協力をもちまして、ほぼ売り切れ。

まことにありがとうございました。

コメント

インカトレイル 9/13~9/24

2011-09-25 21:46:35 | 南米

ペルーから帰国しました。

今年のインカトレイルは、まだ乾期だというのに雨ばかり。

 

インカ帝国の首都クスコでも、珍しく雨に降られました。街の中心アルマス広場ではザンザン降り。普段なら観光客でごった返す十二角の石の通りも、雨のため人影まばら・・・。

トレッキング中も、毎日雨が降ったり止んだりで、カッパの着脱が忙しかった・・・。

マチュピチュ遺跡の見学は雨に降られずにすみましたが、麓の駅に降りてきた途端にザンザン降り。間一髪セ−フ。

こんなに降られたことは、記憶にありませんが、無事ツアーも終了出来て、ホッとしてます。

しかしその頃、日本では台風15号の猛威をふるっていたんですね。地球規模で、なんかおかしい。

コメント

納竿

2011-09-09 18:33:42 | 釣り

空が高く感じるようになりました。アキアカネも飛び回り、いよいよ山の方から秋が下りてきているようです。

 

八幡平の渓の緑も徐々に色褪せ始め、イワナもそろそろ産卵期を迎えます。コンディションは悪くないが、盛夏の食欲はもう無い。

 

ちょぼちょぼ釣れましたが、子孫繁栄ため頑張ってもらわないといけません。食べごろサイズでも放流。

 

水面の輝きも心なし秋色?水底にイワナの影が揺らめき、多少後ろ髪も引かれるが、今年はこれで竿を仕舞おう。

 

コメント (4)

POWDER MASTER 2011-2012

2011-09-08 14:09:11 | グッズ

気がつけば9月。もうそろそろ冬のことも考え始めなければならない季節に突入しました。

毎年、「冬遠からじ」を知らせてくれるのが、キャラバン社のBCギアのカタログ「POWDER MASTER」です。

「POWDER MASTER 2011-2012」が今年も届きました。

カタログの内容はキャラバン社の取り扱う海外ブランド、GARMONT、G3、bca、22DESIGNS、ZEAL等のバックカントリーギアの紹介でありますが、今年もK太が滑ってる写真出てますよ。春の秋田駒を滑ってる写真です。

こちらのカタログは、もうすでに店頭に並んでいるようなので、ショップ行ったらチラッと見てください。

 

とりあえず気分だけでも・・・

 

コメント (3)

長白山 9/1~9/5

2011-09-06 20:50:01 | 中国/台湾

朝鮮半島最高峰の長白山。また行ってきました。

今回もお天気に恵まれ、ご参加の皆さんの足並みも揃って、良い登山でした。

 

ソッパサンムン登山口から1236段の階段を上り、中国と北朝鮮の国境の5号定戒碑に到着すると、眼下にコバルトブルーに輝く天池を望むことが出来ます。観光客はここまでで、その先ボッパサンムン登山口までは、縦走の許可を得た登山者のみの世界です。巨大な火山が作り上げた雄大な景色が広がります。

 

長白山の火口縁沿って、アップダウンを繰り返しながらの縦走です。

 

部分的には足場の悪い下りもあり、落石に十分注意が必要です。

今コース中、一番の難所、中国側の最高峰・白雲峰の登り。9月に入り、花は限られてきますが、トリカブト、トウヤクリンドウ、リシリヒナゲシなどが咲いていました。

前回来た時に咲き始めていたチョウノスケソウはすっかり綿毛。山全体を覆うように、逆光に輝いていました。

フィナーレを飾るのは長白瀑布。天池を水源とする沢が落差68mをもって流れ落ちます。秋の乾いた時期になっても、水量が減ることは無いと言うことです。長白瀑布展望ポイントから樹林帯を1時間ほど下降すれば、ボッパサンムンの登山口で、約8時間の長い縦走がやっと終わります。

ご参加の皆様、大変お疲れ様でした。

 

と簡単に。

コメント