すーさんの山日記

山と釣りとテレマーク
八幡平の登山情報

七滝コース 10/18

2018-10-19 20:13:19 | 八幡平(無雪期)

今日は七滝コースを左俣沢手間の泥濘区間まで。

七滝周辺の紅葉は、今年はこれぐらいでピークと言えそうです。

『ゆく川の水の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまるためしなし。』昔の人はよく言ったものだ。

七滝コース登山道上に落ち葉が敷き詰めれ、歩けばフカフカです。

一服峠で休んでいると、いつの間にかカラ類の大群に囲まれる。後ろのミズナラの上のほうでは、コゲラがちっちゃなドラミング。そしていよいよツグミが渡ってきた。一人で歩けば、いろんな音が聞こえてくる。

今日のメインの作業は泥濘区間の簡易木道設置。この間の台風の倒木を利用して、かなり距離が伸びました。労力の割に報われない仕事ですが、大阪からお越しの方から、心の込もった労いの言葉を頂戴し、ほっこり。

秋の日は釣瓶落とし。クマも冬眠前に脂肪を蓄えるのに精を出してますから、早めに下山したほうがいいですよ。

平安の頃、坂上田村麻呂に征伐された大岳丸もこの道を通ったか?当時は大地獄谷に居を構えていたと伝えられている。言われてみれば、古代のロマン。しかし、秋といえば大きなマロン。

七滝コースにクリはないが、ソバグリ、ドングリならたくさん落ちている。

『輪廻転生』昔の人は上手いこと言ったもんだ。この秋散った葉が、来年にはクマになっている。ということもなくもない。自分が思っているほど、自分の体は自分のものではないような。。。そんなことなんだろう。

コメント (1)

八幡平〜茶臼岳 10/18

2018-10-18 20:00:15 | 八幡平(無雪期)

県内の観測地点のすべてで今シーズン最低気温を記録した今日は、八幡平ももちろん朝方は冷え込みました。

八幡平山頂展望デッキ脇のアオモリトドマツをよく見れば霧氷。

公園内の設備も急いで冬仕様に切り替えです。それにともない来季に向けて、不具合のある箇所の対処法を考える。本来なら設計段階で完璧なものをこしらえてほしいのですが。。。

そして次の調査地へ。

八幡沼湿原の真ん中にポツンと立つのはスキー用のツアー標識282番。ちなみに山頂は300番。真っ平らな雪原では、この標識、意外と重要な役割を担っています。だいぶ傾いてきたので、近くまで行って補強の仕方を考えましたが、腐食が進み全部取り替えたほうが良さそうなのです。。。

日陰ではまだ霜が残っていました。木道が滑りやすくなる季節の到来。

黒谷地、茶臼山荘を経由して下山。道は手入れをしないで道たりえない。今シーズンの管理員の仕事も残すところあと僅かですが、最後までしっかりと。

標高の高いところでは、ほぼ落葉し晩秋の佇まいですが、今シーズンはまだまだ訪れる登山客多く、いつもと若干様子が異なり賑わう八幡平なのでした。

コメント

モッコ岳登山口〜大深山荘〜松川温泉 10/17

2018-10-17 19:55:07 | 裏岩手縦走路

日ごと寒さがつのる10月中旬。いよいよ公園内も冬支度本格化です。

今日はモッコ岳登山口からスタートして大深山荘を経由して松川温泉まで。稜線上の広葉樹はすっかり葉を落とし、ナナカマドの実を除いては、緑色の景色となりました。クリスマスの飾り付けって緑と赤ですが、こうしてみると、緑と赤っていうのは冬の色なんですね。

諸桧岳の山頂笹の原は年中色合いの変化の乏しいところですが、夏の瑞々しさはもう既に無い。

降水量により水量の増減を繰り返す石沼。

前モロビへの登り。苔むす山の小径。

前モロビを越えて嶮岨森へ。稜線上を冬の渡り鳥が群れをなして南へ向け飛んでいく。あれはアトリだろうか?

嶮岨森の登りは縦走路の中では急なほうですが、この時期になれば汗もかかずに登りきる。

色を失う嶮岨森山頂。葉を落としたからと言って、枯れたからと言って、植物は死んでしまったわけではない。

嶮岨森を過ぎたところから前モロビ方面を振り返る。木肌を露わにしたダケカンバを美しいと感じるか、葉っぱが落ちちゃったなあと嘆くか。人により、景色の印象はまったく違うものになる。

まだ本格的に霜が降りていないようで、登山道はあまりぬかるんでいません。

今日のメインは大深山荘の冬支度。雨水槽の水抜き、バルブの開閉冬仕様。水を使っての清掃も今シーズン最後なので今日は念入りに。来年まで、トイレの使用に際しましては、よーく狙いを定めてお願いします!

巡る巡るよ。季節は巡る。もうすぐ冬が始まるよ。

松川温泉近くまで降りてくれば、ブナの黄葉のファイナルステージ。

葉の一つ一つにも個性がある。

コメント

旧八幡平スキー場ゲレンデ整備 10/16

2018-10-16 19:53:07 | 旧八幡平スキー場

今日は、週2回の旧八幡平スキー場のゲレンデ整備の日。

朝も早よからの作業です。雲海とまでは言いませんが秋の霞たなびき彼方に早池峰山。

今日はUくん、クラブマンのボス、Jくん、私の4名体制で伐採に臨みます。それにしても朝は寒かった。。。道路脇の気温計は3℃。

今日は作業道を刈り払い機で整えたり、、、

笹薮の中に突入して手鋸で細めのブッシュの伐採です。

労働の成果を確認すれば、流した汗の分だけの爽快感。ボスの背中にも充実感みなぎる!

参加の皆さん、本当にお疲れさまでした。そして今日は、作業終了後に美味しいカプチーノをご馳走になり、ボス、Jくん、ありがとうございました。

コメント

黒谷地口〜安比岳分岐〜安比岳〜赤側林道 10/15

2018-10-15 18:44:37 | 八幡平(無雪期)

今日は黒谷地口から安比岳を経由して赤側林道終点までのパトロールと登山道整備。

安比地区の管理員2名と市役所職員、八幡平地区管理員2名の5名体制で万全を期す。

安比分岐から赤側林道終点までは、今までは森林管理署が手入れをしていてくれたのですが、昨年ぐらいから手つかずの状態。ササも随分伸びてきたので、今回我々の出動となりました。

今年は週末ごとに台風がやってきては倒木発生。とりあえず今日は枝払い等、通行に支障をきたさない程度に処理。

安比分岐から一旦下りきった鞍部からしばし登れば安比岳の山頂です。

山頂と言っても、平坦な場所で明瞭なピークはありません。通常、最高地点より三角点が山頂という認識でいいのではないでしょうか?

三角点を過ぎると足場の悪い激急な下りが待っています。勝手に北東北三大急登に認定。マタギが作った杣道はこのような直登が多いです。和賀岳の和賀川渡渉点からの急登もかなりの直登ですが、あれも杣道ですよね。

手鋸等で刈り払いしながら下っていきます。足場が悪いので、下りは要注意です。

急坂が終われば、ササの密度は薄くなるのですが、倒木は次々と現れる。

迷いやすいポイントにはピンクテープでマーキング。

マニアックな場所ですが、静寂そのもの。クマもさぞかし居心地よかろう。

道標もいたずらされ放題。安比の森は豊かな森です。

安比温泉よりやや下流側で渡渉。安比川にも倒木多数。

歩きづらいところもありますが、まあ、ちょっと注意して歩けば問題ないでしょう。

赤川林道終点近くまで降りてくれば、素晴らしいブナ林。整備された道もいいですが、こういう野趣あふれる道もぜひ一度歩いてみて欲しいですね。

コメント

八幡平〜茶臼岳 10/14

2018-10-14 17:57:40 | 八幡平(無雪期)

先週週末の3連休は悪天候で人出のほうも今ひとつ。ですが、今週末はお天気も良く、今シーズン一番と言っても良いぐらいの賑わいとなった八幡平。

紅葉も終わり、すっかり晩秋の佇まいの八幡沼。

過ぎ行く季節を肌で感じるハイカーの波。今日の八幡沼湿原の木道には、人の流れが途切れることがありません。

青空映す湿原の池塘。初氷が水面を覆う日も近い。自然公園財団のかたによれば、今朝、出勤時の気温3℃とのこと。

この間修理した源太森の展望盤。しっかりモルタルがくっついていました。良かった良かった。

黒谷地湿原へ向かう登山道に残る色と言えば、ナナカマドの実の赤い色のみ。

来週になれば、静寂が訪れるであろう黒谷地湿原。

茶臼岳へ向かう登山道上にテンの糞。ほじくってみるとすべてナナカマドの実でした。

 

週末の度に台風襲来で、標高の高いところの葉っぱはあらかた落ちてしまいましたが、時期には時期の美しさ。テンはこの時期ナナカマドの実で命をつなぐ。

前山のダケカンバも白い木肌を露わにして、初雪前に冬支度をすでに済ませる。

おそらくアスピーテラインの交通量は今シーズン一番で、行楽客で溢れかえる駐車スペース。しかし、登山口から歩き始めれば、晩秋の静寂を味わえる山の小径。

コメント (2)

旧八幡平スキー場ゲレンデ整備 10/13

2018-10-13 18:52:57 | 旧八幡平スキー場

昨シーズンから旧八幡平スキー場で試運行を重ねてきた大黒森キャットツアーズですが、今シーズンからはいよいよ本格運行となります。

秋に入ってから、地元有志で旧八幡平スキー場の旧イナズマコース付近の作業用の道出し、細めのブッシュの伐採をおこない、ゲレンデ整備作業を進めております。

朝も早よから旧八幡平スキー場に集合し、ブッシュとの格闘。岩手山のてっぺんが白く見えましたが、初冠雪ではありませんでした。

今日は4名での作業です。市役所Sさんも手鋸片手に笹薮の中へ突入!

ブッシュ伐採のリーダーUくん。笹薮をかき分けかき分け切り進む。滑走の邪魔になるのは主に細いブッシュなので、刈る必要のないササは放ってきます。

遠目に見ても、処理したところはササの頭が出るようになりました。滑走の邪魔になるのは主に細いブッシュなので、刈る必要のないササは放ってきます。今日は3人で、イナズマコース下部作業道の上5〜6mの幅でスッキリさせました。やった感あり!

大将は、旧第2リフト乗り場からイナズマコース連絡コースの刈り払いでした。

ちょうど紅葉のピークが第2リフト乗り場周辺。多くの行楽客がアスピーテラインから旧八幡平スキー場目がけてカメラを向けていました。

旧八幡平スキー場のブッシュ伐採は、これからシーズンが始まる前に週2回ペースでおこなわれます。

コメント

七滝〜大地獄谷 10/12

2018-10-12 22:17:57 | 岩手山

順調に紅葉はお里へ向けて下山中。秋は七滝コースが最も彩鮮やかな季節です。

七滝周辺の紅葉のピークはもう間もなく。

七滝周辺までブナの黄葉が降りてきました。

一服峠まで上がってくると黄葉は終盤。

落ち葉を敷き詰めた山の小径。

道々倒木の処理をしながら登ってきて、この間、チェーンソーで処理したところで再び倒れてました。。。嗚呼。。

今回は手鋸ですべて処理。通行には支障ありません。

倒木や廃材を使った泥濘区間の簡易木道も徐々に馴染んできました。

左俣沢では、キタゴヨウマツが根ごとめくれ上がっていました。なんという風の威力。

左俣沢を過ぎれば、すでに晩秋の気配色濃く。

黒倉山直下の紅葉のピークはすでに過ぎてしまいましたが、これはこれで良い雰囲気でしょ?

先ほどの場所を大地獄谷登り途中から俯瞰すれば、より雰囲気が伝わるかと。

それにしても今日は寒かった。岩手山に初冠雪の頼りが届くのももう間もなくか?

鬼ヶ城北面のダケカンバ。白い木肌を露わにし冬支度は完璧。そろそろ白鳥が渡ってきても良いのですが、今年はまだ。毎年これぐらいの時期には、鬼ヶ城上空を越えていく白鳥の編隊が確認出来るのですが。。。

午後は木漏れ日差すいっときもあったのですが、ジャケットが手放せない一日でした。

秋の七滝コースは一度お越しになってみる価値あり。

コメント (5)

八瀬森分岐〜南部大白森付近 刈り払い 10/9~10/11

2018-10-11 16:41:51 | 秋田の山(無雪期)

裏岩手縦走路の八瀬森分岐から乳頭山へ伸びる県境尾根の刈り払いは秋田県側の担当ですが、諸事情により毎年の刈り払いというわけにはいきません。一昨年も刈り払いのお手伝いをしましたが、今年もお呼びがかかったので行ってきました。

秋田刈り払い隊は大深山荘をベースにして、作業現場との往復です。

結局、3日間とも雨が降ったり止んだりのはっきりしないお天気でしたが、作業に支障をきたすほどではありませんでした。

一昨年は3年のブランクの後の刈り払いでしたので、相当ひどかったですが、今回は2年のブランクなので一昨年に比べれば良いほうでしょうか?

とは言え、手強い刈り払い作業が続きます。時折雨が降り、薄ら寒く、着ているものはつねに濡れ。。。

山の中でやる刈り払い作業は困難を極めますが、刈り払い機を振り回しながらササと格闘している時間が、けっこう好きだったりします。

こういう作業は、実際関わってみないことには大変さが分かりません。普段、登山道整備のことを考えながら山を登っている方はいないと思いますが、ほうっておいたら登山道なんてあっという間になくなってしまうものなんです(少なくともこの辺は・・・)。手入れをしてこその道。

刈り払いをしていなければ、していないとクレーム。していれば当然。誰が褒めてくれるというわけではありませんが、こういう労苦を人知れずしていることだけ、ちょっと心に留めておいてほしいものです。

刈った後は、ササを脇に寄せて道を出して歩きやすくしておきます。

今回の刈り払いは南部大白森の真北と登山道が交差する辺り、関東森手前もうそろそろブナ林が現れようかということろまで。とりあえず、八瀬森までの間のササの濃い区間は終了しました。

夜のミーティングは真面目な話から、そうでない話まで。今回もクライマーパパのトークショーは盛り上がりましたが、秋田県、仙北市の職員の若い人たちには、こういう大先輩の後ろ姿をよく記憶に留めておいてほしいものです。

刈り払い隊の皆さま、3日間大変お疲れ様でした。

コメント (4)

松川温泉〜姥倉山〜大松倉山〜三ツ石山荘〜松川温泉 10/8

2018-10-08 18:01:10 | 裏岩手縦走路

台風通過の影響で、昨日の山賊祭は中止。今日は松川温泉起点で、姥倉山と三ツ石山の登山道の倒木パトロールです。

松川温泉を出発し、しばしはブナやミズナラの緩い登りですが、湯の森手前に待ち構える急登が堪えどころ。

湯の森を過ぎて、沢を二つほど行ったところに新しい風倒木。とりあえず今日は枝を払って、通行には支障のない状態にしておきました。

姥倉山山頂が近づいてくると斜度が増していき、基本、九十九折れの登りとなります。所々九十九折れの屈曲部に直登が挟まるので、それがけっこうしんどい。

もう姥倉山山頂というところに、完全シャットダウンのアオダイショウ。まったく動きません。体があったまるまで再起動しそうもありませんでした。

姥倉山山頂付近からの犬倉〜大松倉〜三ツ石山の稜線。

これだけ晴れたら、今日は岩手山を目指す登山者も多かったと思います。

姥倉山から網張方面へ下る。ここの土留めの階段は歩きづらいですが、雨でツルツルじゃないだけいいでしょ。

網張へ向かう途中の水場はじゃんじゃん出てます。

犬倉山へは行かず、トラバース道を網張分岐へ。

今日は体育の日で、多くの方をと登山道上ですれ違いました。網張からリフトを使って登ってきた方も大勢。

台風明けの今日は、足元がひどく泥濘んでいましたが、これから気温が下がってきて霜が降りるようになれば、雨が降らなくても泥濘んだ状態となりやすい。

大松倉山手前にニセ大松倉山があるので騙されてはいけない。ホントの大松倉山が見えればホッとする。

山頂まで上がってくれば三ツ石山のてっぺんも見えますよ。

大松倉山のボール下部の紅葉は、最盛期を過ぎているとは言え、なかなかの色合いです。

大松倉山の山頂。三ツ石山から歩いてくれば、岩手山にそのまま続いて行くようです。

大松倉山山頂から三ツ石山荘は20~30分。紅葉のピークは過ぎたとは言え、すれ違う登山者多し。

大松倉山山頂から三ツ石山荘まではあっという間。

三ツ石山荘の水場はご覧の通り。ご心配なく。さあ、松川温泉へ向けて下山しよう。

今年は台風続きで、松川大橋分岐から赤川渡渉点までは通行止めが続いております。何度も言うようですが、赤川渡渉点〜三ツ石山荘〜奥参道網張側ゲートは登山道ですが、県道ですので県の振興局の管理。この分岐から松川温泉までは、また普通の登山道です。

登山道上には落葉が目立つようになってきました。

3連休が終わり、あとは来週のお天気次第では、これが最後の賑わいとなりそうな八幡平。

コメント (7)