すーさんの山日記

山と釣りとテレマーク
八幡平の登山情報

4月26日~29日 鳥海山キャンプ

2008-04-30 17:51:43 | 秋田の山(積雪期)

4月25日の夜、会長と雫石を出発し、矢島でふるかわちゃんと合流して、夜中の2時頃テン場に到着。
酒盛りが始まり、気がつけば夜が白々と明け、その頃K太が到着。
自ずと結果は知れている。朝はゆっくり、10時祓川口出発。
 
しかし、ふるかわちゃんは元気いっぱい!フィルムクラストのバーンを気持ちよくターン。
 
K太、会長も負けてはおれん!鳥海のデカイバーンを満喫。
  
夜のキャンプは風が強く、難儀しました・・・。26日夜からは番長も合流。やはりキャンプには彼がいなくてはいけない。
27日はヒョウ、アラレという猛烈な天気となり、七ツ釜の上段斜面で撤退。早めにテン場に戻り、キャンプも撤収。花立のコテージに逃げ込む。会長、K太は仕事のため、この日に帰宅。
と、そこに現れたサラリーマン?よよっ!カンさん・・・。仕事が終わって即、駆けつけてきました。そしてアツイさん、C社のN氏ご夫妻も合流。
しかし、コテージもいいもんですねえ。あまりに快適。翌日も、もう1泊ということになりました。
 
翌28日。若干名、「反省の朝」を迎えた方もおりましたが、天気は思いの他悪くなく、予定通り鉾立に向かうと、『積雪のためブルーライン通行止め』・・・。あえなく断念し、また祓川に戻り、その日はやはり七ツ釜まで。バーンが堅かった・・・。
そして、番長が帰り、その夜は東北巡業中のブッキー、シャケが合流。
明日の天気予報は間違いなく「晴れ」。七高山を目指すということで、昨日よりはかなり早めの就寝。
 
最終日29日。予報通りいい天気です。しかし、七ツ釜を過ぎた頃から風が強くなり、時折突風とともに氷の粒がうちつける。
とは言え、全員七高山登頂。我々以外に登山者、山スキー、ボーダーと山頂はかなりの賑わいでした。
山頂直下で「絶対上手くなる!ポーズ」のシャケ。
  
アツイさんはハードにパックされたバーンを慎重に。シャケは気持ち良く大きなターン。
 
ブッキーは基本的に男前なんですが・・・。時々、こうして狙ってきます。楽しさを身体で表現。
 
N氏夫妻は、さすがの滑り。ハードなバーンも難無くこなす。奥様の美しいフォームと安定感は素晴らしかった。
 
カンさんは初めての鳥海山でした。夜も昼も楽しんだ!そして、攻めた!
全員無事下山。充実の1日。そして、皆さん上手かった!お疲れ様でした。


期間中、ご参加の皆様、まことにありがとうございました。

コメント (14)

鳥海山に向けて出発

2008-04-25 15:40:54 | テレマーク
今晩鳥海に向け出発します。
愛車バモスにキャンプ道具を満載。この間エンジンをオーバーホールしたばかりなので、車は安心。あとは忘れ物が無ければいいのだが・・・。
鳥海キャンプご参加の方は、車の運転気をつけてお越し下さい。

しばらくは連絡取りづらい状況かと思いますが、とりあえず御用の方は携帯09061778180まで。

コメント (2)

田口さんの写真展@おでって

2008-04-24 15:45:09 | Weblog
RASU-TのHPでも告知していた田口さんの写真展に行ってきました。

作品はその人の内面を映す鏡。作品を見ていると、「ああ、田口さんって、こういう人だったんだ・・・。」と思うこともあり、なかなか興味深いものがありました。
鉱物的輝き、宗教的色合い。賢治先生が覗いていた顕微鏡の中の世界みたいな感じ?そういう写真が好きですね。

プラザおでって2Fにて26日までやってます。お近くの方はぜひ足をお運びください。
コメント (2)

ヒロシ君とモッコ岳

2008-04-23 15:51:05 | 八幡平(積雪期)
八幡平山頂の駐車場でヒロシ君と待ち合わせ、モッコ岳。樹海ラインがまだ通行止めなので、山頂駐車場からの往復でした。
 
今日のヒロシ君はNTN仕様。NTNはどうなのか?
くわしくはヒロシ君のHPをご覧あれ。
 
まずは山頂からいったん藤七温泉へ向けひと滑りした後、モッコ岳を登り返す。
ウォーキングモードにすれば、かかとが良く上がります。普通のテレブーツよりつま先のコバが短い分、山スキーのビンディングに近い感じで歩けるのか。 
 
藤七からモッコ岳山頂までは約50分。たまには2人で記念撮影でもしてみますかっと・・・。
やはりいつもより積雪が少ない。山頂直下の急斜面下部はもう笹が出ており、真下に向けては滑れない。写真でいくと、左の稜線の裏側がその急斜面。
 
モッコ岳を滑った後、藤七から駐車場まで登り返して終了。
やはりNTNは重かったか?
ヒロシ君お疲れさん。
コメント (4)   トラックバック (1)

北上展勝地

2008-04-21 16:08:53 | 散歩道
東北3大桜の名所のひとつ、北上展勝地。
週末にかけて見頃をむかえ、今日は少し盛りを過ぎた感じでしたが、それでも十分見事。
にしても、今年は早いですね。ちなみに盛岡の桜の満開は、盛岡気象台の1953年から観測開始以来、史上3番目に早い満開だそうです。
山形の馬見ヶ崎川の河川敷の桜も綺麗だったなあ。


盛岡地方気象台のデータ
コメント (2)

4月20日 ゆきむし撮影@湯殿山

2008-04-21 14:42:32 | 山形
前日から山形入りし、まずはIDEHAスタッフと飲み方。テレフェス以来の顔合わせとなり、楽しいお酒が飲めました。
 
当日朝、会長、K太と合流。昨日のお天気祭りの甲斐あって、いい天気となりました。しかし月山リフトを降りてすぐの姥ヶ岳の登りでは突風にあおられながら、氷の粒に叩かれながら、さながら修業。そんな中、IDEHAのあいちゃんも頑張って登ってました。しかし、こういう時のスノーボードのハイクアップはつらい・・・。
 
この山域は積雪量、スケールの大きさとも日本屈指の春ツアーのコースを提供してくれる。
 
しかし、この時期怖いのが全層雪崩。八幡平では考えられない規模の全層雪崩が発生しています。
今日の目的地の湯殿山もあちこちクラックが走り、慎重な行動が求められる。まずは姥ヶ岳の裏を湯殿山に向け滑り降り、スキーを担いで山頂を目指す。
  
まず山頂から南面にドロップし、気持ちよくロングターンですっ飛ばす。ブス沼手前から登り返し、東面のはじっこをもう1本滑り、あとは石跳川沿いにビジターセンターまで忠実に下る。
IDEHAのガイドで楽しく滑れました。ありがとうございます。

そして、トニーとちびトニー。全国のちびっ子トニーファンのためにも、頑張れトニー!

この月山エリア。日帰りではもったいないし、1日では滑りきれない大きさです。IDEHA、またよろしく。
コメント (10)

茶臼ツアー

2008-04-16 18:37:51 | 八幡平(積雪期)
本当に久しぶりの茶臼ツアー。八幡平スキー場のリフト営業が休止となって以来、すっかり茶臼から遠ざかってしまいました。
本日の八幡平市松尾の最高気温23℃。行動中の水分消費量も半端じゃない。ひじょうに暑かった・・・。
 
岩手県側のアスピーテラインの除雪も順調に進んでいるようで、18日には開通予定。
スキー場チャンピオンコースの脇を登る。クラックが怪しく口を開けています。
 
ツアーコースへの迂回路はそろそろ雪が途切れそう。ツアーコース合流後は問題なく茶臼まで行ける。
  
茶臼岳、小屋下とも十分積雪があり楽しめる。しかし、一昨日降ったと思われる新雪でノッキング状態・・・。
前山からのアスピーテライン。かなり除雪が進んでいます。
 
前山、モミ山と滑り下山。モミ山はクラックだらけ。このあたり滑るかた、十分注意を!

モミ山下の雪の壁。こんなに低い壁、今までありません。

久しぶりの茶臼。疲れました。
K太お疲れさん。


アスピーテライン開通予定:4月18日午前10:00
樹海ライン開通予定:4月25日午前8:30
当分の間は夜間通行止め


4月17日~20日まで八幡平を留守にします。
G.Wのお問い合わせ等は携帯09061778180まで。
コメント (10)

春本番

2008-04-15 14:44:59 | 八幡平(里)
今日は穏やかなポカポカ陽気。
一気に春本番の様相を呈してまいりました。
  
キクザキイチゲがいっせいに咲き出し、カタクリも何株か見られました。そして、まるで和菓子のようなマンサクの花。いや~春ですねえ。
テンカラも今日は絶好釣!1時間半で25cmオーバー3匹を含む7匹。イワナの活性も高まってきたようです。
しかし、ポカポカ陽気のせいか、鼻がグズグズ・・・。
コメント (2)

ダージリン鉄道

2008-04-14 23:23:35 | ヒマラヤ/カラコルム
世界遺産にも登録されているダージリン鉄道のトイトレイン。ニュージャイルパイグリとダージリンを結ぶ全長86kmの登山鉄道です。
もうもうと煙を上げて、ダージリンまでのキツい坂道を登って行く。
 
箱根駅伝の選手のほうが、間違いなく早い。頑張れば、私でも勝てそうなぐらいに遅い。
こんな遅さですから、お客さんはまばら。住民の足はもっぱらバスだったりして・・・。
写真は蒸気機関車ですが、ディーゼル車も走ってます。
鉄道マニア垂涎の的か?
コメント (4)   トラックバック (1)

ICI盛岡店テレマークスキー試乗会@安比

2008-04-13 17:59:02 | テレマーク
今日は安比で行なわれたICI盛岡店のテレマークスキー試乗会のお手伝いをしてきました。
K2、ID-ONE、ELAN、FISCHER、VECTOR GLIDE、ATOMIC、B.D、BLUEMORIS、KARHUというようなラインナップ。
  
今話題のNTNシステムのビンディングとブーツも試してみましたが・・・。
このシステムでどういう滑りを表現すればいいのかまだ分かりませんが、テレマーク初心者にはこのシステムだと厳しいのかなあという感想。カカト自由度が少ないですね。ただし、歩行時はウォーキングモードにすれば、カカトが上がりやすくなります。手にするとスゴく重さを感じますが、滑走中はそれほど重さは感じませんでした。
  

会長、ささき主席、カラスちゃん、番長、K太も各社のモデルをまんべんなく試乗しました。
そして、テレマーク体験会では我々ゆきむしチームのワンポイントアドバイスも好評だったとか?
  
女性用ではK2のSCHI DEVILやSHUKS ANNEあたりがおススメ。
ささき主席はFISCHER WATEA78がお気に入り。
 
盛岡の高校山岳部のT君もテレマークスキーに初挑戦。私や会長に指導を受け、なかなかの上達ぶり。若いっていいなあ・・・。若手育成も高齢化の進むテレマーク界の課題。T君のような若い世代の台頭を望まずにはいられません。今日はT君の誕生日だとかで、ラスティーハウスでいろいろとプレゼント。いい1日になったかな?

店長、F澤くん、お疲れさんでした。
コメント (13)