すーさんの山日記

山と釣りとテレマーク
八幡平の登山情報

四姑娘山トレッキングと大姑娘山登頂ツアー【2】

2007-07-31 13:52:43 | 中国/台湾
この山域は高山植物の種類の多さ、群落の大きさともに素晴らしい。
中でもお客様の一番人気はブルーポピー。

メコノプシス・ラケモサ この地域で見られる一般的ブルーポピーです。

巴郎山峠付近で見つけた同種白花。ひじょうに珍しい。

ジャジンシャン峠付近のものは濃い紫色。単なる色違いなのか?変種?
また、B.CからC1の途中には、ピンク色のものも見られます。
ブルーポピー見るなら、この地域が一番じゃないでしょうか。



コメント (2)

四姑娘山トレッキングと大姑娘山登頂ツアー【1】

2007-07-30 22:32:10 | 中国/台湾
7月14日から2本のツアーを無事終了し、昨日帰国。
今年の四川省は天気が悪く、山岳展望にはあまり恵まれたとは言えませんでしたが、ツアー2本目の登頂日には快晴。

はるか彼方にミニヤコンカ(7756m)も望まれるという幸運にも恵まれ、お客様も大満足の様子でした。晴れていたとしても、ミニヤコンカまで見える確率は低い。

標高3600mのB.C。満天の星空の翌朝、かなりの冷え込みとともに霜が降りた。しかし、いったん日が当たり出すと一気に溶け出す。

B.CからC1(4300m)を目指し、お花畑の中を行く。きつい登りも、花に励まされながら、ゆっくり時間をかけて・・・

C1からのコル手前の登り。ここが頑張りどころ。
毎年、ネパールからシェルパたちがやって来て、我々の登山をサポートしてくれます。もちろん現地中国人のスタッフたちも頑張ってくれてます。こういうサポート無しに、我々のトレッキングは成立しません。謝謝!



コメント (2)

あきおさん元気です

2007-07-13 23:05:29 | Weblog
明日の中国出発をひかえ、今日は成田泊。
近くにお勤めのあきおさんに、久しぶりにお会いしました。ゲインした体重は相変わらずでしたが、元気そうでした。

それでは、行ってきまーす。

写真はあきおさんとお勤め先の社長

コメント (4)

邂逅の森

2007-07-13 00:50:52 | 読書
邂逅の森

文藝春秋

このアイテムの詳細を見る

直木賞受賞作。
タンザパパからいただいて、しばらくは積読でした。スイマセン。
しかし読み始めるや、熊谷さんの世界へグイグイ引き込まれていきました。
マタギのしきたり、狩猟方法、当時の歴史的背景など丹念に資料を読み込んで、現地にも足繁く通われたと思われます。
秋田の阿仁、山形の大鳥。今では想像もつきませんが、明治から大正にかけて興隆を極めた鉱山があったんですね。松尾鉱山もまた然り。
そして、人間の根っこの部分の描写。ストーリーの面白さ。ただのマタギ文化の紹介的な小説ではありませんぞ。

14日~29日まで中国ツアー第2ラウンドです。
コメント (2)

秋田駒 大焼砂のコマクサ

2007-07-11 23:17:21 | 秋田の山(無雪期)
大焼砂のコマクサの群落は日本有数。おそらく岩手山・焼走りのコマクサの群落と大焼砂のもののどちらかが、日本一の大群落と思います。群落の綺麗さでいうと、秋田駒に軍配が上がりますね。岩手山のはオヤマソバといっしょに咲いてるので、なんだかごちゃごちゃしています。
この冬の暖冬で高山植物への影響も心配されましたが、意外にいいみたいです。現在、コマクサ満開です。

写真提供:お目付け役
コメント (2)

大雪山脈 【2】 中国B級グルメ

2007-07-07 22:05:12 | 中国/台湾
お客様にはあまりお勧めできないB級グルメ。そのひとつがこの串焼き。高級な食堂ではお目にかかれません。
こんな串焼きをつまみながらの、現地のガイドやオペレーターとのお付き合いも、なかなか楽しいのですが、もちろん仕事が一段落ついた後なので、けっこういい時間になっています・・・

四川省の山旅では、四川大地探検の張兄弟にいつもお世話になってます。グレートジャーニーの関野さんのサポートもしてます。頼りになります。

これは武昌魚。ティラピアのような淡水の魚で、味はカレイみたいな感じでしょうか?けっこう美味しいです。
四川に行かれる方には、麻婆豆腐や火鍋のみならず、ぜひともB級グルメにもチャレンジしていただきたい。けっこういけますよ。


コメント (4)

大雪山脈 【1】 聖山ヤ・ラ(5820m)B.C

2007-07-06 22:51:52 | 中国/台湾
中国の旅行は、いまだ侮れない。ハプニング続出でした。
とくに飛行機には、やられた・・・到着地変更、遅延、ロストバゲッジ、係員の説明不足・・・北京や成都は、近代的建築物が立ち並ぶ大都会へと変貌を遂げてはいるが、人間は相変わらずみたいですね。北京オリンピック大丈夫かな?

とはいえ、そこに暮らす人の生活も垣間見・・・

あまり日本人には馴染みのないとこですが、ヤラB.Cは静かで良いテン場。ダイオウもすぐそばに見れました。

これから花もどんどん咲き出しますよ。
コメント (2)