すーさんの山日記

山と釣りとテレマーク
八幡平の登山情報

最近の毛鉤

2007-08-31 22:38:25 | 釣り
今日は久しぶりにしっかり雨。しかも寒かったぁ。久々に車に暖房入れました。

最近まとまった雨が降ってなかったので、近所の沢もすっかり渇水モード。入渓者も多く、厳しい釣りとなっている。
イワナも活性が落ち、胃袋の中身もひと頃より少ない。毛鉤も見切られている感がある。


7月8月と活躍したのがこの毛鉤。けっこうイワナはだまされてくれました。

最近、活躍しそうな兆候があるのがこの毛鉤。素早く沈めて釣る。胴には自己融着テープを巻いてます。

もう渓流釣りシーズンも残りあとわずか。もう少し研鑽を積まねば。
「山釣り紀行」釣り人のためのイワナ講座・瀬畑雄三翁Q&Aも参考に。
コメント (2)

珍客

2007-08-29 22:34:41 | 動物
朝晩は涼しくなり、だいぶ過ごしやすくなったとは言え日中はまだまだ暑い。
エアコンも無ければ扇風機も無いというラスティーハウス。日中は窓全開で過ごすしかありません。
そんなところに、オヤジ臭にでも誘われて来たのかオニヤンマ。
このオニヤンマというトンボは、オニと言うぐらいだからホントでかい。

私の手と比較していただければ、その大きさもお分かりかと思います。そしてこの大きさに比例して、アゴの力も半端じゃないんです。虫と言うより甲殻類のハサミの力といっても言い過ぎではない(言い過ぎ?)。こいつにカミカミされるとかなり痛いです。うちの娘っこなら確実に泣きますね。
田舎に住んでると、家の中にいろんなものが進入してきますし、屋根裏にはスズメが巣を作って長いこと経ちますし、ネズミも棲んでます。ていうか、この家が特別?

コメント (2)

増田寛也氏入閣

2007-08-27 22:55:20 | Weblog
昨日の盛岡市長選挙の投票率30.94%という盛岡市民の体たらくぶりには驚きましが、今日はそれ以上か?安部改造内閣で、元岩手県知事増田寛也氏が総務大臣として入閣。これは岩手県民にとってはサプライズ人事でした。
安部内閣に猛烈な逆風が吹く中で、岩手県政で発揮した手腕が国政の場で同じように通用するのか?一抹の不安は残りますが、地方行政の長としての経験を生かし、スキャンダルに気をつけ、地方の活性化のため頑張っていただきたい。
コメント

秋へ一歩

2007-08-24 16:44:19 | Weblog
朝4時半。道路の温度計は13℃。
いよいよ秋に向かって、季節が進み始めた感じがします。
朝日をあびた真っ赤な岩手山がきれいでした。

沢ではカモシカに遭遇。

むこうはこちらに全然気づかずどんどん近づいてきて10mぐらいのところで、こちらの存在にやっと気づいた。「よよっ!?」

「フッ!フッ!」と鼻息を荒げて威嚇。私、ちょっと緊張。しかし、こちらも微動だにせずムツゴロウスマイルで対抗すると、そそくさと森の中に逃げて行きましたとさ。どんど晴れ。
コメント (3)

アバチャの花

2007-08-22 13:35:44 | 海外の山
今年のアバチャは残雪も少なく、花期もいつもより早かったようです。
エゾツツジの北限ってどこか分かりませんが、岩手山の南限のエゾツツジを6月20日に見て、そしてこの時期のカムチャツカのエゾツツジ。

そして、これも岩手山ではお馴染みのイワブクロ。アバチャ山の砂礫帯によく見られます。

数は多くありませんが、アツモリソウもあります。

インディアンペイントブラシ。これは日本にはありません。
その他、チシマツガザクラ、エゾノツガザクラ、ウルップソウ、チシマクモマグサ等、無いなりに花も楽しめました。


コメント   トラックバック (1)

4輪バギー

2007-08-21 16:00:19 | グッズ
先日のツアーの帰り、あきおさんの会社に立ち寄って、そこで扱う4輪バギーに乗せていただきました。
あきおさんのお勤めの会社は、成田空港から車で40分ほどの匝差市にある4輪バギーやジェットスキーのトレーラーを扱うところです。
この4輪バギーですが、50cc以下であれば普通免許で公道を運転できます。そして、ミニカー登録なので車検はいりません。バイクではないのでヘルメット着用の義務は無いそうですが、安全のためヘルメット着用をお勧めしています。
そして、会社の近くを試乗させていただきました。

感じとすると、スノーモービルに近いような気がします。日本ではまだまだ一般的な乗り物ではないので、公道を走るとひじょうに目立ちます。あまり遠出には向きませんが、近くに釣りや山菜採りに出かけるにはいいですね。
あきおさん、ありがとうございました。

コメント (2)

07夏テンカラ強化合宿 8月18日~19日

2007-08-20 23:03:50 | 釣り
毎年恒例の夏の沢。今年は、日帰りで玉川支流大深沢と地元の松川支流でした。
山で1泊して焚火といきたいところでしたが、皆の都合もあり、日帰り釣行2日間という日程になりました。
初日は大深沢。ここはすでに雑誌等でもとりあげられる有名な沢なので、実名報道にいたします。
玉川上流このあたりは支流という支流に発電用の取水施設があるため、本流では釣りにならないほどの渇水状態。大深沢も取水ダムより上流に行かないと釣りになりませんでした。

ダムの上もしばらくは小物ばかりでしたが、沢の様子が変わってくるとサイズアップ。ご覧のような柱状節理がいたるところで見られます。そして、いきなり新品の竿を折ってしまったK太。私のスペア竿で急場をしのぐ。源流ではスペア竿必携ですね。

こういうへつりも出てきます。会長もおそるおそる・・・

本日1番の大物。ニッコウイワナ系のオレンジ色の斑点が鮮やか。同じ八幡平エリアとは言え、岩手県側のアメマス系イワナとは違う。

ラスティーハウスに戻ると番長も合流して、今日のイワナを肴に酒を飲む。

テンカラ技術強化合宿なので、毛鉤巻きの技術も向上を図る。会長も今回初めて自分で巻いた毛鉤で釣り上げた。


翌19日の記事は会長にお任せ!詳しくは会長の報告を待ちたい。



コメント (4)

カムチャツカ・アバチャ山(2741m)ツアー

2007-08-17 22:44:31 | 海外の山
8月11日~15日はカムチャツカのアバチャ山登頂ツアー。
5日間のうち、晴れたのは登頂日のみで、ひじょうにラッキーでした。最近、海外の添乗はすっかり晴れ男です。午前中はご覧のような笠雲がかかっておりましたが、登頂する頃にはガスもすっかり取れました。

B.Cまでの移動は、このようなトラックを改造した6輪バス。途中は川原を走ったりするので、オフロード仕様の車でなければいけません。

B.Cで地リスにエサをあげる日本語ガイド。B.Cの周りには地リスがたくさんいます。部屋のドアを開けっ放しにしておくと、食料持っていかれます。要注意。

アバチャ山頂直下の登山道。「3歩進んで2歩下がる~♪」という道。無事全員登頂を果たし、下山。下山は慎重に。正面の山はカリャーク山(3456m)。

2000m付近からは下山専用道を下ります。富士山の須走り見たいな感じ。ここの下りがけっこう楽しいんです。
朝7時に出発して夕方の7時に戻ってくるというハードなコースですが、日本には無いスケールを感じます。
カムチャツカ。まだまだ未踏の地が広がっています。

コメント (4)

東京は暑い

2007-08-10 20:21:52 | Weblog
明日からカムチャツカのツアーで、今日は東京で打ち合わせ。
岩手から上京して、会社のある新橋駅のSL広場の気温計を見ると37℃…暑い。最近の盛岡も十分暑かったが、東京の暑さは比較にならない。サラリーマンの皆さん、ご苦労様です。
温暖化を実感しますねぇ。


コメント (5)

立秋

2007-08-09 23:20:46 | Weblog
暦の上ではもう秋・・・だそうですが、まだまだ残暑厳しいですね。ということは、渓流釣りのシーズンも残りわずか。そして、また冬が来るということ。はあ~、早い。年々早まる1年のサイクル・・・。皆さん、もうそろそろ冬支度を始めてもおかしくはないですぞ。
いや~しかし、連日の雨で湿気が取れません。完全に乾ききらない状態の沢靴、スパッツ、手袋、ベスト等の渓流装備は異臭を放つようになり、久しぶりに洗濯してスッキリしました。

注)写真は雨のイメージ画像であり、異臭と番長はけして関係ありません。
コメント (2)