ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

デジモンアートブックを読んで

2017-12-11 08:09:22 | デジモン関連
「デジタルモンスター ART BOOK Ver.1~5&20th」が届きました。

 内容はその名のとおり、ver1~5と20thに登場したデジモンたちのイラスト集。公式イラストのみならず、ドット絵も掲載されており、一部デジモンを除いて初期デザインやアラカルトといったサブカットも掲載されています。
 その他「デジタルモンスター」という携帯ゲームそのもののが出来るまでの過程やインタビュー、デジモンデータも掲載されていました。

 デジモンごとに1ページどーんと割かれているので、イラストそのものは大きめです。ただ、ver1~5のデジモンたちは、デジモンカードのオプションカード・プログラムにあったようなイラストが掲載されていることが多いですが、ver20thに登場したデジモンたちはそれが控えめ。マグナモンやアルフォースブイドラモンなど、初期デザインや線画も無いデジモンがいくつか見受けられます。これはちょっと寂しかったですね。

 また、これは単にver20thに登場したか否かの問題なので、本の内容そのものに関することではないのですが・・・ドルゴラモンどこいった?(涙。ドルモン⇒ドルガモン⇒ドルグレモンと来て次がアルファモンって・・・そりゃアニメでそういった進化してたけどさ、正しい進化ルート云々の話にもなるけどさ、そこまで入れたらドルゴラモンやラプタードラモン、グレイドモンも入れたげてよぉ!
 
 そんな不満点もありますが、デスモンがコンテスト入賞デジモンであることへの言及、エクストリーム・ジハードの掲載、そしてオメガモンのデザインラフなど貴重なものを見られた嬉しさももちろんありました。
 オメガモンのデザインラフは、私が知っているオメガモンの印象と大きく異なるものでした。2種類掲載されており、うち1枚には「マスタードラモン」という仮称つき。ウォーグレイモンとワーガルルモンを足して2で割ったような感じで、胸には勇気と友情の紋章が2つ並んでいました。もう1体は多少現在のオメガモンに近づいたものの、まだメカっぽさ大目。これら2つを組み合わせたのが現在のオメガモンなのかなぁ・・・と。

 概ね満足の出来栄えですし、アートブック故にイラストが大きめなのは当然だと分かっています。でも、デジモンデータとイラストを一緒に見たい気持ちも少なからずありまして・・・我ながら贅沢ですね(苦笑。

 今後はペンデュラムの20thが出るとのことなので、そちらのアートブックが出ることも期待しています。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「サバイバルファミリー」を観て | トップ | 作って遊んでメンテして »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。