ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

仮面ライダーフォーゼ(再) 第6話「電・撃・一・途」

2018-06-25 07:17:02 | 仮面ライダーシリーズ
仮面ライダーフォーゼ(再) 第6話「電・撃・一・途」

 弦太朗は賢吾の親の形見であるスイッチを託された者として、賢吾に悲しい思いをさせたくないとエレキスイッチ紛失を言えないままだった。そんな折、三度現れた新田=ユニコーン・ゾディアーツの口から彼とJKの過去が明らかになり、更に戦いの最中、JKがエレキスイッチを奪ったことも判明する。

 新田はJKを捕らえるも、JKの仲間は誰か1人として来てくれない。だがそこへ、唯一連絡しなかった弦太朗が駆けつけてきた。JKを許したのかという新田に対し、弦太朗は許せないが、捻くれてひん曲がった部分も含めてダチになると告げる。「クセがあるヤツは捻くれてひん曲がった部分も含めて受け入れる!」その思いから弦太朗はエレキスイッチを使いこなし、フォーゼ・エレキステイツへと覚醒する。
 ユニコーン・ゾディアーツを撃破した後は、JKを一から鍛えなおすべく、彼を仮面ライダー部に入部させるのでした・・・

感想
 やっぱり「Giant Step」は名曲ですね・・・フォーゼが苦手だった当時も、これとコズミックステイツの曲は結構好きでした。

 さて今回はエレキステイツ覚醒編&JK入部。「クセがあるヤツはねじくれてひん曲がった部分も含めて受け入れる!」との言葉のもと、エレキスイッチとJKを受け入れる弦太朗の心の広さよ・・・
 JKは新田を親友と呼び、新田もJKを親友と思っており、JKを不良から助けた際に怪我をしてインターハイに出られなくても後悔はしていなかった・・・という根は良いやつの新田でしたが、そんなに新田に関して「親友呼ばわりされて気持ち悪かった」「役に立ってラッキー!」と発言するJK・・・そりゃ弦太朗も「お前ひどいな・・・」と言いますって。
 しかも事態が一件落着した後も、元はといえば自分が悪いのに新田に食って掛かろうとしてました。そりゃ命まで狙った新田も新田ですが、自分のことを棚に上げるJKもJKです。
 JKに関しては美羽のように改心したわけではなく、これから考えを改めさせていくことになりそうです。まぁ調子の良い「如月先輩」から「弦太朗さん」に変わっただけ、少しぐらいはマシになったのかなと。

 エレキスイッチを無くしたことを報告しなかったことで、結果的に賢吾から叱責された弦太朗。それは賢吾を思っての行動でもあったわけですが、一切の言い訳をせずに謝り、それでもJKを助けに行こうとする弦太朗はカッコよかったですね。甘くても、助けても何も変わらなかったとしても、それでも自分を曲げずに助けに行く。
 そんな弦太朗に苛立つ賢吾に対し「あれが弦太朗よね・・・で、賢吾くん。あなたはどうする?」と美羽。ユウキが2人の間に割って入ろうとした時も止めたりと、口ばかりではなく、行動としても部長の風格が出てきています。

 
 そんなわけで初登場となった金ぴかのエレキステイツ。ビリーザロッドを手に、電気の力で戦うステイツです。必殺技はライダー100億ボルトブレイクという、これまたド直球な技名。「100億ボルト」には「1兆度」と同じ雰囲気を感じますが、シンプルに「強い」ということが分かりやすい技名も悪くない。


 次回は大文字先輩回。あれ、友子の加入って大文字先輩より後なんでしたっけ・・・(汗。まぁファイヤーステイツ登場回でもあったはずだから、エレキからやや間は空くか・・・

コメント   この記事についてブログを書く
« 快盗戦隊ルパンレンジャーVS... | トップ | 世界を探す楽しみ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。