本が好き♪図書館ブログ

私立高等学校図書館からの
メッセージ&日常のあれこれ

イルミネーション

2019-12-07 | いろいろ
都内はクリスマスイルミネーションが美しい季節になりましたが、この近隣ではあまり見られず、
クリスマスムードが皆無で淋しい・・・と思っていたら、近くに穴場がありました!

夫が「意外なところでイルミネーションをしていて驚いた!」と言うので、行ってみました。
夜、車の行き来も、街灯も少ない農道を走っていくと、突然きらびやかなイルミネーションが!
おおぉー!なかなか広い場所がデコレーションされているではありませんか。

暗い中を車で走っていたのでどのあたりか良くわかりませんでしたが、
深谷市の血洗島あたり、そう、ここは渋沢栄一生誕の地です。
旧渋沢邸「中の家」隣の「青淵(せいえん)公園」がイルミネーションによって飾られていました。
渋沢栄一(深谷市出身 日本資本主義の父 多くの企業設立や教育にも貢献。理化学研究所の創立者)
塙保己一(本庄市児玉町出身 江戸時代の盲目の国学者で『群書類従』『続群書類従』を編纂した)
荻野吟子(熊谷市妻沼町出身 官営の女医1号 女性が医者の試験を受けられる道筋を切り開いた)
は埼玉の三偉人と言われでいます。、
令和3年(2021年)には渋沢栄一を主人公としたNHK大河ドラマ『青天を衝け』(吉沢亮くん主演♡)が放送予定、
また令和6年(2024年)より新紙幣一万円札の顔となります!
 
看板によると、第6回となるこのイルミネーションは地元の自治会&企業によって実施されているようで、
すぐそばの小学校の子どもたちによるデザインのものもありました。
 
下の水に写る光がとても綺麗です☆
商業ベースではなく、素朴な感じで手作り感たっぷり、光が温かい気がしました。

途中で寄った道の駅では、渋沢栄一の一万円札のタオルやTシャツ、文房具、お菓子も売られているなど、
地元は大変盛り上がっています。
地元深谷市の方々、そして埼玉県民の誇りです。
コメント   この記事についてブログを書く
« 読解力 | トップ | 石田衣良 著 『不死鳥少年 ア... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿