本が好き♪図書館ブログ

私立高等学校図書館からの
メッセージ&日常のあれこれ

高校図書館ブログへようこそ!

Welcome to Honichi Library Blog♪ 私立高校図書館ブログへようこそ! 司書教諭の私が、学校のこと、図書館のこと、本のこと、その他日常の生活・・・etc・・・ 気ままに綴っております。 お気軽にコメントくださいね。

準備出勤

2007-08-31 | 学校のこと
今日で8月も終わり、明日から9月です。
今年は明日・明後日が土・日曜日のため9月3日が始業式になります。
今日は2学期始まりの準備出勤でした。

今年の夏は。。。暑かったですね!!

野球部の埼玉県大会快進撃、そして準優勝で始まった夏休み。
7月末までの夏期講習。
過去最高・全国最高気温を近くの熊谷市が記録、この辺もかなりの暑さでした。
その暑い中での中学生とその保護者対象のオープンスクール。
剣道部・テニス部のインターハイ出場。
8月末の特進・進学コースのサマーキャンプ(という名の勉強合宿)。

40日間、あっという間でした。

図書館からの提言「夏休みに本を5冊読もう!」
私自身、あと少しで目標達成。
(実は最後の5冊目がまだ読み終わっていない。。。
始業式までには何とか!と思っているのですが・・・

皆さんは、どのような夏でしたか?

異常な暑さが続いた夏でしたが、
9月の声が近づくにつれあの酷暑が嘘のように涼しくなりました。
過ごしやすくなったものの、
夏の終りには何となく淋しさが漂うような気がします。

3日の始業式、久しぶりの面々に会えるのが楽しみです♪
コメント (4)

歌舞伎~菅原伝授手習鑑

2007-08-23 | いろいろ
夏休みなので、自己研鑽(?)に励んでおります。
今日は国立劇場で歌舞伎を観ました。

狂言は何度も観る機会がありましたが、
歌舞伎はかなり久しぶり。
今日の演目は『菅原伝授手習鑑 寺子屋の場』と『乗合船恵方万歳』
『菅原伝授手習鑑』は『義経千本桜』『仮名手本忠臣蔵』と共に義太夫狂言の三大名作と評価されています。
特に「寺子屋」は菅原伝授手習鑑の中でも代表的な一幕で、大変人気があります。
あらすじは、主君菅原道真の子の命を救うために、
自分の子どもをその身代わりに差し出すという悲劇。
この中のセリフ「せまじきものは宮仕え」と「持つべきものは子供でござる」は有名です。
『乗合船恵方万歳』7人の個性的な人物が隅田川辺の渡し場に落ち合い、
芸尽くしをする趣向で、一人一人が芸を競うかくし芸大会のような舞踊です。
この中で芸者春菊を演じた中村京三郎が美しかった。。。

今は、音声ガイドをイヤホンで聴きながら観劇できるのでよく理解できます。
現代では歌舞伎は何となく敷居が高くて身近ではありませんが、
普段使っている言葉の中に、歌舞伎から生まれた言葉がたくさんあります。
十八番(おはこ)・二枚目・差し金・奈落・どんちゃん騒ぎ・おうむ返し・板に付く、
はては捨てぜりふ・幕引き・幕の内弁当などまで!
一緒に行った友人が「歌舞伎は日本のオペラ。」と言っていました。
本当にそうですね。
歌、踊り、衣装、文芸作品等、オペラとの共通点がいっぱいです。
これからは、日本の文化も学びたいと思いました。

ちょっとお遊びなのですが・・・
面白サイトを探すのが得意な知人から教えてもらった
中村屋 スピーチバージョン」という、合いの手を入れる面白サイトがあります。
今日も客席からたくさんの合いの手が入りましたが、
このサイトをちょっと思い出してにんまりしていました。
コメント (4)

紀伊國屋書店

2007-08-21 | 本の紹介
2学期の始まりまであと10日になりました。
仕事モードに入るべく、書店へ行ってきました。

気合いを入れて遠くの大きな書店へ!
大きな書店というと今までは都内へ行っていましたが、今日は反対方向、群馬県へ。
半年前、前橋市に「けやきウォーク前橋」という大きなショッピングセンターが出来ました。
その中に紀伊國屋書店が入っていて、いろいろな方から「本がいっぱいあるから行ってごらん。」と薦められていたのです。
いくら群馬県に近いところに住んでいるとはいえ、前橋は遠いなぁ~
でも、「今日しか行く日がない!」と思い切っていざ高速道路へ

確かに広かったです!
約1000坪の広さの売り場に55万冊の本。
同店の店舗設計、内装デザインは、シンガポールの建築家、ケイ・ニー・タン氏が担当したそうです。
「書店という空間に身を置き、本に触れ、本を選ぶことの楽しさ、心地よさを追求した。これまでの店舗とはひと味違うもの」らしいです。
探している本がどの棚にあるのかがすぐに分かる検索端末「KINOナビ」も6台設置されています。
同システムは「KINOナビ・モバイル」と直結しており、来店前に携帯電話で在庫の確認までできるそうでビックリ。
ベンチや椅子もあって、あっという間に半日をここで過ごしてしまいました

書店もいろいろと趣向を凝らしているところが増えましたね。
大宮そごうの三省堂書店にはカフェが併設されていて、 
購入前の書籍(コミック、雑誌、地図、旅行ガイドブックを除く)を持ち込むことができます。
光を熱源とする光サイフォンでいれた本格コーヒーを飲みながら、じっくり本を読むことが出来ます。
六本木ヒルズのTSUTAYA書店もスタバが併設されています。

あと、今日初めて知ったことが!
CDショップでCDの視聴をする時に、売っているCDのバーコードを読み取らせるのですね。
今までは、聴きたいCDのディスク本体を入れていたと思うのですが、
いつからこんなハイテクに?!

仕事モードのつもりが、個人的な楽しみで終わったショッピングでした。
コメント (12)

オープンスクール

2007-08-18 | 学校のこと
明日明後日、19・20日は本校のオープンスクールです。
中学生とその保護者を対象とした体験入学会です。
詳しくは本校のHPこちらをご覧ください。
今日までが申し込みの期限ですが、明後日の参加なら多分これからでも大丈夫!
来春本校の受験をお考えの方は、是非いらしてみてください。
授業・進学講座・部活動体験・制服の試着・各部によるミニ文化祭など、
盛りだくさんの内容でお迎えします。
スクールバスも、本庄・寄居各駅から、その他路線各方面へ送迎します。

体験入学会のために、今日は土曜日だけれど全校登校日。
全校生徒・教職員で学校の大掃除をして明日に備えます。
朝から1時間30分かけて、学校中をきれいにしました。
幸い今日は昨日までの猛暑が嘘のように涼しくて、
掃除をするのに助かりましたが。。。
図書館も雑誌を入れ替えたり、蛍光灯を取り替えたり、
椅子を並べなおしたりして整備しました。

2日間で約1200名の参加が予定されています。
来年からコース編成が新しくなります。
本校のことがよくわかる1日になるでしょう。
コメント (7)

猪俣の百八燈

2007-08-15 | いろいろ
最近、カテゴリー「いろいろ」の話題が多いのですが。。。
夏休みなので、お許しを

今日は、地元の花火大会でした。
この花火大会は、重要無形文化財の伝統行事を伴っています。
それは「猪俣の百八燈」。
毎年お盆の8月15日に、
堂前山に築かれた百八基の塚に火をともす行事です。
武蔵七党のひとつ、猪俣党の棟梁猪俣小平六範綱とその一族の霊を慰めるためです

珍しいことに子供(6歳から18歳まで)のみで取り仕切られるのです。
夕刻から猪俣一族の眠る高台院に集まり礼拝し、囃子にのせて堂前山に登り塚に点火します。
日が暮れると提灯行列が山に向かって練り歩き、丘の上には108の灯火がともる幻想的な風景。

この行事にあわせて花火大会が行われて、
年々盛んになり今年は約7000発の花火が真夏の夜空を焦がしました。
お囃子や提灯行列、たくさんの夜店も軒を連ね、21,000ほどの人手で賑わいました。

この花火大会がすごいのは、とても近くで見られること!
打ち上げている人の動きまでよくわかり、花火を包んでいる球の破片が頭に降ってきます。
こんな近くだから、迫力満点!!
目の前いっぱいに花火が広がり、お腹に響く音は暑さを忘れさせてくれます。
懐かしい面々にも久しぶりにたくさん会えたし、
地元の夏を満喫した夜でした。
コメント (6)

ショッピングモール

2007-08-13 | いろいろ
先週、埼玉県北部の上里町に大きなショッピングモールがオープンしました。
今日、初めて行ってみました。

お店の名前は「ウニクス」。。。?
「UNICUS(ウニクス)」はラテン語で、
ひとつしかない・比類のない・すばらしい という意味だそうです。
「1」はラテン語系のイタリア語でUNOウノ、フランス語はunアンですね。

2階建ての低層で圧迫感がなく、アースカラー基調にデザインされ、
個々のショップのファサードが街並みのようにも見えるオープンモールです。
大きな建物の中に通路を挟んでお店があるのとは違います。
それから広大な駐車場はこの辺ならでは!
をお店の前に停めてすぐにお買い物もできます。
アメリカ設計会社による、レイアウトや建物のデザインや配色で、
広々とした開放的な空間も、アメリカっぽいです。

このショッピングモールのオープンで私が嬉しかったのは、
シネマコンプレックスが入っていること!
近くに映画館がなかったのです。。。
スクリーンが9つもあるそうで、期待できそう!
15日のオープンを記念して、
映画字幕翻訳者の戸田奈津子さんのトークショーがあります。

戸田奈津子さんの翻訳した作品は著名なものがたくさんあります。
「シカゴ」「パイレーツ・オブ・カリビアン」「ホームアローン」
「ハリー・ポッターシリーズ」「ベイブ」「アポロ13」「ジュラシック・パーク」
「ダイハード4.0」etc...
著書『字幕の中に人生』によれば、戸田本人は映画字幕の翻訳は、
ただの翻訳というより「1秒4文字、10字×2行以内」の「せりふ作り」であるそうです。
「日本版字幕 戸田奈津子」映画館の暗やみで、スクリーンに白い文字が浮かび上がります。
戸田さんの話を聞いてみたい方は、8月15日(水)11:45開場のこちらまで。

コメント (4)   トラックバック (1)

布ぞうり

2007-08-09 | いろいろ
布ぞうりを作りました。
夏休みの工作の宿題というわけではありませんが。。。

TVや雑誌で取り上げられ、今話題になっています。
布ぞうりは、外で履く草履ではなく家の中で履く、布で作ったぞうりです。

いろいろと効用があるようです。
①足の裏・指の刺激になって健康的
②床を傷つけず音もなく静かで滑らない
③汚れても何度も洗えて清潔さらに丈夫
④カラフルだから楽しい♪

小学校で上履きの変わりに布ぞうりを履かせているところもあるようです。

すべての材料が一揃い入っているキットを売っているので、それを使いました。
太いロープを縦に渡して、細く切った布をそれに編みこんでいきます。
今日完成し、履いてみたらふんわりとした履き心地と、
足裏が布のボコボコで刺激されとっても気持ちいい~
足の裏にはたくさんのツボがあるといいますからね。

これを作りながら、日本の文化はなかなか合理的で環境に優しいと思いました。
自分の足の大きさに合わせながら、微調整して作っていけます。
自然の素材で作れば、捨てても自然に戻ります。
自分の身に付けるものを自分の手で作るのは楽しかったです。

本当はキットなど買わずに、古布などを利用すればもっといいのですが。。。
次回は、是非
コメント (8)

脳内メーカー&にゃんにゃん分析

2007-08-07 | いろいろ
ここ1週間、本当に暑い毎日です。
暑さと湿度で、頭がボ~っとしてしまいそう。。。

ということで、今日はちょっとおもしろサイトのご案内。

知人から教えてもらったのは「脳内メーカー
以前紹介したことがある、分析・解析サイトの一つです。
入力ボックスに診断したい名前を入力してボタンを押すと
脳内イメージを診断した結果が表示されます。
私自身は、ちょっと悩める大人の脳内でした。

そのNEWバージョンが最近出ました。
それは「脳内イメージメーカー
あなたの脳内が何で占められているのか、考えている事を脳内グラフにして表示されます。
診断してみてビックリあるいは大笑い
家族や友人の名前を入れてみたりして。。。

その他に「猫ーにゃんにゃん分析」というものがあります。
あなたを、猫に例えるとどんな猫でしょう?
これをやってみてビックリしたことが!
家族の名前を入れて分析してみたら、表示された猫の画像が、
今、我が家で飼っている猫の小さい頃にそっくりだったのです。
彼が拾ってきたこの猫は、彼に性格がそっくりだなぁと、ずっと思っていたので、
この画像には驚き!!
我が家の猫を知っている方は、「本当に!!」と思っていただけるのでは?

暑いさなかは外に出ないで、ちょっとこんなサイトで遊んでみてね。

コメント (4)

さわらび展~美術部

2007-08-04 | 学校のこと
今日から4日間美術部のさわらび展が開かれます。
本校美術部だけの、絵の展覧会です。

8月4日(土)1:00PM~7:30PM
  5日(日)9:00AM~7:30PM
  6日(月)9:00AM~7:30PM
  7日(火)9:00AM~6:30PM

会場:埼玉県本庄文化会館
   〒367-0031 本庄市北堀1422-3
   TEL 0495-24-2841

本校美術部は22年連続県展に入選、通算256名の入賞者を出しています。
歴史も実績もある、運動部並みの練習を誇る部なのです。
当然朝練もあるし、合宿や泊りがけでの創作もあります。

夕方、この近くを通りかかったら、部員が大きな看板を持って、
お客さんを案内する姿が見えました。
今日も、夕方までとても暑い一日でした。
朝から搬入、展示、会場整備、道端での誘導、頑張ったのでしょう。
時間がある方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。
コメント

決勝戦~その後

2007-08-01 | 学校のこと
感動の決勝戦から3日、
多くの方から「観てましたよ。」「惜しかったね。」「来年だね!」のお言葉をもらう日が続いています。

学校では、新たな展開が。
レナート・プラド・ギマラエス ブラジル総領事が本庄第一高校にお越し下さいました。
本校で野球部員として活躍している2人のブラジル出身者、奥田ペドロ君、伊藤ディエゴ君の活躍を知り、
激励に来てくださったのです。
詳しくはこちら
写真も、学校のHPからお借りしました。

各方面で外国人選手の起用についていろいろな意見があります。
社会人・大学・高校、種目も相撲・マラソン・ラグビー・バスケット…etc。
でも、家族と離れて言葉の通じない国に一人でやってきて、真摯に練習に取り組む姿は、
一緒に練習をしている選手たちにいい影響も与えているのではないかと思います。

コメント (3)