大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

今時の左翼事情 ドイツ シュトゥットガルトでジェンダーフリーを唱える左翼バカ

2016年02月29日 20時36分55秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢




コメント

護衛艦に初の女性艦長 大谷三穂2等海佐「後に続く女性自衛官のためにも気負わず任務全うしたい」

2016年02月29日 20時05分22秒 | 我が国の安全保障問題

護衛艦 やまぎり 、護衛艦隊第11護衛隊に所属し定係港は横須賀。


大谷三穂2等海佐(44)

海上自衛隊横須賀基地で29日、現役護衛艦では初めての女性艦長として、大谷三穂2等海佐(44)が「やまぎり」艦長に着任した。約220人を率いる。
大谷2佐は甲板上で整列した隊員に「ただ今から指揮を執る」と訓示。これとは別に「私の後に続く女性自衛官のためにも、気負わず任務を全うしたい」とのコメントを出した。
海自横須賀地方総監部によると、大谷2佐は大阪府吹田市出身で、女性1期生として平成8年に防衛大を卒業。25年、初級幹部の訓練を担う練習艦で初の女性艦長となっていた。約4万2千人の海自隊員のうち約2400人が女性隊員。やまぎりは女性用居住区やトイレが整備され、約10人の女性隊員が乗艦している。

@平和ボケも、いい加減にしろ。
コメント

シリア戦場ライブ  Darayya ダマスカス  2月26日

2016年02月29日 16時28分12秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢

AL-SAFWA ISLAMIC BRIGADES (アル サフア イスラム旅団=シャーム戦線、第1連隊、ヌールッディーン・ザンキー運動、ムジャーヒディーン軍、サフワ旅団、アレッポ市旅団、「命じられるがまま進め」連合、ファトフ旅団。)
自由シリア軍、シリア軍、アル-safwaイスラム旅団、ヒズボラ(シーア派)などなど。




コメント

高浜4号機、原子炉緊急停止=発電機トラブル  水漏れと同じ、反原発派が送り込んでいる工作員の仕業だよ

2016年02月29日 16時20分35秒 | 問答無用 全原発を即刻再稼働せよ!!
29日午後2時ごろ、関西電力高浜原発4号機(福井県高浜町)で、発電開始の作業を始めた直後に発電機が止まるトラブルがあり、原子炉が緊急停止した。
関電によると、これまでに外部への影響はない。関電が原因を調べている。
高浜4号機は26日に再稼働し、試験運転中。29日からタービンと発電機をつなぎ、発電と送電を開始する予定だった。 


@またかよ。水漏れと同じで、送り込まれている反原発工作員の仕業。早く捕まえなさい。
コメント

今時の左翼事情 京大バリケード封鎖、授業妨害で中核派メンバーら逮捕 「熊野寮」を捜索 

2016年02月29日 12時58分05秒 | 便所の糞蝿と売国奴


京都市左京区の京都大キャンパスで昨年10月、中核派系全学連の学生らがバリケード封鎖し、授業を妨害した疑いが強まったとして、京都府警などは29日朝、威力業務妨害容疑で、活動拠点の1つとされる京都大学生寮「熊野寮」の家宅捜索を行うなど強制捜査を始めた。
府警は同容疑で、ストライキに加わったメンバーらを逮捕した。
捜査関係者によると、共謀のうえ、昨年10月27日午前8時半~午後2時、同区の京都大吉田南キャンパスで、吉田南1号館をバリケードで封鎖し、授業などを妨害した疑いが持たれている。
府警などによると、同日早朝から午後2時ごろ、反戦や大学への不満を訴える約40人の学生らが、吉田南1号館を柵や立て看板などで封鎖し、授業や大学事務が行えない騒ぎになった。

@この時代にあって、最早かすりもしないゴミ共。セン●リ左翼の代表各。

サミット前の、お決まりコース。
コメント

シリア戦場ライブ  アレッポ  YPG vs "FSA" =クルド対アラブと言う構造 2月26日

2016年02月29日 11時36分24秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢

AL-SAFWA ISLAMIC BRIGADES (アル サフア イスラム旅団=シャーム戦線、第1連隊、ヌールッディーン・ザンキー運動、ムジャーヒディーン軍、サフワ旅団、アレッポ市旅団、「命じられるがまま進め」連合、ファトフ旅団。)
自由シリア軍、シリア軍、アル-safwaイスラム旅団、ヒズボラ(シーア派)などなど。

YPG=Yekîneyên Parastina Gel クルド人民防衛隊 

@停戦前の、26日の戦闘映像です。


コメント

自衛隊作戦、統幕に一元化 防衛省 来月にも策定新手順

2016年02月29日 09時36分38秒 | 我が国の安全保障問題


防衛省が、有事の際などを想定した自衛隊の作戦計画「統合防衛及び警備基本計画(基本計画)」を策定する際の新たな手順を、3月中にも決定する方針を固めたことが28日、分かった。防衛官僚(背広組)を中心とする内部部局が担っている計画起案などの役割を、自衛官(制服組)を中心とする統合幕僚監部に一元化することが柱となる見通し。ただ、内局からは権限移譲に反対する声も上がっており、省内では最終調整が続いている。
基本計画は自衛隊最高レベルの作戦計画で、必要に応じて見直されている。特定秘密に指定されているため内容や改定時期は明らかになっていないが、次の見直しでは安全保障関連法や再改定された日米防衛協力の指針(ガイドライン)も反映される。

現行では基本計画の策定に当たり
(1)指針となる「大臣指示」を内局が起案
(2)指針に基づき統幕が具体的な計画案を作成
(3)内局が防衛相に承認を申請-という手続きを踏む。3月中に決定する新たな手順では、統幕が全ての手続きを担う方向で調整が進んでいる。

昨年6月に成立した改正防衛省設置法により、制服組と背広組の対等な立場が明確化。部隊運用に関しては制服組、政策に関しては背広組が担当し、それぞれの立場から防衛相を直接補佐する態勢に改めた。
統幕幹部は「基本計画は部隊運用の根幹ともいえる存在で、統幕が策定手続きを所管するのが妥当だ」と指摘する。これに対し、内局の一部は法改正後も「防衛・警備に関することの基本と調整」などは内局の所掌事務に規定されていることを理由に、従来通りの役割分担を主張している。河野克俊統合幕僚長は25日の記者会見で「いかに大臣を補佐するのがベストかという観点で決めればよい。権限をよこせという話ではない」と指摘した。

@黙れ内局。
コメント (1)

海自機、比海軍に貸与へ…南シナ海の監視に利用

2016年02月29日 08時04分57秒 | フィリピン 南/東シナ海・豪・アジア各国の出来事


政府は、退役した海上自衛隊の練習機(航空機)「TC90」をフィリピン海軍に貸与する方針を固めた。
フィリピン側は、中国による南シナ海での海洋進出の動きに対し、空からの警戒・監視に利用する。日・フィリピン両政府は、今春にも貸与で合意する見通しだ。
フィリピン海軍が警戒・監視に利用する航空機は、行動半径が約300キロと狭く、「中国が進出する南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島全域を監視して戻ってくることは難しい」(政府筋)という。フィリピンは南沙諸島のスービ礁、ミスチーフ礁などで中国と対立しており、広範囲で活動できる航空機を求めていた。
TC90の行動半径はフィリピン軍機の2倍以上で、南沙諸島の大半をカバーできるという。練習機であるTC90には、レーダー類などがほとんど搭載されておらず、フィリピン海軍が当面、目視による警戒・監視に利用するとみられる。

@何機供与するんだよ? メンテ、ローテーションが組めるようにできるだけ多くを配備してあげる事。目視って、21世紀だぞ。潜水艦探索は無理でも最低レーダー位付けてやれよ。
コメント

敵戦車は「ゆでカボチャ」・・・北朝鮮・裸の王様

2016年02月28日 22時44分29秒 | どうでもよい朝鮮半島

北朝鮮 携帯型レーザー誘導対戦車ロケット砲

@この嬉しそうな顔。まるで幼稚園児。


コメント

懐かしさと寂しさが・・・元組長・安藤昇さん最後の別れ

2016年02月28日 22時18分24秒 | その他
@気骨ある侠客が、また一人逝ってしまった。

岡田克也、枝野幸男、志位和夫、松野頼久、小沢一郎、こいつらはクソ以下だ。


コメント

筑前琵琶鑑賞会 名古屋能楽堂

2016年02月28日 21時54分04秒 | さむらい塾

宮下旭菖師範 演題は、北條時宗。




@さむらい塾で共に学ぶ、筑前琵琶の宮下旭菖師範の演奏会が名古屋の能楽堂で開催されましたので、伊藤好雄先輩や塾生と拝聴してきました。
演奏会終了後、すぐ近くの愛知県護国神社に全員で参拝。
コメント

飯舘村でシンポジウム 放射線量は7割ほど減少 問題がないと言われると困る反原発派のクソ集団

2016年02月28日 11時45分39秒 | 問答無用 全原発を即刻再稼働せよ!!
福島第一原発事故の影響で村民全員の避難が続く福島県飯舘村について、放射能の状況を調べてきた研究者が集まり、5年間の汚染状況の推移などを発表しました。
福島市で開かれたシンポジウムには、放射能の研究者や村民ら約200人が参加しました。飯舘村の汚染状況を調べてきた京都大学の今中哲二助教や日本大学の糸長浩司教授は、独自の調査の結果、除染で放射線量が6割から7割ほど減っているなどと発表しました。一方で、依然として線量が高いホットスポットがあることも指摘しています。これについて、参加した村民からは「下がっても安心はできない」「自分は帰りたいが、子や孫の世代は難しい」などの意見が出ました。飯舘村の約6000人の村民全員が今も避難生活を強いられています。

@クソバカが、下がっても安心できない、帰れないとはどういうことか? 自ら風評被害を撒き散らすクソ集団。今、お前達が住んでいる場所の方がよほど線量が高いんだよ。お前達がいるから。


コメント

憲法9条2項、分かりにくい…谷垣氏ら改正に前向き

2016年02月28日 11時00分41秒 | 死ぬきで憲法改正を目指せ自民党
自民党の谷垣幹事長は27日のBS朝日の番組で、憲法改正について、「自衛隊が戦力なのか戦力でないのか、小学生が(条文を)読んで分かりにくいことは事実。憲法を『読んで字のごとく』とするのは大事だ」と述べ、戦力の不保持を規定する憲法9条2項の改正に前向きな姿勢を示した。
2012年の党の改正草案では自衛権や国防軍の保有を明記している。中谷防衛相も27日のテレビ東京の番組で、憲法学者に自衛隊の違憲論が根強いことを踏まえ、「安全保障の基本的なところは分かりやすいように制定すべきだ」と語った。

@それで、いいのだ。

参考:憲法9条
1項:日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2項:前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

一項の平和主義の理念はそのままにして、現実にそぐわない2項を改正して、自衛隊を軍隊と認めればいい。
概ね基本理念に変わりはないが、表現と言うか文言には色々ある。
コメント

海洋機構など 海底の金銀、採取成功 沖縄沖の熱水鉱床

2016年02月28日 07時03分25秒 | その他


◇1トン当たり金1.35グラム、銀数百グラム、銅45キロ
海洋研究開発機構などの研究チームは25日、国内最大規模の熱水鉱床が広がっている沖縄本島沖の海底を掘削し、金や銀の採取に成功したと発表した。海底下の資源は掘り出すのが困難とされていたが、チームは「人工的に噴出口を作ることで、極めて低コストで資源回収を実現できる可能性が開ける」としている。同日の英科学誌サイエンティフィック・リポーツに成果が掲載された。

熱水鉱床は、岩石中の金属などが海底下で熱せられた海水に溶け込んだ鉱脈。海底までの裂け目があると熱水とともに噴出して金属などが海底に煙突状に沈殿する。銅、亜鉛などのほか、ガリウムやビスマスなどレアメタルを含むため、次世代の海洋資源として各国の探査が活発化している。
同機構が掘削したのは、那覇市の北北西約190キロの海域「伊平屋北海丘」。
2010年、地球深部探査船「ちきゅう」で水深約1000メートルの海底に直径50センチの穴を掘り、定期的に観察した。その結果、約310度の熱水が噴き出して人工的にできた鉱床は1日0.11トンのペースで高さ7メートル以上に成長し、13年の成分解析では1トン当たり金1.35グラム、銀数百グラム、銅45キロを含んでいた。
今井亮・秋田大教授(鉱床学)によると、今回の金の含有量では採算を取るのは難しいが、銅やレアメタルも多く含まれれば価値は上がるといい「日本の領海内で資源を確保しておく意義は大きい」と話す。
同機構は3月17日まで、再び近海を採掘して観測装置を設置し、高濃度の金属を含む鉱床を効率よく形成させる実験をする。川口慎介研究員は「実験を通して金属がどのように沈殿し蓄積して鉱床を作るのかを調べたい」と話す。

@成功を祈ります。
コメント

大型巡視船、尖閣周辺警備へ 1500総トン、岡山・玉野で完成  「尖閣警備専従部隊」完成へ

2016年02月28日 07時00分33秒 | 尖閣諸島にはPM2.5の観測所を設置しろ


三井造船玉野事業所(岡山県玉野市玉)で建造されていた海上保安庁の大型巡視船「あぐに」が完成し、引き渡し式が24日、同事業所で開かれた。沖縄県を管轄する第11管区海上保安本部(那覇市)の石垣海上保安部に配属され、尖閣諸島周辺海域の警備に当たる。
あぐには1500総トン、全長96メートル、幅11・5メートル、速力25ノット。遠方の漂流物や船舶を識別する遠隔監視採証装置、放水銃、20ミリ機関砲、5カ国語が表示可能な停船命令等表示装置などを備えている。建造費は57億円。
式はあぐに前であり、三井造船玉野事業所員や海上保安庁職員ら61人が出席。同事業所の平岩隆弘所長が引き渡し書を、同庁総務部の中野宏幸参事官に手渡した。中野参事官は「国民の安全安心に大きく寄与できると確信している」との佐藤雄二海上保安庁長官の訓示を代読した。

「尖閣警備専従部隊」完成へ 海保11管区、24日に2巡視船就役し14隻態勢で尖閣警備 全国最大に
中国の公船や漁船が領海侵犯を繰り返す尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺海域の警備にあたる海上保安庁第11管区海上保安本部(那覇市)の定員が、小笠原諸島周辺海域を所管する第3管区を抜き、全国最大規模となったことが23日、分かった。24日には大型巡視船「いぜな」と「あぐに」が就役し、第11管区の「尖閣警備専従部隊」が完成。大型巡視船とヘリ搭載型巡視船計14隻相当の陣容で、同海域の治安維持の任務にあたる。

@それでも、沖縄の海保、警察、検察、どれも信じられない。翁長雄志と同根と言うか、国益より振興費3500億に群がるハイエナとしか思えない。
おいおい一緒にしないでくれと言うなら、きっちり態度で示してくれ。
コメント