大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

試験飛行を繰り返す中国の戦闘機J-20

2011年11月30日 19時16分57秒 | 我が国の安全保障問題
中国の次世代ステルス戦闘機「J20」が19日、再び試験飛行を行う様子をネットユーザーが撮影した。J20は最近試験飛行を頻繁に繰り返している。

@外見的な完成度は高めているようですが、中身はどこまで進んでいるのでしょう。





コメント

イラン 英大使館襲撃 民兵組織「バシジ」主導 学生ら周到に計画か

2011年11月30日 07時13分47秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢
イランの首都テヘラン中心部の英国大使館で29日に起きた襲撃事件。79年の米大使館占拠事件をほうふつとさせる今回の「直接の動機」は、英国による新たな経済制裁とされるが、事件の根っこには、02年にイランの反体制派が秘密核開発を暴露したことで先鋭化してきたイランと欧米との激しい対立がある。民兵組織「バシジ」が事件を主導した背景には、昨年11月29日にはテヘラン北部で起きたイラン人核科学者の男性1人が死亡した2件の爆弾テロがある。背後に米欧諸国やイスラエルが関与しているとして、バシジの学生らが事件1年を機に米欧諸国への抗議集会を計画。バシジ幹部のムスタジェラン氏は「大使追放よりも大使館占拠の方が効果的だ」と語り、大使館占拠を周到に計画していた可能性がある。

一方、欧米などは「核の平和利用」を主張するイランに対し、核兵器開発を目指すものだと非難してきた。イランの核開発を現地査察などで監視してきた国際原子力機関(IAEA)も、疑惑解明に向けたイランの協力不足などを理由に03年以降、11回に及ぶ非難決議などを採択した。中でも、今月8日にIAEAの天野之弥事務局長が発表した報告書は、欧米からの機密情報などを基に、イランの核兵器開発疑惑を強く示唆する内容となった。IAEA理事会は18日、11回目の対イラン決議を採択。欧米独自の対イラン制裁強化に道を開いた。イランは60年代後半から原子力活動を開始。当初は米国や西ドイツ(当時)から支援を受けたが、79年のイスラム革命後はロシアや中国から協力を得た。85年にウラン濃縮計画に着手、87年に核の「闇市場」経由でパキスタンが核開発に使用した濃縮施設の設計図や遠心分離機の部品などを入手したとされる。一方でイランは、70年に核拡散防止条約(NPT)に加入。74年にはIAEAと包括的保障措置(査察)協定を締結し、平和的核開発の権利を主張。これに対し国連安保理は、兵器転用の恐れがあるウラン濃縮活動の即時停止を要求。06年以降、4回にわたり制裁決議を採択してきた。

@いかなる理由があるにせよ、国際社会はまず、イスラエル(IAEA加盟 NPT非加盟)の核兵器を非難すべきですね。







最後の一節は無視しましょう。


参考:バシジは、軍事部隊と宗教宣伝部隊に2分される。軍事部隊は、地域的特徴で編成され、350~420人ずつの800個までの大隊を含む。大隊は、志願制により12歳から60歳までの男性で編成される。婦人大隊(200人以下)も存在し、彼女らは、出版社、啓蒙及び慈善施設の重要ポストを占め、宗教宣伝部隊を構成している。


コメント (1)

シナ 初の空母、2度目の航行=改修後の試験実施へ

2011年11月29日 20時57分34秒 | 我が国の安全保障問題
中国国防省は29日、8月に初の試験航行を終え、改修中だった旧ソ連製空母「ワリャーグ」が同日、2度目の試験航行のため出港したと発表した。ワリャーグは8月10日に大連港(遼寧省)を出港。性能を調べる試験航行を実施し、同月14日に帰港した。その後、問題点の改修などを続けていたが、準備が完了したため29日から再び航行に入った。国防省は初の空母保有について「国家の安全と主権、海洋権益を守る」ことを目的に掲げている。南シナ海問題をめぐって米国との攻防が激しさを増す中、空母の再航行は、周辺海域での中国海軍の存在感を高めるものとなりそうだ。

参考:空母開発を進める中国が、艦載機の着艦に不可欠な機体制動用ワイヤをロシアから購入しようとして、拒否されたことが22日、分かった。民間軍事研究機関、漢和情報センター(本部カナダ)がロシア当局者らの話として明らかにした。購入失敗で「中国の空母開発計画は大きく妨げられる」としている。 ワイヤは甲板に設置され、艦載機の機体フックを引っかけて急停止させる仕組み。製造には特殊な技術が必要で、中国の空母はワイヤ装備のめどが立たなくなっているもようだ。 同センターによると、中国側とロシアは2007年にはワイヤ4セットの売買交渉をしていた。ロシア 側の拒否理由の一つに、中国がロシア製戦闘機「スホイ33」をコピーして艦載機「殲15」を製造して いることへの不満があるという。

@艦載機を積んでいない空母って。。。。。。。。。。(涙
>「国家の安全と主権、海洋権益を守る」ことを目的に・・・・南シナ海問題をめぐって米国との攻防が激しさを増す中、空母の再航行は、
洒落た事言っていないで、飛行場の近くにでも置いておきゃいいじゃん。


コメント

レバノンからロケット攻撃=イスラエル

2011年11月29日 18時36分39秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢
イスラエル軍によると、同国北部で28日深夜から29日未明にかけて、隣国レバノンからロケット弾攻撃があった。着弾したのは4発とみられ、死傷者はいないという。イスラエル軍は直後に、レバノン側に報復攻撃を行った。AFP通信によると、レバノン軍もイスラエル国境に近いレバノン南部からロケット弾の発射があったことを確認したが、同国のどの勢力が撃ち込んだかは不明。

@羨ましいですね~~~ 撃ち込んだり撃ち込まれたり・・・・・・・
一日も早くそうした世界水準の日本国にしたいと思っています。わはは


コメント

福島瑞穂・社民党首  「世界の100人」 米外交専門誌が選出

2011年11月29日 17時36分05秒 | 便所の糞蝿と売国奴
社民党の福島瑞穂が、米国の外交専門誌フォーリン・ポリシーが選ぶ今年の「世界の100人」に名を連ねた。脱原発の活動を長く続けたとして、福島の事実婚のパートナーで原発訴訟に携わる海渡雄一と共同で選ばれた。同誌は2009年から、その年に政治、経済、平和活動など幅広い分野で影響力をふるった人物を挙げている。日本の政治家では福島が初めて。今年はオバマ米大統領や英仏独の首相・大統領、ミャンマー(ビルマ)の民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーらも選ばれた。 福島、海渡について同誌は「30年間、議会や法廷で原発推進に反対してきた。だが日本の原子力村は今年まで彼らの活動を無視してきた」と紹介。海渡が浜岡原発運転差し止め訴訟の原告側弁護士として活動したことにふれ、「(訴訟に勝っていたら)今年の原発事故は防げたかもしれない」(海渡)、「過去は変えられないが、未来は変えられる」(福島)とのコメントを掲載した。
社民党は28日、福島瑞穂が30日~12月4日の日程で訪米すると発表した。脱原発に取り組む活動家として福島を紹介した米外交誌フォーリンポリシーがワシントンで開くレセプションに出席する。


海渡雄一

@巷では、どこかの三流週刊誌と同じで、金にもの言わせて自分で売り込んだともっぱらの噂。

コメント

兵器開発可能な半導体装置、中国に不正輸出 神奈川県警、強制捜査へ

2011年11月29日 07時34分56秒 | 我が国の安全保障問題
ミサイルの誘導装置など兵器に欠かせない半導体を作るためのプログラムが組み込まれた製造装置を中国へ不正に輸出していたとして、神奈川県警外事課などは28日、外為法違反の疑いで、東京都品川区の電子機器販売会社の強制捜査に乗り出す方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。県警は29日にも同社本社などの関係先の家宅捜索に着手する。捜査関係者によると、電子機器販売会社は平成22年春ごろから、国内電機大手メーカーの半導体製造のプログラムが組み込まれた製造装置を中国側に売却、不正輸出していた疑いが持たれている。経済産業省の輸出規制の規定によると、兵器そのものや兵器開発に転用される可能性がある電子機器などは、輸出の許可が必要となる「リスト規制」の対象となっている。半導体製造装置もリストに該当するが、同社は無許可で中国側と取引していたという。

法人登記簿によると、同社は6年11月に設立。半導体製造装置や半導体の部品の売買、半導体製造装置のソフト開発などを行っている。民間信用調査会社によれば、21~22年の3月期決算での売り上げは約17億円。利益は減少傾向となっているが、23年の売り上げは約25億円と増加した。捜査関係者によると、中国側は不正輸出された製造装置で作られた半導体などの電子機器を搭載した新たな兵器を開発するため、さらに日本側の技術情報を入手しようとしていた形跡がみられるという。県警は、三菱重工など国内企業の最新技術の情報を取得する目的で、中国を発信元とするサイバー攻撃が繰り返されていることにも関心を寄せている。

@現民主党政権は、政府そのものがもっと酷い事をしていますけど・・・・・
暴対もいいけど、売国を取り締まる法律を作れよ。売国が国是の我が国にできる訳ないか。
コメント

ドイツの反核デモ隊? 警察と衝突、200人超負傷

2011年11月28日 19時01分22秒 | 我が国の安全保障問題
ドイツ北部のダネンベルク周辺で27日、フランスから運ばれた高レベル放射性廃棄物の鉄道輸送を妨害するため線路を占拠しているデモ隊と、排除に乗り出した警官隊が衝突し、公共テレビARDによるとデモ隊約160人、警官51人が負傷した。警察は立ち退きに応じなかったデモ隊約1300人を拘束した。抗議行動の影響で廃棄物を積んだ貨物列車は足止めを余儀なくされ、ゴアレーベンの中間貯蔵施設への到着は大幅に遅れている。

@太鼓を叩いて反核や環境問題を飯の種にしているグリーンピースやその系統の連中って、どいつもこいつも国籍に関係なく、皆、単細胞丸出しの独特の顔つきをしていますね。





コメント

中国軍初の女子ミサイル発射中隊が発足

2011年11月28日 12時54分31秒 | 暴戻支那の膺懲
中国軍初の女子ミサイル操作隊員が2010年3月、第二砲兵のある基地に姿を現した。厳しい選抜をくぐり抜けた35人の女性兵の平均年齢は23歳未満、91.4%が専門学校以上の学歴をもつ。今年7月、初代女子ミサイル操作員が海抜3000メートル以上の高原で新型ミサイル2発の発射に成功。今では女子ミサイル発射中隊に発展、正式に戦闘部隊の序列に組み込まれた。



記者が同中隊を取材し、初代女子ミサイル操作隊員から話しを聞いた。
「点火」の号令とともに、乳白色のミサイルが空に打ち上げられ、轟音とともに空に美しい弧線が描かれ、砂漠に立てられた的に命中した。時刻は2011年7月13日午前9時。ミサイルを発射したのは中国の初代女子ミサイル操作隊員。この吉報は、女子ミサイル操作隊員が実弾発射能力を身につけたとして瞬く間に報じられた。発射成功の喜びに沸く中、新しいスタートラインに立ち、いかに飛躍的な発展を遂げるか女子ミサイル操作隊員たちは考えていた。彼女たちはこれまで弱点を克服する強化訓練を実施し、専門知識や操作レベルなどを上げてきた。ある軍事委員会の首長は彼女たちのことを、「理想と信念が固く、はつらつとした若者たちで、技術が高いハイレベルの戦闘集団であり、二砲のため、軍のため、国家のために栄誉を勝ちとる先進集団」と評価した。
11月18日の女子ミサイル発射中隊発足大会では、新しい装備の鍵が渡され、謝凌霞中隊長と陳勤指導員が「女子ミサイル発射中隊」と刺繍した鮮やかな旗を手に、声を揃えて宣誓した。かつては訓練場でその勢いと技術を見せていた彼女たちだが、今後は新型戦車で新しい突撃を開始し、中国全土で活躍することだろう。

@我が国は、なでしこジャパンと浅田真央・・・・・近い将来、彼女たちが日本にでかいミサイルを撃ち込んでくるんでしょうね。わはは


コメント

越境ヘリ攻撃に報復措置 パキスタン、米に基地撤収要求

2011年11月28日 08時05分57秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢
アフガニスタンに展開する北大西洋条約機構(NATO)主体の国際治安支援部隊(ISAF)のヘリコプターがパキスタンに越境攻撃し、兵士24人が死亡したことへの報復措置として、パキスタン政府は26日夜、同国南西部のシャムシ航空基地を使用している米国に対し、15日以内の撤収を求めることを決めた。 同基地は2001年の米同時多発テロ後、パキスタン政府がアフガンでの軍事作戦を始めた米国に利用を認め、米中央情報局(CIA)が武装勢力に対する偵察無人機の運用などに使っていたとされる。また、アフガンに展開するISAFへの物資は、武器を除く3~4割がパキスタン経由で補給されているとみられているが、パキスタン政府は26日夜の会議で輸送の遮断も正式決定した。こうした措置が米国主導の対テロ戦に影響を与えるのは確実だ。パキスタン側はカル外相が27日、米国のクリントン国務長官と電話会談し、越境攻撃を抗議したうえで報復措置を伝えた。

@だから・・・・


コメント

被災し避難「それでも生きなけりゃ」 元慰安婦が講演

2011年11月27日 21時58分03秒 | 便所の糞蝿と売国奴
アジア・太平洋戦争中に旧日本軍の「慰安婦」にされた朝鮮人で、戦後移り住んだ宮城県女川町の自宅が東日本大震災の津波で流された宋神道(ソン・シンド)さん(89)が26日、被災後初めて西日本で講演した。慣れない東京で避難生活を送る宋さんは「生きているのもつらい」と漏らしつつ、「それでも二度と戦争はするなと言いたい」と繰り返し訴えた。 宋さんは朝鮮・忠清南道出身。「戦地で働けば一人で生きていける」とだまされ16歳で中国の慰安所へ。逃げると暴力をふるわれ、7年間も兵士の性の相手をさせられた。戦後、共に引き揚げた日本兵に置き去りにされ、女川町の在日朝鮮人男性と同居してきた。 男性の死後、独りで住んでいた自宅は、3月11日の津波で跡形もなくなった。高台に逃げて助かったが、残ったのは愛犬だけ。日本政府に謝罪と賠償を求めて宋さんが起こした裁判(2003年に敗訴確定)の支援者らが、津波のショックと避難所生活で弱った宋さんを東京に迎え入れた。

右側の糞蠅は人権を売りにしながら同じ女性を性奴隷と見下し、人前にさらして食い物にする川田文子


大阪市福島区で開かれたこの日の集会で、愛犬と離れて東京で独り暮らしを始めたつらさから、宋さんは「いっそ津波に流されりゃ良かった気もする」と涙を見せる場面もあったが、「それでも生きなけりゃと帰ってきた」。「戦争した補償は日本の国としてするべきだと言っても多くの政治家は無関心。どういうことだ」と怒りも見せ、支援者らは立法による問題解決と市民の理解を呼びかけた。

@朝日の記事ですが、さすがというか、こんな朝鮮ピーが日本にまだいたんですね。
コメント

NATO部隊ヘリが越境攻撃、パキスタン兵24人死亡

2011年11月27日 18時45分52秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢
パキスタン北西部の部族地域で26日未明、隣国アフガニスタンに展開する北大西洋条約機構(NATO)主体の国際治安支援部隊(ISAF)のヘリコプターが越境し、パキスタン治安部隊の検問所を攻撃した。軍によると、兵士24人が死亡、13人が負傷した。 ISAFは攻撃があった地域のアフガン側で最近掃討作戦を始めており、今回は誤って越境したとみられる。だが、パキスタン側では「国家主権に対する攻撃だ」(地元州知事)などと反発が強まっており、同国外務省は実質的にISAFを率いる米国のマンター大使を呼び、抗議した。 また、パキスタンはISAFの重要補給路だが、政府は国境を封鎖し、補給物資の輸送車の動きを止めた。ISAFは26日午後、アレン司令官が遺族らに哀悼の意を表し、徹底した事実調査を行うと述べたとする声明を出したが、さらなる関係悪化は必至だ。

@NATO軍はもっと慎重に行動すべきですね。この越境が他の意図をもってなされているなら、我々の関知するところではありませんが、こうした些細ないざこざが遺恨を増大させそれぞれの支援国を巻き込んで全面戦争に突入させます。戦闘行為に麻痺しているのかどうかは知りませんが、主権国家である以上国力や軍備に関わらずこのような攻撃を受ければ腑抜けた我が国は別としても必ず反撃しますよ。

NATO誤爆でパキスタン兵24人死亡、報復に物資ルート閉鎖
パキスタンは報復措置として、アフガニスタンに通じるNATOの物資供給ルートを閉鎖。ギラニ首相は、同国兵士の殺害は主権に対する攻撃だと非難し、「パキスタンの主権を侵すようなことはさせない」と語った。




コメント

もんじゅ「廃炉含め検討」細野大臣が視察後に言及

2011年11月27日 09時44分07秒 | 我が国の安全保障問題
細野原発担当大臣が、福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」を視察し、今後、廃炉も含めて検討する考えを示しました。高速増殖炉「もんじゅ」は、ナトリウム漏れ事故を起こすなどトラブルが相次いでいて、現在も運転停止中です。今月20日の政策仕分けでも、抜本的な見直しを求める提言がまとめられました。こうしたなか、視察した細野大臣は、設備の老朽化やトラブルの続出を理由に挙げ、もんじゅについては「廃炉も含めて検討すべきだ」という考えを示しました。
細野豪志原発担当大臣:「一つの曲がり角に来ていると、そういう印象を受けました。問題を先延ばしするだけということは許されない。何らかの判断を来年はしなければならない」
また、細野大臣は、ストレステストの結果をすでに提出している関西電力の大飯原発も訪れ、新たに導入された非常用電源車などを視察しました。細野大臣は「電源の確保はしっかり対応している」と一定の評価をしたうえで、再稼働については「地元の考えを聞いて判断したい」と述べました。

@前にも書いた通りで、ここには核開発に携わるとても優秀な日本人の50年の英知(目くらましの100年スパン)が詰まっている訳で、その真意の分からないアホが国家の政権運営をするとこんな話になる。本当に危惧すべきは「もんじゅ」ではなく無駄金をばらまく民主党政権なんだよ。
日本国の解体を目論む反日左翼の脱/反原発運動が(下の記事のような)こうした方向性を打ち出してくることは明白であり、こうした脱原発運動を愛国者は徹底的に粉砕しなければならない。


コメント

浜岡原発で初の反対集会 廃炉訴える「人間の鎖」

2011年11月27日 09時32分18秒 | 便所の糞蝿と売国奴
静岡県の浜岡原発周辺では、廃炉を求める集会が初めて開かれました。参加者たちは原発の周囲約4キロを「人間の鎖」で囲み、脱原発を訴えました。参加したのは、県内外から集まった3500人あまりです。参加者たちは海側を除く、浜岡原発の周囲約4キロを取り囲みました。父親が原爆で被ばくした参加者:「被ばく者が再び福島を中心にたくさん作られているのはすごく悔しい。その思いを自分としても思って」
反原発集会が浜岡で行われたのは今回が初めてです。

@広島・長崎の「過ちを繰り返させない」為にも、抑止力としての核武装が必要なんです。


コメント

北方領土問題などで戦略対話? 日露外務次官

2011年11月26日 11時45分03秒 | 北方領土問題 日露平和条約の締結を急げ
日本外務省の佐々江賢一郎事務次官は25日、ロシアのデニソフ第1外務次官と、日露戦略対話をモスクワで行い、北方領土問題を含む日露関係のほかアジア太平洋や中東などの地域情勢、経済協力問題など幅広いテーマで意見交換した。在ロシア日本大使館やロシア外務省などによると、米国が欧州でミサイル防衛(MD)構築を進めていることに対し、新戦略兵器削減条約(新START)からの脱退の可能性も含むロシア側の「対抗措置」について、同国側は説明した。次回戦略対話は来年前半、東京で行われる。

@いつまで中身のない意見交換をしてりゃきが済むんだって話ですね。
今月の24日にここで取り上げたばかりですが、米国のMD構築に対するロシアの対抗処置はカリーニングラードにイスカンデルを配備するというものであり、北方領土に関しては、我が国や中韓に対して政治より経済を優先すべきと共同開発を提言/実行し、更なるロシア化を推し進めています。軍備に関してもフランスの強襲揚陸艦「ミストラル」を2隻配置するなど、装備も兵員もジャンクから最新型に切り替えてやる気満々で我が国を挑発しています。
コメント

米空母ジョージ・H・W・ブッシュでトイレ故障 修理に1万時間

2011年11月26日 08時00分53秒 | 日本で犯罪を繰り返す外国人犯罪者シナ人・朝鮮人など
米誌「Navy Times」は最近、原子力空母ジョージ・H・W・ブッシュ号の「トイレ問題」について報じた。

ブッシュ号のある乗組員の母親が、「同艦の廃棄物を下水道管に流す真空システムが何度も故障し、トイレを長時間使用できない」とブログに書き込んだ。更に不幸なことに、ブッシュ号の下水道管は400キロメートルもあり、修理担当者は区間ごと問題箇所を探し出す必要があり、一区間300メートルもあるパイプを検査するのに35時間かかるという。内部構造が敏感で責任者が鍵をかけているパイプも少なくなく、修理担当者は特別な許可がないと検査ができないため、作業をより複雑にしている。不思議なことに、同艦には真空システムが壊れた時の代替案がなかった。艦上に予備トイレも、臨時の汚物処理袋もなかった。艦上の将校によると、生理反応にさいなまされないよう、彼らはいろんな方法を考え出したという。一般的なのは浴室で解決する方法で、他にはペットボトルをしびんにする兵士もいるという。女性兵士の場合はもっとばつが悪く、ヘルメットや水槽を臨時トイレにし、同僚に見張り番をしてもらう。艦上の軍官はこうした行為に見てみぬふりをしているが、運が悪くて捉まることもある。米海軍はある報告で、09年5月に就役後、同艦の下水システムは問題が続出していることを認めた。艦上エンジニアが1万時間以上かけて修理し、週平均25回の修理要請を受ける。船員らがトイレに衣類や食品、雑巾、生活ゴミなどを捨てるのが主な故障原因だという。(中国網)

@士官と兵員合せ、3200名が乗艦しているようですが、とんだ弱点を暴露されちゃいましたね。




おまけ。
コメント