大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

ケネディ大使「黒豚食べたい」発言が炎上 「イルカはダメなのに豚はいいのか」

2014年02月28日 22時32分45秒 | 我が国はIWCを脱退し、商業捕鯨を再開せよ


イルカ漁を批判したキャロライン・ケネディ駐日米国大使が、鹿児島県特産の黒豚について「ぜひ食べたい」と発言したと報じられ、ネット上で「イルカとどう違うのか」と批判が相次いでいる。
キャロライン・ケネディ大使は2014年2月26日、日米共同開発の人工衛星を積んだH2Aロケットの視察のため鹿児島県に来ていた。
米国大使館「コメントはありません」
この日は、県庁も訪れ、伊藤祐一郎知事と会談した。読売新聞の27日付記事によると、そのときに特産の黒豚が話題になり、前出の発言をしたというのだ。
ケネディ大使は1月18日のツイッターで、和歌山県太地町のイルカ追い込み漁について、非人道的だと反対を表明して物議を醸した経緯がある。それだけに、このニュースがネット配信されると、ツイッターなどで疑問の声が次々に上がった。
「黒豚は可哀想じゃないんだ。ふーん」「海豚はダメで黒豚はOKなのかw」「豚とイルカって何が違うんだろう?」
こうした疑問について、在日米国大使館の報道室では、「こちらからコメントすることはありません」と取材に答えた。その理由については、言えばそれがコメントになってしまうとして明かさなかった。ケネディ大使も、ツイッターで何もコメントしておらず、反対表明からは依然沈黙したままだ。
大使のツイートについては、米国務省がその後、米国政府の見解だと説明した。それを受けて、日本政府は2月25日、「わが国の伝統的な漁業の一つであり、法令に基づき適切に実施されている」との見解を出して理解を求めている。ただ、ツイートは国際的にも反響を呼び、日本は苦しい立場に立たされているようだ。

@靖国参拝もそうですが、なんで態々一歩下がって理解を求める必要があるのでしょうか。それが外交上の大人の対応というのは分かりますが、そうした心にもない言葉で世界を欺く事はもう止めるべきです。
日本国には日本国としての都合があるのです。なにも、それを外国に認めさせる必要がありますか? まして先の大戦だけが、歴史のすべてでしょうか。その一部を取り出して、日本に懺悔を求め続ける国際社会が間違っているのです。戦後69年、日本は十分償ってきましたよ。いい加減にしろと、いい返せばいいのです。
コメント

「ロシア軍が軍事侵攻」と非難=クリミア半島の空港封鎖-ウクライナ内相

2014年02月28日 18時20分59秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢
ウクライナのアワコフ内相は28日、クリミア半島にある軍用空港がロシア黒海艦隊の部隊に封鎖されたことを明らかにするとともに、「これは軍事侵攻であり、占領だ。あらゆる国際条約に違反する」と非難した。ウクライナ独立系通信社UNIANが伝えた。
内相によると、封鎖されたのはロシア黒海艦隊が駐留するセバストポリ近くのベルベク空港。空港内にはウクライナ軍兵士と国境警備隊がいるが、空港機能は停止している。内相は「これは主権国家に対する直接的な挑発だ」とも非難。その一方、「武力衝突には至っていない」とし、外交当局が協議すべきだと強調した。

@この映像の空港はシンフェロポリ空港。皆、国籍と階級章を隠しています。eu連合とオバマが、どう出るか今から楽しみです。



7台のAPC(装甲兵員輸送車)にも国籍表示はなくシンフェロポリ空港の近くを警戒している。
コメント

ロシア AH64 アパッチキラー 9K330  短距離地対空ミサイルシステム

2014年02月28日 17時53分31秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢
@原爆投下の正当性を誇示する為に靖国参拝にいちゃもんをつけたり、慰安婦像を建てたり、特亜贔屓のオバマ政権にはいい加減うんざりします。ウクライナでは、ロシアを応援しちゃおかな。


コメント

ヒトラーの署名入り「わが闘争」オークション 2万ドルと推定

2014年02月28日 13時00分39秒 | 歴史検証

我が闘争。

ヒトラーの署名。

アドルフ・ヒトラーの署名入り「わが闘争」が、ロサンゼルスでオークションにかけられる。主催者は米国の「Nate D.Sanders」。
プレスリリースによれば、最低額は2万ドルだという。「The Local」が報じた。
署名はナチス親衛隊員で国家社会主義労働党の活動家であるヨゼフ・バウエルに宛てられたもので、主催者によれば、ヒトラーは1925年と26年のクリスマスにそれぞれバウエルに贈ったものとされている。

参考:『Mein Kampf』(我が闘争) 独でヒトラー著作販売へ 英出版社、禁止求め提訴も

@私はヒトラーの信奉者ではありませんが、アンネの嘘話の日記は良くて、ヒトラーの我が闘争の出版はダメ(ドイツでは)という不公平な社会秩序には納得できません。アンネだろうと、南京だろうと、資料館なんて作ったもん勝の世界で、真実がそこにあるとは限りませんです。力説される皆さん。
コメント

H2A 23号機打ち上げ成功!

2014年02月28日 07時40分08秒 | 我が国の安全保障問題
H2Aロケット23号機が28日午前3時37分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。約15分後に搭載していた全球降水観測(GPM)衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功した。H2Aの成功は17回連続で、成功率は約96%となった。H2Aはカウントダウンが「0」になると爆音を響かせ、発射場近くの海岸や砂浜をまばゆい光で照らしながら夜空を駆け上がった。約1分半で補助ロケットを分離。その後相次いで第1段、第2段ロケットを切り離しながら加速し、太平洋の約400キロ上空で、GPM衛星を分離した。

GPM衛星は、複数の衛星で地球規模の降水量などを観測する計画を担うメーンの衛星。宇宙航空研究開発機構(JAXA)と、米航空宇宙局(NASA)が共同開発した。得られたデータは、台風や豪雨など気象災害の予報精度の向上に生かされるという。H2Aロケットは今回、香川大、信州大、帝京大、鹿児島大、多摩美術大、大阪府立大、筑波大がそれぞれ開発した小型衛星7基も宇宙に運んだ。H2Aロケットは2001年に初飛行した日本の主力ロケット。昨年1月の22号機以来、約1年ぶりの打ち上げだった。03年の6号機が失敗して以降は成功が続いており、製造元の三菱重工業は高い信頼性を背景に、世界の衛星打ち上げ市場に積極参入する意向を明らかにしている。

@成功おめでとう。ケネディいらないし。
ここだけの話、必ずロケット打ち上げには米国の高官と技術者がたちあいます。彼らの到着が遅れると、イプシロンの時のようにカウントダウンを途中でも止めます。要するに、ご禁制品を打ち上げていないかチェックしに来ます。

コメント

ロシア ウクライナ国境付近で大規模軍事演習

2014年02月28日 07時13分56秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢
2月26日、ロシア大統領および最高指揮官であるウラジーミル・プーチンの命令により、西部軍管区および中央軍管区では黒海地域での大規模軍事演習が始まった。ドミトリー・ペスコフ大統領報道官は、「大規模な抜き打ち演習である。」としており、約15万人の将兵、90機の航空機、120機以上のヘリコプター、約880台の戦車、80隻の艦艇が参加している。抜き打ち演習は1年前から行われるようになった。2013年2月、ロシア軍では20年ぶりに中央軍管区の抜き打ち演習が実施された。演習はウクライナ情勢とは一切関係がない、とセルゲイ・ショイグ国防大臣は記者らに明らかにしている。

@プーチンはオバマと違ってアクションが早いですね。当然、euをけん制して行われています。


コメント

北朝鮮 発射は「スカッド」か 21日も発射報道 自衛隊も警戒態勢

2014年02月28日 00時06分08秒 | どうでもよい朝鮮半島


北朝鮮が日本海側に発射した短距離ミサイルとみられる物体4発について、聯合ニュースは27日、韓国政府筋の話として、発射されたのは短距離弾道ミサイル「スカッド」とみられると報じた。スカッドであれば、弾道ミサイル技術を用いた発射を禁じる国連安全保障理事会決議に違反する恐れがある。YTNテレビは、北朝鮮が21日にも日本海側の元山から短距離ミサイルとみられる物体4発を発射していたと報じた。国防省は「確認中だ」としている。

小野寺五典防衛相は27日夜、万全の警戒監視態勢を取るよう自衛隊に指示した。聯合ニュースによると、韓国軍関係者は、物体の飛距離などから射程約300~500キロのスカッドとみられるとしつつ、射程約120キロの「KN02」の改良型や新型放射砲の可能性もあるとして、分析を進めている。

@撃つ方向が可愛いですね。米軍が演習している方に向けては撃てないようです。
日本の国防強化には貢献してくれているけど、euや日本の民生用のガラクタを混ぜ合わせて作ってるんでしょ。狙ったところに命中しない怖さはあるよね。hi

コメント

河野談話「検証は収まった問題あげつらい」 村山談話は「国是」 尖閣は「中台と共有を」 村山富市

2014年02月28日 00時05分52秒 | 歴史検証
村山富市元首相は27日、都内の日本記者クラブで記者会見し、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」の検証を求める動きがあることに対し「詮索することは意味がない。収まった問題をあげつらい、『日本はけしからん国だ』といわれる状況を作って何になるのか」と批判した。
村山氏は「(談話は)業者、軍、政府関係の資料を調べて総合的に判断して作られた。軽はずみに根拠なく作った作文とは思えない。事実がなかったとあげつらって何の意味があるのか」とも語った。
また、今月中旬に韓国の国会内で講演した際、首相在任中の7年に表明した「村山談話」について「国際的な約束事、日本の国是みたいなものだ」と説明したことを明らかにした。
日本固有の領土である尖閣諸島(沖縄県石垣市)について「中国、日本、台湾も含めて近辺の国が共有すればいい」と指摘。安倍晋三首相の靖国神社参拝に「外交関係が悪いのを承知の上で行ったのはよくない」と苦言を呈した。


プッ! 村山、必死。

言いたい事は、それだけかい。こんなじじいがでかい顔して生きている日本だけは、絶対に変えなきゃいけないね。
コメント

米軍パワー 2014

2014年02月27日 23時47分26秒 | 運命共同体としての日米同盟

コメント

戦い終わって日が暮れて ウクライナ クリミア半島 ロシア系分離独立派議会占拠 屋上にロシア国旗

2014年02月27日 21時35分14秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢
親ロシアの武装集団が27日、ウクライナ南部クリミア(Crimea)自治共和国の議会と政府本部を占拠し、建物にロシア国旗を掲げた。当局者が述べた。ウクライナのアルセン・アバコフ(Arsen Avakov)内相代行は同日、警察と内務省の要員に警戒態勢を取るよう指示した。クリミア自治共和国のアナトリー・モギリョフ(Anatoliy Mohilyov)首相はAFPの取材に対し、最大で50人の武装集団が夜間に建物に侵入し、ロシア国旗を掲げ、政府職員の立ち入りを禁じていると語った。
モギリョフ首相はこの事態に対し、地元当局が「対応措置」を準備しているとだけ述べ、それ以上の具体的な内容については語らなかった。自治政府当局は声明で「政府職員に本日は出勤しないよう求める」と発表した。
インタファクス・ウクライナ(Interfax-Ukraine)通信は、議会内の関係者の話として、所属を明記していない戦闘服を着た数十人が政府庁舎と議会議事堂に27日未明、侵入し、交戦することなく警備員を排除したと報じた。同通信によると、武装集団は入口のガラスのドアに発砲して建物内に侵入したが、負傷者は出ていないという。黒海(Black Sea)沿岸のクリミア半島にはロシアを支持する住民が多く、ウクライナのビクトル・ヤヌコビッチ(Viktor Yanukovych)前大統領の失脚後、分離独立運動が広がるのではないかとの懸念が高まっている。

@当たり前ですが、各地で親eu系暫定政府に同調できない親ロシア系の反発が始まっています。クリミアには、ヤヌコビッチ前大統領が潜伏していると噂されています。現暫定政権のトゥルチノフ大統領代行もクリミアの動きに神経をとがらせています。

コメント

朝鮮総連本部競売でモンゴル企業の執行抗告を棄却

2014年02月27日 20時39分25秒 | どうでもよい朝鮮半島
朝鮮総連中央本部の土地と建物の競売で、東京高裁は、売却を不許可とされたモンゴル企業の執行抗告を棄却しました。総連本部の競売を巡っては、モンゴルの企業「アバール・リミテッド・ライアビリティ・カンパニー」が再入札で50億1000万円の最高値を付けました。しかし、東京地裁は先月、会社の資格を証明する書類の不備を理由にアバール社への売却を不許可としました。これに対して、アバール社は、不服を申し立てる執行抗告を行いましたが、審理を行っていた東京高裁は27日、東京地裁の決定を支持し、アバール社の抗告を棄却しました。

@アホらしいくらい、ながーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーいことひきますね。


コメント

浜岡原発の安全審査始まる 福島事故後停止から3年  このような理不尽がまかり通る日本社会の異常性!

2014年02月27日 17時15分54秒 | 問答無用 全原発を即刻再稼働せよ!!
想定される東海地震の震源にあるとして、福島第一原発の事故後に当時の民主党政権の要請で運転を停止した浜岡原発4号機について、再稼働のために必要な安全審査が始まりました。
中部電力担当者:「速やかに新規制基準に適合しているとのご確認を頂くよう、最善を尽くして参りますので、よろしくお願いしたいと思います」
審査では、中部電力が防潮堤を海抜22mにかさ上げするなど新しい規制基準に沿った安全対策を説明した他、地下の断層も将来、地震の恐れのある活断層ではないとしました。これに対して、原子力規制委員会は巨大地震を想定し、これまでの分析結果がどこまで適用出来るかなど審査方針を伝えました。来週、規制委員会から審査のポイントが示され、具体的な検討に入ります。

@4月からの電気代値上げを1か月遅らせた中電ですが、それでも確実に化石燃料を炊き上げることによって環境は破壊され電気料金は高くなります。規制委員会は速やかに審査を終え一日も早い再稼働の認可を与えるべきです。
アホ政治家の大衆迎合で、日本経済を支える中小零細企業の生産ラインは終焉を迎える。

コメント

ヒトラーの「わが闘争」、再出版めぐり独で論争 を、偏見に満ちた内容で報道するアホメディアTBS

2014年02月27日 11時19分51秒 | 歴史検証
@本当にTBSの偏見に満ちた報道には反吐がでます。どこで六百万人も殺害されたのでしょうか? 証拠をあげて先ず説明して欲しいものです。それとアンネの日記はよくて我が闘争はどうしてダメなのかも教えて欲しいものです。
ユダヤの一方的な保護政策にこそメスを入れて正しい報道をする事がメディアの本来の使命ではないのでしょうか? スポンサーあっての民放ってか。バカバカしい社会です。
民主党の先生方もも反撃できない弱い立場のNHKの会長に偉そうなこと言っていないで、こうした反日メディアの報道姿勢こそ追及してみなさいよ。できないだろ、売国のクソバカ野郎ども。


コメント

シナ 巡航ミサイル長剣10(CJ-10)がもつ重要な役割

2014年02月27日 09時23分43秒 | 我が国の安全保障問題
米国の「プロジェクト2049インスティチュート」による評価では、中国は現在、「最も精度の高い」巡航ミサイルを開発しており、それは日本を含めたアジア太平洋各国を攻撃する能力をもつことになるという。地上配備のCJ-10だけをとってみても500発になる可能性もあり、これが真実であるならば、地域の軍事状況に影響を与えるキーファクターになるともいえる。そのように戦略技術分析センターのワシリー・カシン専門家は考えている。このようなミサイルを迎撃することは、その軌道の予測不可能性から困難である。数十発、もしくは数百発の巡航ミサイルを同時に発射すれば、その一部が対空防衛システムによって迎撃できるに過ぎない。攻撃によって被るインフラ被害は甚大なものとなる。

中国の諸隣国で核兵器を持つ国は、中国がすでに精度の高い巡航ミサイルを所有しているということを頭に入れておく必要がある。もし日本がいつか核兵器を持つことになるならば、中国は通常戦力で相手を無力化するための兵器をもっていることを知るべきである。巡航ミサイルの配備先としては現在建造中の052D型駆逐艦だろう。おそらく潜水艦にも配備されることになる。全体として中国は米国に次ぐ巡航ミサイル保有国として、またその運搬手段の多様性という意味でも、かなり確信をもった地位を占めつつある。米国は世界に分散しているが、中国の巡航ミサイルは今のところ中国国内に集中しており、統一管理されている。

最も重要な問題は、中国の巡航ミサイルが核弾頭を搭載することができるかどうか、である。潜在的にそのような可能性はある。中国の巡航ミサイルはソビエトのX55ミサイルを土台にしている。これは2000年代初めにウクライナから購入したものだ。X55ミサイルは核弾頭を搭載可能だ。多くの調査によれば、中国のCJ-10ミサイルは潜在的にそのような能力があると考えられているが、それを現実に証明出来るものはない。今後、もっと距離の長い、ステルス性を持つ新型ミサイルが開発され、人民解放軍が長距離爆撃機および空中補給機を持って以降、そのような能力が生まれるのかもしれない。その場合、現在徐々に進んでいる地域における中国の軍事的優位は、決定的なものとなる。地域の他の国は中国と軍事的に争うことは出来なくなるのである。

@シナがマジで全面戦争を画策して日本と向かい合い、一気に巡航ミサイルを数百発撃ち込んできたらすべてを迎撃する能力を我が国は備えていません。所謂ミサイル防衛の為の専守防衛システム、レーザー兵器の開発、レーザーシールドの開発を米軍に続いて早急に行うべきです。ここでも取り上げている通り米軍は着々と実戦配備に向けて開発を進めています。
参考:米陸軍、車載式レーザー兵器「HEL MD」の試験に成功  映像あり!





コメント

日本 米国に高濃度プルトニウム返還へ  再び非核三原則ってか!? 

2014年02月27日 07時29分00秒 | 運命共同体としての日米同盟


日本と米国は、日本が保有する高濃度プルトニウム約300キロの(核兵器40~50発分程度に相当)の米国への返還について最終的な交渉に入った。日本のマスコミが26日、伝えた。オランダで3月に開催される核安全保障サミットで、プルトニウム返還に関する合意をまとめる意向だという。日本は冷戦時代に、米国と英国から331キロのプルトニウムを受け取った。日本は初めプルトニウムの返還要求に対して、研究に必要だとして反対の立場を示していたが、米国が急激に圧力を強めたため、昨年末からプルトニウム返還に関する十分な協議を行うことで合意したという。

@反原発派のアホが大勢いますし(この件のコメント観てその幼稚さに驚愕しました)、安全保障上詳しい事は書けませんが、あれがまだ稼働していなかった時代に東海村で核分裂の研究用?に米国が預けていたものです。
コメント