大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

北朝鮮 韓国からの食料支援拒否

2008年06月30日 17時34分07秒 | どうでもよい朝鮮半島
韓国統一省は30日、北朝鮮にトウモロコシ5万トンを支援するため、接触を打診したが、北朝鮮が支援を拒否する姿勢を示したことを明らかにした。
 韓国政府が5月に接触を提案したところ、回答がないため、先週改めて赤十字チャンネルを通じて打診。これに対し、北朝鮮当局者は「支援を受けない」との立場を伝えてきたという。


@・・・・・・・・・・そりゃそうでしょ。



コメント

露 サミット配布の地図「歪曲」と抗議 「北方4島は日本領」に不満

2008年06月29日 20時52分41秒 | 日本で犯罪を繰り返す外国人犯罪者シナ人・朝鮮人・ベトナム人など
北方領土を不法占有するロシアが、来月の洞爺湖サミットで配布されるパンフレット類に、北方四島を日本領とする「歪曲された地図」が掲載されていると日本の外務省に抗議したことが分かった。インタファクス通信が、露外務省のノソフ・サハリン(樺太)州駐在官の話として伝えた。

 抗議されているのは、サミットを訪れる外国要人や報道陣向けに北海道が作成したとみられる英語の冊子やガイドブック類。駐在官は「冊子にはロシアのクリル諸島一部を日本領として描く地図が含まれている。北海道のガイドブックにはそうした描写が98カ所と、いわゆる『北方領土』に関する記事がある」などとしている。

 同通信によると、駐日ロシア大使館がすでに日本外務省に申し入れを行い、「日本側が肯定的に回答したことにロシアは謝意を表明した」という。駐在官は「ロシアの立場は、主要国サミットでは世界的問題のみを議論するべきだということだ。このことはロシア外務省が日本側に指示してもいる」と語っている。

@ロシアの大統領が始めて北海道を訪れるという事で、各地で「北方領土返還要求」の国民集会が企画されているが、とにかくすべからくに於いて軟弱外交と事なかれ主義が蔓延る現体制下で実現する事はかなり難しい状況にある。
しかし、こうした運動を断ち切る事無く国民運動として粘り強く継続していく事が重要だ。
南樺太、全千島列島を含む、北方四島を必ず奪い返すその日まで。

(写真はサハリンを望む氷雪の門)

コメント

日本はIWCから脱退し、商業捕鯨を再開せよ!!

2008年06月28日 22時19分36秒 | 我が国はIWCを脱退し、商業捕鯨を再開せよ
国際捕鯨委員会(IWC)総会が27日、閉幕した。捕鯨推進派と反対派の激しい対立で機能不全状態に陥っている現状の「正常化」をテーマに、懸案事項の妥協点を小人数で話し合う作業部会設置が決まり、一応の成果をみた。

 作業部会は今後、日本が再開を悲願とする沿岸捕鯨などについての包括的な合意案づくりに着手。来年6月にポルトガルで開かれる総会での提案を目指す。

 一方、今回の総会では、唯一投票にかけられたデンマークによる先住民生存捕鯨の提案が、欧州や南米諸国の組織的な反対で否決されるなど、正常化にはほど遠い対立がむき出しになる場面もあり、今後の多難さをもうかがわせた。

 閉幕後、日本の森本稔政府代表は「従来と変わらない対立も一部でみられたが、まずは正常化に向けて第一歩を踏み出すことはできた」と評価した。

@世界中が食糧危機にある中、いつまでもアホな事やっていないで、IWCを脱退し、商業捕鯨再開を世界に通告すればいい。そうした決断をする時期だ。
それが豚や牛などの家畜の発するメタンガスを減らし地球の環境を守る事にも繋がる。
他国の食文化にいちゃもん付けるエゴイズムこそ、問題にすべきだ!
牛肉豚肉の消費が増えれば増えるほど地球環境が汚され温暖化が進むならば、環境にやさしい鯨肉を胸を張って食すればいいじゃないか。
どうでもいいけど、シー・シェパードやグリーンピースが金儲けじゃなくて真剣に自然環境保護を考えるならば攻撃する相手が180度違うという事だよ。


コメント

台湾軍:兵棋演習で「大陸進攻」を想定せず

2008年06月27日 21時41分03秒 | フィリピン 南/東シナ海・豪・アジア各国の出来事
新華社は27日付で、台湾東京がこのほど実施した解放軍との軍事衝突を想定した兵棋演習で、2007年までと異なり台湾側は限定された戦力で、大陸への進攻を想定しなかったと伝えた。
兵棋演習は彼我の軍の衝突を机上でシミュレーションして経過や結果の予想を行なう。現在ではコンピュータなどを駆使することが一般的。台湾では解放軍との衝突を想定して「漢光」と呼ばれる演習を毎年実施している。演習は兵棋演習と実際の部隊を動かす2部分に分かれ、2008年は6月23日に兵棋演習を始めた。

  新華社によると、07年までの数年は陸海空の3軍連合で解放軍を撃滅する想定だったが、今年は自軍の空軍と潜水艦を含む海軍が撃滅されたとの想定で、台湾本島での解放軍進攻をできるかぎり遅らせる陸上作戦を試みた。

  また、07年の兵棋演習で行なった大陸に対するミサイル攻撃も行なわなかった。

  同記事は、馬英九総統が19日に馬祖島の防衛状況を視察した際に述べた「台湾は大陸との関係を改善しているが、十分な防衛能力は維持しなければならない」などの言葉を引用。空海戦力の破たんなど、あえて「弱みをさらけだした」今回の演習は、米国から積極的に武器を購入する伏線の可能性があり、警戒すべきだと結論した。

  08年の「漢光」では、実際に部隊を投入する軍事演習を9月22-26日に実施する予定だ。

@だそうだ。
いずれにしても、こうした台湾の動きは記憶に留めておく必要がある。

(写真は台湾軍が開発中の超音速対艦ミサイル「雄風3号」フリゲート艦から発射する)

コメント

湛江軍港にはためく「旭日旗」を中国メディアが掲載

2008年06月27日 10時28分39秒 | 我が国の安全保障問題
25日付中国新聞社は、広東省の湛江軍港を訪れた海上自衛隊の護衛艦「さざなみ」を中国海軍軍人が訪問し、交流する様子を伝えた。中国メディアが、旧日本軍が使い海上自衛隊が踏襲した「旭日旗」を、「日中友好」をテーマにした記事で使用するのは異例だ。

「旭日旗」は明治期の日本軍が軍旗・軍艦旗として採用。第2次世界大戦後は1952年に、海上自衛隊が使用をはじめた。陸上自衛隊はデザインを変更して使っている。

  これまで「旭日旗」は日本の中国侵略のシンボルのひとつとされており、2001年には「旭日旗」を思わせるデザインの服装でファッション雑誌に登場した女優の趙薇(ヴィッキー・チャオ)が厳しく批判され、「芸能生命の危機」とまで言われた。

@異例の取り上げ方だが、アメリカと太平洋分割支配を目論む北京のしたたかな覇権主義戦略に決して取り込まれない事だ!

コメント

銃撃の日本漁船 露、国営企業に譲渡 「物証」の返還 拒否

2008年06月26日 12時32分27秒 | 北方領土問題 日露平和条約の締結を急げ
北方四島周辺海域で日本漁船が一昨年夏、ロシア国境警備艇に銃撃・拿捕(だほ)され乗組員1人が死亡した事件で、日本政府側が事件の物的証拠としてロシア側に引き渡しを求めている同漁船が露国営漁業関連企業にすでに譲渡されていたことが明らかになった。ロシア側は、船体の日本引き渡しを今後とも拒否する姿勢だ。来月初めの主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)開催時に日露首脳会談が予定されており、同問題が取り上げられる可能性が出てきた。
 ロシア連邦資産庁、極東・サハリン州代表部の担当者は、昨年4月に北海道根室市のカニかご漁船「第31吉進丸」の船体を裁判所から同庁の管理下に置いた後、国営「漁業資源」会社の資産に移管したことを明らかにした。諸手続きはすべて完了しており、同漁船は、サハリン州内の港に係留されているという。
 一方、国営「漁業資源」会社側は、「回答はできない」と拒否。同国営会社を統括しているロシア下院国家漁業委員会(クライニー委員長)も、問い合わせに回答していない。
 これに対し、日本政府筋は「これまで通り漁船の船体返還を求めていく。それが、北方領土周辺海域でのこうした事件の再発防止につながるとロシア側には主張している」と述べ、今後とも日露両国の協議で同問題を取り上げる姿勢を示した。

日本漁船銃撃・拿捕事件
2006年8月16日、北方領土・貝殻島付近で操業中のカニかご漁船「第31吉進丸」(北海道根室市・坂下登船長)がロシア国境警備艇に銃撃され、密漁と領海侵犯の容疑で拿捕された事件。銃撃で乗組員の盛田光広さん(当時35歳)が死亡。坂下船長は、密漁の罪を認め罰金を支払い帰国した。第二次大戦後、ソ連が北方領土を不法占拠してから、同海域で銃撃で死亡者が出たのは1956年以来。銃撃事件については、根室海上保安部が殺人か傷害致死容疑の適用を視野に捜査を続けている。

@こんなところでも一方的にロシア側に押し切られている。
ロシア側の意図はミエミエだが、なんとしてでも物証を押さえ、殺人罪で起訴してほしいものだ。
(写真は40発近い弾痕が残る「第31吉進丸」)

コメント

在日韓国・朝鮮人の名前多様化

2008年06月25日 17時20分37秒 | 放送法4条を撤廃し、全ての反日メディアとTVとNHKを廃局に追いこめ
「ソウル聯合」発
日本社会に根を下ろしている在日韓国・朝鮮人は、そのほとんどが「本名」の代わりに日本式の「通名」で生活しているというのが現実だ。アイデンティティーと直結する名前の問題は、日本植民地時代の創氏改名から始まったが、植民地解放後も日本の不十分な戦後処理もあり、在日韓国・朝鮮人には二重性の痛みとして存在する。しかし、在日韓国・朝鮮人自らが新たな試みを通じ、自分なりの民族アイデンティティーを見出しつつあるとの分析が出されている。
 ソウル大学国際大学院の韓栄恵(ハン・ヨンヘ)教授は、20~21日に慶北大学で開かれた韓国社会学会・伝記社会学大会で、「『民族名』使用から見る在日朝鮮人のアイデンティティー:『民族』の限界と新たな意味」と題する論文を発表した。この中で韓教授は、多様な民族名の可能性に注目した。本来の発音で名前を呼んでほしいという要求は確かに存在するが、それがすべてではなく、姓は本来の発音、名は日本語の発音でそれぞれ読むことで在日韓国・朝鮮人としての特性を示す人が出始めていると指摘する。あるいはどちらの読み方でも発音が同じだったり大差のない字を使って子どもに名前をつけるという妙案もあるという。代表的な例は「伽耶」「美恵」「多美」「珠那」「世羅」など。

 さらに本来の発音通りの本名と日本式の通名以外の別の名前までいくつか持つ人も時折目にすることができる。相手との関係に応じ呼ぶ名前を変えるというやり方は、本名と通名の使い分けにもつながる。特に在日本大韓民国民団(民団)系の人よりも在日本朝鮮人連合会(総連)系の在日朝鮮人のほうが、状況に応じ自然に本名と通名を使い分けながら社会生活を営んでいるとした。

 在日韓国・朝鮮人の名前がこのように長年論争の種として集団的ストレスと悩みの原因になっている理由について、韓教授は「単に厳しい差別や民族性の風化というだけでなく、在日朝鮮人自ら新たな価値を発見することで、マイナス価値をプラスに転換しようという模索段階が続いているためではないか」と慎重に分析している。

@なにが言いたいのか、まったく意味不明。
コメント

米、北朝鮮のテロ支援国指定解除 我が国は、即刻「イラク特措法」「新テロ特措法」を破棄し撤退せよ!!

2008年06月24日 01時39分37秒 | 対米従属から対米自立
北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議の協議筋は23日、同国が核無能力化作業の一環とされる寧辺(ヨンビョン)の核施設の冷却塔を、27日に爆破すると関係国などに通告したことを明らかにした。

 同協議筋は、これに先立ち、「すべての核計画」の申告が26日に行われる見通しとしており、米政府は同日中にもテロ支援国指定解除の手続きを取る方針。

 日本は拉致問題の具体的な進展があるまで解除に反対しており、米政府が解除に踏み切れば、日米関係にも影響を与えそうだ。

 同協議筋によると、北朝鮮は26日、協議議長国の中国に核申告を行う見通し。米朝双方は、核申告とテロ支援国指定解除の24時間以内に、冷却塔を爆破することで合意しているという。


@洞爺湖サミットを前にブッシュもやるものだ。
結局日本の立場を無視し、また我が国も、この流れに押し流されていくのだろう・・・・・・
我々が訴えてきたとおり、基本的な外交防衛政策が誤りであったという事であり、すべてにおいて「対米自立」という基本的な政策転換の好機とすべきだ。
自国の国民の安全保障を(拉致問題も含め)他国に委ねてきたつけが回ってきたと言う事だ。
米ユニラテラリズム追従を止め、
即刻「イラク特措法」「新テロ特措法」を破棄し自衛隊を撤退させよ!!
そして、
我が国は北朝鮮に正面から堂々立ち向かえ!!
今後、米朝平和条約締結によって日米安保が空洞化することは必至だ。
拉致解決も含め抜本的な安全保障、防衛体制の建て直しを図らなければならない。
コメント

おいおい グリーンピース・ジャパンくん

2008年06月22日 09時19分15秒 | 我が国はIWCを脱退し、商業捕鯨を再開せよ
今回の単なる窃盗を、

この種の活動に対しては、たちまち「目的さえ正しければ手段は選ばずか!」という非難が返ってくるのが日本社会だ。
(目的も正しいとは誰も言っていないぞ!)
答えは白か黒かの二分法ではない。
人類史の長い苦闘は、いかに「手段を選ばず」から脱するかの道のりに刻まれ、
その途中経過として非戦や非暴力の思想と実践がある。
もう一度くり返すと、GPは自他の生命身体を傷つけることはもとより、プラウシェアのような器物損壊も許容しない、きわめて抑制的な非暴力主義に立つ。
大いに「手段を選ぶ」からこそ、プラウシェア運動では数年におよぶ緻密な準備や訓練を行うし、GPでも他の市民運動でも、非暴力直接行動に厳しくタガをはめる。
(日新丸に体当たりする事は暴力であり直接行動だろう!)
国民/市民みずからNGO市民セクターを無法者扱いし、白と黒のあいだの多様な選択肢を否定することは、国家/政府/公権力に対するチェック責任を放棄することにほかならない。
その結果、国家/政府/公権力/軍による最悪の暴走を許してしまったのが、つい60数年前の日本だったのではないか・・・・
(歴史をもっと勉強してからものを言いなさい)

などと単なる窃盗を大東亜戦争と結びつけるグリーンピース・ジャパンの星川淳 (事務局長)くん、
ならばその崇高な理念に沿って、北朝鮮に拉致された無辜の同胞を北朝鮮に忍び込んで救出して来たらどうだ。
(もうひとつの言い方をすれば「北朝鮮の崇高な目的の為には拉致も許される」と、同じ理念と解釈できる)

戦前日本が朝鮮人を強制連行(強制連行ではないが)した事の方が、北朝鮮が日本人を拉致した事より悪いと言い切る、北朝鮮の飼い犬、辻元清美と福島瑞穂は山崎拓が首魁の「日朝国交正常化推進議員連盟」の主要メンバー。

で、星川と一緒になって不法逮捕だと息巻くグリーンピース・ジャパンの理事長で弁護士海渡雄一は福島瑞穂のだんな。
笑ってしまう!!

とにかく年間1億5千万ほどの潤沢な資金の流れを徹底的に調査するべきだ。
(内訳 約58%が6000人いるとされるサポーターからの寄付金や会費。
41%がグリーンピース本部からの補助金といっているが)


コメント

シナ 対日攻撃用のミサイル基地強化=山東省で中国第2砲兵

2008年06月21日 23時02分15秒 | 我が国の安全保障問題
カナダの中国語軍事専門誌・漢和防務評論の7月号は、日本攻撃を想定している中国山東省の中距離弾道ミサイル基地が強化されたと報じた。
 中国消息筋の話として同誌が伝えたところによると、中国軍第2砲兵(ミサイル部隊)は同省青州の基地に地下施設などを既に新設。また、これまで配備していた中距離弾道ミサイル「東風3号」の改良型を導入したとみられる。
 さらに、同基地の施設拡充により、配備ミサイルを「東風21号」に更新する準備を進めている可能性もあるという。
 山東でのこうした軍事力強化について、同誌は「日米に対する威嚇力を強め、台湾海峡への(有事の際の)介入を防ぐためだ」と指摘している。

@四川省の地下核軍事施設が地震でダメージを受けた事もあって、手薄にならないよう日本に近い山東省の軍事施設の強化にシフトしているのだろう。
(写真は日本に照準を合わせた東風3号)

コメント

クジラ肉窃盗容疑、グリーンピースのメンバー2人逮捕

2008年06月20日 09時02分18秒 | 我が国はIWCを脱退し、商業捕鯨を再開せよ
「グリーンピース・ジャパン」(東京都新宿区)が、調査捕鯨で捕獲されたクジラ肉の一部を宅配便会社から無断で持ち出した問題で、警視庁と青森県警は20日、グリーンピース・ジャパンのメンバー2人を窃盗と建造物侵入の疑いで逮捕、本部事務所など5ヶ所の捜索を始めた。

 同庁幹部によると、メンバーらは今年4月16日、青森市の西濃運輸青森支店の配送センターに侵入し、調査捕鯨船「日新丸」の乗組員(52)が北海道函館市の自宅に配送を依頼したクジラ肉23・5キロが入った段ボール1箱を盗み出した疑い。
逮捕されたのは東京都八王子市みなみ野3=佐藤潤一(31)と鈴木徹容疑者(41)=横浜市金沢区野島町 。
県警はGPが組織的に関与していなかったかなどについても調べるとしている。

@いずれにしてもサミット前に照準を合わせた当局のデモンストレーションだろうが、何でも許されるだろうとするGPの思い上がりも鼻につく。
どうせなら似非環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」の解体に繋げて欲しいものだ。

(写真は逮捕された佐藤潤一)

で、結局
「共同船舶」は、調査捕鯨を実施する財団法人「日本鯨類研究所」から、捕獲したクジラ肉の一部を乗組員の土産用などとして購入。乗組員らは会社から許可を得たうえで肉を自宅に発送するなどしていた。同地検は「会社に無断で自分のものにした訳ではなく、業務上横領は成立しない」と不起訴処分としている。

コメント

米ユニラテラリズム・・・北のテロ支援国家指定解除へ 

2008年06月19日 14時13分01秒 | 米ユニラテラリズム(良い意味での)
「悪の枢軸」だとか「寧辺を爆撃する」だとか、更に2006年4月ブッシュは横田早紀江さんに会って「就任以来、最も心が動かされた会見のひとつ」と涙まで流して見せたが・・・・・
結局、北朝鮮のしたたかな外交政策が勝利する。
米との平和条約締結まで持ち込めば、対米従属一本やりの日本なぞ今まで以上に借りてきた猫状態だ。
こうして一発の報復もないまま、ゴミのような「よど号犯」が、拉致被害者の代わりに日本に帰ってくる。
これでいいのか・・・・・・と、つくづく思う。

ライス米国務長官は18日、ワシントン市内で講演し、北朝鮮が近く核計画の申告書を核問題をめぐる6カ国協議の議長国・中国に提出すると述べるとともに、申告提出を受けて、ブッシュが米議会に対して、北朝鮮に対するテロ支援国家指定解除と、対敵国通商法の適用除外を通告すると語った。ブッシュ政権高官が指定解除の方針を明言したのは初めて。

ライスは解除が発効するまでの45日間、「申告の正確さや完全さを検証することに北朝鮮が協力的かを見極める。協力が不十分であった場合には、それ相応に対応する」と述べ、発効を差し止める可能性も示唆した。
ライスは「書類だけで北朝鮮を信じることはしない」と述べ、核施設への査察や核開発技術者らへのインタビューなどの検証作業が不可欠と強調した。
北朝鮮は昨年10月の6カ国協議の合意に伴い、昨年末までに申告を提出することになっていたが、提出が遅れている。

コメント

在留邦人に異例の注意喚起=尖閣問題で対日感情悪化

2008年06月18日 09時03分25秒 | フィリピン 南/東シナ海・豪・アジア各国の出来事
尖閣諸島付近で発生した海上保安庁巡視船と台湾遊漁船の接触事故をきっかけに、台湾で反日感情が高まっているのを受け、日本の対台湾窓口、交流協会台北事務所は16日、在留邦人に注意を促す通知文書を日本人学校など日系の主要団体に配布した。日本との関係が良好とされてきた台湾で、「反日」を理由に危機管理を求める通知文書が出されるのは異例。
 文書は「現在、台湾内で反日の機運がこれまでになく高まっており、台湾で生活する日本人の皆様の安全を脅かす可能性があります」と注意喚起。
その上で、
(1)政治的な集会に興味本位で参加しない
(2)公共空間で政治的な会話・議論をすることを避ける
(3)就学中の学生・生徒は可能な限り複数で行動する
(4)会社・家庭で非常時に対する準備をしておく-を注意点に挙げている。

@反日で思い出したが、北京のスパイで反靖国の高金素梅あたりが、またしゃしゃり出てくるのか?!
この高金素梅は平成17年「靖国」に眠る「高砂義勇隊」の御魂を返せと靖国に押しかけたことで有名だが、同行してきた連中は高砂族とはまったく関係の無い単なる観光客だったという事で台湾でも顰蹙をかったお馬鹿ちゃん。
いずれにしても反日機運を高める事で独立派を追い込む戦術が繰り返されるだろう。




コメント

反日を実践した「馬英九」

2008年06月17日 11時08分44秒 | フィリピン 南/東シナ海・豪・アジア各国の出来事

馬英九が学生時代から「尖閣」に異常に興味を抱いていた事は有名

 

な話だが、今回の件でそれが名実ともに実証された。

 

巡視船の先導で魚釣島1km先まで領海を侵犯し、あわよくば上陸し

 

てしまおうという魂胆があった事は明白だ。

 

台湾がどちらに進もうと台湾の勝手だが、今後「台湾に巣食う反日

 

反独立派」には強いメッセージを送る必要があるようだ。

 

 

尚、台湾の「駐日大使」に当たる台北駐日経済文化代表処(事務所)の許世楷代表は16日、台北市内で記者会見し、即時辞職の意向を表明した。
許代表は、尖閣諸島付近の海上で海上保安庁の巡視船と接触した台湾遊漁船が沈没した事故への対応をめぐり、与党・国民党から日本寄りと批判された。許代表は「屈辱に耐えられない」と述べ、欧鴻錬外交部長(外相)が直ちに代表辞職を認めるよう訴えた。 

 

コメント (2)

抗議の台湾船「尖閣領海侵犯」って!

2008年06月16日 17時30分25秒 | フィリピン 南/東シナ海・豪・アジア各国の出来事
16日午前3時50分ごろ、沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島に向けて、台湾の抗議船1隻と台湾巡視船艇3隻が航行しているのを第11管区海上保安本部が確認。
同5時50分ごろ魚釣島の西南西約22キロ沖で日本の領海内に侵入したため、海上保安庁の巡視船が領海外に出るよう警告した。台湾船は一時魚釣島約1キロ沖まで近づいたが、その後台湾向けに針路を変更。同8時45分ごろまでに、順次領海を出た。
台湾の巡視船艇はこの間6隻が合流し、計9隻になったが、トラブルなどはなかった。

海上保安庁によると、尖閣諸島の領有を主張する他国・地域の抗議船に、政府の巡視船艇が同行して日本の領海に入ったのは初めて。

尖閣沖では10日、台湾の遊漁船と海上保安庁の巡視船が衝突し、遊漁船が沈没する事故があり、石垣海上保安部は両船の船長に過失があったとして書類送検。
尖閣諸島の領有を主張する台湾では対日批判が過熱していた。

抗議船は「全家福6号」で、日本の対応に抗議する活動家12人と台湾メディア関係者35人が乗船。
15日夜、「打倒日本」などとシュプレヒコールを上げて台湾北部の漁港を出港。
この際、台湾の海上保安庁に当たる行政院(内閣)海岸巡防署が抗議船の乗船名簿を読み上げており、台湾当局の公認状況下での出航だった。

台湾中央通信によると、海岸巡防署は「主権の擁護と台湾人民の安全」を巡視船艇に指示。
抗議船と付近の安全確保や、日本側と問題が発生した場合には日本側と対話することなどを命じた。


町村信孝官房長官は16日午前の記者会見で、台湾の抗議船「全家福6号」と巡視船が、尖閣諸島・魚釣島沖の日本領海内に入ったことについて「(日台の)関係者が冷静に対処することが必要だ。事前に警告、申し入れをしたにもかかわらず、領海侵犯が発生したのは遺憾」と表明した。
 政府は、台湾船が魚釣島に向かって航行しているのを受け、同日早朝、首相官邸の危機管理センターに官邸連絡室を設置、伊藤哲朗内閣危機管理監を中心に対応に当たった。

@遺憾じゃなくて領海に入れるなよ!
(写真は魚釣島1kmまで侵犯した「全家福6号」と台湾巡視船)

台湾の劉兆玄(首相)はこの件で「開戦も排除しない」と国会で答弁している。
馬英九の政治的メッセージをこめた確信犯的侵犯だ。 

コメント (1)