大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

菅国家戦略相「霞が関は大バカ」…講演で批判

2009年10月31日 22時49分55秒 | 三党連立鳩山淫売政権
菅国家戦略相は31日、民主党都連の会合で講演し、中央省庁の官僚について「知恵、頭を使ってない。霞が関なんて成績が良かっただけで大バカだ」と批判した。

マクロ経済をめぐる議論で、官僚から「1兆円が半分貯金に回れば5000億円の効果、2兆円使えば2兆円の効果」と説明を受けたことを紹介したうえで、柔軟な発想に欠けると指摘したかったようだが、官僚の反発を招きそうだ。

また、日本航空の再建問題に絡み、「JALが飛ばなくなった空港の多くは、飛行機が飛ばない空港になる」と語るなど、身内の会合で気がゆるんだのか、言いたい放題だった。

@鳩山由紀夫といい、岡田克也といい、管直人といい、順序よく勘違いしてるようだね。残念ながら、お前たちとお前たちを支持した愚民より劣る日本人はいませんから。(爆)
コメント

鳩山由紀夫「クジラ肉大嫌い!」 オランダ首相に発言、反捕鯨後押し?

2009年10月31日 10時08分00秒 | 三党連立鳩山淫売政権

鳩山由紀夫が、反捕鯨国として知られるオランダのバルケネンデ首相との会談で、日本の捕鯨問題に絡み、「私はクジラ肉は大嫌いだ」と発言していたことが30日、分かった。調査捕鯨活動を直接否定したわけではないが、再び活発化しつつある世界的な反捕鯨の動きを後押ししかねない危うさをはらんでいる。 鳩山は26日、首相官邸でバルケネンデ首相と会談した際、米環境保護団体「シー・シェパード」がオランダ船籍の抗議船を使い、日本の調査捕鯨船の活動を妨害していることについて「旗国としてしっかり対処してほしい」と要請。捕鯨に関する両国の考え方の相違に言及しながらも「クジラ肉は大嫌いだ」と強調した。

 関係者は「鳩山は相手の考えに合わせて共感を示そうとした」と説明するが、民主党幹事長時代の昨年6月、やはり反捕鯨国であるオーストラリアのスミス外相と会談した際も「実は今朝、家内(幸夫人)の手料理にクジラが出た。私はクジラを食べない主義なので拒否した」と述べている。地元の北海道苫小牧市や室蘭市などでホエールウオッチングを観光資源とする動きがあることにも配慮しているようだ。

 日本は世界でも例をみない多種多様なクジラ料理と文化を有しているが、捕鯨制限・禁止の潮流の中でその消失が危惧(きぐ)されている。今年は和歌山県太地町のイルカ漁を批判したドキュメンタリー映画「The Cove(入り江)」が米サンダンス映画祭で観客賞を受賞し、世界的に反捕鯨の動きが活発化しつつあることもあり、政府内からも「捕鯨国、日本の首相として甚だ軽率だ」との声が上がっている。

@本当に太鼓持ちのくだらない野郎だ。じゃぁなにか、幸は由紀夫が嫌いなクジラの肉を朝から食べさせようと態々調理してたという事か? お前たち、本当は夫婦仲悪いんじゃないの?

コメント

まさに反天皇 社会主義政権のなせる技 天皇陛下ご即位20年 国民の「臨時祝日」はなし 

2009年10月31日 09時23分29秒 | 三党連立鳩山淫売政権
天皇陛下のご即位20年を記念し、今年11月12日を祝日にするようすすめてきた自民党は、民主党の協力が得られないとして同日を祝日にすることを正式に断念したことが30日分かった。即位の礼が行われた同日を祝日にするための臨時祝日法制定に向けて、超党派の奉祝国会議員連盟が発足し、与野党足並みをそろえた形で解散前の通常国会に法案が提出されていた。解散によって廃案となったことから、今国会への再提出が模索されたが民主党の党内調整が終始難航。官民挙げた奉祝行事が相次いで催されるなかで、「国民の祝日」が流れる結果となった。

奉祝行事をめぐっては昨年6月、経団連や日本商工会議所、連合などからなる「即位20年奉祝委員会」(会長・日本商工会議所の岡村正会頭)が設立。政府が内閣主催による即位20年の記念式典の開催を閣議決定したことなどを受けて、同日を臨時祝日にする法律制定を目指す超党派議連が発足していた。

議連には450人を超える国会議員が加盟。民主党からも鳩山由紀夫が副会長に、小沢一郎は顧問として役員に就任していた。鳩山は会合にも顔を出し、制定に意欲を示すとともに党内調整を“約束”していた。自民党や公明党は、党内手続きを済ませたうえで、今年6月には鳩山側から「法案を正式に出してくれたら(民主党としても)対応する」と提案があったこともあり、議員提案で法案を衆院に提出していた。

しかし、旧社会党系議員や日教組系議員を抱える民主党が、8月の総選挙前に国家観や天皇観をめぐる路線対立を表面化させたくないという事情があって、法案は審議に至らずに廃案に。その後も臨時国会冒頭の制定に向けて関係者による調整が図られたが、民主党内で結論は出ず、実務面や日程上、成立は困難と判断した。皇室に関連した祝日には、皇太子さまの結婚の儀の平成5年6月9日、即位の礼が行われた平成2年11月12日などがある。

@すべての国民が戦後民主主義に酔いしれ、個人主義に走り、歴史の重みを軽視してきた結果だ。何度でもいうが国民の民度以上のリーダー(政権)を持つことはできないし、このような国の国民が幸せに暮らせる訳もない。いい加減に目を覚まして欲しいものだ。
天皇陛下御在位20年慶祝行事


  民族の本ついのちのふるさとへはやはやかへれ戦後日本よ。
コメント

「カジノも風俗街も大阪が引き受ける」…橋下知事

2009年10月30日 20時16分55秒 | 注目すべき話題
大阪府の橋下徹知事は29日、大阪市内で企業経営者ら約750人を前に講演し、関西の活性化には都市ごとの役割分担が必要との考えを示したうえで、大阪について「こんな猥雑(わいざつ)な街、いやらしい街はない。ここにカジノを持ってきてどんどんバクチ打ちを集めたらいい。風俗街やホテル街、全部引き受ける」と述べた。

橋下知事は京都と奈良を「世界に誇れる観光の街」、神戸を「日本を代表するファッションの街」と位置づけ、「大阪はエンターテインメントの街でいいじゃないですか。都市で役割分担して、上がってきた税収を分ければいい」と語った。さらに、「大阪をもっと猥雑にするためにも、カジノをベイエリアに持っていく」と、大阪南港でのカジノ構想を改めてぶち上げた。

@開き直りもここまで来ると立派。仲良く南港とお台場で分け合えばいいじゃない。

コメント

自民、参院選で「信任投票」検討 不信任なら候補者変更

2009年10月30日 15時59分49秒 | 死ぬきで憲法改正を目指せ自民党
自民党は来年の参院選選挙区の公認候補について、党員による「信任投票」を都道府県ごとに実施する方向で調整に入った。過半数の信任を得られなければ差し替える。小沢一郎幹事長主導で候補者選定を進める民主党に対抗し、党員の声を反映させて地域重視の姿勢をアピールする狙い。青木幹雄前参院議員会長ら大物も対象としたい考えだ。 党の政権構想会議(議長・谷垣禎一総裁)が近くまとめる1次答申に盛る。

立候補予定者は従来通り各都道府県連で選び、そのうえで現職も含め全員を投票にかける。不信任が半数を超えれば例外なく差し替えるルールを定め、「県連会長に一任」との旧来の手法は一掃する。 ただ、透明性は高まっても、過半数ギリギリの信任しか得られなかった候補者は勢いを失いかねないとのデメリットも予想され、実施方法などを巡って調整が難航する可能性もある。

@補欠選挙でも2敗してまったく後がない自民党だが、このまま行けば民主が過半数以上確保することは避けられまい。しかし、それによって与党連立は解消され社民党はゴミ箱へ捨てられる訳で、福島や辻元の顔を見ずに済めばそれも一興。かも?
コメント

暴力団事務所取材のTBSスタッフ脅した疑いで組員を逮捕

2009年10月29日 18時22分49秒 | 注目すべき話題
TBSの取材スタッフを脅したとして、千葉県警木更津署は29日、脅迫の現行犯で指定暴力団稲川会系組員の平野仁士容疑者(38)=千葉県袖ケ浦市蔵波台=を逮捕した。逮捕容疑は、29日午前7時40分ごろ、木更津市高柳の路上で、暴力団事務所の取材のためワゴン車内にいたTBS子会社の男性社員(31)に「おまえら何やってんだ」「窓を開けろ。ハンマーでたたき割るぞ」などと言って脅した疑い。

木更津署によると、平野容疑者は「言ったことは間違いないが、脅すつもりはなかった」と供述している。TBS広報は「脅迫の被害を受けたのは事実で、詳細は確認中です」とコメントしている。

@TBSも社会正義ずらして日頃偉そうなこといって他人の家に土足で上がり込むくせに、相手がやくざだと被害届か? 事務所の前に見知らぬワゴンが止まってりゃ誰だって「なにやってんだ」「窓を開けろ。ハンマーでたたき割るぞ」ぐらいの事は普通に言うだろう。
コメント

偽装認知の疑いで男女を逮捕 改正国籍法違反を初適用 DNA鑑定を義務付けよ!!

2009年10月29日 14時05分50秒 | 注目すべき話題
日本人男性を父親とするうその認知届を提出し、子供に日本国籍を取得させようとしたなどとして、警視庁組織犯罪対策1課は29日、国籍法違反(虚偽届け出)などの疑いで、いずれも茨城県土浦市在住、フィリピン国籍の無職、イトウ・マリサ・フローレス容疑者(31)=偽造有印私文書行使の疑いで逮捕=と、認知したラーメン店経営、内野道央容疑者(55)=同=を送検した。

 同課によると、1月に施行された改正国籍法では、日本人の父と外国人の母との間に生まれた子供の日本国籍取得の要件から父母の結婚が削除され、認知届などを提出すれば国籍を取得できるようになった。改正国籍法を悪用した摘発は全国初。2人は容疑を認めている。

 同課の調べによると、2人は6月、イトウ容疑者の生後約6カ月の男児を内野容疑者が認知したとする虚偽の認知届を牛久市役所に提出。さらにイトウ容疑者が日本国籍の子の養育者として「定住者」の在留資格を得るため、偽造した内野容疑者の残高証明書を添付して在留資格変更許可申請届を東京入管に提出するなどした疑いが持たれている。

 同課によると、男児はイトウ容疑者とフィリピン人男性との間に生まれた子供とみられる。イトウ容疑者は在留期間が終わる直前で、「子供が日本人の子として認知されれば、自分も日本に残れると思った」と供述している。イトウ容疑者は知人女性の仲介で内野容疑者と知り合ったといい、内野容疑者は「協力すれば30万~40万円もらえる約束になっていた」と供述している。東京入管には両容疑者と子供の3人で写った写真も提出していた。

法務省によると、09年1~9月、法改正に伴う未婚の父母からの国籍取得届の受け付け者数は486人で、360人の子供に国籍取得証明書が発行されている。

@先月3日にはペルー人が、同様の手口で子供に日本国籍を取得させ逮捕されているが、DNA鑑定の義務付けを外した改正国籍法そのものに問題がある。本当に誰が父親であるかが一番の決め手である以上、DNA鑑定は必然ではないか。写真がなくても、これで不正申告は最初から100%防げる。





コメント

中川秀直 町村派を退会

2009年10月29日 12時43分11秒 | 死ぬきで憲法改正を目指せ自民党
自民党の中川秀直は29日、所属する町村派を退会した。中川の事務所が書面を通じて発表した。中川は退会の理由について、同日付の自らのブログに「先の総選挙での厳しい審判を受け、派閥政治からの脱却を図るべき時と考える。今後とも自らの信条に従い、脱派閥・脱官僚の新しい政治の確立に向けて、同志議員とともに力を尽くす」と記した。

@あ、そう。
コメント

海自イージス艦、SM3によるミサイル迎撃試験成功

2009年10月28日 21時02分08秒 | 我が国の安全保障問題
海上自衛隊のイージス艦「みょうこう」が27日午後6時(日本時間28日午後1時)頃、米ハワイ沖で弾道ミサイルを迎撃するミサイル「SM3」の発射試験を行い、標的のミサイルの迎撃に成功した。SM3の発射試験は今回が3回目。2007年の最初の試験は成功したが、昨年の2回目試験は失敗していた。

今回の試験は、米軍がカウアイ島のミサイル発射試験施設から弾道ミサイルを発射。数百キロ離れた洋上で警戒していた「みょうこう」が標的を探知し、約4分後にSM3を発射した。SM3はレーダーによる誘導で標的に向かい、発射から約3分後に高度100キロを超える大気圏外で命中した。イージス艦「ちょうかい」による前回試験では、軌道制御装置の不具合で迎撃直前でSM3が標的をそれた。防衛省は来年度までに4隻のイージス艦にSM3を搭載する方針で、毎年1隻ずつ発射試験を行っている。



@昨日の事故もあって外れなくてよかったね。
コメント

「国の予算で収集を」 戦没者遺骨3万体 比で新たに確認

2009年10月28日 09時43分16秒 | 三党連立鳩山淫売政権
アルピニストの野口健さん(36)らがメンバーになり、フィリピンで戦没者の遺骨収集を行っているNPO法人「空援隊(くうえんたい)」(理事長・小西理(おさむ)元衆院議員)は同国内で新たに約3万体分の遺骨の所在を確認したことを明らかにし、28日、国の予算で収集を行うことを求める公開質問状を鳩山由紀夫首相らに提出する。ただ、収集には国の遺骨収集事業予算を大幅に上回る費用がかかるとみられ、鳩山政権の対応が注目される。

約52万人が戦死したフィリピンで空援隊は昨秋以降、現地住民の情報ネットワークを活用した新方式を構築し、今秋までの約1年間で前年の約25倍にあたる約5千体の遺骨を日本に持ち帰っている。9月には、国の委託事業として、これまでほぼ“手つかず”だったミンダナオ、パラワンのほか、ルソン、ミンドロ、セブなどの主要島を改めて徹底調査した結果、約3万体の遺骨の所在が確認できたという。見つかった遺骨は「旧日本兵のもの」とする現地村長らの証言が公正証書になっている。ところが、同隊の試算ではすべての遺骨を日本に持ち帰るには、現地住民の人件費、遺骨の保管費、輸送費などで約3億円かかる。今年度、同隊には厚生労働省から遺骨調査・収集委託費として2450万円が支給されているが、すでに使い果たし、現在は同隊が“自腹”で活動を行っている状態だ。

担当の厚労省外事室は「遺骨収集が重要な事業であるのは間違いないが、国の予算には限りがあり、その枠内でやっていただくしかない」と話し、今年度予算では、せいぜいあと2千体の収集が限度という。来年度予算の概算要求でも同省は今年度の倍額を盛り込んだものの、3億円には遠く及ばない。公開質問状は、「(約3万体分の遺骨は)予算さえあれば送還できる。このままでは国家による遺棄だ」として、政府の見解を求めている。同時に同隊顧問の浜田靖一前防衛相名で同内容の質問主意書を国会に提出する。同隊の小西理事長は「このままではせっかく見つけた遺骨が散逸してしまう。国のために命をささげた先人に対して、国は責任を果たしてほしい」と話している。

@現地セブの情報によると、【旧日本兵の遺骨が焼骨から3カ月後も野ざらし。遺骨放置も公衆衛生法違反】

日本政府の遺骨収集団が7月に旧日本兵の遺骨554柱を違法に焼骨した問題で、遺骨収集団がビサヤ地方セブ州のリゾート施設敷地内に遺骨の一部を放置したこともフィリピン公衆衛生法違反に当たることが23日、分かった。焼骨から3カ月が経過した現在も、遺骨は同敷地内に放置されたままの状態。リゾート経営者は遺骨収集団を相手取った損害賠償請求訴訟の訴状で、「比人は死者に宗教的、文化的敬意を払う。死者を無差別に埋葬することはしない」と憤慨している。 ・・・・・などと今月24日に報道されている。まったくひどい状況だ。
コメント

天皇伝説 無断で電柱にポスター  渡辺文樹逮捕 石川県警

2009年10月28日 03時17分24秒 | 便所の糞蝿と売国奴

自分で監督した映画のポスターを許可なく電柱に掲示したとして、石川県警金沢東署などは27日、いしかわ景観総合条例違反容疑で、映画監督渡辺文樹容疑者(56)=福島県二本松市太田=を逮捕した。

同署によると、「記憶にない」と容疑を否認しているという。 逮捕容疑は5~6月、金沢市で6月5日に上映することになっていた映画「天皇伝説」の告知ポスターを計3枚、同市と同県内灘町の電柱に許可を得ずに掲示した疑い。渡辺容疑者は、同様のポスターを同市などで1000枚以上掲示したとみられている。 

 

コメント

伊勢神宮 式年遷宮を前に、宇治橋架け替え

2009年10月27日 23時31分11秒 | 注目すべき話題

  

20年に1度の伊勢神宮(三重県伊勢市)の式年遷宮が行われる平成25年を前に、架け替えられていた内宮前の宇治橋を覆っていたシートが27日外され、まぶしい素木(しらき)の橋が現れた。11月3日に渡始式(わたりはじめしき)がある。 五十鈴川に架かる宇治橋は「俗界」と「聖界」を結ぶとされている。全長101.8メートル、幅8.4メートルの総ヒノキ造りの美しい木造アーチ橋。

渡始式は3日午前10時から。室町時代の装束に身を包んだ渡女(わたりめ)らを先頭に古式ゆかしく行われる。

コメント (1)

海自護衛艦衝突 関門海峡で韓国コンテナ船と

2009年10月27日 22時13分32秒 | 我が国の安全保障問題

27日午後7時59分ごろ、北九州市門司区と山口県下関市の間の関門海峡で、2隻の船が衝突して火が出ていると、第7管区海上保安本部に通報があった。7管などによると、1隻は海上自衛隊の護衛艦「くらま」(柏原正俊艦長、5200トン)。もう1隻は韓国船籍のコンテナ船「カリナスター」(7401トン)で、両船から炎が上がった。くらまの乗員約150人のうち1人が軽傷、コンテナ船側もけが人が出た模様。 防衛省などによると、衝突現場は関門橋の近く。くらまは船首部分、カリナスターは積み荷のコンテナが炎上したらしい。

事故当時、風は弱く、視界は3~4キロあり、波はほとんどなかった。くらまは弾薬を積んでいるが、引火の恐れはないという。7管は午後8時、関門航路を閉鎖した。 海上自衛隊佐世保地方総監部などによると、くらまは第2護衛隊群(佐世保基地)所属のヘリ搭載護衛艦で、25日に神奈川県相模湾沖であった海自の「観艦式」に参加。26日午後0時21分に海自横須賀基地を出港し、28日に佐世保基地に帰港予定だった。コンテナ船は、韓国から大阪に向かう途中だったとみられる。

 @なんで護衛艦が衝突する訳。意図的な攻撃だったら沈没してるじゃないか。たるんでる証拠だよ。鳩山由紀夫と同じ匂いのする海軍は本当に信用できない。

コメント

民主党本部に棒持った男侵入

2009年10月27日 18時13分17秒 | 三党連立鳩山淫売政権

東京都千代田区の民主党本部に木刀のような棒を持った男が侵入、近くにいた人に取り押さえられた。警視庁麹町署によると、男は自称山梨県居住のアルバイト、相川哲一(てつひと)容疑者(24)。容疑を認め、「民主党をやっつけたかった」という趣旨の供述をしているという。逮捕当時、男は長さ約50センチの木刀のようなものを持っていた。

 27日午後4時40分頃、東京都千代田区永田町1の民主党本部を訪れたスーツ姿の若い男が同党の代表室などに侵入し、突然、木刀を振り回した。男は同本部の警備員に取り押さえられ、警視庁麹町署に建造物侵入容疑の現行犯で逮捕された。 同庁幹部と民主党によると、男は1階の玄関前で警備員に名刺のようなものを提示し、エレベーターで受付がある7階に上がった。受付の前で木刀(長さ約53センチ)を取り出すと、非常階段を使って、代表室、幹事長室に行き、木刀で代表室のパソコンを壊したという。いずれの部屋にも人はおらず、けが人もなかった。

同庁幹部によると、男は自称山梨県内に住む相川哲一容疑者(24)。スーツの上着の下に木刀を隠して、同党本部に侵入したとみられ、「民主党をやっつけたかった」などと供述しているという。民主党本部の入居するビル周辺では、警視庁の機動隊員が路上に立つなど24時間態勢で警戒に当たっているが、ビルにはほかの会社事務所も入居しており、ビル内部は民間の警備員が警備を担当している。

@素晴らしい感性を持った若者だ。

コメント

赤松広隆 自粛に逆行? 「大規模」パーティー計画

2009年10月27日 15時46分56秒 | 三党連立鳩山淫売政権
赤松広隆農相が来月、名古屋市のホテルにある1000人収容が可能な会場で大臣就任を祝う政治資金パーティーを開くことが分かった。民主党は、衆院選のマニフェストで政治資金規正法を改正し、3年後から企業団体献金、パーティー券購入を禁止すると明記している。

祝う会の案内状によると、パーティーは11月6日開催予定で、会費は2万円。愛知県の業界団体や経済界の50人が呼びかけ人として名を連ねている。ホテルによると、当日は1000人が収容可能な宴会場が予約されている。プランにもよるが、この宴会場で1000人規模のパーティーを開催する場合、食事や飲み物などで800万円程度かかるという。01年の中央省庁再編に伴い閣議決定された「国務大臣、副大臣及び大臣政務官規範」では、「大臣など公職にある者の清廉さを保持し、政治と行政への国民の信頼を確保する」ため、「政治資金調達を目的とするパーティーで、国民の疑惑を招きかねないような大規模なものは自粛する」と明記された。

内閣総務官室によると、規範は政権交代をした現在も効力はあるが、「大規模」の明確な定義はなく、閣僚の良識にゆだねられているのが実情。政治資金規正法で特定パーティーを「収入額1000万円以上」としているのが参考だという。赤松の事務所は「規範に示されているように『大規模』にならないようごく近い方々で行わせていただきます」とコメントしている。

@そんな空気に染まっていればこそって感じで、今更襟を正すなんて気は更々もないんでしょう。東京地検特捜部も掛け声だけで、こんな悪い奴、放っておいていいんですか? 総力を挙げて国民の負託に応えるべきでしょ。
コメント